夫婦喧嘩を乗り越えることで絆は深まる!?上手に仲直りする方法


長い夫婦生活の中で、喧嘩をすることもあるでしょう。
元は他人同士の2人が生涯をともにするわけです。
意見の食い違いやさまざまなトラブルによって、ときには離婚を考えることもあるのではないでしょうか。
夫婦喧嘩の後、仲直りをして元通りの2人に戻ることができていますか?
「もう結婚生活を続けるのは無理…」と思うほどの喧嘩をしたときでも、きちんと仲直りすることができる方法があれば、知りたいと思うでしょう。

そんな人たちのために、夫婦喧嘩の原因や仲直りの方法、夫婦喧嘩をしないための方法についてまとめてみたいと思います。

目次

  1. 夫婦喧嘩の原因と離婚に発展するケース
  2. 夫婦喧嘩の後に仲直りする方法
  3. 夫婦喧嘩をしないための方法
  4. まとめ

1.夫婦喧嘩の原因と離婚に発展するケース

夫婦喧嘩の原因としては、どのようなものが多いのでしょうか。
また、離婚に発展する可能性のある致命的な夫婦喧嘩についてご紹介します。

1-1.相手を否定する

夫婦にありがちなのが、相手を否定することによって起こる喧嘩です。
一緒に生活していれば、お互いに「嫌だな」と思うことはあるでしょう。

  • 夫が家事育児に協力的じゃない
  • 夫の稼ぎが悪い
  • 夫(妻)の趣味が悪い
  • 妻の料理がおいしくない

そんなとき、口に出して言ってしまってはいけません。
「あなたはいつも協力してくれない」「稼ぎが悪い」「趣味が悪い」という言葉は、相手を否定するものです。

1-2.相手に強要する

次に多いのが、相手に強要することによって起こる夫婦喧嘩。
「私はこんなに頑張っているのだから、あなたも○○をして」「ちゃんと人の話を聞いて」というのは、相手に対する「押しつけ」です。
ほんの少し言い方に気をつけるだけで、夫婦喧嘩になることはないでしょう。
しかし、相手に対する腹立たしさから、つい強要する言い方をしてしまうのです。

1-3.無視をする

「仕事で疲れて帰ってきてから、妻の話を聞くのは面倒」という男性も多いでしょう。
知らん顔で聞こえないふりする、生返事しかしないような行為は「無視」にあたります。
どちらか一方の無視に耐えきれず、致命的な夫婦喧嘩を引き起こすケースは少なくないのです。

1-4.お金の問題は離婚に発展しやすい

結婚することで財布は1つになります。
お金の価値観が違う夫婦の間では、喧嘩が起こりやすいものです。
お金の使い道や将来のことをしっかりと話し合っておかなければ、離婚に発展する喧嘩が起こる可能性もあるでしょう。
「この人と一生やっていくのは無理」「このままでは将来が不安」ということにならないように、早めに解決策を見つけることが大切です。

2.夫婦喧嘩の後に仲直りする方法

夫婦喧嘩をした後、元通りの関係に戻るためには、上手な仲直りの方法を知っておく必要があるでしょう。
ぜひ試してみてください。

2-1.仲直りのきっかけを自分から作る

夫婦喧嘩をした後は頭に血がのぼっています。
「相手が謝るまで絶対に許さない!」と思う人も多いでしょう。
しかし、夫婦喧嘩は「勝ち負け」ではないのです。
先に謝ることを「負け」だと思わないようにしましょう。
お互いに同じことを思って謝ってくるのを待っていても、相手は行動を起こしてくれません。
不思議なことに、仲直りさえしてしまえば、そのような気持ちはどこかに行ってしまうものです。
自分から歩み寄る姿勢をとることで、簡単に仲直りをすることができるはず。
どちらが悪いにしても、先に歩み寄る姿勢を見せるようにしましょう。

2-2.メールや手紙で謝る

夫婦喧嘩をすると、相手にひどいことを言ってしまいがちです。
後から冷静になって考えると「言い過ぎた」と反省することもあるでしょう。
「あんなことを言ってしまった手前、謝りにくい…」という気持ちから、なかなか謝ることができずにいるうちに、夫婦関係はどんどん悪くなってしまいます。
そうなる前に謝りたいと思っているなら、メールや手紙を利用しましょう。
言いにくいことも相手に伝えやすくなります。
時間をかけて文章を考えることができるため、事態を冷静に判断することができるはずです。

2-3.距離を置く

離婚に発展しかねないような、致命的な夫婦喧嘩をしてしまった場合はどうでしょう。
お互い冷静になるためには時間がかかります。
そのようなときは、距離を置いてみるのも1つの手です。
少しの間、実家に避難するなどして、会わない期間を作ってください。
そして、「相手がいなくて寂しい」と思ったときが、仲直りのタイミングです。
距離を置くことで、お互いの大切さを再確認できることもあるでしょう。

3.夫婦喧嘩をしないための方法

「喧嘩するほど仲がよい」とはよく言われている言葉です。
しかし、離婚を考えるような大きな夫婦喧嘩は、少ないに越したことはありません。
夫婦喧嘩をしないための方法をいくつかご紹介しましょう。

3-1.相手を理解する態度を示す

人間は肯定してもらいたい生き物です。
どんな理由があっても、自分を否定してほしくありません。
もちろん夫婦喧嘩では、相手が確実に間違っている場合もあるでしょう。
しかし、そんなときでも最初から相手を否定することを言ってはいけません。
相手の言い分を聞き、いったんは理解する態度を示しましょう。
反論する際は「あなたの気持ちも分かるけど、自分はこう思う」という言い方をするようにしてください。
大きな喧嘩に発展するのを防ぐことができるはずです。

3-2.相手のよいところを思い出す

毎日一緒に生活していると、当然「慣れ」が出てきます。
相手の嫌なところも見えてくるでしょう。
しかし、好きで結婚した相手です。
よいところもたくさんあることを知っているでしょう。
ただ、そのことを忘れてしまっている夫婦が非常に多いのです。
相手に腹が立ったときこそ、相手のよいところ、好きなところを思い出すようにしてください。
腹立たしさが減り「喧嘩はしたくない」という気持ちになれるでしょう。

4.まとめ

夫婦喧嘩をした後に仲直りをする方法についてご紹介しました。

  • 夫婦喧嘩の原因と離婚に発展するケース
  • 夫婦喧嘩の後に仲直りする方法
  • 夫婦喧嘩をしないための方法

「夫婦喧嘩が多く悩んでいる」「仲直りする方法を知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!