浮気の証拠になるのはどんなもの? 証拠の集め方や探偵事務所に依頼するコツ


浮気の証拠になるものは何なのか、どうすれば浮気の証拠を集めることができるのかなど、浮気をした証拠の集め方で悩んでいる方は多いでしょう。自分で証拠を集めることはできますが、離婚裁判などでは使えない証拠だったり、相手にバレてしまったりするなど失敗のリスクが高くなってしまいます。では、どうすれば浮気の証拠を確実に集めることができるのでしょうか。

本記事では、浮気をした証拠の集め方などについて解説します。

  1. 浮気の証拠になるのはどんなもの?
  2. 浮気をした証拠の集め方は?
  3. 浮気の証拠を集める際の注意点
  4. プロに浮気の証拠を集めてもらうには?
  5. 浮気の証拠に関してよくある質問

この記事を読むことで、浮気の証拠を集める際の注意点や探偵事務所に依頼する方法も分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.浮気の証拠になるのはどんなもの?

最初に、浮気の証拠になるものをチェックしておきましょう。

1-1.肉体関係があったことを裏付ける証拠

浮気の証拠といっても人それぞれで捉え方は異なりますが、誰が見ても「浮気している」と分かるような証拠を集めることが必要です。特に、不貞行為が問題となる裁判では、肉体関係があったことを裏付ける証拠が有利になります。人によっては手をつないだり、イチャイチャしたりすることを浮気とみなす人もいますが、それだけでは浮気の証拠として弱いと考えられるのが現実です。第三者が見ても肉体関係を持っていることが分かるような証拠を用意したほうがいいでしょう。

1-2.写真・動画などが浮気の証拠になる

肉体関係があったことを裏付ける証拠として代表的なものは、浮気相手とラブホテルに入っていく動画や二人がホテルで撮ったと思われる写真などです。浮気相手とただ一緒に写っている写真や、単に近くの街を一緒に歩いていたり日帰りデートをしたりしている写真は証拠として弱いものと考えられます。宿泊を示す写真や動画であっても、肉体関係につながる証拠が裁判でも認められるからです。また、1つだけでなく複数の証拠を組み合わせることで、浮気の証拠として認められることもあります。ほかにも、浮気の証拠として認められやすいものは以下のとおりです。

  • 肉体関係があったと推定できるメールやSNSでのやり取り
  • ラブホテルやレストランなどの領収書
  • 二人で宿泊したことを匂わせる通話内容

2.浮気をした証拠の集め方は?

ここでは、浮気をした証拠の集め方について説明します。

2-1.スマホ・携帯電話をチェックする

相手のスマホ・携帯電話をチェックすることで浮気を見破り、証拠をつかむことができます。メールやSNSなどで肉体関係があったと推定できるやり取りをしている可能性があるからです。メールやSNSの投稿で肉体関係が推定できる内容を見つけたときは、それらの内容を自分のスマホ・携帯電話で写真に撮っておきましょう。スクリーンショットやデジタルデータは加工しやすい傾向があるため、証拠として認められないことがあります。そのため、必ず自分のスマホまたは携帯電話で撮影することが大切なポイントです。

2-2.財布や車の中を調べる

浮気の証拠となるものは、財布や車の中にも隠れている可能性があります。たとえば、財布の場合、クレジットカードの利用明細やレシートがないかチェックしてみてください。大きな買い物をしていたり、デートスポットや高級レストラン・宿泊施設などを利用したりしたことが分かる証拠が出てくる可能性もあります。特に、ラブホテルの領収書は肉体関係があったと推察できる証拠になるでしょう。また、車の中にも、カーナビに宿泊施設を利用した履歴が残っていることがあります。夫婦の車であれば、ボイスレコーダーまたはGPSを設置することで浮気の証拠を集めることも可能です。

2-3.尾行・追跡する

浮気の証拠をつかむために、自分でパートナーを尾行・追跡することも方法の1つです。尾行しているときに浮気相手とホテルに入る瞬間を写真や動画で押さえることができれば、浮気の証拠になるでしょう。ただし、相手を尾行する際は、気づかれないように注意しなければなりません。変装用の服に着替えるのはもちろんのこと、カメラ・ビデオカメラ・ボイスレコーダーなども用意する必要があります。

3.浮気の証拠を集める際の注意点

ここでは、浮気の証拠を集める際の注意点をいくつか紹介します。

3-1.個人情報保護法違反になることも

自分で浮気の証拠を押さえる場合、個人情報保護法違反にならないよう注意しなければなりません。たとえ、恋人同士や夫婦関係であったとしても、スマホを勝手にのぞいたり財布の中身を見たりすることが場合によっては個人情報保護法違反にあたる可能性があります。また、パートナーが使用しているSNSのIDやパスワードを調べてログインすることも不正アクセス禁止法に抵触する恐れがあるので要注意です。このように、やり方によっては、パートナーから訴えられる可能性があるため、浮気の証拠を集める際は注意しなければなりません。

3-2.パートナーにバレてしまう可能性が高い

費用を最小限に抑えたいからと自分で浮気の証拠を集める方がいますが、素人が証拠を集めるのはリスクが高いといえるでしょう。浮気の疑いを持ってしまうと、パートナーのすべてが疑わしく感じてしまうのでつい敏感になってしまいます。いつもとは違う言動からパートナーが感づいてしまい、警戒心が強まってしまうのです。すると、パートナーはさらに巧妙な方法で浮気相手と会うことを考えるので、浮気の証拠がつかみにくくなってしまいます。また、浮気を疑っていることがバレてしまうと、関係が悪化する可能性もあるので注意しなければなりません。

3-3.浮気の証拠として使えない証拠ばかりになる

素人が浮気調査をする場合、パートナーにバレないようにするための工夫はもちろんのこと、浮気の証拠として使えるものをしっかりと押さえなければなりません。強い証拠と弱い証拠を素人が判断するのは実際には困難です。苦労して集めた証拠だとしても、使えない証拠ばかりになってしまい、裁判で認められずに負けてしまう可能性もあります。自分で浮気の証拠を集めるにはリスクが伴うこと、いろいろな注意点があることを把握しておかなければなりません。

4.プロに浮気の証拠を集めてもらうには?

ここでは、プロに浮気の証拠を集めてもらう方法とポイントを解説します。

4-1.探偵事務所に依頼する

プロに浮気調査をしてもらいたい場合は、探偵事務所に依頼するのが一般的です。探偵事務所は浮気・不倫調査や車両動向調査・結婚調査などさまざまな調査を行っています。探偵事務所によって具体的な調査方法は異なりますが、浮気調査は尾行と追跡が基本です。調査対象者を尾行・追跡し、浮気相手と思しき人物とどのようなところでデートをしているのか・どのようなやり取りをしているのかなどを詳しく調査します。また、浮気相手がどのような人物などかも詳しく調査してくれるので、素人では調べることができない内容が判明するのも探偵事務所に依頼する大きなメリットといえるでしょう。

4-2.探偵事務所作成の調査報告書は浮気の証拠になる

浮気の証拠となる調査報告書が手に入るのも、探偵事務所に依頼する大きなメリットです。探偵事務所による調査結果は、調査報告書としてまとめられ報告されます。この調査報告書が、裁判時には有利な浮気の証拠として役立つ重要なものです。調査報告書には、調査期間中、調査対象者がどこで何をしていたのか・浮気相手とどのようなことをしていたのかなど、写真付きで記載されます。浮気の現場を押さえた写真や動画は、ほぼ確実な浮気の証拠になるため、調査報告書の内容によっては裁判で有利な状況に進めることができるでしょう。

4-3.浮気調査の費用相場は1時間あたり約2万円~

浮気調査の方法や探偵事務所などによって異なりますが、浮気調査の費用は1時間あたり約2万円~が相場です。ただし、車両費・交通費・機材費・報告書作成費が追加されるため、もっとかかる可能性があります。念のため、どのような項目にいくらかかるのか、見積書の内容をしっかりと確認してから正式に依頼しましょう。なお、探偵事務所の中には15時間パックで294,000円、25時間パックで490,000円とパックプランを用意しているところもあります。

4-4.探偵事務所選びのポイントをチェック!

探偵事務所の中には、調査終了後に高額な追加費用を請求してきたり、いい加減な調査を行ったりする悪質な探偵事務所が存在しています。探偵事務所とのトラブルを避けるためにも、信頼できるところを慎重に選ばなければなりません。どの探偵事務所に依頼すべきか分からない方は、以下のポイントに注目してください。

  • 浮気調査の実績があるか
  • 無料相談や無料見積もりを受け付けているか
  • 料金体系が明確になっているか
  • 調査員やスタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 親身になって話を聞いてくれるか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 探偵業届出証明書の表記がホームページにあるか
  • 浮気調査中の連絡は可能か

上記のポイントを踏まえた上で、複数の探偵事務所を比較するといいでしょう。複数を比較することで、悪質な探偵事務所を見極めることができます。なお、名古屋市を中心に探偵業を行っている愛知探偵事務所では無料相談が可能です。パートナーの浮気でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

5.浮気の証拠に関してよくある質問

浮気の証拠に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.浮気の証拠をつかむメリットは?
A.浮気の証拠を押さえておけば、パートナーの改心を促すきっかけにすることができるでしょう。浮気の証拠がなければ、パートナーは否定し、浮気相手との関係をひそかに続ける可能性があります。けれども、浮気の証拠を提示すれば、パートナーは認めざるを得ないので、今後のことについて深く話し合う機会が生まれるでしょう。たとえ、別れを選択したとしても、浮気の証拠をつかんでおけば自分からの離婚請求が認められやすくなりますし、慰謝料が請求しやすくなるメリットもあります。

Q.ボイスレコーダーを仕込む際の注意点は?
A.自宅や自家用車以外の場所にボイスレコーダーを仕込んでしまうと、法に触れる可能性があるので注意しなければなりません。また、ボイスレコーダーを仕込んだとしても、肉体関係を持ったことが分かる音声が入手できないケースもあります。ただ談笑しているような会話の録音は浮気の決定的な証拠にならないため、その点を踏まえた上でボイスレコーダーを利用してください。

Q.自分で浮気を調査する際に注意しておきたいことは?
A.浮気現場に遭遇したとしても感情的にならないことです。浮気相手とパートナーが楽しそうにしている様子を見ただけで怒りが湧き上がり、すぐ問い詰めたくなるでしょう。しかし、そこで感情的になってしまっては、二度と浮気の証拠を押さえられなくなる可能性があります。また、パートナーが逆上する可能性もあるので慎重に行動しなければなりません。

Q.浮気が発覚したときの対処法は?
A.まずは冷静になることが大切です。パートナーの顔を見るだけで怒りがこみ上げてきて感情的になってしまうのであれば、冷却期間を作るといいでしょう。一度、距離を置くことで今後自分がどうしたいのか・このまま関係を続けるべきか別れるべきか冷静に考えられるはずです。また、別れを選択した場合、浮気の証拠が慰謝料請求のポイントになります。場合によっては、浮気相手にも慰謝料を請求することができるため、弁護士と相談しながら手続きを進めましょう。

Q.探偵事務所の料金体系にはどんな種類があるのか?
A.時間料金型・パック料金型・成功報酬型の3つがあります。それぞれの特徴は以下のとおりです。

  • 時間料金型:1時間あたりの料金・調査員数・稼働時間の3つをそれぞれかけて計算した料金
  • パック料金型:成功報酬や経費などが費用に含まれており、○時間○万円といった形が決まっている
  • 成功報酬型:調査が成功した場合に料金が発生する

まとめ

浮気の証拠として認められるものは、第三者が見ても肉体関係があったと分かるような内容です。たとえば、浮気相手とパートナーがラブホテルに入っていく写真や、体の関係があったと匂わせるような動画などがあります。自分で浮気の証拠を集めることもできますが、パートナーにバレてしまったり浮気の証拠にならないものを集めてしまったりと失敗する可能性があるでしょう。そのため、浮気の決定的な証拠を集めたい方は、プロの探偵事務所に依頼するのがおすすめです。匿名での無料相談を受け付けているところもあるので、ぜひチェックしてみてください。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!