主婦の浮気が多いって本当? 見抜くポイントから調査の依頼方法まで


「主婦は浮気しやすい」といわれているのをご存じでしょうか? 「自分の妻は専業主婦なので出会いもないはず」と安心しきっている男性も多いはずです。しかし、家にいるからといって出会いがないわけではありません。むしろ、専業主婦だからこそ浮気しやすい部分もあるのです。もし、自分の妻に浮気の疑いがある場合はどうしたらよいのでしょうか。この記事では、主婦が浮気する心理や浮気の見抜き方、浮気の相談先などについて詳しくご紹介します。

  1. 主婦の浮気について
  2. 主婦の浮気を見抜くには?
  3. 主婦の浮気を防ぐためのポイント
  4. 主婦の浮気の相談や調査について
  5. 主婦の浮気に関するよくある質問

この記事を読むことで、主婦の浮気についてさまざまなことが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.主婦の浮気について

まずは、主婦が浮気する理由や浮気しやすい環境などをまとめました。

1-1.主婦の浮気率とは?

アンケートの結果によると、専業主婦のうち4.5%の人が「結婚後、不倫の経験がある」と答えています。特に、子育てが一段落した40代主婦の浮気率が高いのが現状です。働きに出ている主婦の浮気経験率が21.5%ということから考えると、専業主婦の浮気率はやはり低くなります。子どもが小さいうちは育児に忙しく、子どもと離れる時間が少ないことなどが、子どもがいる専業主婦の浮気率があまり高くない理由でしょう。

1-2.主婦が浮気する理由

では、主婦が浮気をする理由にはどのようなものがあるのでしょうか。不倫に走った決定的な理由には、以下のようなものがあります。

  • 夫への不満から
  • 理由はないが、なんとなく流されてしまった
  • 好きになってしまったから
  • 夫も浮気をしているから

1-3.浮気相手、出会いについて

主婦の浮気相手として最も多いのが、「職場で知り合った人」です。働きに出ている主婦は、やはり職場での出会いが浮気に発展することが多くなっています。そのほかにも、「パパ友」や「子どもの学校の先生」など、驚くような相手と不倫関係に走る主婦も珍しくないのです。また、最近はSNSの普及もあり、インターネットで出会った男性と浮気をする主婦も増えてきています。

1-4.浮気しやすい環境、タイプとは?

基本的に、夫が仕事でほとんど家にいない、自分も自由に外出できるような環境にいる主婦は、浮気がしやすいでしょう。当然、専業主婦より働きに出ている主婦のほうが出会いも多く、家にいない理由を作りやすいため、浮気しやすいと考えられます。また、専業主婦、働きに出ている主婦に共通する「浮気しやすいタイプ」とは、以下のとおりです。

  • 自由奔放な性格
  • 流されやすい
  • お酒が好き
  • 寂(さみ)しがり屋
  • 自分に自信がない
  • スキンシップが多い

2.主婦の浮気を見抜くには?

主婦の浮気を見抜くために知っておくべきことをご紹介します。

2-1.兆候とは?

浮気には必ず兆候があるはずです。妻の様子をしっかりと観察していれば、以前とは違う部分が見えてくるでしょう。浮気の兆候に気づいた時点で対処することで、浮気を食い止めることができる可能性もあります。

2-2.見抜き方チェックリスト

以下のような様子が見られるときは、浮気をしている可能性があります。

  • 夫に体を触られるのを嫌がるようになった
  • スマホを手放さなくなった
  • 連絡が取れない時間が多くなった
  • 休日の外出が増えた
  • 家事をしなくなった
  • 新しい下着や洋服・化粧品が増えた
  • 急に残業や出張が増えた
  • 飲みに行ったはずなのにお酒のにおいがしない

2-3.確かめ方

浮気を確かめる方法には、以下の3つがあります。

  • 浮気現場に踏み込む
  • 直接問い詰める
  • 証拠をつかむ

浮気現場に直接踏み込むためには、自分で尾行などをしなければならないため、相当の時間と労力を必要とします。また、直接問い詰めたところで、証拠がなければ言い逃れされてしまう可能性が高いでしょう。そこで、最も重要になるのはやはり「証拠をつかむ」ということです。

2-4.調査方法、証拠のつかみ方

証拠をつかむためには、浮気調査をする必要があります。自分で調査をするかプロに依頼するか決めましょう。自分で調査をする場合は、以下のようなものをチェックしてください。

  • 財布の中身:買い物をした場所や買ったものをチェック
  • 携帯電話の利用料金:今までと比べて通話料金が上がっていないかチェック
  • クレジットカードの明細:ラブホテルの使用履歴や浮気相手へのプレゼントの購入履歴などがないかチェック
  • ネットの閲覧履歴:ホテル予約サイトの検索履歴はないか、SNSで浮気相手とやり取りしている様子はないかをチェック
  • スマホ:メールやライン・通話履歴・チャットアプリ・出会い系アプリの有無などをチェック

また、尾行をして自分で浮気調査をする方法もあります。浮気相手の家やラブホテルに出入りする様子を撮影し、証拠としてして提出するとよいでしょう。

2-5.注意点

自分で浮気調査をする場合は、大きなリスクがあるということを覚えておきましょう。もし、途中で証拠探しをしていることに気づかれてしまった場合、妻は警戒して証拠を残さないように気をつけるようになります。そうなると、証拠をつかむのがなおさら難しくなるでしょう。また、浮気の疑いを持たれたことを知り、夫婦関係に大きな亀裂が入ってしまう可能性もあります。また、しっかりとした知識がないまま集めた証拠は、裁判で不貞行為の証拠として認められない場合もあるのです。特に離婚や慰謝料請求を前提とする場合は、やはりプロの探偵などに相談するのが望ましいでしょう。

3.主婦の浮気を防ぐためのポイント

主婦の浮気を未然に防ぐための対策や注意点をまとめました。

3-1.対策

主婦の浮気を防ぐために大切なのは、「目に見えない束縛」をすることです。常に夫が自分を見張っていると分かれば、浮気をする気にもなれません。たとえば、毎日決まった時間に妻と連絡を取り合う習慣をつける、連絡なしで突然自宅に帰宅してみるなどがおすすめです。もちろん、「妻を必要としている」「大切に思っている」という気持ちを普段から伝えておくことも大切でしょう。家庭内に妻の居場所を作ってあげられるように努力してください。

3-2.注意点

初めから浮気を疑った上で、上記のような対策を試みるのは危険です。「自分は信用されていない」と思い、反抗心から逆に不倫に走ってしまう可能性もあります。あくまでも、信頼していることを前提として行ってください。

4.主婦の浮気の相談や調査について

主婦の浮気調査をプロに依頼する方法やメリットなどをご紹介します。

4-1.相談や調査すべき場合とは?

以下のような場合は、プロに相談や調査を依頼すべきでしょう。

  • 離婚を望んでいる
  • 自分で証拠集めをする自信がない
  • 浮気の事実と直接向き合うことに抵抗がある

プロに依頼することで、裁判でも認められる確実な証拠を手に入れることができるはずです。慰謝料請求などでも有利になりますし、何よりも自分の時間や労力をかけずに証拠を集めることができるでしょう。

4-2.相談や調査の依頼先

浮気の相談や調査を依頼できるのは、弁護士や探偵会社などです。それぞれのメリットとデメリットをまとめました。

4-2-1.弁護士

妻の浮気をきっかけに離婚を考えている場合や、慰謝料を請求したい場合などは、弁護士への相談がおすすめです。親権問題や養育費問題など、法律に関する相談もできるため、非常に心強い存在といえるでしょう。ただし、浮気の証拠集めは弁護士に依頼できません。

4-2-2.探偵会社

浮気の確実な証拠を集めたいのであれば、探偵会社に依頼しましょう。経験豊富な探偵会社は、何が法的に有利な証拠となるのかを知っているはずです。もちろん、調査を依頼せず、相談にのってもらうだけでもよいでしょう。適切なアドバイスをもらうことで問題が解決する可能性もあります。ただし、当然のことながら調査を依頼すれば費用がかかるため、その点をデメリットに感じる人もいるでしょう。また、依頼したからといって100%証拠が押さえられるわけではないということを覚えておいてください。

4-3.業者選びのポイント

浮気調査を依頼する業者は、以下のポイントを参考にして選んでください。

  • 探偵業届出番号を公表しているか
  • 豊富な実績があるか
  • 調査の技術は確かであるか
  • 契約書に不明確な点はないか
  • 料金体系は明確か
  • 丁寧に相談にのってくれるか

4-4.相談、調査方法

名古屋市にある「愛知探偵事務所」は、年間800件以上の実績を誇る探偵会社です。暗視カメラなどの最新機材を使用して明確な証拠を撮影し、裁判資料としても使える報告書を提出しています。こちらから無料相談を受け付けているため、利用してみるとよいでしょう。

4-5.料金相場

浮気調査にかかる料金は、探偵会社ごとに異なります。できれば事前に複数の探偵会社に無料見積もりを依頼し、比較してみるとよいでしょう。「愛知探偵事務所」では、お得なパックプランも用意されています。詳しくはこちらからチェックしてみてください。

4-6.注意点

探偵会社に浮気調査を依頼したことは、絶対に誰にも話さないようにしてください。第三者から対象者に情報がもれてしまう可能性があります。こうなると、妻は警戒して浮気相手と会うことを避けるようになるでしょう。調査を行っても証拠が得られない可能性が高くなるため、十分注意してください。

5.主婦の浮気に関するよくある質問

「主婦の浮気について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.主婦の浮気が発覚した場合、どのような結末が待っているでしょうか?
A.多くの男性は、妻の浮気を許しません。そのため、離婚に発展する確率が高くなります。当然、慰謝料を支払わなければならない立場になり、厳しい生活を強いられることになるでしょう。

Q.妻の不倫が原因で離婚する場合、確実に親権は取れるのですか?
A.確実というわけではありません。基本的に父親が親権を勝ち取ることは簡単ではないため、積極的に子育てに参加していたことなどを証明する必要があるでしょう。

Q.メールのやり取りは不倫の証拠として認められますか?
A.肉体関係があったことが分かる内容であれば、不貞の証拠となるでしょう。単なる日常会話では証拠として認められるには難しくなります。

Q.探偵事務所と興信所はどう違うのですか?
A.どちらも同じ調査業ですが、かつて興信所は法人から調査を依頼されることがほとんどでした。現在は個人からの調査依頼も受けるようになり、探偵事務所との大きな違いはありません。

Q.妻の浮気を許して夫婦関係をやり直そうと思いますが、また浮気されないためにどのようなことに注意すればよいでしょうか?
A.浮気した過去を口にせず、自分自身の非も認めて妻の気持ちが戻るように努力することです。相手だけに変わることを求めていては、再び浮気に走る可能性があるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 主婦が浮気に走る理由や浮気防止策、プロに調査を依頼する方法などをまとめてご紹介しました。インターネットが普及した今の時代、専業主婦の出会いの場も広がっています。浮気の兆候がある場合はできるだけ早く対処し、可能であれば浮気を食い止める必要があるでしょう。「浮気の事実を明白にしたい」「今後どうするべきか考えなければならない」という場合は、専門家に相談することも検討してみてください。