婚約者が浮気!? 万が一に備えるために押さえておくべきポイント


浮気「婚約者がいるのに浮気なんて!」と信じられないかもしれませんが、婚約中の浮気は意外と多いものです。いわゆるマリッジブルーといわれる不安にかられるケースから、結婚前の浮気なら許されるという甘い考えによるものまで、理由は人によって異なります。もちろん、実は浮気ではなく勘違いだったという場合もありますが……。
婚約者が浮気をしている疑いがあるのならば、まずは冷静に対処することが重要です。そして、万が一の場合に備えて正しい知識を身につけておくとよいでしょう。

目次

  1. 婚約中の浮気は罪になるのか?
  2. 婚約を破棄する際に気になること
  3. 必要な証拠を集めておこう
  4. 探偵に依頼する際の注意点

1.婚約中の浮気は罪になるのか?

1-1.不貞行為とは

法的に罪となるのは、「不貞行為」の場合です。「浮気」という言葉の意味する行為は人によって違ってきます。まずは、どのようなことが不貞行為に当てはまるのかを知っておきましょう。
不貞行為とは、結婚の契約を交わした男女のどちらか一方が、ほかの異性と性的関係をもつことです。これは、婚約中の男女間でも成立します。
婚約者がいるにもかかわらず別の異性と体の関係をもった場合には、厳密には「不貞行為」ではなく、「貞操業務違反」として婚約破棄が成立する条件になります。
しかし、婚約の関係にある場合は、このような不貞行為の立証が難しいのも事実です。

1-2.婚約が成立しているかがポイント

不貞行為として認められるには、婚約が成立していなければなりません。結納を交わしていたり、結婚式場を既に予約していたりすれば、結婚する意志がお互いにあることがわかります。ほかにも、お互いの親に結婚のあいさつをしている、あるいは婚約指輪を渡している場合も婚約の成立は問題なく認められるはずです。
また、口頭で「結婚しよう」とお互いに約束を交わしていても、婚約は成立しているとみなされます。ただし、お酒に酔っている状態で発せられた言葉など、婚約したと認められないケースもあるので注意が必要です。

1-3.婚約を解消するためには

不貞行為が原因で婚約を解消したい場合には、婚約していると認められる証拠が必要となります。たとえば、婚約指輪や結納です。具体的には後ほど説明しますが、このような証拠がそろっていないと不利になる場合もあるので注意してください。
残念ながら浮気をしそうな婚約者の場合は、早めに婚約指輪をもらったり、結納をきちんと交わしたりするなど対策をしておくとよいかもしれません。

2.婚約を破棄する際に気になること

2-1.賠償金や慰謝料はもらえるの?

基本的には、婚約を破棄した側が相手に賠償金を支払わなければなりません。しかし、これは正当な理由がない場合に限ります。
浮気が原因で婚約を破棄する際には、責任があるのは浮気をした側です。つまり、浮気をした者は、たとえ婚約を破棄されようとも、相手に賠償金を払う必要があります。
慰謝料の場合はどうでしょうか。婚約を破棄する状態になったことで精神的苦痛を受けるわけですから、慰謝料の請求も十分に考えられます。
婚約という信頼関係を裏切る行為をしたと認められる場合には、このように法的な問題に発展する可能性があるのです。

2-2.賠償金や慰謝料の額はどれくらい?

それでは、浮気により婚約を解消した場合には、どのくらいの賠償金や慰謝料が支払われるのでしょうか。
結婚の準備が進んでいる場合には、それに費やした全額が損害となります。すでに支払っていた結婚式場の費用や、招待状の送付にかかった費用など全てです。
また、結婚退職をしていることもあるでしょう。結婚するために仕事を辞めたのであれば、退職せずに働き続けていたら得られるはずであった給与も損害と考えられるケースもあります。このように、婚約解消によって損害となる対象は個人によって異なるため、どのくらいの額が支払われるかは一概には言えません。
慰謝料についても、婚約期間や婚約破棄にいたった事情などにより請求額は変わることを知っておきましょう。離婚で生じる慰謝料よりは低いと思っておいてください。

2-3.婚約指輪は返さないといけないの?

結婚することを前提に渡すのが、婚約指輪です。ですから、婚約が解消された場合、基本的には婚約指輪を返却しなければなりません。しかし、もし婚約指輪の贈り主が浮気をして婚約が解消されるのであれば、指輪を返す必要はないのです。
結納も同様に考えてよいでしょう。浮気した側には結納金を返還しなくても構いません。

3.必要な証拠を集めておこう

3-1.婚約関係にあるという証拠

婚姻届けを提出している結婚と違って、婚約関係を客観的に証明するのは難しいでしょう。そして、相手側が「婚約は成立していなかった」と主張してくることも十分に考えられます。婚約しているという証拠は、ぜひ用意しておきましょう。
たとえば、「婚約指輪」や「結納」は有力な証拠です。それから、「婚約披露パーティ」なども状況証拠となり得ます。ほかにも、結婚を約束していると想像できるメールや手紙なども全て保存しておきましょう。また、相手から結婚の報告を受けている第三者の証言も証拠となる可能性があります。

3-2.浮気をしている証拠

法的に「不貞行為」といわれる行為、つまり「性交渉」があったと確認できる証拠が必要となります。一緒に食事をしている場面はもちろん、キスをしている写真があったとしても、不貞行為の証拠とはならないでしょう。
証拠となる現場を押さえることに成功したら、カメラやビデオで必ず撮影をしておいてください。その際に、日付を確認できるようにしておくのがポイントです。そして、撮影したデータはしっかりと保管しておきましょう。万が一のことを考えて、コピーを作っておくと安心です。
それから、メールのチェックも忘れずに。浮気相手と携帯電話で連絡を取り合うのが主流となった現代では、携帯メールで浮気が発覚するケースがかなり増えています。少しでも怪しいメールを見つけたら、自分の携帯やパソコンへ転送しておくとよいでしょう。
相手の行動や気づいたことなどを日記として残しておくのも大切です。裁判に使用する可能性も考えて、書き直せないボールペンなどを使って書くようにしてください。

3-3.裁判で勝てる証拠をそろえておく

場合によっては、裁判になることもあるでしょう。そのときには、法的に証拠として認められるものを提出しなければなりません。裁判資料として有効な書類を提出する必要もありますから、探偵に依頼してもよいでしょう。浮気調査のためのテクニックや機材を駆使して、確実な証拠を集めてくれるはずです。

4.探偵に依頼する際の注意点

4-1.金銭トラブルは気をつけよう

探偵とのトラブルで一番多いのが、金銭関係です。料金が高ければ優れた調査をしてくれるとは限りませんし、安く見せかけて実際の請求額は高くなる、といったケースが多く見られます。

4-2.調査員の水増しに注意

調査に必要な人員は、2~3人いれば十分と考えてよいでしょう。状況によっては5~6人いなければ確実な証拠を得られない場合もありますが、非常にまれなケースです。
調査員の人数が多いほど、料金は高くなります。悪質な興信所だと、必要以上の人数で調査を行うことがあるので注意してください。実際は1名でしか調査をしていないのに、複数人分の料金を請求されるケースもあります。

4-3.無料相談を利用する

どこの調査会社を信頼してよいかは、判断が難しいでしょう。依頼をする前に、無料相談を利用してみてはいかがでしょうか。メールや電話で相談できるところも多くあります。具体的な調査内容と料金も確認してみてください。広告の内容と相違があったり、強引に話を進めたりするようなところには要注意です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。婚約者が浮気をしている様子が見られたら、万が一に備えて次の点をしっかりと理解しておきましょう。

  • 不貞行為として認められるには、婚約が成立していなければならない
  • 浮気をした側が賠償金を支払う
  • 贈り主が浮気をした場合には、婚約指輪を返さなくてもよい
  • 婚約指輪と結納は、婚約成立の証拠となる
  • 裁判で不貞行為を証明できる証拠が必要
  • 探偵との金銭トラブルを防ぐために事前に確認を

婚約者に浮気をされると気が動転してしまうでしょうが、まずは冷静になることが大切です。泣き寝入りしてしまわないように、しっかりと対策を考えていきましょう。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!