別居中の不倫は慰謝料請求できる? 判断基準のポイント


「別居中の不倫」について解説する前に、まずは法律的に「不倫」というのは具体的にどういうことを指すのかをご説明します。世間でいう浮気や不倫は法律用語では「不貞」と言われますが、ここでは馴染みのある「不倫」という言葉を使って説明していきたいと思います。

不倫とはどの様な事なのか

まず、法律的に離婚請求が認められ、慰謝料請求が可能な「不倫」の要件としては「自分の意思で配偶者以外の者、あるいは配偶者が有る者と肉体関係を持ったという事実が必要です。

また、一度だけの「不倫(性交渉)」でも不貞行為となりますが、過去の判例から一度だけの「不倫」では離婚の原因にはならない可能性が高いようです。そして慰謝料に関しても額が小さくなるか、請求自体が通らないということもあるようです。
これには納得できない方もたくさんいらっしゃると思います。

例えば、不倫をした側からすればお酒を飲んだ時の一度きりの過ちだったとしても、不倫をされた側からすれば裏切り行為であり、それが一度だろうと二度だろうと傷つく事に変わりはありません。しかし、法律的には「故意か過失か(既婚者だと知っていたか、知らなかったか等)」、「どれだけ悪質なものか(不倫が夫婦関係にどれだけ悪影響を与えたか、またそれによる被害はいかほどか等)」を考慮し、離婚の原因になるかどうか、また慰謝料が発生するかどうか、発生するなら額はどの程度かという部分を決定します。

その為、確実に離婚請求をしたい、慰謝料を請求したいという方は、それなりの証拠を用意しなければならず、一度だけの事実確認で勝負をするのは危険であると言えます。つまり不倫をされた場合に慰謝料を請求する為には、相手が認めた場合は別ですが、ラブホテルの出入り等を撮影した証拠があったとしても最低2回分は必要になります。

さらに、浮気相手に慰謝料を請求する為には相手の氏名や住所などを特定しなければなりません。不倫の証拠1回分に加え、デートシーンの写真やメールなどのやりとりで不倫関係が継続していたと立証できる場合にも慰謝料の請求は可能ですが、不倫の証拠を2回以上撮影した時より証拠能力は落ちます。

慰謝料を請求できるケース・できないケース

不倫された場合に不貞行為となる要件や慰謝料請求に必要な証拠は簡単にご説明致しましたが、証拠をしっかり揃えて不倫相手を特定したとしても慰謝料を請求する事が難しいケースがあります。では、それはどういうケースかを説明する為に、まずは慰謝料を請求できる要件をもう少し詳しくご説明します。

1.貞操義務に違反

上記で説明した、いわゆる「自分の意思で配偶者以外の者、あるいは配偶者が有る者と肉体関係を持った」がこれに該当します。

2.夫婦関係が破綻していないこと

「不倫関係によって夫婦関係が破綻した場合」は慰謝料の請求も認められ、裁判などで認められる慰謝料の額は高くなりますが、逆に「夫婦関係が破綻している状態での不倫関係」は慰謝料の請求が認められません。

3.不倫の相手方に請求する場合、相手方が婚姻関係を知っていること

例えば、ご主人が不倫していたとして、ご主人が不倫相手に自分は独身だと嘘をついており、既婚者である要素を垣間見せることなく、完全に騙しきっていた場合は不倫相手に慰謝料の請求をする事ができません。但し、基本的には過失によるものも不貞行為とみなされます。注意すれば既婚者であるとわかった場合はそれ自体が過失であるとみなされる為、よっぽどのことでない限りは慰謝料請求が可能です。

では、ここで言う過失だとみなされるケースはどのような状況を言うのでしょうか。「不倫相手がご主人の同僚である」、「不倫相手が近所の人間である」、「不倫相手がご主人の自宅を知っており、一人暮らしにしては不自然な大きさである」、「自宅に入れてもらえない」、「実家ではないのにご主人が乗らない車が駐車されている」、「交際しているにも関わらず、自分以外の女性から頻繁に連絡が来る」、「交際している期間が長い」等、ご主人が結婚している事実を知らなかったとは言えない状況であれば、相手が知らなかったと主張したとしても既婚者である事実を知っていたとみなされます。

実際の裁判においては、慰謝料請求をされた不倫相手側が既婚者である事実を知らなかったということを証明できなければ、慰謝料の支払いを避けられないことのほうが多いようです。しかし、不倫相手側に知らなかったと主張されても、それを覆せるような証拠は押さえておくべきです。

既婚者である事実を知っているということを証明する為には、例えば「二人のメールのやり取りの中でご主人の家族について話をしている」、「LINE(ライン)やFacebook(フェイスブック)等のSNSツールでやり取りをしており、待ち受けや写真のファイルの中に子供や家族の写真がある」、「二人が会っている際、人目を避けるような会い方や場所を選んでいる」、「会っている時間帯を特定し、休日は会っていないことや夕飯前には帰っていること等、恋人同士の交際にしては不自然な部分を立証する」等があります。

また、これらを証明できない場合には多少強引ではありますが、不倫の事実を確認した後、不倫相手に対してご主人が既婚者であることを伝え、その後で再度不貞行為の証拠を押さえるという方法もあります。

4.時効で請求権が消滅していないこと

不倫があった事と不倫相手を知ってから3年、もしくは不倫があってから20年経過した場合、相手からの主張により請求権が消滅しますので時効経過後では慰謝料の請求はできません。相手方が主張しなければそのまま認められます。

5.慰謝料請求権を放棄していないこと。

例えば示談書などを交わし、こちらが慰謝料請求権を放棄している場合は改めて請求する事はできません。

6.証拠があること

相手が認める場合は別ですが、認めなければ裁判で不倫関係の有無や慰謝料の額を決める事になりますので、証拠が必要であり、証拠がなければ裁判を行うことができません。

以上が慰謝料を請求する為の要件であり、逆に言えば上記に該当しなければ慰謝料の請求は困難であると言えます。

「別居中の不倫」と「夫婦関係の破綻」

離婚請求や慰謝料請求が認められる不貞行為の要件の中でも特に判断が難しいのが(2)の「夫婦関係が破綻していないこと」だと思います。これは今回のテーマである「別居中の不倫」についても深く関わってくるのですが、上記でご説明した様に夫婦関係が破綻している状態での不倫は法律でいう「不貞行為」とは認められず、慰謝料請求についても認められない事が多いのです。

そして、夫婦の関係性が悪く、離婚を前提に別居している場合は夫婦関係が破綻していると判断されるケースが多いのでそういった場合の「別居中の不倫」というのは不貞行為とはみなされず、慰謝料請求も認められない可能性が高いのです。

「一緒に住んでいない」事が重要なのではなく、「夫婦関係が破綻しているから一緒に住んでいない」事が重要なので、家庭内別居であっても同様となり、逆に単身赴任等による別居は含まれません。

しかし、「別居中の不倫」といっても

  • 何らかの理由で夫婦関係が破綻し、別居に至ってから不倫関係が始まったのか
  • 不倫関係が始まったから夫婦関係が破綻し、別居に至ったのか

によって不貞行為が成立するのかどうかが変わってきます。

弊社のお客様の中にも、不倫の証拠を撮影・収集し、慰謝料請求から裁判までの経過をご相談いただく事もあるのですが、その中には夫婦の一方が不倫をし、不倫相手に本気になり、不倫相手と会う為に家に帰る時間が遅くなってしまう。また休日は丸一日外出してしまうので夫婦の時間、夫婦の会話も徐々に減って家庭内別居の様な状態になる。そして不倫によって夫婦関係が破綻していったにも関わらず、慰謝料請求を逃れる為に不倫した側や不倫相手が「不倫が始まった時には夫婦関係が破綻していた」と主張するケースがよくあります。

不倫の証拠の有無は目に見える形なので、不倫の事実があるかないかは一目瞭然ですが、夫婦関係の破綻に関しては客観的にはわかりづらく、非常に曖昧な部分でもあります。よって、不倫相手側の弁護士が慰謝料請求への対抗手段として夫婦関係の破綻を主張する事が多いのです。

その場合は別居の理由、別居してからどのぐらいの期間が経過しているのか、調停などは進行中か、調停などが始まってからどのぐらいの期間が経過しているのか、不倫関係が始まった時期と夫婦関係の破綻の時期などを考慮し、不貞行為が成立して慰謝料を認めるのかを裁判官が判断する事になります。

このように別居中の不倫の場合、「不倫の事実関係」ではなく、「不倫と別居の因果関係」について、つまり「不倫が始まった時期と夫婦関係の破綻時期」が争点となる事が多いです。ですので、別居中の不倫調査の場合は現時点での不倫の証拠を収集すると共に、不倫関係が始まった時期を特定できる証拠や証言などを集めて、「夫婦関係が破綻する以前(別居する以前)から不倫が継続して行われていた証拠」を揃える必要があります。

不倫がいつから始まっていたかを特定する手段としては、別居中の相手や不倫相手、又は別居中の相手や不倫相手の同僚や友人などの証言、メールやラインなどのやりとり、2人でデートをしている時の写真や写メールなどの物的証拠などがあります。

別居中の相手や不倫相手から直接聞き出す事なんてできるの?と思う方もいらっしゃると思いますが、実は事実確認を行った上で上手に相手を誘導して交渉すると、相手も動揺し、観念してこちらの質問に洗いざらい答える事もあります。

但し、別居する以前から不倫関係にあったことが確実であるか、何らかの証拠がある場合に限ります。何の根拠もないまま相手に交渉するのは危険です。また、相手に対して追及してから時間が経ってしまうと相手も冷静になり、インターネットで法律に関することを調べたり、法律家に相談したりする可能性があります。

不倫の証拠を揃えた後は感情的にぶつかるのではなく、相手に対して証拠を基に話をするタイミングや順番、その時に録音や書面で残しておくこと等、よく整理してから別居中の相手や不倫相手との話し合いに臨むのが1番良い対策です。

また、別居する以前から不倫関係にあったということを証明するのがどうしても難しい場合、難易度は高いですが、夫婦関係を再構築するという方法があります。夫婦関係が破綻した後の不倫だと主張されるのであれば、夫婦関係を修復すれば良いのです。この場合、先に証拠収集をするのではなく、ある程度修復できた段階から証拠収集を始めるべきです。

一旦は破綻してしまった夫婦関係が修復しつつあるのに、再度裏切って不倫をしたという悪質なものとして捉えることができるようになります。一度悪くなってしまった関係を元に戻すのは容易なことではなく、精神的にもつらい部分はありますが、どうしても困難な場合はそういった方法を提案することもあります。

我々が調査を担当させていただいた場合はこういった部分までアドバイス・フォローさせていただきます。一人で問題解決まで持っていくのは精神的にもつらいことです。親や友人、あるいは弁護士や探偵事務所にフォローしてもらいながら進めるのも方法の一つです。精神的な支えがあるのと無いのでは大きく変わってきます。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!