独身女性の不倫で失うものは? 不倫のリスクについて考えよう


既婚者と付き合っている独身女性は必見です。「このままで良いのだろうか」と悩んでいる人もいるでしょう。そこで、不倫中のリスクについて説明します。独身女性が不倫することで失うもの、不倫を続けてしまう理由、不倫から抜け出す方法、不倫の悩みを解決するポイントを紹介しましょう。

不倫中の独身女性は、ぜひチェックしてくださいね。

  1. 独身女性が不倫することで失うもの
  2. 不倫を続けてしまう理由
  3. 不倫から抜け出す方法

1.独身女性が不倫することで失うもの

独身女性が不倫によって失うものは何なのでしょうか。今、不倫をしている独身女性には、ぜひ知っておいてもらいたい内容です。失うものを知り、そのまま不倫を続けるのか、自分自身で見つめ直していきましょう。

1-1.今しかない「若さ」

独身女性が不倫することで失うものは、「若さ」です。若さは年をとるたびに失うものですが、不倫は長期化するケースがあります。いつの間にか「結婚年齢ギリギリのところまできていた…」という人も多いのです。不倫中は夢中になってしまう人が多く、自分の年を忘れてしまいます。

女性にとって結婚は、人生の大きなターニングポイントです。不倫は、結婚の可能性がとても低いと言われています。相手が既婚者なので、すぐに結婚というわけにはいかないのです。35歳を過ぎてしまうと、女性は結婚相手が見つかりにくい傾向があります。1度失ってしまった時間や若さは元に戻りません。

1-2.失う額が大きい「お金」

不倫中、お付き合いをしている男性からおごってもらうことがほとんどです。デート代や食事代など、男性からおごってもらうため、リッチ感を味わうことができます。リッチ感から抜け出すことができずに、不倫を続けてしまう人もいるのです。しかし、独身女性が不倫をして失うものの中には「お金」があります。

不倫をしている間は、相手からおごってもらうことが多いでしょう。けれども、不倫していることが相手の配偶者にバレてしまい、慰謝料を支払わなければならなくなります。慰謝料は状況によって異なりますが、およそ数十万~数百万円は必要になるのです。不貞行為がバレてしまい、200万円支払った人もいます。1度に大きな額を失うことになるでしょう。

1-3.続けていた「仕事」

不倫がバレることで、今まで続けていた仕事をやめる独身女性もたくさんいます。特に、不倫相手と同じ職場の場合は、女性がやめてしまうケースが多いのです。同じ職場の人から冷たい目線を浴び続けることに耐えることはできません。「私なら強いから大丈夫」と思ってしまいがちです。しかし、実際体験してみると本当に精神を病んでしまいます。

実際に、粘り強く仕事を続けた挙げ句、うつ病になってしまった独身女性もいるのです。新しい職についたとしても、不倫で傷ついた心は癒えません。不倫がバレたときは、ほとんどの男性が逃げ腰になってしまいます。傷ついてしまうのは、多くが独身女性になることを知っておきましょう。

2.不倫を続けてしまう理由

2-1.常にロマンチックな関係でい続ける

あなたは、なぜ不倫を続けてしまうのでしょうか。不倫は、普通の恋愛よりも高いリスクを背負っています。相手の奥さんに関係がバレてしまうと、さらにややこしくなるでしょう。いけないとわかっていても、不倫を続けてしまう理由は人によってさまざまです。

主に、理由として挙がっているのが、「常にロマンチックな関係でい続けること」にあります。「相手の奥さんより、魅力的な女性でいることができる」「刺激的な関係でい続ける」など、普通の恋とは違う刺激をもらうのです。そのため、不倫関係を長く続けてしまう傾向にあります。

また、相手は奥さんよりも自分のことを愛してくれるでしょう。たっぷりと愛情を与えてくれるので、なかなか離れることができないのです。

2-2.お互いの欠点がわかりにくい

不倫関係は、自分の意思で勝手に動くことはできません。恋をしている相手は既婚者です。相手には家族がいるので、時間帯や場所を考えて会う必要があります。そのため、普通の恋人よりも会う機会が少ないでしょう。会う回数が少ないほど、お互いの欠点がわかりにくいものです。ほどよい距離感だからこそ、相手の存在が大きくいとしく感じるでしょう。ほとんどの不倫が長くなるのは、ほどよい距離感も理由になっています。

たまに会う不倫関係は、よりお互いの愛を深めることができるのですね。自分が不倫を続けてしまう理由はどこにあるのか、1度自分自身を見直してみてはいかがでしょうか。原因がわかれば、不倫から抜け出す方法も見つかります。

3.不倫から抜け出す方法

3-1.彼以外、夢中になる「趣味」を見つける

「不倫をやめたい…」と考えていても、なかなかうまくいきません。うまくいかない場合は、無理をしないでください。少しずつできることから始めていきましょう。不倫をやめる第1歩として、彼以外夢中になる「趣味」を見つけてください。ヨガ教室やジム、ウォーキング、茶道、料理教室、ガーデニングなど、どのようなことでも構いません。不倫関係になっている人は、彼に夢中でしょう。しかし、あなたの周りにはたくさんの男性がいます。

趣味から新しい人との出会いがやってくる機会もあるでしょう。既婚者ではなく、独身男性との出会い・恋が大きなきっかけになりますよ。「彼以外の人とでも恋ができる」と、自分に自信がつくでしょう。ぜひ、新しい趣味を見つけてくださいね。

3-2.整理するための「期限」をつくる

何をしても不倫から脱出できない人は、「期限」を決めてください。期限までに自分の気持ちを整理して、どうすべきなのか決意を固めるのです。このまま彼と関係を続けて結婚しないのか、それとも、新しい恋を始めて結婚をするのか、最終的に決めるのは「あなた」になります。

今すぐに行動しようと決めていても、なかなかうまくいかないでしょう。期限は、自分の気持ちを整理するために必要な時間です。「1年間待ってみて、彼が動かないのなら関係をやめる」など、自分でルールを決めておきましょう。

ある程度、期限をつくっておけばスムーズにいきますよ。大切なのは、ゆっくり前へ進むことです。自分にとって無理のないよう、不倫から抜け出してくださいね。親しい友人やカウンセリングなどに相談するのも、1つの方法ですよ。不倫で傷つく前に、これからどうすべきか考えていきましょう。

まとめ

独身女性が不倫することで失うもの、不倫を続けてしまう理由、不倫から抜け出す方法について説明しました。独身女性の不倫は、思っている以上に大きなリスクを背負っています。不倫相手の配偶者にバレた場合、裁判になる可能性もあるのです。高い慰謝料を支払わなければならない可能性もあります。後悔しないためにも、自分のいく道を決めてくださいね。

  • 今しかない「若さ」を失う
  • 失う額が大きい「お金」
  • 続けていた「仕事」を失う
  • 常にロマンチックな関係でい続ける
  • お互いの欠点がわかりにくい
  • 彼以外、夢中になる「趣味」を見つける
  • 整理するための「期限」をつくる

以上のポイントを踏まえつつ、高いリスクがある不倫から抜け出しましょう。不倫関係で心に深い傷を負った独身女性はたくさんいます。幸せな生活を送るためには、今の関係を清算しなければなりません。自分でどうすべきか決め、少しずつ前へ進んでいきましょう。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!