何気ない行動から浮気を見抜こう!嘘の見抜き方とは?


「何となく怪しい」「少し態度が変わった」などから発覚する浮気ですが、相手に浮気を見抜くのは非常に難しいものです。

浮気を見抜くためには、嘘や矛盾から相手を問い詰ことが非常に大切になります。

会話や行動から相手の嘘を見抜くというのは、コツさえ覚えればそれほど難しいことではありません。

浮気の嘘の見抜き方について具体的な例を挙げてご紹介しましょう。

目次

  1. 浮気の嘘の見抜き方
  2. 相手が浮気を認めない場合には?
  3. 浮気の証拠をつかむには?
  4. まとめ

1.浮気の嘘の見抜き方

1-1.「何となく怪しい」は信頼できる?

相手の浮気発覚のきっかけになる「何となく怪しい」「最近態度が変わった」という感覚は信頼できるのでしょうか?

少し第六感にも近いような感覚に感じてしまいますが、実はこのような感覚は非常に信頼できる情報になります。

事実、相手の浮気に気付くきっかけは、このような小さな変化ということがほとんどなのです。

【付き合いが長いほど信頼できる】

相手の態度の変化によって浮気を見抜くのは“付き合いの長さ”によって信頼度が大きく変化します。

付き合いが長い場合には、相手の行動に関する非常に多くの情報を持っているため感情や態度の小さな変化に気付くことがでるのです。

【女性の第六感は信頼できる?】

浮気に関して、“女性は浮気を見破る能力がある”ということが脳科学で分かっています。

女性は、男性よりも細かい変化に気付く能力が高く、浮気の変化に敏感です。

女性の「何となく怪しい…」という感覚は、非常に信頼できる情報といえるでしょう。

1-2.会話から嘘を見抜く

浮気を疑っていても、相手が認めないことはよくあります。

会話から嘘を見抜くポイントについてご紹介しましょう。

【口数に注目!】

ほとんどの人は“平常心で嘘をつく”ということができません。

無意識のうちに“口数が減る”“口数が増える”など普段の口数が変化するというのはよくあることです。

“何となく口数が増えた”“必要もないのに日中の報告をする”など口数の変化がある場合には、浮気の可能性があります。

【会話の矛盾】

会話の中で“急に話がそれる”“内容が頻繁に変わる”というような場合には注意が必要です。

“人物の名前や人数が変わる”“場所が変わる”という場合には相手が嘘をついている場合があります。

会話の中で矛盾している内容があれば、嘘を見抜く糸口になることがあるのです。

嘘の上手な見破り方は、相手に嘘を自白しやすい環境をつくることも大切といえるでしょう。

1-3.行動から嘘を見抜く

嘘をつくというのは、精神的に大きな負担になります。

精神的なストレスから、嘘をつくと行動に変化が生じることがあるのです。

嘘による行動の変化についてご紹介しましょう。

【仕草の変化】

嘘をつく際によくある行動の変化は“口元を触る”“鼻を触る”などの仕草です。

鼻を触る行動は、嘘による緊張状態で毛細血管が拡張することによってあらわれます。

鼻を触ること行動は嘘をついたときにおこる行動なので、会話中にチェックしてみましょう!

【目を合わせない】

嘘をつくと目が合わせないというのは、子供に限らず大人にもある行動です。

何気ない会話の中で不自然に目をそらすような行動がある場合には、相手が隠し事や嘘をついている可能性もあるので注意しましょう。

2.相手が嘘を認める方法

2-1.何気なく会話の矛盾を探す

相手が嘘をついていることが分かっても“相手が嘘を認める”ことができなければ嘘を見破ったことにはなりません。

相手が嘘を認める会話術についてご紹介しましょう。

【会話で注意するポイント】

何気ない会話の中で嘘を見破るためには、会話の中でも重要な情報に絞って会話をする必要があります。

たとえば、“行った場所”“買ったもの”“一緒に行った人物”など状況や感情によって変化しない情報に関しては矛盾がないかをチェックするようにしましょう。

逆に、“つらかった”“楽しかった”などの感情へ変化する情報に関しては、通常の会話で矛盾することも多いのであまり気にする必要はありません。

【嘘発見チェックシート】

会話の中で相手の嘘をチェックするためには以下のような項目を確認してみましょう。

  • 目を合わせない
  • 口元や鼻を頻繁に触る
  • 口数が増える
  • 会話の内容で、場所が変わっている
  • 会話の内容で、人数が変わっている

会話の中でこのような変化があれば、変化した項目に関して何気なく指摘してみましょう。

相手が不機嫌になるなど感情の変化があった場合には嘘である可能性は非常に高い可能性があります。

2-2.降伏のチャンスを与えよう

相手の嘘を確信してもあまり強く攻めるのは避けましょう。

明らかに相手が嘘をついていることが分かると、ついつい責めたくなる気持ちも分かりますが“相手を責め過ぎない”というのも会話のテクニックです。

強く責めることで、意固地になってしまうことも多く、嘘を認めにくい状況にしてしまいます。

相手が嘘を認めたくなるような状況をつくることも嘘を見破るためには大切です。

3.浮気の証拠をつかむには?

会話の中で明らかに嘘と分かることでも、相手が認めなければ嘘を見抜いたことにはなりません。

相手がかたくなに浮気の事実を認めない場合には、浮気の証拠をつかむ必要があります。

浮気の証拠をつかむためには“探偵事務所に依頼する”というのも一つの方法です。

確実な証拠を突きつければ、嘘を隠し通すことはできません。

相手が嘘を求めない場合には、探偵事務所に依頼する選択肢もあることを覚えておきましょう。

まとめ

相手が浮気をしていると感じた場合、実際に浮気である確率が高いといえるでしょう。

第六感のような浮気の兆候は浮気の嘘を見破るためのできる大切な感覚です。

嘘の見破り方の詳細について、まとめてみましょう。

【会話から嘘を見抜く】

  • 口数が増える
  • 話をそらす、急に話題を変える
  • 話に矛盾がある。

普段の会話に上記のような変化があった場合には、相手が何かの嘘をついている可能性があります。

普段の会話の変化から浮気が発覚したという事例は数多くあるので、浮気が疑わしい場合には日常会話に注意するようにしましょう。

【行動から嘘を見抜く】

  • 口や鼻を隠す仕草をする
  • 会話の最中に目をそらす

嘘は心理的なストレスになるので、行動に変化が生じることはよくあることです。

嘘をつきながら会話をしている状況では、上記のような行動から浮気の嘘を見破ることができます。

行動は非常に微妙な変化なのですが、普段の会話と比較することで簡単に判別可能です。

付き合いの長い相手ほど細かい変化に気付ことができます。

【相手が浮気を認めない場合には?】

  • 会話の中の矛盾を軽く指摘する
  • 相手を責め過ぎない

浮気の嘘を見抜く最終目標は“相手が認める”ことです。

相手が認めなければ、嘘を見抜いたことにはなりません。

相手が嘘をかたくなに認めない場合には、探偵事務所に依頼して確実な証拠をつかむというのも選択肢の一つであることを覚えておきましょう。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!