不倫の代償は大きい! 不倫関係を早めに清算する方法を覚えておこう


不倫は配偶者への裏切り行為だとわかっていても、なかなか別れられないカップルが多いものです。本気の恋になってしまうことがあり、別れるきっかけを見失ってしまうことがあります。追い打ちをかけるように、不倫相手の妊娠などが発覚した場合は、さまざまな問題が出てくるものです。不倫相手と別れてもらうためには、不倫の清算方法を知っておくことが大切となります。冷静に対処し、こじれることがないよう、すっきり清算するコツを理解しておきましょう。今回は、不倫の清算方法についてご紹介します。

  1. 不倫の清算を考えるとき
  2. 不倫の清算をするには?
  3. 不倫の清算・NG行為
  4. 不倫の清算でよくある質問
  5. まとめ

不倫の清算をするときには、やってはいけない行為もあります。この記事を読むことで、すっきり不倫関係を終えることができるようになるでしょう。不倫で悩んでいる方は必見です。

1.不倫の清算を考えるとき

不倫は法律で不貞行為に該当します。妻や夫がいるにもかかわらず、不倫はやめることができないという方も多いでしょう。しかし、不倫はとても増えているのです。

1-1.不倫の清算とは?

不倫は代償が大きく、社会的地位や信頼などを失い、経済的ダメージも計り知れないものがあります。しかし、結婚生活が長くなれば、新鮮さやときめきも徐々になくなり、ほかへ求めるようになるものです。たまたま異性と出会い、軽い恋愛から本気の恋になってしまうこともあります。不倫を清算することで、本来の家庭を取り戻し、穏やかな生活に戻ることができるのです。不倫が発覚したときの経済的損失や社会的制裁などのリスクを考えるなら、早めに清算をしたほうがいいでしょう。

1-2.どんなときに不倫の清算を考えるか?

不倫の清算を考えるのは、不倫相手もしくは配偶者が妊娠したとき・関係が深くなる前・夫婦関係を取り戻したいと思ったときなどです。タイミングは人それぞれですが、不倫は関係がこじれる前に清算するべきでしょう。家庭への後ろめたさがある場合、別れが少しでも頭をよぎるようになったら、自分から清算する方法もおすすめです。

1-3.不倫の清算によるメリットとは?

不倫が長続きする人はごく少数です。配偶者にバレずに続けるのは非常に難しく、隠しとおすことができる人などいないからでしょう。悪いことをしているという意識がある人ほど、配偶者に嘘(うそ)を見抜かれやすいためです。不倫を続けるほど、プレゼント・食事・ホテル代などのお金もたくさんかかります。不倫しているという罪の意識を背負いながら生活するのは苦痛で、配偶者にも大きな精神的負担を与える結果になるものです。不倫を清算することで、家庭や良好な夫婦関係を取り戻し、精神的にも経済的にも安定した状態にすることができるでしょう。

2.不倫の清算をするには?

不倫の清算をするにはどのような方法があるのか、具体的に見て行きましょう。

2-1.どんな清算方法があるのか?

2-1-1.話し合う

話し合いが、最も費用がかからない最善の策です。なるべく穏やかに話し合い、円満に解決することがポイントになります。言い争いや高圧的な態度を取っては、余計に話がこじれてしまうことになるでしょう。不倫相手の人格を傷つけることなく、慎重に話し合いを進めるようにしてください。

2-1-2.手切れ金

話し合いの次に解決策となるのは、お金を渡して別れてもらう方法です。手切れ金と呼ばれるもので、ある程度まとまったお金を渡します。なかなか別れてくれない不倫相手でも、手切れ金を受け取ることで態度が変わることがあるものです。家庭での経済的ダメージは大きいのですが、不倫関係を清算する方法として選ばれることもあります。

2-1-3.引っ越す

不倫相手とすっぱり別れたいのなら、今住んでいる場所からなるべく遠い場所へ引っ越し、関係を断ち切る方法もあります。わざわざ遠方まで、不倫のためだけに出向く人はわずかです。職場から遠回りして行くような場所なら、関係を無理に続けようとは思わなくなります。人の心理を利用し、別れる方向へ持っていくのもおすすめです。

2-2.女性の場合

女性の不倫は増えており、社会進出もきっかけになっています。女性の場合、不倫相手に手切れ金を支払って別れるというのは難しいことでしょう。経済状況は男性にはまだ届かないのが現状です。そのため、引っ越しするか、転職するなどの方法で清算することとなります。理想は、話し合いで解決することです。

2-3.男性の場合

男性の場合、離婚を申し渡され、多額の慰謝料が発生するリスクが高いものです。不倫相手と別れ、家庭を取らざるを得ないという場合も多く、話し合いか手切れ金での清算となるケースがほとんどでしょう。手切れ金を受け取れば、納得して引き下がる女性も少なくありません。しかし、不倫相手が妊娠している場合は、不倫相手や生まれてくる子どものことを考え、生活保障などをする必要があります。

2-4.ダブル不倫の場合

双方が結婚しているダブル不倫も、昨今では話題となっています。ダブル不倫では、お互いの家庭が壊れるリスクが高く、夫婦だけではなく、子どもへの悪影響も考えて行動する必要があるのです。双方の夫婦がそろって話し合い、納得できる解決策を決め、けじめをきちんとつける方法がおすすめでしょう。うやむやにせず、はっきり別れることができるように話し合ってください。

3.不倫の清算・NG行為

不倫の清算では、やってはいけない行為があります。誤った方法で離婚や問題がこじれることがあってはいけません。あらかじめ知識を持って起きましょう。

3-1.こんなトラブル・NG行為に注意

3-1-1.別れたがらない

不倫は永遠に続くわけではありません。相応にリスクがある行為と理解し、のめり込まないことが大切です。不倫相手との夢見心地な時間に没頭し、現実を忘れることがあってはいけません。未練を引きずり、離婚の危機が迫る可能性もあるのに、別れたがらないのはお互いにいいことが起こらないものです。すっぱり別れ、過去を振り返らないことが大切でしょう。

3-1-2.暴露される

不倫相手に別れたいと申し出たとき、配偶者や周囲の人に対し、不倫の事実を暴露されるというケースがあります。不倫は配偶者・不倫相手の両方に対し、不誠実な行為であることに違いありません。対応を誤ると、恨みを買うリスクもあります。中には、悪口を掲示板やSNSに書き込まれ、名誉毀損で訴訟騒動に発展する事件もあるのです。今後の人生をきちんと考え、後を引きずらない別れ方をしなければなりません。

3-1-3.嫌がらせ

きちんと別れられなかったことが原因となり、不倫相手がストーカーになってしまうケースもあります。本気で好きになった人との別れは辛(つら)いことでも、嫌がらせ行為をされては家族にも迷惑をかけてしまうものです。家族の安全も考え、嫌がらせを受けるような別れ方や、自然消滅を狙うのはやめたほうがいいでしょう。

3-2.不倫の清算でこじれたときの相談窓口

不倫には、大きな代償が伴うとご説明しました。離婚に発展する場合、多額な慰謝料請求がなされます。不倫している配偶者だけではなく、不倫相手にも請求が来るのです。また、掲示板などネットに意味のない暴露をされ、名誉毀損で訴える状況にもなり得ます。不倫は許されざる行為ですから、不愉快な思いをしないためにも、早めに不倫関係は解消すべきです。不倫清算時には、前述した状況が想定されます。相談窓口には、法律家や探偵事務所を利用しましょう。探偵事務所は実績豊富な愛知探偵事務所がおすすめです。不倫を清算する前に出てくる疑問や不安も、経験談を交えてご相談に乗ることができます。

4.不倫の清算でよくある質問

不倫の清算は、思うように行かないことがたくさんあります。抱きやすい疑問を集めました。参考にしてみてください。

Q.不倫で略奪を狙うのは間違いなのか?
A.不倫は不貞行為です。略奪を狙う前に、配偶者や子どもがいるなど、不倫相手の家庭環境についてもよく配慮すべきでしょう。略奪したら、同じ過ちが繰り返される可能性もあります。まず、自分の人生について考えることを大切にしてください。

Q.不倫では、配偶者より同性に恨みを持つというのは本当なのか?
A.女性の場合に多く、妻は不倫相手の女性を恨み、いがみ合いになるケースが目立ちます。互いに罵り合い、慰謝料請求や誹謗中傷などに発展する恐れもあるでしょう。理性を失わず、落ち着いて話し合いをするようにしてください。

Q.不倫相手ときっぱり別れようと思ったら、まずすべきこととは?
A.連絡を絶つことが大切です。引っ越しも行いましょう。不倫相手とかかわりを持たないような環境にし、気分転換を図ることが大切です。環境が変われば、新しい恋や出会いが訪れます。不倫にこだわらない生き方ができるでしょう。

Q.ダブル不倫では、双方に慰謝料請求が発生するもの?
A.話し合いがスムーズに行われない場合、双方とも慰謝料請求へと移行する恐れがあります。経済的ダメージに留(とど)まらず、家庭内での不和が起こるリスクも高いでしょう。

Q.ほかに好きな異性ができたと別れるのはよくないこと?
A.不倫相手により、ほかの異性に惹かれていると聞き、逆上してこじれる可能性もあります。嘘(うそ)をつくより、素直に不倫はリスクが高いことをきちんと話し合い、理解して事実をありのままに受け止めてもらってから、別れる方向へ持っていきましょう。

5.まとめ

いかがでしたか? 不倫は道ならぬ恋であり、決して成就するものではありません。略奪を狙う方もいますが、ほとんどの場合は争いになることや、慰謝料請求など泥沼化するものです。不倫はしないに越したことはありません。仮に、不倫して悩んでいるなら、すっぱり別れる方法を模索し、なるべく穏便に別れるようにしましょう。理性を失わず、落ち着いて話し合いに応じることが、こじれないようにする方策です。不倫に悩んでいるなら、1人で抱え込まず、探偵事務所の不倫相談などを利用し、経験談を交えた清算方法のアドバイスを受けることもいいでしょう。第三者の目から判断してもらい、冷静になることを大切にしてください。