不倫のきっかけはどうなっているの? ~男女別の事例を紹介~


近年、「不倫」が原因で離婚をするカップルが増えています。
不倫をするのは男性が多いといわれていますが、実際には女性の不倫が原因というケースも少なくありません。
一体、どのようなきっかけで不倫は始まってしまうのでしょうか?
女性・男性別に不倫のきっかけについて解説していきたいと思います。

不倫のきっかけ女性編:一番多いのは「職場」での不倫

結婚をしても仕事をし続けている女性が増えてきています。
女性の方が不倫をする場合、職場での年下イケメンが相手になっていることが多いようです。
母性本能をくすぐる年下男性に家庭では得ることができない癒しやトキメキをもらうことがあり、年下男性に惹かれています。
結婚をすると恋愛をしていた頃のようなドキドキ感は次第に失われてしまうものです。
職場で素敵な年下男性があらわれると自然とドキドキしてしまい、恋愛感情を芽生える女性が多いのも事実。そこから不倫に入ってしまうケースも少なくありません。
また、逆のパターンになりますが、職場の既婚男性である上司から不倫を言い寄られる女性も多いのです。
成人女性は自分でしっかり不倫と恋愛の区別をしていかなければなりませんが、どうしても周りの雰囲気に流されてしまい、不倫という関係になってしまうこともしばしば。

不倫のきっかけ男性編:癒してくれる相手を探している

男性は自分を癒してくれる女性を求めている傾向があります。
不倫のきっかけになるのは結婚してその癒しがなくなってしまったケースが多いようですね。
例えば、奥さんの「束縛」が増えてしまったり、疲れてきたのに「ワガママ」に付き合わされたり、「理解してくれない」「気遣いがない」などの理由が挙げられます。
家に帰っても癒されることがない男性は、ほかの女性に癒しを求めるようになってくるのです。
職場や友人を通して紹介された女性と関係をもち、不倫に発展してしまいます。
不倫をするきっかけは本当に人によって様々です。
「不倫をするつもりはなかったけれど、そんな流れになってしまった」「好きな人ができてしまった」というきっかけからスタートすることもあります。

男女とも相手に不満を感じていることから始まる

男女別に不倫のきっかけについて説明しましたが、どちらでも今の奥さん・旦那さんに不満をもっているから不倫が始まると言えます。
現状に不満をもっていなければほかの人に恋をすることはありませんし、言い寄られてきても断るはずです。
相手に不満をもっているからこそ「ほかの人に自分を慰めてほしい」「一緒にいてほしい」と思うのではないのでしょうか。
些細な喧嘩をしたときに近くに気になる異性がいたら頼ってしまうものです。
きっかけが何であれ、不倫をしてしまうと相手の家族や恋人を傷つけてしまいますし、トラブルが発生することもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
この記事では、

  • 不倫のきっかけ女性編:一番多いのは「職場」での不倫
  • 不倫のきっかけ男性編:癒してくれる相手を探している
  • 男女とも相手に不満を感じていることから始まる

ということをご紹介しました。
不倫のきっかけは男女ともに「寂しい」「今の相手では不満」という気持ちから次第に芽生えてくるものです。
しかし、社会通念上、不倫は許されるものではありません。
夫婦間に問題がある場合には、不倫に走るのではなく、現状の問題を解決することが何よりも大切です。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!