浮気は話し合いが必要! 問題解決に効果的な方法を詳しく教えます!


浮気は、愛する相手にとって重大な裏切りです。浮気された人にとっては、愛する人のことを信じられなくなることでしょう。精神的なショックの大きさは、浮気された本人だけが分かるものですよね。しかし、浮気を解決するためには、話し合いが必要になります。まずは、浮気の事実を確認し、今後どうするのかを決めるためにも、当事者が向き合うことが大切です。今回は、浮気の話し合いの仕方やコツについて、詳しく解説します。

  1. 浮気された場合に話し合いは必要?
  2. 浮気の話し合いの仕方は?
  3. 浮気の話し合い後はどうする?
  4. 浮気の相談や調査について
  5. 浮気の話し合いに関するよくある質問

この記事を読むことで、浮気の話し合いについてコツが分かり、役に立ちます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.浮気された場合に話し合いは必要?

浮気された場合は、話し合いをするか考えてみましょう。話し合いのメリット・デメリットを含め、詳しく解説します。

1-1.浮気されたらどうする?

愛するパートナーの裏切りを知ったときは、とても悲しくつらいものです。自分という特定の相手がいながらほかの異性との関係を持っていたと知れば、気持ちが収まらないことでしょう。特に、パートナーのことを信じていた場合、大きなショックを受けるはずです。しかし、前へ進むためには、浮気の事実を確認し、今後のことを考える必要があります。

1-2.話し合いの必要性とメリット・デメリット

浮気で話し合いをすることには、メリットとデメリットの両方があります。主なものは、以下のとおりです。

<メリット>

  • 浮気のきっかけや原因などを詳しく知ることができる
  • 自分たちの気持ちを直接伝え合うことができる
  • 今後について考えることができる

<デメリット>

  • 感情が高ぶってしまいがち
  • 証拠がそろっていないと否定されて終わることがある
  • 今後についての話が決裂することがある

2.浮気の話し合いの仕方は?

浮気の話し合いの仕方について、詳しく解説します。

2-1.話し合いのタイミングや環境について

浮気の話し合いは、タイミングや環境も重要です。タイミングとしては、浮気が発覚し、事実がハッキリした段階で行うといいでしょう。きちんとした証拠をつかんでおけば、浮気の言い逃れができなくなります。また、冷静に話すことができるよう、静かな環境を選びましょう。当事者同士だけでは不安な場合は、身内や共通の友人などに同席してもらうこともできます。しかし、当事者だけのほうが本音を話しやすいものです。まずは、2人だけで話し合いをしてみて、うまくいかない場合は同席を依頼してください。

2-2.話し合いの前にしておくことは?

浮気の話し合いの前には、証拠を用意しておきましょう。話し合いで提示するものは、原本ではなくコピーを使ってください。コピーなら、万が一、相手が逆上して破棄しても問題ありません。浮気の証拠は、話がこじれて裁判になった場合などに必要になるため、大切に扱いましょう。また、冷静に話し合うことができるよう、気持ちを整えておくことも忘れないでください。前日はできるだけ早めに就寝することを心がけ、睡眠不足のまま話し合いに臨まないようにしましょう。

2-3.どんな内容を話し合う?

浮気の話し合いでは、以下のようなことを確認しましょう。

  • 浮気の事実について
  • 浮気の原因やきっかけ
  • 浮気相手の詳細
  • 浮気期間
  • 浮気をやめる意思はあるか
  • 今後どうしたいか

2-4.話し合いを進めるときのポイント

浮気の話し合いをするときには、以下のポイントに注意しましょう。話し合い方しだいで、スムーズに進めることができるか、こじれるかに分かれます。

  • 素直に話してくれるように促す
  • 否定・反撃してきた場合の対応を決めておく
  • 話し合いの内容をメモに取る(ボイスメモに残すと便利)
  • 相手の話をよく聞いてから自分の意見を言う

なお、話し合いが長引きそうなときは、いったん中止し、休憩をはさんで再開するか後日に延期してもいいでしょう。2人の今後にかかわることなので、焦らずに進めてください。

2-5.浮気の話し合いに関する注意点

浮気の話し合いは、できるだけ感情的にならず、事実に基づいて進めることが大切です。浮気の事実は、消すことができません。しかし、今後については、自分たちで決めることができます。パートナーとやり直すにしても、別れるにしても、冷静に話し合うことが、スムーズな問題解決のためにも必要です。

3.浮気の話し合い後はどうする?

浮気の話し合い後は、今後のことを考える必要があります。

3-1.浮気が事実だった場合はどうする?

浮気が事実だった場合、今後どうするのかを決めることになります。パートナーの浮気を許すことができるのかどうかが大きなカギとなるでしょう。まずは、自分がどうしたいのかじっくり考えてみてください。特に、結婚していて子どもがいる場合は慎重に考える必要があります。一時の感情で決めてしまい、後悔することがないようにしましょう。

3-2.別れるか・結婚できるか・結婚を継続するか

浮気の話し合いの後、今後の対応について以下の3つの中から選択することになります。

3-2-1.別れる

パートナーの浮気を知って、今後やっていくことができないと判断したときは、別れることになります。相手を許せないのなら、これまでのような関係の継続は難しいでしょう。すでに結婚していたり、恋人同士でも婚約中だったりしていた場合は、慰謝料請求を考える場合もあります。別れると決めたら、必要に応じて弁護士などの法律家に相談し、慰謝料の請求手続きを進めることを考えてください。同居している場合は、引っ越しなども検討する必要があります。

3-2-2.結婚する

婚約状態であっても、浮気を許すことができるのなら結婚を選ぶこともできます。結婚前の間違いと割りきることができるのならいいでしょう。結婚するためには、パートナーが浮気を深く反省していることと、結婚の意思があることが大前提です。話し合って、結婚したいとの結論に至るのなら、2人で乗り越えていきましょう。

3-2-3.結婚を継続する

結婚している場合、浮気を許すことで今までどおり夫婦としてやっていくこともできます。特に、子どもがいる場合は、結婚を継続するケースが多いでしょう。しかし、やり直すためには、双方の努力が必要なことは言うまでもありません。お互いに尊重し合い、ただひとりのパートナーであることを認識できれば、やり直しも可能です。

3-3.浮気の話し合い後の注意点

浮気の話し合いの後は、別居をする・数日間は会わないなど、距離を置いたほうがいいでしょう。きちんと結論が出て問題がすべて解決するには、時間が必要です。別居が無理でも、浮気問題を解決しないまま同居生活を続けることにならないように注意してください。場合によっては、せっかくの話し合いが無駄になってしまいます。

4.浮気の相談や調査について

浮気の相談や調査をすることで、さまざまなメリットがあります。依頼方法・業者の選び方・料金相場など、詳しく解説しましょう。

4-1.浮気の相談や調査をすべき場合は?

以下のようなときは、浮気の相談や調査をすべきでしょう。

  • 浮気の事実をハッキリさせたい
  • 気持ちの整理をつけたい
  • 浮気の証拠をつかみたい
  • 離婚や慰謝料請求を考えている

4-2.浮気の相談や調査ができるところは?

浮気の相談や調査ができる主なところを、メリット・デメリットを併せて解説します。

4-2-1.弁護士事務所

弁護士事務所は、浮気を理由に慰謝料請求や離婚裁判を起こしたいときに頼りになります。法律に沿って手続きをするためには、正しい知識が必要です。浮気に対する制裁を法的・金銭的に求める場合は、弁護士に相談すれば安心して進めることができます。

<メリット>

  • 法律の知識に基づいてアドバイスをもらえる
  • 法的な手続きを依頼できる

<デメリット>

  • 費用が高い
  • 浮気の証拠をつかんでいることが前提
  • 浮気調査を依頼することはできない

4-2-2.興信所

浮気の相談や調査は、興信所に依頼することもできます。興信所は、もともと信用調査に強いため、浮気相手の債務状態や身元などを特に知りたい場合に有利です。たとえば、借金や犯罪歴の有無なども詳しく知ることができます。

<メリット>

  • 浮気相手のことを詳しく知りたいときに強い

<デメリット>

  • 調査費用が高め
  • 法的な相談や手続きの依頼はできない
  • 浮気調査の実績が少ないところもある

4-2-3.探偵事務所

探偵事務所では、浮気の相談や調査を多く扱っています。そのため、経験と実績が豊富であり、さまざまなケースに対応できることでしょう。探偵事務所は、浮気の証拠をつかみたいときに特におすすめです。

<メリット>

  • 浮気調査・相談に詳しい
  • 浮気の客観的な証拠をつかむことができる

<デメリット>

  • 調査費用が高め(リーズナブルなところを選ぶ必要がある)
  • 法的な相談や手続きの依頼はできない

4-3.業者の選び方について

浮気の調査を依頼するときは、信頼できる業者であることが第一です。具体的には、以下のポイントを参考にしてください。

  • 浮気調査で豊富な実績がある
  • 簡単な相談および費用見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金システム
  • 調査スタッフが親身になって相談に乗ってくれる
  • 結果を分かりやすい調査報告書にまとめてくれる
  • 守秘義務を理解し、個人情報の取り扱いに注意している
  • 顧客からの信頼が厚い
  • 活動地域の公安委員会に探偵業として登録している

なお、当愛知探偵事務所も、浮気の相談・調査で数多くのご依頼をお受けしています。まずは、お気軽にご相談ください。

4-4.業者に相談・調査を依頼する方法

業者に浮気の相談や調査を依頼するには、電話や問い合わせフォームから連絡を入れましょう。親切な業者では、自社ホームページを開設し、問い合わせフォームを用意しています。必要事項を入力して送信した後、業者から折り返し連絡が入るので、具体的な相談を始めましょう。なお、通常、返事は2営業日以内にあります。連絡が遅かったり高圧的な態度を取ったりする業者は、この時点で契約を見合わせましょう。

4-5.浮気の相談や調査の料金相場

浮気の相談や調査の料金は、個々の案件により異なります。当愛知探偵事務所の一例を目安にしてください。いずれも、調査員2名・車両1台・発信器2台・報告書・機材代を含みます。

  • 1時間14,000円(ただし1日最低5時間以上~)
  • 3日パック:210,000円(1日5時間×3日間)
  • 5日パック:325,000円(1日5時間×5日間)
  • 7日パック:420,000円(1日5時間×7日間)

なお、業者の中には、依頼者の無知を逆手に取り、法外な金額を請求してくるところもあります。まずは、見積もりを出してもらい、調査料金に納得してから依頼しましょう。

4-6.浮気の相談や調査に関する注意点

浮気の相談や調査は、ごくプライベートな内容となります。万が一、第三者の耳に入れば、うわさが広がって話がめんどうになるものです。また、周囲からあれこれと探りを入れられることもあるでしょう。業者とやり取りするときにも、ほかの人に知られないよう十分に注意してください。身内や親しい友人にも、相談・調査内容については話題に出してはいけません。浮気問題が解決するまでは、極秘で進めましょう。

5.浮気の話し合いに関するよくある質問

最後に、浮気の話し合いに関するよくある質問に回答します。それぞれ役に立つので参考にしてください。

Q.怒りがこみ上げるので話し合いをしたくないのですが?
A.浮気をされて怒るのは当然でしょう。しかし、話し合いをすることで、浮気の原因を知ることも大切です。なぜ浮気に至ったのか、正面から向き合うことで見えてくることもあります。気持ちが落ち着いてからで構わないので、話し合いをしてください。

Q.浮気相手を含む3人で話し合うのはダメでしょうか?
A.おすすめしません。浮気をされた側(がわ)と浮気した側(がわ)で、1対2になるからです。もしも、パートナーと浮気相手が結託すれば、浮気された側(がわ)が不利な展開になる可能性もあります。まずは、パートナーと1対1で話し合いましょう。その結果、浮気相手を交える必要があるか、改めて考えてみてください。

Q.話し合いの結果と正反対のことを後日言われたときは?
A.まずは、話し合いの内容・結果を相手に確認してください。「そんなことは言っていない」と言われたときのためにも、記録がものを言います。特に、音声で残っていると相手も認めることでしょう。なお、話し合いの結果をくつがえすようでは、今後の展開にも不安が残るものです。前回の話し合いで2人の関係をやり直すことになった場合でも、再度話し合いをすることをおすすめします。

Q.浮気調査で証拠をつかめないこともあるのですか?
A.調査対象者が、期間中に必ず浮気をするとは限りません。また、客観的な証拠をつかむには、密会写真など、明らかに浮気であると示す状況が必要です。従って、数日程度の調査では、証拠をつかめないこともあります。調査を延長するかどうかについては、費用との兼ね合いもあるため、業者とよく相談して決めてください。

Q.浮気調査の結果は業者で保管されるのでしょうか?
A.信頼できる業者では、調査結果を長期保存することはありません。保管する理由がないのと、情報流出のリスクがあるからです。多くの場合、依頼者に調査結果を渡した後に、調査に関連した情報をすべて消去することになるでしょう。情報の取り扱いに不安が残る場合は、業者に確認してみてください。

まとめ

今回は、浮気の話し合いについて詳しく解説しました。浮気された側(がわ)にとっては、パートナーの裏切りは、とてもつらくて悲しいことです。しかし、前に進むためには、話し合いをして浮気の事実を確認すると共に、今後のことを考える必要があります。まずは、浮気の証拠を押さえるために、浮気調査を行いましょう。調査の結果、浮気の事実が確実になれば、パートナーも認めざるを得ません。起きてしまったことに対して、目を背けずにじっくり話し合ってください。話し合いの結果がどうであれ、自分の思いをきちんとぶつけることができれば後悔しないでしょう。