浮気をしてしまうきっかけはいったい何? 男女で違いがあるって本当?


浮気は配偶者に対する重大な裏切り行為です。
発覚すれば社会的にダメージを受けるだけでなく、家庭が崩壊する可能性もあるでしょう。
しかし、リスクをわかっていながら浮気をする人は後を絶ちません。
それはいったいなぜでしょうか?
そこで今回は浮気をしてしまうきっかけについてご説明します。
この記事を読むと「旦那(妻)の浮気の原因はこれだったのか」と納得できるかもしれません。
また、夫や妻が浮気をする理由もご説明しますので、浮気防止の参考にしてみてください。

目次

  1. 浮気のきっかけは男女で違う?
  2. 家庭がつまらないと浮気心がわきやすい?
  3. 遊びのつもりが深みにはまることもある
  4. 配偶者の浮気を防ぐためにはどうしたらいいの?
  5. おわりに

1.浮気のきっかけは男女で違う?

この項では、男女別の浮気に発展しやすいシチュエーションについてご紹介しましょう。
実は男女では浮気に足を踏み入れるきっかけが異なるのです。

1-1.男は逃げると追いかけたくなる?

男性は女性に比べると浮気に対するハードルが低い傾向にあります。
既婚者でも魅力的な女性がいれば、つい心を動かれる人も多いでしょう。
また、男性は安定よりも冒険を好む方が少なくありません。
ですから「いいな」と思った女性に思わせぶりな態度を取られると、浮気心がわきやすいでしょう。
また、男性は頼られると弱い人も多いです。
現在は男性の上司に女性の部下という組み合わせも珍しくありません。
部下から頼られると、つい良い気分になって一線を踏み越えてしまう人もいるでしょう。

1-2.女性は優しくされると弱い?

女性は男性に比べると倫理観が強い傾向にあります。
しかし、女性は男性に優しくされると心を動かされる人も多いでしょう。
特に夫が仕事で忙しく、家庭のことに無関心だったり、夫から女性として接せられていない妻は、男性に優しくされたことがきっかけで浮気に発展することが少なくありません。
また女性は男性とは逆に、頼りになる男性と一緒に仕事をしていると浮気心がわきやすいようです。

1-3.流されやすい人は浮気をしやすい

さて、これまで男女別の浮気に発展しやすいシチュエーションをご紹介してきましたが、男女とも流されやすい人は、浮気をしやすい傾向にあります。
流されやすい人とは、相手から誘われたら断れない人のこと。
一見すると優しい人に見えますがその実は優柔不断なだけ、というタイプです。
このような人は男女とも相手から積極的に誘われると断れません。
また浮気が発覚してはじめて、自分が悪いことをしたという自覚が芽生える方も少なくないでしょう。

2.家庭がつまらないと浮気心がわきやすい?

浮気をした人の言いわけには、なぜか「家に帰ってもつまらないから浮気をした」という趣旨のものが多いです。
それはいったいなぜでしょうか?
この項では浮気と家庭の関係についてご説明します。

2-1.男性は家庭が安定していると浮気しやすい?

前述したように、男性は安定よりも冒険を求める傾向があります。
ですから優しくて自分の言うことを何でも聞いてくれる妻がいると、物足りなさを感じることもあるでしょう。
「あんないい奥さんがいるのに、なんであんな女性と浮気なんかしたの?」と周りの人が首をかしげるような浮気をする男性がいるのは、そのせいです。
妻からすれば身勝手このうえないことでしょう。

2-2.女性は家庭が不安定だと浮気しやすい?

女性の場合は男性とは逆に、家庭が不安定だと浮気する傾向にあります。
現在は女性の社会進出が盛んになり、男性と同じように働く女性も増えました。
しかし深層心理では、男性に守られたいという願望を持っている女性は少なくありません。
この願いは本来、夫がかなえるものです。
しかし夫が家庭に無関心だったり頼りにならなかったりすると、夫以外の頼れる男性に惹かれやすいでしょう。

3.遊びのつもりが深みにはまることもある

浮気をする人の多くは、「自分が悪いことをしている」という自覚が低いです。
特に男性は不倫相手を割り切った体だけの関係、と思っている人も多いでしょう。
しかし、人の心はそう簡単に割り切れるものではありません。
遊びのつもりが本気になってしまうこともあります。
また自分が遊びのつもりでも、相手が本気になって配偶者にすべてをばらしてしまった、というケースもあるでしょう。
こうなってしまうと、不倫に関わったすべての人が不幸になる場合が多いです。
夫や妻から離婚を申し渡されることもありますし、再び夫婦としてやり直す道を選んだとしても、一度失った信頼関係を回復するのは難しいでしょう。
また、浮気をすれば配偶者だけでなく子供も傷つきます。
親の不倫がきっかけで子供が非行に走るケースも少なくありません。

4.配偶者の浮気を防ぐためにはどうしたらいいの?

では、配偶者の浮気を防ぐためには、何に気を付ければよいのでしょうか?
この項ではそれをご紹介します。

4-1.妻は自分の時間を持とう

結婚をすると夫や子供の世話が第一で、自分のことは二の次という女性は多いでしょう。
このような献身的な女性は安定した家庭を築けますが、夫が浮気心を抱きやすくもあります。
夫はいい大人です。何から何まで妻が世話を焼く必要はありません。
結婚をしても、妻は自分のためだけの時間を持ちましょう。
その間家事や育児は夫に頼めばよいのです。
家庭は夫婦2人の努力で築き上げていくのだ、という自覚ができれば浮気をしよう、という気は起こりにくくなります。

4-2.束縛のし過ぎは逆効果

配偶者の浮気が心配で、相手の行動を制限したり携帯電話をチェックしたりする人もいます。
特に独身の頃に浮気の前科がある人を配偶者にした場合は、束縛が強くなることが多いでしょう。
しかし、束縛が強すぎると人は逃げたくなるものです。束縛のし過ぎは逆効果と考え、相手を信じてあげましょう。

4-3.夫婦で一定のルールを決める

「配偶者が浮気をしているかもしれない」と疑い始めると、相手の言動すべてが信用できなくなる、ということも珍しくありません。
しかし夫婦で頻繁に腹の探り合いをしていると、愛情も冷めていくでしょう。
お互いに余計な疑いを抱かないように、夫婦で一定のルールを決めるのもよいですね。

  • 飲み会で遅くなるなら必ず連絡を入れる
  • 仕事以外で異性とふたりきりで食事をしない

などの決まりをつくり、お互いが守る努力をしましょう。
そうすれば疑いを抱くこと少なくなります。
また、夫婦が互いに無関心すぎても、浮気心が起きやすいです。
たとえ長年連れ添った夫婦でも、毎日10分でもいいですから会話をするように心がけましょう。

5.おわりに

いかがでしたでしょうか。今回は浮気をするきっかけや、浮気を防ぐためのコツなどをご紹介しました。
まとめると

  • 男性は家庭が安定していると冒険心で浮気に走ることがある
  • 女性は家庭が不安定だと安心を求めて浮気しやすい
  • 浮気をしても幸せになれない
  • 家庭は夫婦が力を合わせて築いていく、ということを自覚しよう

ということです。
人の心は縛り付けられません。どんなに気を配っても、配偶者が浮気をしてしまう可能性はあります。
しかしだからといって、配偶者の行動を監視したり、相手に無関心になってはいけません。
浮気は、かかわった人すべてを不幸にします。
浮気を防ぐ努力は可能な限り行ってください。
また、配偶者が浮気をしそうな兆候があったら、優しく釘をさしましょう。
浮気をすれば今までの幸福な日々が一瞬で終わる、ということを説明してあげれば配偶者も自重してくれるはずです。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!