「もしかして」と疑い始めたら! パートナーの浮気をチェックする方法


ずっと一緒にいようと誓ったパートナーが、他の異性と関係を持っているなんて、許せることではありません。結婚をしていたらなおさら、裏切り行為は離婚問題にもなります。カップルであっても、浮気はしてはいけないことです。

離婚をするとなると、確実な浮気の証拠が必要になるでしょう。感情的に責めても、最終的には証拠がなくて浮気している証明ができず、離婚ができない可能性もあります。離婚ができても、慰謝料がもらえないかもしれません。

また、もしもやり直すことになるとしても、浮気をまずは認めさせないことには先へ進めません。

今回は、パートナーが浮気・不倫をしているかもしれない、だけどどうやってチェックしたらいいのかわからないという人のために、浮気発見方法や探偵に依頼する方法、注意点などをご紹介します。

1.浮気・不倫をチェックする方法

1-1.家を空ける時間が増えた

浮気相手と会うためには、時間が必要です。今までよりも家を空ける時間が長くなるのは当然でしょう。

男性の場合は、家を空ける時間を増やすために、任されている仕事が忙しくなった、出張に行かなくてはいけないなどという言い訳をよく利用します。仕事だからといえば責められない、と思っているからでしょう。急に仕事が忙しくなっている場合、少し疑ったほうがいいかもしれません。

女性の場合は、やはり友人と食事に行くとか、母親と買い物に行くなど、同性との外出を言い訳にします。ただ、気をつけなくてはいけないのは、専業主婦の女性です。旦那さんが仕事で家を空けている間に浮気相手と会っている可能性があります。日中何をしているか、電話やメールなどでさりげなくチェックしてみてください。

1-2.見た目に気を使うようになった

浮気相手にかっこよく、可愛く見られたいと思うので、外見が変化します。おしゃれにあまり気を使わなかった男性が急におしゃれに目覚めた、となるとかなり怪しいでしょう。

女性の場合は普段からおしゃれに気を使っている人もいますが、やはり長年一緒にいると手を抜いているところがあるはずです。それが急に身だしなみをパーフェクトに整えるようになった、という変化があった場合は、もしかして浮気のサインかもしれません。

1-3.携帯電話の扱い方が変わった

携帯電話は浮気相手と連絡をする必須のアイテムです。浮気をしていて、浮気相手からいつ連絡がくるか分からないときには、肩身離さず携帯電話を握り締めていると思います。今まで机の上に平気で置いていたはずなのに、急に画面を裏向けて置くようになったとか、常にポケットの中にしまっているという変化は、隠そうとする気持ちばかりが焦って無意識のうちに出ているでしょう。

携帯電話の扱い方が変わったかどうかは、浮気の見破り方としては一般的です。今まで気にしていなかった人も多いと思いますが、浮気しているかも?と思ったら、意識してチェックしましょう。

2.浮気調査を本格的にするためには?

2-1.自分でおこなう調査には限界がある

浮気の調査は、本格的に始めようと思うと自分では限界があります。ホテルに入る瞬間は証拠になりますが、その証拠を掴むためには尾行が必要ですよね。でも、相手に顔がバレている自分が尾行をした場合、見つかる可能性が高いです。

もちろん自分自身で浮気チェックをしながら、証拠集めを手伝うことはできますが、自分ひとりで全て調査してしまおうと思うのは無理があります。

自分だけで頑張りすぎないでくださいね。

2-2.プロに依頼したほうが安心

浮気の調査は、プロに依頼したほうが安心です。尾行も上手にしてくれますし、何より顔がバレていないので、万が一顔が見られたとしても気付かれません。

どういうものが浮気の証拠として確実なものなのかも知っているため、自分では集めきれないところまで頑張って探してきてくれるでしょう。

2-3.浮気調査のプロ=探偵

では調査はどこに頼めばいいのかという問題になりますが、浮気調査のプロといえば探偵ですね。探偵というと人探しをおこなってくれるイメージがあります。しかしそれ以外にも、探偵がしてくれることはたくさんあるのです。対象となる人を尾行したり調査したりして、浮気をしているかどうかを突き止めるのも仕事としておこなってくれます。

浮気調査を専門としている探偵もあるぐらいなので、浮気調査をスムーズに進めて、確実な証拠を掴んできてくれるはずです。

3.探偵がおこなう浮気調査の内容

3-1.写真、動画撮影をして浮気の現場を残す

尾行や張り込みなどは浮気調査で使われる手段になります。ではどんな証拠を掴むために尾行や張り込みをするのかというと、とにかく浮気相手と対象となる人のツーショットの撮影です。ただのツーショットではなく、ホテルに入るところなど、肉体関係があるという証拠を見つけなくてはいけません。

また、ホテルに入るのも一度だけではダメなのです。具合が悪くて…といわれて逃げられる可能性がありますので、何度も肉体関係を結んでいるという証拠が必要となってきます。

とにかく執念深く写真や動画撮影をし、顔のパーツまで映るよう鮮明な画質で浮気の現場を残してくれるでしょう。

3-2.浮気相手の身元調査をして情報を集める

浮気調査をした場合、浮気相手がどこの誰なのかも気になりますよね。また、浮気調査はしてもらいたくないけど、相手がどこの誰なのかだけ知りたいという依頼も多いそうです。

尾行や張り込みを自分でおこなって成功したとしても、相手の顔が見たことない人であれば、どこの誰なのかまで知ることはできませんよね。やはり浮気調査のプロである探偵だからできることです。もちろん法を守り、適切な方法で身元調査をしています。

3-3.報告書でまとめて確実な証拠とする

探偵に浮気調査依頼をすると、最終的には報告書で全て報告を受けます。浮気しているかしていないかの事実はもちろんのこと、いつどこで誰と対象者が会っているのか、細かく記載してくれるでしょう。

この報告書こそ、探偵の腕が発揮されるところだといいます。その報告書がしっかりしていれば、そのまま離婚裁判になったとしても、確実な証拠として提出できるでしょう。

4.探偵に依頼する際の注意点

4-1.費用を明確にしてもらう

浮気調査を探偵に依頼したいときというのは、多くの人が不安と焦りで押しつぶされそうになっているときだと思います。そのため、調査費用についてきちんと話し合いをすることなく契約を結んでしまいがちです。契約の方法によっては、どれぐらい費用が必要になるのか明確にはわからないものもあると思います。でもそれだといくらかかるか不安ではないでしょうか。

オススメなのは、最初にかかる費用の総額を計算してくれて、それ以上は必要ないといってくれる業者です。自分で更に追加をする際には費用がプラスされますが、最初の契約のままなら追加料金はなし、という業者が一番いいと思います。

4-2.実績があるかをチェックする

探偵によって、浮気調査が得意か不得意かでわかれます。浮気調査をメインでおこなっている業者のほうがやっぱり安心ですね。

今まで浮気調査でどれぐらいの実績があるのか、チェックしてください。ホームページで実績は確認できるはずですし、電話やメールで問い合わせをした際に、今までの実績を聞いてみましょう。

まとめ

いかがでしょうか?

  • 浮気・不倫をチェックする方法
  • 浮気調査を本格的にするためには?
  • 探偵がおこなう浮気調査の内容
  • 探偵に依頼する際の注意点

パートナーの浮気・不倫は決して許せることではありません。だからこそ、確実な証拠を掴んで突きつけたい、と思いますよね。

相手の帰宅時間を毎日記録するとか、不自然な様子がないかどうかをチェックしながら、本格的な調査を探偵に依頼しておけば安心です。確実な証拠を掴むためには自分ひとりでは力不足なので、プロの力を借りましょう。

浮気していないのが一番ですが、疑い始めたらキリがありません。浮気をしているかしていないか、はっきりさせるためにも調査を依頼してみてはどうでしょうか。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!