不倫をしてしまう心理とは?心理から不倫を未然に防ぐ方法・対処法がわかる!


夫・妻の浮気が心配な方は必見です。これから不倫をしてしまう男女の心理について説明します。
なぜ浮気をしてしまうのか、男女別に説明するのでぜひチェックしてください。
また、不倫をしやすい人の特徴、不倫をさせないための方法や不倫をされた際の対処法についても説明します。
「浮気しているかもしれない…」と不安になっている人は知識を身につけ、適切に対処しましょう。

目次

  1. 男女別!不倫をしてしまう心理とは?
  2. 不倫をさせないための方法
  3. 不倫をされた時の対処法
  4. まとめ

1.男女別!不倫をしてしまう心理とは?

なぜ人は不倫をしてしまうのでしょうか。
男女別にそれぞれの心理を説明します。
真理してしまう心理や不倫しやすい人の特徴を掴み、不倫をさせないための方法を考えていきましょう。
配偶者の不倫が心配な人は要チェックです。

1-1 不倫しやすい人の特徴

男女共通して不倫しやすい人の特徴があります。
それは「異性の友達が多いこと」です。
異性の友達が多い人は「不倫に対する敷居が低い」ことがわかりました。
異性の友達と頻繁に会うことで浮気するつもりはなかったのにその流れになってしまった人も少なくないです。
実際に身近な人物と体の関係をもってしまった既婚者はたくさんいます。
とくに女友達が多い夫には注意してください。
気軽な気持ちから不倫になってしまうケースが多くみられます。
また、友人の中に実際不倫をした人がいればその人に影響されることもあるので要注意です。不倫に対する敷居が低くなり「不倫しても大丈夫なんだ」と思い込むでしょう。
不倫をしやすい環境にも注意しなければなりません。

1-2 女性が不倫をする心理

女性が不倫をする心理は「寂しい」気持ちが大きく関係しています。
夫との関係が冷めてしまい、寂しい思いをしている女性ほど不倫に走る傾向があるのです。
「愛されたい」「自分を必要としてくれる人と過ごしたい」など寂しさを紛らわせるために不倫をする人がほとんどでしょう。
よって、夫婦関係が冷めている、仕事が忙しくてすれ違いが多い人は注意しなければなりません。
妻が寂しさを感じているほど不倫に向かう気持ちも大きくなってきているので気をつけてください。
コミュニケーション不足から不倫に走るのが多いということは、単身赴任をしている夫がいて子供もいない一人暮らしの女性は不倫をする可能性が非常に高いです。

1-3 男性が不倫をする心理

女性が不倫をしてしまうのは「寂しさ」からだとわかりました。
一方、男性が不倫をするのはどのような心理なのでしょうか。
女性よりも男性の不倫が多いですが、男性は妻以外の女性に「癒し」を求めるために不倫をすると言われています。
仕事で忙しくストレスが溜まる男性にとって家庭が「癒しの場」でなくなってしまうとそれを外に向ける可能性が非常に高いのです。
妻以外の女性に癒しを感じるようになれば不倫への道を進むことになるでしょう。
よって、妻とうまくいかない時、家に帰っても妻の不満や愚痴ばかり聞かされる毎日を送っている男性は要注意です。
また、向上心が強い人も浮気をする傾向がみられます。
自分にとって魅力的な女性が現れたらその向上心から積極的に意中の女性にアピールするでしょう。

2.不倫をさせないための方法

2-1 相手の寂しさ・慣れを埋める

夫婦生活を長く続ければ続くほど相手のことをよく知るようになり、次第に「慣れ」ます。
「慣れ」が続くと刺激的な日々が送れなくなり、次第に反応も鈍くなるでしょう。
最初はほんの些細なことでも「ありがとう!」「嬉しい」と一喜一憂していたのにその反応も次第になくなるのが夫婦生活です。その夫婦生活の慣れから寂しさを自然と感じるでしょう。
たまには2人で出かける、いつもと違う雰囲気で過ごす、過剰に反応するなど工夫をしてください。そうすれば相手は「自分を必要としてくれている」と実感し、慣れや寂しさがなくなります。
国内・海外問わず、今まで行ったことがない土地に2人で出かけるとよいでしょう。
日常生活とは違った雰囲気の中だと自然と会話が増え、2人で新しい体験が共有できます。

2-2 相手を信じる

「相手を信じる」ことは不倫させない大切なポイントです。
不倫疑惑が浮上してきたらつい相手のことを疑ってしまいますが、疑う気持ちは不倫を助長させる恐れがあります。
不倫させないためには「疑う」気持ちよりも「相手を信じる」気持ちが効果的だと頭の中に入れておいてください。
実際に配偶者が不倫をしていたとしてもパートナーが信じてくれていると実感すれば「悪いことをした」と不倫から手を引きます。
「仕事が忙しくて帰れない」「今から同僚と飲む」「休日も出勤だから」と不倫の疑いがみられても信じる対応を心がけましょう。
「くれぐれも体に気をつけてお仕事がんばってね」と相手を心配しつつも信じている対応をすればパートナーの良心が痛みます。
不倫を追求せずに信じてあげることが大切なのです。

3.不倫された時の対処法

3-1 追求せずに様子をみる

もしあなたが不倫された時、どのように対処しますか?
きっと多くの人がすぐに追求するはずです。「何で不倫をするの?」とパートナーを追及すると逆効果になり、さらに夫婦関係が悪化するでしょう。
より溝を深めるだけなので追求は絶対にしないでください。
いったん冷静になり、気持ちを落ち着かせなぜ不倫をしたのか考えてみましょう。そして様子をじっくりみてください。
これから配偶者がどのような態度をとるのか、不倫は続けるのかチェックしましょう。そこで先ほど説明したように「私はあなたを信じている」気持ちをアピールすることがポイントです。
様子をみながら気持ちを伝えることで自然と不倫から手を引くでしょう。
信じている気持ちを伝えても不倫を続ける場合は次の対処法がオススメです。

3-2 探偵事務所に依頼する

配偶者が不倫をやめない場合、探偵事務所に調査を依頼してください。
探偵事務所では不倫調査を受け付けています。期間を決めた上で1日中張り込み、不倫の疑いがある配偶者の行動を調査するのです。
自分ではできないこともすべて探偵事務所が調査してくれるので安心してください。
不倫現場を押さえたら必ず証拠となる写真や動画を撮影します。写真や動画、音声データは立派な不倫の証拠になるので大切に保管しましょう。
また、可能であれば不倫相手の情報も得られます。相手がどのような人物なのか、配偶者とどこで出会い、どのような関係なのか探偵事務所が調査してくれるでしょう。
このように探偵事務所に依頼する方法も対処法のひとつです。

4.まとめ

不倫をしてしまう男女の心理や不倫をする人の特徴、不倫をさせないための方法、対処法について説明しましたがいかがでしたでしょうか。
配偶者の不倫が心配になっている人にはとても役立つ知識・情報ばかりです。
不安な気持ちを持ったままでは夫婦関係にいずれゆがみが発生します。
適切に対処するためにもぜひチェックしてくださいね。

  • 異性の友達が多い人は要注意
  • 女性は「寂しさ」から不倫をする
  • 男性は「癒し」を求めるために不倫をする
  • 相手の寂しさや慣れを埋める
  • 相手を信じる
  • 追求せずに様子をみる
  • 探偵事務所に依頼する

もし不倫をされていたとしてもあなたの行動・心がけ次第で「やっぱりあなたの方がいい」と配偶者は戻ってきてくれます。
状況や不倫の仕方によっても異なりますが、不倫をする人の特徴を掴み、未然に不倫を防ぎましょう。
いくら対策を心がけても配偶者が不倫をした場合は探偵事務所に調査を依頼し、徹底的な証拠を掴んでください。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!