不倫の出会いやきっかけには何がある? 悩みをスッキリ解消するコツ!


不倫をしている2人にも、深い仲になった出会いやきっかけがあります。「同窓会の後から様子がおかしくなった」など、何かしら思い当たることがあるはずです。まずは、不倫に至りやすい条件について学びましょう。愛するパートナーの不倫を防ぐためにも、傾向を知ることが大切です。今回は、不倫の出会いやきっかけの傾向を探るだけでなく、不倫調査の方法やコツについても解説します。

  1. 不倫の出会いについて
  2. 不倫の出会いの心理について
  3. 不倫の出会いを減らす・なくすためにできること
  4. 不倫の相談や調査について
  5. 不倫の出会いやきっかけに関するよくある質問

この記事を読むことで、不倫の出会いやきっかけの知識が身につき、対策や予防に役立ちます。不倫の悩みを解消するためにも、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.不倫の出会いについて

最初に、不倫の出会いにはどんなものがあるか・実態などを解説します。

1-1.不倫の出会いにはどんなものがある?

不倫の出会いで主なものを解説します。

1-1-1.勤務先が同じ

勤務先が同じだと、不倫に走りやすいものです。特に、上司と部下で不倫に陥ることが多く見られます。同じ部署やプロジェクトのチームに配属になれば、いやでも接触する機会が増えるものです。仕事をやりとげたときの達成感を共有するうちに、男女の仲に発展したという例もあります。

1-1-2.主婦のパート先

主婦が働きに出る場合、パート先で不倫相手に出会うことがあります。パートのまとめ役や直属の上司に当たる男性と、不倫関係になるのです。相手も既婚であることも多く、ダブル不倫の可能性もあります。主婦のパート先は、夫の目が届かない場所であり、自由度が高いという点でも危険です。

1-1-3.SNS

今は、さまざまなSNSを使いこなし、異性との出会いや会話を楽しむ人が増えています。しかも、自分たちだけで秘密を共有しやすいため、不倫の温床となっているのです。不倫相手の募集を目的としたSNSもあるので注意しましょう。しかし、一般的なSNSで最初はまったくその気がなかったのに、やり取りを続けているうちに意気投合し、不倫に発展することもあります。

1-1-4.同窓会

久しぶりに顔を出した同窓会での再会がきっかけ、という例が多いことを忘れてはいけません。もともと、同じ学校出身という点で共通のバックグラウンドを持っていることも重要なポイントです。久しぶりに会ったら、昔よりもすてきになった相手を見て恋心が芽生えてもおかしくないでしょう。

1-1-5.出会い系サイト

出会い系サイトを通じて出会った2人なら、当然のように不倫を楽しみます。出会い系サイトは、交際相手を求めるためのものだからです。既婚であることを最初から告げている場合ならともかく、独身を装って付き合っている場合もあります。パートナーに秘密にしやすい点も、不倫を助長していると言えるでしょう。

1-1-6.友人の紹介

友人に紹介されて気に入ったという例もあります。共通の友人を介して知り合うこともあれば、たまたま居合わせたという場合もあるものです。友人としても、まさか2人が不倫関係に至るとは考えていなかったことでしょう。

1-2.不倫の出会いに関する実態について

不倫の出会いに関する実態がどうなっているのか興味がわくものです。たとえば、日経ウーマンオンラインのアンケートでは、不倫の出会いは圧倒的に職場となっています。若い女性の場合は、職場が異性との出会いの場となりやすいので納得です。男性ビジネスマンの読者が多い日刊スパのアンケートでも、男性40%・女性36%が職場での出会いとなっています。確かに、職場が同じだと勤務時間中ずっと一緒に過ごすことになり、親近感がわきやすいものです。また、飲み会などで意気投合したことをきっかけに不倫が始まることも多いことでしょう。

2.不倫の出会いの心理について

不倫の出会いの心理について、不倫しやすいタイプや注意点など詳しく解説します。

2-1.出会いが不倫に変わる心理とは?

好みの異性と出会っても、必ず不倫に至るわけではありません。不倫しやすいタイプというものが存在するのです。たとえば、以下のような条件を満たしている人が当てはまります。

  • ロマンチスト
  • 自由な時間がある
  • 可処分所得が多い
  • 異性にモテる
  • 優柔不断

2-2.不倫の出会いの心理に関する注意点

不倫につながるような出会いがあっても、多くの人は自制できます。しかし、一線を越えてしまう人もいるのです。以前に不倫経験がある人は、特にハードルが低く、すぐに異性と関係を持ってしまいます。不倫に走りやすい人は、異性との出会いをすべて恋愛のチャンスだと思っているのです。不倫しやすいタイプである場合は、できるだけ出会いを減らす努力が必要になります。

3.不倫の出会いを減らす・なくすためにできること

不倫の出会いを減らす・なくすためにできることについて、男女別に効果的な方法や注意点などを解説します。

3-1.不倫の出会いを減らすための対策方法

不倫の出会いを減らしたいのなら、何らかの対策が必要です。男女別に効果的な方法を解説しましょう。

3-1-1.男性の場合

男性の場合は、結婚指輪をしてください。既婚であることのアピールとなり、女性との出会いがあっても、不倫に至らずに済むでしょう。女性は、男性と出会ったときに薬指に指輪があるかどうか確認しています。女性もできることなら不倫を避けたいと思っているからです。また、不倫の代償について考えてみることをおすすめします。妻との離婚や慰謝料支払・子どもとの別れがあるだけでなく、社会的にも評価が下がり、出世にも響くでしょう。リスクの高さを考えてみれば、好みの女性と出会っても不倫しにくくなります。

3-1-2.女性の場合

女性は、ひとりで行動しないことが効果的です。同窓会など、不倫相手と出会いやすい場に出かけるときも、ひとりきりにならないようにしましょう。男性は、話しかけやすいという理由からひとりでいる女性をターゲットにします。また、SNSのIDをむやみに男性に教えないことも重要です。IDを教えたことで猛烈なアピールを受け、ずるずると不倫関係になってしまう人も多くいます。また、男性と話すときは、既婚なら夫・未婚なら彼氏もしくは好きな男性のことを話題にするといいでしょう。男性から脈なしだと判断してもらえます。

3-2.不倫の出会いを減らす方法に関する注意点

不倫の出会いを減らすためであっても、相手の行動をしばりつけすぎてはいけません。自由を奪われると、人は息苦しくなってほかの相手に癒(い)やしを求めたくなるものです。不倫を防止するはずが、余計に燃え上がってしまうこともあります。特に、束縛がきらいなタイプのパートナーには注意しましょう。

4.不倫の相談や調査について

不倫の悩みを解決するためには、適切な業者に相談・調査依頼をすることがおすすめです。業者の選び方や不倫調査の方法・流れ・料金相場など、詳しく解説します。

4-1.不倫の相談や調査をすべき場合

以下のようなときは、不倫の相談や調査をすべきでしょう。

  • 不倫の悩みを聞いてもらいたい
  • 不倫の解決策を知りたい
  • 不倫の事実を確認したい
  • 慰謝料請求や裁判のための証拠がほしい

不倫調査では、客観的な証拠をつかむことできます。自分で調べるよりも効率がよく、確実な証拠を得ることができる・調査対象に気づかれにくいなど、メリットが多くおすすめです。

4-2.不倫の調査業者の選び方について

不倫の調査業者は、以下の条件を満たしていると安心です。

  • 不倫の調査実績が豊富にある
  • 親身になって相談に応じてくれる
  • 不倫の調査に関する詳しい知識がある
  • 調査見積もり・簡単な相談は無料
  • 良心的で明確な料金システム
  • 顧客からの信頼が厚い
  • プライバシーに十分な配慮をしている
  • 調査報告書がきちんとしている
  • 活動地域の公安委員会に届出をしている

なお、当愛知探偵事務所でも、不倫の調査で多数の依頼を受けています。独自の調査方法で、確実な証拠をつかむ実績がありますのでぜひご相談ください。

4-3.不倫調査の方法・流れ・料金相場

不倫調査について、ポイント別に解説します。

4-3-1.不倫調査の方法

業者では、さまざまな方法を駆使して調査を行います。たとえば、以下のようなものです。

  • 張り込み調査
  • 追跡調査
  • 聞き込み調査
  • SNSでの発言調査

4-3-2.不倫調査の流れ

不倫調査を依頼すると、以下のような流れで進みます。

  • 業者と依頼者で調査対象・目的・方法などについて相談する
  • 不倫調査を開始する
  • 必要に応じて依頼者に途中経過を報告する
  • 契約日数が満了したら調査結果を報告書にまとめる
  • 調査結果を依頼者が確認して完了

4-3-3.不倫調査の料金相場

不倫調査の料金は、依頼内容によって変わります。以下は、当愛知探偵事務所でお受けした場合の一例です。目安として参考にしてください。

  • 3日パック(1日5時間×3日間):225,000円
  • 5日パック(1日5時間×5日間):380,000円
  • 7日パック(1日5時間×7日間):545,000円 

なお、上記プランには調査員2名・車両1台・発信器2台・報告書・機材代を含んでいます。また、最低5時間(1時間17,000円・5時間を超えた場合は1時間12,000円)より時間制でもお受けできるのでご相談ください。なお、プラン内容や含まれるサービスなどは、業者によって異なるため契約前に必ず確認しておきましょう。

4-4.不倫の相談や調査に関する注意点

不倫の相談や調査は、信頼できる業者に依頼しましょう。探偵事務所でも、守秘義務をきちんと守っているか疑問が残るところもあるものです。不倫はプライバシーに深く関係する内容なので、情報がもれては困ります。まずは、活動地域の公安委員会に探偵業の届出をしているか確認しましょう。正式な届出をしないで営業している業者とは契約しないでください。

5.不倫の出会いやきっかけに関するよくある質問

最後に、不倫の出会いやきっかけに関するよくある質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.女性で不倫に誘われやすい人の特徴は?
A.適度に隙(すき)がある人です。また、ノリがいい人も誘われやすいでしょう。男性は、不倫を持ちかけるときにも、女性のタイプを観察しているものです。ガードが堅いタイプの女性は、断られるのが確実なため、敬遠します。隙(すき)があってノリがいい人なら、不倫関係に持ち込めるだろうと判断するのです。

Q.好みの異性に出会えば不倫も仕方がないのでは?
A.確かに、人を好きになる気持ちは誰に求めることはできません。相手を思う気持ちだけなら自由です。しかし、既婚者との恋愛は許されません。既婚者との恋愛は、社会的な制裁を受けるリスクが高いことを理解してください。出会ってしまえば仕方がないという考えでは、先々苦労することでしょう。

Q.職場での出会いが不倫につながるなら働きたくないのですが?
A.職場で出会うすべての男女が不倫関係になるわけではありません。未婚者同士が恋愛して結婚する例も多いのです。確かに、職場での出会いが不倫のきっかけとして多いのは事実でしょう。しかし、働きたくないとまで考えるのは間違っています。職場は本来、仕事をする場所なのですから深く考えすぎないでください。

Q.パートナーがいつどこで不倫相手と出会ったか調べるには?
A.業者に不倫調査を依頼することをおすすめします。業者では、聞き込み調査などさまざまな方法を駆使し、正確な情報を得てくれるでしょう。自分で調べるよりも、効率がよく確実な情報となるので、ぜひ検討してみてください。

Q.友人の紹介でパートナーが不倫した場合、友人を訴えることはできますか?
A.意図的に不倫をサポートした場合を除き、訴えるのは難しいでしょう。不倫は、あくまでも当事者の責任となります。友人がいくら好みの異性を紹介しても、不倫に至らないのが普通です。友人を訴えるのは、筋違いと言えます。

まとめ

今回は、不倫の出会いやきっかけについて詳しく解説しました。男女が不倫に至るには、必ず特別な出会いやきっかけがあるものです。愛するパートナーに不倫してもらいたくないのなら、適切な対策を行いましょう。また、現在進行形で不倫に悩んでいる人は、探偵事務所に依頼して確実な証拠をつかむことをおすすめします。不倫をやめさせ、改めて夫婦としての関係を考えていくためにも、きっちりけじめをつけましょう。