不倫のきっかけが知りたい! 相手の不倫で悩んだときの対処法は?


不倫のきっかけとなるシーンは、男女が接触する場所または環境すべてが当てはまります。パートナーがいても、その場のシチュエーションによっては男女の関係になる可能性もあるのです。人によって不倫相手との出会い方はさまざまで、きっかけも異なります。不倫のきっかけを把握しておけば、パートナーの不倫を防ぐことができるでしょう。もし、パートナーに対して不倫の疑いを持ったときは、探偵事務所への調査依頼をおすすめします。プロの調査員なら写真・動画などの決定的な証拠をつかむことができるからです。本記事では、不倫相手との出会いと不倫に走るきっかけ、プロへの相談方法などについて解説します。

  1. 不倫の出会いときっかけは違う?
  2. 不倫に走るきっかけは?
  3. 不倫のきっかけを減らす、なくすためにできることは?
  4. 不倫がバレるきっかけとは?
  5. 不倫のきっかけに関してよくある質問

この記事を読むことで、不倫のきっかけやプロへの相談方法が分かります。パートナーの不倫を疑っている方は、ぜひチェックしてください。

1.不倫の出会いときっかけは違う?

不倫の出会いときっかけに「違い」はあるのでしょうか。まずは、不倫相手と出会うシチュエーションや不倫へ走るきっかけにフォーカスしていきたいと思います。

1-1.出会い方はさまざま

人によって不倫相手との出会い方はさまざまです。中でも、よく耳にするのが「職場・仕事仲間として交流するうちに好意を持つようになった」というケースでしょう。始めは、同僚・先輩・後輩として出会い、どんどん仕事で会ううちに仲が良くなり不倫に発展します。また、インターネットが普及された現代ならではの「出会い系サイト・アプリ」も出会い方の1つです。独身時代に感じていたドキドキを、手軽に味わうことができる場所といえるでしょう。ほかには、「同窓会」「習い事」などがあります。

1-2.出会いから不倫へ走るきっかけは?

異性と出会う場所に不倫のきっかけが落ちているものですが、場所だけではありません。不倫に走る人の多くは、「異性として見られたい」「配偶者からの愛情が感じられなくて寂しい」など、心理的要因が隠れています。総合探偵社の株式会社MRが行った調査によると、不倫の理由で最も多かったのは「パートナーとうまくいっていない」ことでした。夫婦関係がうまくいっていないときは寂しさを感じるので、自分を愛してくれる人との恋愛に走りやすいのです。

2.不倫に走るきっかけは?

では、不倫に走るきっかけについて具体的にチェックしていきましょう。

2-1.職場の飲み会や社員旅行

前述したとおり、職場・仕事関連の場所は不倫に走りやすい場所の1つです。さまざまな人が行き交い、家庭よりも長い時間を過ごす場所にもなります。特に、アルコールが入る飲み会やパーティーなどは注意が必要です。お酒に酔い、そのままの勢いで不倫の関係になってしまったというケースもよく耳にします。また、社員旅行は家族と離れて過ごすため、開放的な気分になり、今まで仕事相手にしか見ていなかった人を異性として意識するようになるのです。

2-2.出会い系アプリ、FacebookなどのSNS

インターネット技術が向上し、簡単にインストールしてほかの異性とやり取りができる「出会い系アプリ」がたくさん登場しています。気軽な気持ちで異性と会い、不倫関係を結ぶケースが増えているようです。また、FacebookなどのSNSを通じて、元恋人と再会してヨリを戻すこともあります。

2-3.元恋人と再会しやすい同窓会

元恋人と再会しやすいシチュエーションといえば「同窓会」です。同窓会では変わらずに若々しさを保っている人もいれば、気をつかわずに共通の趣味の話で盛り上がることもあるでしょう。既婚者ということを忘れ学生時代のころに戻るため、そのときの恋心も蘇(よみがえ)りやすくなります。また、アルコールの力も入るので、気持ちが高まり不倫に走るきっかけとなるでしょう。

2-4.共通の趣味で盛り上がる「習い事」

結婚してから趣味の延長で習い事を始めることがあるでしょう。同じ趣味を持っている異性とは話が自然と盛り上がり、楽しい時間が共有でき、いつの間にか恋心が芽生えるものです。習い事の中でも体を密着させることが多い「社交ダンス」は、不倫に発展しやすいといわれています。

2-5.意外と多い子どもの送り迎え

不倫のきっかけとして意外と多いのが、「子どもの送り迎え」です。ほんの少しの時間でも、毎日同じ時間帯に顔を合わせると、親密な関係になる可能性があります。パパ・ママ同士、初めは子どもをきっかけにした立ち話から、どんどん異性として意識し始めるケースですね。2人きりの時間を過ごしていても、家族ぐるみの付き合いという言い訳ができるので不自然に思われることもありません。

3.不倫のきっかけを減らす、なくすためにできることは?

不倫のきっかけを減らす、またはなくすためにできることはあるのでしょうか。

3-1.対策方法は?

男女が接触する場所・環境は、どのようなシチュエーションであっても不倫のきっかけになるといわれています。そのため、完全に不倫のきっかけをなくすのなら、パートナーを家の中から一歩も出さないようにするしかないでしょう。けれど、それはさすがに無理があります。
そこで、注目してほしいのが「不倫に走る心理」です。前述したとおり、不倫に走る理由で最も多いのが「パートナーとうまくいかない状態」なので、パートナーとの関係を良好なものにすれば対策につながります。たとえば、お互いに時間がなくても夜ご飯は一緒に食べる・休みの日は2人きりの時間を作る・相手を気づかうなど、工夫はさまざまです。

3-2.男女別に紹介!

男性の不倫は気軽な気持ちから始まるケースがほとんどです。男性は子孫を残す本能を持っているため、「性欲」が満たされずにいるとパートナー以外の女性に体の関係を持とうとする傾向があります。男性が不倫してしまう原因のほとんどに「性欲」が関係しているため、パートナー(女性)は「異性」としての魅力を磨き、性欲を満たしてあげられるように工夫するのが大切です。
一方、女性の場合は「寂しい」「異性として見られたい」「愛してほしい」などの心理的要因が深く関係しています。「愛されている」という実感が欲しいので、パートナー(男性)が行う対策としては愛情を注ぐことです。

3-3.NG行為、注意点

「不倫しているかもしれない」と疑いを持ったときから、パートナーすべての行動に不信感を抱くようになる気持ちも分かります。不倫相手が誰なのか、なぜ不倫をしたのかと相手を責めてしまいますが、不倫の有無がハッキリしていない状態で責めるのはNGです。本当に不倫していなかったら、夫婦関係に大きな溝ができてしまうでしょう。決定的な証拠をつかんでも、冷静に話し合いをするようにしてください。感情的になって相手を責め立てることだけは絶対にしてはいけません。

4.不倫がバレるきっかけとは?

パートナーに隠しているつもりでも、ふとしたきっかけで不倫がバレることがあります。一体どんなときに不倫がバレるのか、また不倫を疑ったときはどうすべきか詳しく解説しましょう。

4-1.バレてしまうきっかけは?

不倫はいずれバレてしまうものです。どれだけ隠していても、どこかで不倫関係が明らかになる瞬間がやってきます。不倫バレで最も多いのが、「携帯・スマホ」です。自宅にいても肌身離さず持っている・着信があるとスマホを持ってどこかへ行く・急にロックを設定するようになったなど、不倫している人の使い方には特徴があります。また、休日は頻繁に1人で出かける・残業や出張が増えた・オシャレに気をつかうようになったなど、以前と変わり始めるのが特徴です。その異変に気づき、不倫がバレることになります。

4-2.不倫を疑ったときはどうすべきか?

パートナーの不倫を疑ったときは、しばらく様子を見ていてください。すぐにパートナーを責めるのではなく、本当に不倫をしているのか突き止めることが大切です。ただし、自分で突き止めるのは限界があります。そこでおすすめしたいのが、プロの調査員が在籍している「探偵事務所」です。探偵事務所は、自分の代わりにパートナーの不倫調査をしてくれます。

4-3.プロへの相談方法、メリットは?

不倫を疑ったときはプロの探偵事務所へ相談してください。探偵事務所の多くは無料相談を受けつけています。匿名でも相談が可能なので、気軽に話を打ち明けることができるでしょう。また、どうすれば不倫が判明するのか、不倫の証拠を押さえられるのかなどのアドバイスもしてくれます。プロへ相談することで気持ちがスッキリしますし、解決策につながるでしょう。決定的な不倫の証拠が得られるのも、探偵事務所へ依頼する大きなメリットです。

4-4.調査費用の目安は?

「探偵事務所に依頼すると、高額な費用がかかるのでは?」と不安に思われがちですが、他社よりも4~5割ほど低料金で調査依頼ができる探偵事務所もあります。たとえば、「愛知探偵事務所」の場合は、1時間あたり14,000円です。1日最低5時間からの依頼が可能で、パックプランも用意されています。参考として、「愛知探偵事務所」のパックプランを以下にピックアップしてみました。

  • 3日パック:210,000円(1日5時間×3日間)
  • 5日パック:325,000円(1日5時間×5日間)
  • 7日パック:420,000円(1日5時間×7日間)

4-5.業者選びのポイント

どの探偵事務所に依頼すべきか悩んだときは、以下のポイントに重点を置いて選んでください。

  • 不倫調査の経験が豊富か
  • 探偵業の許可を取得しているか
  • 相談員や調査員が親身になって話を聞いてくれるか
  • 的確なアドバイスやプランを提示してくれるか
  • 口コミ・評判が良いか
  • 低費用かつ高品質なサービスが受けられるか
  • 料金体系が明確になっているか
  • 無料相談・無料見積もりが利用できるか

5.不倫のきっかけに関してよくある質問

不倫のきっかけに関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.「不倫したい」と思ったきっかけは?
A.実際に不倫経験のある人の多くが、些細(ささい)のことで不倫関係になってしまったと語ります。なんとなくその場のノリで不倫する人もいれば、性欲がたまたま溜まっているときで好みの異性に誘われたりするなどさまざまです。「一度だけなら」と思いつつもダラダラと関係を続けてしまった、という方もいるので、きっかけはほんの些細なことなのでしょう。

Q.パートナーの不倫を防ぐテクニックは?
A.パートナーを信じ、相手の寂しさを埋めてあげることが大切です。夫婦関係が満たされていれば、異性と出会っても不倫に走ることはありません。また、夫婦関係を長く続けるほど「慣れ」が出てくるため、些細なことでも「ありがとう!」「とても幸せ」「嬉(うれ)しい」など言葉にして伝えることが大切です。そして、たまには2人きりの時間を作り、一緒に出かけましょう。

Q.不倫の証拠をつかむメリットは?
A.不倫相手と会っているときやホテルへ入るときなど、「不倫の証拠」となる写真・動画は裁判の需要な判断材料となります。離婚協議に入る際、相手と裁判になる可能性があるでしょう。そのときに証拠を提出すれば有利な状況になります。特に、不貞行為に対する慰謝料請求には証拠が大きな効力を発揮するのです。

Q.不倫調査の依頼前に心がけておきたいことは?
A.不倫調査を依頼する前に、不倫が判明したときはどうするかを自分の中で固めておきましょう。パートナーの不倫を許すのか、離婚をするのか気持ちを整理することが大切です。きちんと気持ちを固めておけば、感情的になることもありません。

Q.不倫の調査方法は?
A.不倫調査の基本は尾行と張り込みです。調査対象者を期間中、尾行・張り込みをし、どこでいつ誰と会ってどんなことをしているのか徹底的に調べます。ただし、調査方法は業者によって異なるので事前に確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか? 不倫のきっかけは、人や状況によってさまざまな理由があります。パートナーの不倫を疑ったときは、なぜ不倫をしたのか理由を突き止めることが大切です。また、不倫がハッキリと明確になっていない状態で相手を追及すると、余計にややこしい状況になるので注意してください。相手に問いただすときは、不倫相手との交流が分かる写真や動画など、決定的な証拠が必要です。自分で証拠をつかむのは意外と大変なことなので、プロの探偵が在籍している「探偵事務所」への依頼をおすすめします。きちんと調査してくれるところなら、安心して任せられるでしょう。