浮気の発見ポイントが知りたい! 調べる方法や調査内容について


「浮気をしているのでは」「決定的な証拠をつかみたいけれど、どうすれば良いのか分からない」など、パートナーの浮気に悩む方は多いでしょう。確実な浮気の証拠をつかんだり、発見したりするのは、自分でなかなかできないことです。そこで、本記事では、浮気の発見の仕方・対処法・浮気を調べる方法について説明します。

  1. 浮気の発見の方法
  2. 浮気を発見してしまったら
  3. 浮気の調査・相談について
  4. 浮気の発見や調査に関してよくある質問

この記事を読むことで、浮気の発見の方法が分かります。悩んでいる方や証拠をつかみたい方は、ぜひ参考にしてください。

1.浮気の発見の方法

相手の浮気を見つけるために、まずは、浮気の心理・発見するポイント・男女の浮気の違いについてチェックしていきましょう。

1-1.浮気の心理について

浮気をする心理は、男女共通と男女それぞれの理由があります。

1-1-1.男女共通の心理

男女共通の心理としては、性欲・パートナーとの不和・日常生活の刺激という3点があります。パートナーとの関係が不仲で夜の生活が少なくなると、違う人に求める傾向があるでしょう。パートナーとの間で感じられない癒(い)やしと安らぎを、別の場所で求めるのです。また、パートナーとの関係が惰性的になれば、刺激を感じたいという気持ちから浮気に走ることもあります。

1-1-2.男性の心理

男性は生物学上、子孫を残すために複数の女性と交流したい気持ちがあります。相手に好意があるかどうかは関係なく、本能で異性との関係を持とうとするのです。

1-1-3.女性の心理

女性の心理は、パートナーへの不満・不安という心理要素が大きな要因となります。女性は、心の結びつきを大切にし、パートナーからの愛情を求める傾向があるでしょう。性欲と愛情の結びつきが強く、パートナーへの不満・不安が大きくなると、ほかの男性で心を満たそうとする欲求が強くなります。

1-2.発見するポイント

日々の生活や動作で、相手の浮気を見極めることができます。簡単にできる初級編と、少し危険度が上がる中級編・上級編に分けてチェックしていきましょう。

<初級編>

  • ずっと携帯電話・スマートフォンを持っている
  • デート中も携帯電話・スマートフォンを見ることが多い
  • 携帯電話・スマートフォンにロックをかけ、触れられることを極端に嫌がる
  • 香水・服装が変わった
  • 行ったことのない場所が、カーナビの履歴に残っている

<中級・上級編>

  • 財布に入っているレシートをチェックする
  • 携帯電話・スマートフォンを見る
  • 共通の友人から情報収集する

初級編では、相手の行動や様子を観察することが基本です。以前と変わった行動をしたり、デートを断ることが増えたりするのであれば、浮気の可能性があるでしょう。
中級・上級編は、相手の所有物や関係者に直接関わることです。相手に疑っていることがバレる可能性はありますが、確実な証拠がつかめる可能性もあります。

1-3.男女の浮気の違いについて

男女では、根本的な部分で浮気に対する考え方が異なります。簡単に説明すると、男性の浮気は本能、女性の浮気は理性です。男性はより多くの子孫を残したいという本能から、パートナーという本命以外で遊び相手を探しています。一方、女性は少しでも良い遺伝子を残そうと、理性的に相手を探す傾向があるのです。男性は遊びで浮気をしていることが多いですが、女性の浮気は本気の始まりでもあります。

2.浮気を発見してしまったら

もし、パートナーが浮気をしていると分かったら、あなたはどう行動すべきなのでしょうか。発見後の対処法について説明します。

2-1.まずどうすべきか

浮気が発覚したとき、裏切られた気持ちで感情的になる方が多いでしょう。しかし、感情的なまま話し合いをすることはできません。気持ちが落ち着いたタイミングで、パートナーとの話し合いの場を設けてください。冷静になれるタイミングを見計らって、パートナーと話し合うことが大切です。

2-2.これからどうするか

パートナーとの話し合いをする前に、今後の関係をどのようにしたいのか心の中で決めておきましょう。パートナーと別れるのか、関係を続けるのか、ある程度決めておかなければ、話し合いが平行線になってしまいます。何も考えていない状態で感情的になり相手を責めたとしても、何も解決しないので注意してくださいね。
また、別れを決意した場合、慰謝料を請求するのか否かについても考える必要があります。慰謝料を請求する場合は、浮気の証拠となる写真・動画・メール内容などを提示しなければなりません。

2-3.今後のためにしておくべきこと

パートナーとの話し合いをスムーズにすすめるために、浮気の証拠を用意しておきましょう。証拠がないまま問い詰めてしまうと、「浮気していない」と主張されてしまいます。浮気相手と一緒にホテルへ入る写真など、決定的な証拠を用意しておけば、素直に認めざるを得ないので交渉がスムーズにできるでしょう。
また、浮気の発覚によって、相手との関係に溝ができる可能性もあります。どのような結果になったとしても、後悔しない覚悟を持っておかなければなりません。

2-4.相談できるところ

友人・家族に相談できない場合、1人で抱え込みがちです。気持ちを整理するためには、誰かに相談することが1番の方法となります。友人・家族に相談できない場合は、プロに相談してみてはいかがでしょうか。たとえば、浮気調査などを行っている探偵社は、浮気に関する悩み相談を受けつけています。実績があるところほど、状況に適した解決策を提示してくれるでしょう。第3者なら、奥底に潜んでいた本音をさらけ出すことができるかもしれませんよ。気持ちの整理をするためにも、1度相談してください。

3.浮気の調査・相談について

浮気の有無を確かめるための調査方法・相談について説明します。

3-1.どんなところへ依頼するか

浮気調査を行っている業者は、探偵社と興信所があります。探偵社は、在籍している探偵が対応してくれるでしょう。探偵社は浮気調査のほか、素行調査・信用調査など対象者を個人としています。一方、興信所は、企業信用調査・市場調査・雇用調査など、企業が主な対象です。浮気調査を依頼する際は、実績・経験が豊富な探偵社を選ぶと良いでしょう。

3-2.依頼するメリット

浮気調査を依頼する大きなメリットは、自分の代わりに相手の行動を見張ってくれることです。仕事・家事・育児などで1日中尾行するのは難しいでしょう。派手な行動をしてしまえば、相手にバレる可能性もあります。しかし、調査のプロである探偵は相手にバレないように行動をするため、安心して確かめることができるのです。
さらに、浮気相手と交流する場面に出くわしたときは、証拠となる写真・動画を押さえ、浮気相手がどんな人物で、パートナーとどこで出会ったのかも調査してくれます。個人ではできない調査が可能です。

3-3.依頼する際の準備について

浮気を確かめたい対象者・パートナーがどこで何をしているのか、1日の行動・仕事を調査員に伝える必要があります。個人情報を伝えることになるため、きちんと情報を守ってくれる業者に依頼しなければなりません。基本的に、探偵業は法律で守秘義務が定められているので、情報が外部に漏(も)れることはないでしょう。しかし、都道府県から探偵業の許可を取得していない不正業者に依頼した場合、情報流出のおそれがあります。依頼する前に、業者選びのポイントをしっかり押さえることも大切です。

3-4.業者の選び方

どの業者に選ぶべきか、悩みますよね。中には、きちんと調査を行わずにお金を請求する不正業者も存在しているので注意が必要です。不正業者に引っかからないためには、以下のポイントに注目して選びましょう。

  • 丁寧でスピーディーな対応か
  • 話を最後まで聞いてくれるか
  • 適切なアドバイスを提示してくれるか
  • 匿名での依頼が可能か
  • 無料相談ができるか
  • 個人情報を守るセキュリティーが整っているか
  • 低料金で調査が依頼できるか
  • 調査後のアフターフォローを行っているか
  • 探偵業の許可を取得しているか

愛知探偵事務所」では、年間800~1,000件以上の案件に対応しています。安心価格で調査後のフォローも整っているのでご安心ください。必要な方には、調査後、弁護士・司法書士の紹介を無料で行っています。また、電話またはホームページのフォームから無料相談を24時間受付中ですので、お気軽にご相談ください。

3-5.調査方法とは

浮気調査の基本は、対象者の尾行・追跡です。調査期間中、対象者を張り込み、行動を尾行・追跡します。その際、浮気相手と思える人物と交流したときは写真・動画で証拠を押さえ、浮気相手の調査も行うでしょう。依頼者の意志に応えつつ、浮気相手の特定・離婚するための証拠収集・浮気の確認調査などが目的となります。ただし、具体的な調査方法は業者によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

3-6.注意点

「追加料金を請求された」「調査内容に納得できなかった」など、トラブルも発生しています。回避するためには、慎重に業者を選ばなければなりません。依頼前に、調査内容と見積書を細部まで確認しましょう。疑問点がある場合は、その場ですぐに尋ねてください。
また、口コミ・評判をチェックする・複数の業者を比較することも大切です。比較することで、低料金かつ調査をきちんと行う業者に依頼できるでしょう。

4.浮気の発見や調査に関してよくある質問

浮気の発見や調査に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.離婚・慰謝料を求める際に必要なものとは?
A.離婚をパートナーに求める場合は、不貞行為があったという証拠を用意しなければなりません。不貞行為とは、配偶者以外の異性と性行為をすることです。たとえば、浮気相手とホテルに入る現場など、写真・動画として証拠を押さえておけば、相手が嫌がっても離婚が認められます。慰謝料を請求する場合も証拠が必要です。

Q.浮気の発覚後、関係は修復できるのか?
A.パートナーとの関係性や自分の気持ちによって、修復できるか否か変わります。浮気発覚後でも、相手との関係を続けていきたいのなら、誓約書を作ると良いでしょう。「今後浮気をしません」「再び浮気をしたら離婚します」など、契約書として記すことで意思表示になります。

Q.調査中、途中経過の報告はあるのか?
A.業者によって異なります。「愛知探偵事務所」の場合は、途中経過の報告を行っているのでご安心ください。ただし、現場の状況によっては即時回答できない場合もあります。

Q.調査料金はいくらぐらいか?
A.目安として、「愛知探偵事務所」の料金を以下にピックアップしてみました。

  • 1時間:17,000円
  • 5時間を超えた場合:1時間ごとに12,000円
  • 3日パック(1日5時間×3日間):225,000円
  • 5日パック(1日5時間×5日間):380,000円
  • 7日パック(1日5時間×7日間):545,000円

以上の費用には、調査員2名・車両1台・発振器2台・報告書・機材代が含まれています。中には、機材台などが別途必要になる業者があるため、その点についても確認したほうが良いでしょう。

Q.報告書の内容が知りたい
A.いつどこでどんな行動をして、誰と会っていたのか、調査期間中の対象者の行動が記されています。写真と一緒に行動を記入しているため、分かりやすい内容でしょう。また、浮気相手と交流した場所や、相手がどんな人物であるかも報告書に記載されています。「愛知探偵事務所」の場合、報告書は裁判でも使える詳細な内容となっているので無駄がありません。具体的な内容については、電話またはホームページのフォームでお問い合わせください。

まとめ

いかがでしたか? 「パートナーが浮気しているのでは」という疑問を持ち始めたときから、心の中がモヤモヤした状態になりますよね。悩み続けるよりも、浮気の有無を確かめたほうが今後の関係に決断を下すことができるでしょう。ただし、1日中パートナーを尾行したり、自分で浮気の証拠をつかもうとするのは困難です。確実な証拠をつかむためには、プロである探偵社に依頼することをおすすめします。無料相談を受けつけている探偵社もあるので、ぜひ1度相談してみてはいかがでしょうか。