許す?男女別、浮気を基準の傾向・旦那彼氏の浮気を調査する方法まとめ


人によって浮気の基準はさまざまです。「これは果たして浮気なのか?」「浮気をされているかもしれない」と悩む方も多いでしょう。カップル・夫婦・男女それぞれに浮気の基準があり、許せる範囲や、どこからを浮気とするかは異なります。自分にとってはOKでも、相手からしたらNGということや、その逆もあるでしょう。そこで今回は、浮気の基準や、浮気の調査についてご紹介します。

  1. 男性の考える浮気の基準とは
  2. 女性の考える浮気の基準とは
  3. 浮気の基準とはなにか
  4. 浮気の相談・調査について
  5. よくある質問
  6. まとめ

浮気の基準を知りたい方、浮気に悩んでいる方は、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

1.男性の考える浮気の基準とは

浮気の基準は、男女差によっても異なるでしょう。まずは、男性の考える浮気の基準を見ていきます。

1-1.女性に対する基準

男性が考える浮気の基準は、肉体関係の有無によるところが多いでしょう。なぜなら、もしパートナーがほかの男性に体を許してしまうと、自分の子孫が残せなくなってしまう可能性があるからです。そのため、本能的に浮気の基準を設定しているのかもしれません。ただし、男性の中にも「肉体関係がなくても浮気だ」と考える方もいることも理解しておきましょう。

1-2.自分に対する基準

男性が浮気をする場合、一時のあやまち・体だけということが多い傾向にあります。男性は、本能的に多くの子孫を残すようにプログラムされていることは周知の事実でしょう。そのため、性欲だけで浮気に走ったり、「浮気は男の甲斐(かい)性」という言葉が生まれたりするわけです。

2.女性の考える浮気の基準とは

一方、女性は浮気の基準をどのように考えているのでしょうか。

2-1.男性に対する基準

傾向として、女性は男性よりも浮気の基準(許容点)が低いと言えるでしょう。二人きりで会っただけでもNGと考える女性も少なくありません。性欲等の本能よりも、感情面で浮気を考える方が多い傾向にあります。

2-2.自分に対する基準

女性が浮気をする場合「さみしかったから」「浮気をしても仕方ない状況だった」と開き直る傾向が高くなります。また、体だけの関係というのはあまりなく、本気で浮気相手を好きになってしまうことも多いでしょう。そのため、自分に対する基準はかなり甘くなり、罪悪感があまりないというのも女性の浮気の特徴です。

3.浮気の基準とはなにか

では、浮気の基準についてもう少し具体的に見ていきましょう。

3-1.一般的な浮気の基準とは?

一般的には以下のようなものが浮気の基準となります。個人によって許せるラインは変わってくるでしょう。

  • 異性と内密に連絡を取ったら浮気
  • 異性と二人で会ったら(食事・外出・用事など)浮気
  • 異性と手をつないだら浮気
  • 異性と肉体関係を持ったら浮気
  • 異性に気持ちが向いてしまったら浮気
  • うそをついたら浮気

3-2.法律的には?

法律的には、浮気は罪に問われません。ただし、夫婦関係にある者が別の異性と肉体関係を持った場合は、不倫とみなされ、不倫による慰謝料が発生します。不倫によって離婚した場合はもちろんのこと、夫婦関係を継続する場合でも慰謝料が発生することもあるのです。

4.浮気の相談・調査について

次に、浮気調査の依頼方法・調査の流れなどをご紹介します。

4-1.相談や調査すべき場合

パートナーの浮気が気になる場合や、浮気をしているのは分かっているけれど証拠がつかめない、という場合は、プロに調査の相談をするのがおすすめです。プロによる調査結果は、慰謝料請求時にも役立ちます。

4-2.調査や相談ができるところ

浮気の調査は探偵事務所や興信所に依頼するのが一般的です。プロの経験や技術による調査によって、浮気の証拠をより確実に短期間でつかむことができるでしょう。また、離婚調停の際は、調査業者による写真や報告書が有効になります。ただし、調査には料金が発生するため、業者選びや調査内容などはよく精査する必要があるでしょう。

4-3.業者の選び方

浮気調査業者の選び方をご紹介します。

  • 経験・ノウハウが豊富
  • 調査認可・探偵業届出などの資格を持っている
  • 無料相談ができる
  • 料金が分かりやすい
  • 調査料金が安くなる仕組みがある(調査時間を無駄に引き延ばさないなど)
  • 地域に密着している(土地勘がある)

4-4.相談・調査方法

まずは、浮気についての相談をし、調査を正式に依頼したいとなったら、契約を結ぶというのが基本的な流れです。浮気調査業者による調査内容は、主に、張り込み・尾行・撮影・報告書の作成などがあります。

4-5.料金相場

ご参考までに、株式会社Asunaroの料金プランをご紹介します。

  • 1時間:17,000円(5時間を超えた場合12,000円)
  • 調査員2名・車両1台・発信器2台・報告書・機材代が含む
  • 1日最低5時間からのご依頼とさせていただきます
    【パックプラン】
  • 3日パック:225,000円 1日5時間×3日間
  • 5日パック:380,000円 1日5時間×5日間
  • 7日パック:545,000円 1日5時間×7日間
    ※調査員2名・車両1台・発信器2台・報告書・機材代が含まれています。

無料相談も可能なので、お気軽にお問い合わせください。

4-6.注意点

証拠集めくらい自分でもできるのでは? と考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、浮気調査は一般の人にはかなり難しいでしょう。待ち伏せや尾行には高いスキルが必要です。また、追跡対象に顔が割れている人が調査をすれば、簡単にバレてしまうでしょう。さらに、夜間の撮影には専用のカメラ機材などが必要になります。総合的に考えても、やはりプロに依頼するのがおすすめです。

5.よくある質問

浮気について、よくある質問をまとめました。

Q.結婚していなくても慰謝料が取れるって本当?
A.長く同居している・婚約を済ませている場合などは、結婚前でも慰謝料を取れる場合があります。

Q.調査料金を安くするには?
A.調査時間を短くするのが大切です。そのためには、浮気をしそうな時間帯や曜日が絞れるとよいでしょう。普段の行動を観察し、怪しい日時や行動パターンをチェックしてみてください。

Q.浮気相手にも慰謝料を取れるの?
A.不倫が発覚した場合は、パートナーだけでなく浮気相手からも慰謝料を取れる場合があります。浮気相手の身元や職場などを調べるのにも、調査会社は役立つでしょう。

Q.浮気による離婚の場合、養育費は?
A.浮気によって離婚をした場合でも、養育費の請求が発生します。たとえば、母親側の浮気による離婚となったが、子供がまだ小さいので母親が親権を得たとしましょう。その場合は、母親が父親に慰謝料を支払う必要があるとともに、父親は母親に養育費を支払う必要があります。なぜなら、養育費は母親ではなく子供のための費用だからです。

Q.浮気調査依頼中の注意点は?
A.浮気調査中は、パートナーにそのことがバレないようにしましょう。なるべく冷静を装い感情的にならないようにしてください。パートナーが「もしかしたら疑われているかも?」と思うと行動を控えてしまい証拠がつかみにくくなります。

6.まとめ

浮気の基準についての男女別の考えや、浮気調査についてご紹介しました。パートナーの浮気が気になったら、ひとりで悩まず一度無料相談をしてみることをおすすめします。浮気の証拠を持っておけば、いざという時に必ず役に立つでしょう。