パートナーから浮気を疑われている方へ! 誤解の解き方や注意点


パートナーが浮気の疑いを持ったらどのように誤解を解けばいいのでしょうか。1度疑いを持つとなかなか簡単に解くことはできません。慎重に行動していかなければ余計誤解を招いてしまいます。浮気をしていないのに疑われるのも嫌な気持ちですよね。

そこで、浮気の誤解を解く方法、絶対にやってはいけないこと、誤解を与えない心がけについて説明します。パートナーの誤解を解きたい人はぜひチェックしてください。

  1. 浮気の誤解を解く方法
  2. 絶対にやってはいけないこと
  3. 誤解を与えない心がけ

1.浮気の誤解を解く方法

浮気を証明することは簡単ですが、浮気の誤解を解くことは非常に難しいです。すぐに誤解は解けないため、時間をゆっくりかけながら解決していかなければなりません。適切な解き方を把握しておけば、スムーズに誤解が解けますよ。ぜひチェックしてくださいね。

1‐1.パートナーと1対1でしっかり話し合う

パートナーの誤解を解くためには相手の話を最後まで聞かなければなりません。中途半端な対応や受け答えをしてしまうと、余計に「浮気しているのでは…」と誤解してしまいます。相手の話をじっくり聞くため、1対1で話し合う時間をつくってください。たとえ、仕事や育児で忙しくしていても夜数十分でも時間ができるでしょう。話し合いの時間を自分でつくり、疑いを持っているパートナーの話を最後まで聞くことが大切です。

話をしっかり聞くことで、なぜ疑いを持ったのか「原因」を知ることができます。パートナーが疑いを持ったのには何かしら理由があるものです。理由を聞き出してみてくださいね。

1‐2.お互い離れる期間をつくる

あなたに浮気の疑いを持ったパートナーは、すべてのことに対して不信感を持ってしまうものです。何かあれば「浮気しているの?」と問い詰めてくるケースもあります。浮気していないのに強く疑われると反発心も出てくるでしょう。お互いが感情的になってしまえば、さらに2人の関係が悪化してしまいます。最終的には修復不可能になってしまうのです。そのため、「冷却期間」をつくってください。ある一定期間、お互い離れることで冷静な気持ちになります。気持ちが落ち着けば、相手の耳に傾けることもできるでしょう。

お互い離れてみて改めて思う気持ちもあるのです。顔を合わせるたびに言い争いになっていた人は、相手と一定期間距離を置いてみましょう。

1‐3.しっかりパートナーに説明する

パートナーと話し合う場をつくったとき、自分の行動や態度について説明することも大切です。話し合いの中でパートナーがどのような点に疑問を持ったのか「原因」がわかるでしょう。原因になった行動に対して、誠実に説明しなければなりません。説明の仕方も大切なポイントになりますよ。しっかり相手の目を見て「真剣さ」をアピールしてください。あなたの表情や声のトーンによっては信じてくれないケースもあります。しっかり相手の目を見て説明することが大切です。「ウソをついている」とパートナーが勘違いしてしまうでしょう。目はとても大切なポイントになります。

また、説明した後は優しく聞きたいことはあるかどうかパートナーに聞いてください。そして、どうすれば誤解を解いてくれるのか、相手の要望に応えることが大切です。

話し合うことが大切なんですね。
はい。感情的にならないことが第一です。

2.絶対にやってはいけないこと

2‐1.中途半端な態度や行動・発言

パートナーの疑いを解くためには、中途半端な行動・態度・発言を絶対にしてはいけません。「浮気しているの?」と聞かれたとき、中途半端な対応をすると疑う気持ちが大きくなってしまいます。聞かれたときはきっぱり「浮気していない」と答えることが大切です。仕事が忙しいときは心に余裕がないので、つい適当に答えてしまうでしょう。「そんなことしていない」「自分のことを信じていないのか」と相手を責めてしまうときもあります。しかし、相手を責めるような行動や態度は「反省していない」「あやしい」と相手は感じてしまうものです。「疑いを持つような行動をしたのが悪かった」と謙虚な気持ちでいることが大切になります。

2‐2.慌てて先走ってしまうこと

パートナーが自分のことを疑っているとわかれば、すぐに誤解を解かなければと思いますよね。何とか誤解を解こうと考える前に慌てて先走ってしまうでしょう。しかし、慌ててしまうと逆に状況が悪化してしまうものです。状況が悪化するほど修復不可能になるでしょう。

誤解を解こうとして何回も相手に言わないでください。2回目以降は「言い訳」に聞こえてしまいます。あなたの発言が言い訳になれば、信じてもらえるまで時間がさらにかかってしまうでしょう。以前の信頼関係に戻るには「焦り」は必要ありません。決して焦らず、慎重に行動することが大切なのです。感情的になってしまうときは1度深呼吸をしてください。

ごまかさないことが重要なんですね。
はい。疑いの気持ちが大きくなるだけです。

3.誤解を与えない心がけ

3‐1.異性と2人きりにならない

パートナーの誤解を解くためにも態度や行動で示していかなければなりません。できるだけ異性と2人きりにならないよう心がけてください。プライベートはもちろんのこと、仕事でも2人きりになるのを避けておいたほうがいいでしょう。ほかの社員を混ぜたうえで食事や打ち合わせをする、オフィスの部屋で2人きりになりそうなときはドアを少し開けるなど、工夫をすることが大切です。

どうすればパートナーの誤解が解けるのか考えて行動してくださいね。会社の人や仲間との飲み会でも、異性に対する行動は慎重さが大切です。お酒のせいにする人を見かけますが、言い訳は通用しません。さらに疑いを持ってしまうため注意してください。

3‐2.余計なことは言わない

「口は災いのもと」と言うように、余計なことを口走ったせいで誤解を与えたケースもたくさんあります。大好きな人の口からほかの異性について話が出てくれば、不安に感じてしまう人もいるのです。「もしかしたら浮気をしているのでは…」と不安がさらに募り始めるでしょう。パートナーに誤解を与えないためにも、余計なことは言わないでください。

たとえ、盛り上がったとしても口走る前に自分の中で思いとどめることが大切です。パートナーが嫉妬深い人であればなおさらのこと、ほかの異性について話さないように心がけましょう。誤解をしている間は相手が敏感になっている時期です。あなたの行動や態度・言動1つ1つに過剰な反応をしてしまいます。関係がこじれないためにも、発言・行動には十分に気をつけてくださいね。

たとえ何も無くても、異性と2人きりにならない方がいいんですね。
はい。仕事以外では2人きりにならないように心がけましょう。

まとめ

浮気の誤解を解く方法や絶対にやってはいけないこと、誤解を与えない心がけんについて説明しました。パートナーが1度あなたに疑いを持つと、本当に信用できるまで時間がかかります。焦らずに相手の気持ちをきちんと理解しながら、少しずつ誤解を解いていきましょう。誤解を抱いているときに焦ってしまえば、余計関係がこじれてしまうので要注意です。

  • パートナーと1対1でしっかり話し合う
  • お互い離れる「冷却期間」をつくる
  • 誤解を招いた「原因」の説明をする
  • 中途半端な行動、言動、態度をしない
  • 慌てて先走らない
  • できるだけ異性と2人きりにならない
  • 余計なことは言わない

以上のポイントは必ず踏まえておいてください。どうすればパートナーが信じてくれるのか、相手の気持ちを考慮しながら行動していきましょう。落ち着いて冷静に対処することが大切ですよ。


調査の依頼を検討している方はこちらもチェック!

確実な調査を県内トップクラスの低価格で!