盗聴・盗撮発見対策 一覧

【現役探偵が教える!】盗聴対策~盗聴行為に対してどう対策すべきか~

盗聴行為は許されるものではありません。
しかし、どこで、どのようにして行為が起こっているのかもわからず、現実に不安があったとしても、なかなか盗聴器の可能性まで考えて、探偵や盗聴器発見業者に調査を依頼しようと考えるまでには至らないかもしれません。
一方で不安な気持ちを抱えながら生活したくないといった葛藤もあることでしょう。

そこで今回は、自分でできる盗聴対策と探偵やプロの業者に依頼する場合の、大きく二通りのパターンを確認していきましょう。

  1. 身近に潜む盗聴器の危険
  2. 自分でできる盗聴の対策方法
  3. プロならではの盗聴対策とは?

続きを読む



盗聴されているか気になる…調査方法と業者選びのポイントについて

家具の内側・コンセントの中・室内灯の中など、盗聴器を仕掛ける場所は多数存在しています。「友人にしか話していないのに、彼氏が知っていた」「家族内の事情が近所に広まっていた」など、実際に、盗聴器による被害は起きているのです。「誰かに聞かれている気がする」と思っている方は、盗聴されている可能性があります。そのまま放置していると、状況がさらに悪化してしまう恐れがあるのです。しかし、自分で調査するのも限界があるでしょう。そこで、本記事では、盗聴調査の基礎知識や内容・依頼方法・注意点などについて詳しく説明します。

  1. 盗聴調査の基礎知識
  2. 盗聴調査の内容について
  3. 盗聴調査の依頼について
  4. 盗聴調査の依頼方法
  5. 盗聴調査に関するよくある質問

この記事を読むことで、盗聴されているかどうかハッキリするために必要な調査の内容や依頼方法を知ることができます。盗聴調査を検討している方はぜひ参考にしてください。

続きを読む



盗撮器を見つける方法とは?盗撮カメラの種類や確実に撤去する方法

技術面がすぐれている今の時代、盗撮器による被害・相談が増えてきました。
もはや、盗撮器の問題はひとごとではありません。
「自分の部屋にも…」と考えるととても怖いですよね。
事件になってしまっては遅いでしょう。よって、盗撮器の対策が大切になります。
これから、自分でできる盗撮器を見つける方法と盗撮カメラの種類、盗撮器を確実に撤去したい場合の対処法について説明しましょう。

目次

  1. 自分でできる盗撮器を見つける方法
  2. 盗撮カメラの種類
  3. 盗撮器を確実に撤去したい場合
  4. まとめ

続きを読む