【必読】旦那に隠し子の疑いがある人へ! 調査のコツを詳しく解説!


「もしかして旦那に隠し子がいるのかも」など、隠し子の疑いが持ち上がることがあります。ひとたび不安に思うと、真相が判明するまで気持ちが晴れることはありません。直接本人に聞きづらいこともあり、ひとりで悩みを抱え込んでいる人も多いことでしょう。まずは、きちんと調査をして事実を確認する必要があります。しかし、どこにどんな方法で依頼すればいいのか、よく分からないことが多いものです。そこで、今回は、隠し子の調査について詳しく解説します。

  1. 隠し子調査について
  2. 隠し子調査のポイントを学ぼう
  3. 隠し子調査の依頼方法
  4. 隠し子の疑いや調査に関するよくある質問

この記事を読むことで、隠し子調査について詳しく知ることができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.隠し子調査について

最初に、隠し子調査はどんなときに行うのかなど、詳しく解説します。

1-1.隠し子調査はどんなときに行う?

隠し子調査は、主に以下のようなときに行います。

  • 隠し子の疑いがあるとき
  • 旦那が浮気・不倫をしているとき
  • 遺産相続を行うとき
  • 結婚前

1-2.隠し子調査のメリットや必要性

隠し子調査のメリットは、以下のとおりです。

  • 隠し子がいるのか事実確認ができる
  • 気持ちの整理ができる
  • 慰謝料請求の際の証拠をそろえることができる

2.隠し子調査のポイントを学ぼう

隠し子調査を行うときのポイントを解説します。

2-1.子どもを認知しているか

隠し子の存在が明らかな場合、認知しているかどうかが大きな問題です。子どもを認知した場合、法的な親子関係となるため、扶養義務や遺産相続権・親権などが発生します。認知していなければ、実の親子であっても法的には認められません。親子であると言っているだけでは、認知していることにはならないのです。

2-2.戸籍はどうなっているか

子どもを認知していれば、子どもの戸籍を見れば父親欄に夫の名前が記載されています。なお、認知していない場合は、父親欄が空欄のままです。ただし、依頼者にとって隠し子は他人となるため、自分で戸籍を取り寄せて調べることは困難でしょう。また、戸籍で調べる方法では、隠し子の存在を証明することはできても否定することはできません。親子関係は、認知することで初めて戸籍に反映されます。認知していなければ、調査も不可能です。

2-3.自分でできる調査は?

自分でも、隠し子調査を行うことができます。たとえば、以下のような方法を試してみてください。

  • 旦那の戸籍を調べる
  • 旦那の友人に聞いてみる
  • スマホの通話やメール・SNSでのやり取りを調べる

なお、隠し子らしき人物を知っている場合でも、自分で張り込み調査などをするのはおすすめしません。隠し子側に顔を知られている可能性が高く、バレやすいからです。自分でできる調査には限界があります。証拠をつかんでも、離婚調停や慰謝料請求などの場では、客観性が欠けることを理由に却下されることもあるので注意しましょう。

3.隠し子調査の依頼方法

隠し子調査を業者に依頼する方法について、詳しく解説します。

3-1.隠し子調査を依頼すべき場合

以下のようなときは、隠し子調査を依頼するべきです。

  • 自分で調査したがハッキリしなかった
  • 客観性のある証拠がほしい
  • 遺産相続が心配
  • 離婚調停や慰謝料請求を考えている

3-2.隠し子調査を依頼するメリット

業者に隠し子調査を依頼することには、以下のようなメリットがあります。

  • 本当に隠し子がいるのかが分かる
  • 自分で調査するよりも確実
  • 調査のための時間や労力を節約できる
  • 慰謝料請求などで使用できる「調査報告書」が手に入る

3-3.隠し子調査はどこへ依頼できる?

隠し子調査は、興信所や探偵事務所などに依頼できます。いずれも、依頼内容に沿って誠実に調査してくれるはずです。ただし、隠し子問題はごくプライベートな内容であるため、金融方面の信用調査を得意とする興信所よりは、探偵業務を主とする探偵事務所のほうが向いているでしょう。たとえば、当愛知探偵事務所でも調査をお受けしています。まずは、お気軽にご相談ください。

3-4.隠し子調査の相談や依頼方法

隠し子調査を依頼するには、業者の「お問い合わせフォーム」を利用しましょう。折り返し、業者から連絡があるので、具体的な話をしてください。後日、業者から調査に関する見積もりが送られてきます。見積もり内容をチェックし、納得した場合は改めて正式契約をし、調査を進めてもらいましょう。

3-5.隠し子調査の方法

業者での主な調査方法は、以下をご覧ください。一般的には、複数の方法を組み合わせることにより、確実な証拠をつかめるようにしています。

  • 身辺調査
  • 聞き込み調査
  • 張り込み調査

3-6.隠し子調査の費用相場

隠し子調査の費用は、依頼内容や調査機関によって上下します。一般的には、身元調査に準じることになるでしょう。費用の目安は、10万円程度~となります。業者によって、費用に含まれるものとオプションになるものが異なるので注意してください。また、追加調査となった場合の費用システムも同時に確認しておきましょう。

3-7.隠し子調査に関する注意点

隠し子調査の相談や依頼は、誠実な業者を選ぶことが大前提です。隠し子は、プライバシーにかかわる問題であり、公言できない場合が多くなります。調査依頼~完了までに情報が流出すれば、思わぬうわさが広がる心配があるでしょう。守秘義務を守り、個人情報の管理がしっかりしている業者かどうか見極め、信頼できると判断してから依頼してください。相談の際に、個人情報の管理がずさん・ほかのスタッフに聞こえるような環境で相談に応じるなど、不安な点があるときは契約を見合わせましょう。

4.隠し子の疑いや調査に関するよくある質問

最後に、隠し子の疑いや調査に関するよくある質問に回答します。それぞれ役に立つので、参考にしてください、

Q.隠し子か判断するためにDNA鑑定を依頼できる?
A.調査の結果、隠し子であると判明しても、なお疑わしい場合は、DNA鑑定が有効です。ただし、相手が必ずしもDNA鑑定を受けてくれるとは限りません。あくまでも、依頼という形になるので、確実な保証はないと考えてください。

Q.隠し子に養育費を支払う必要がある理由は?
A.隠し子であっても、認知している場合は扶養義務が発生するため、養育費を受け取る権利があります。親として、支払いを拒絶することはできません。認知していない場合は、法的には支払い義務はないものの、世間的・倫理的な理由で支払う人もいます。

Q.当初設定した調査期間中に証拠が出なかった場合は?
A.業者と相談して、延長調査をするか決めましょう。たとえば、戸籍などの情報で確認できなかった場合は、証拠をつかむのに苦労することがあります。認知していない場合などで確実な証拠をつかむためには、さらなる調査が必要です。

Q.離婚や慰謝料請求の相談はできますか?
A.業者では、離婚や慰謝料請求に関する相談はできません。弁護士などの法律家に相談してください。弁護士に相談するためには、隠し子であることの客観的な証拠が必要です。まずは、隠し子調査をしてから弁護士などに相談しましょう。なお、業者と提携している法律家を紹介してもらうことは可能です。

Q.調査結果の保存期間は?
A.一般的には、業者は依頼者に調査報告書を提出した後、速やかに調査内容を消去・処分します。長期保管の必要がなく、個人情報の流出リスクも高まるからです。ただし、保管期間に関しては、業者によっても規定が異なるため、事前に確認しておきましょう。

まとめ

今回は、隠し子の疑いや調査について詳しく解説しました。愛するパートナーに隠し子の疑いがあるのなら、きちんと調査をして事実確認をしましょう。直接本人に聞くと、はぐらかされてしまう場合があるからです。調査は、自分で行うよりも、探偵事務所など専門業者に任せることをおすすめします。実績が豊富にあり、誠実で評判のいい業者に依頼しましょう。ひとりで悩んでいても解決することはありません。プロの力を借りて、スッキリさせましょう。