浮気の証拠は車でみつかる? 覚えておくべき10つの浮気兆候!


車内最近、妻や夫、あるいは恋人の様子がおかしい。浮気されているかもしれないので証拠を見つけたいけれど、どうすればいいのか分からない……こんな悩みを持つ方、非常に多いようです。

そこで、今回は車と浮気の関連性についてご紹介します。

  1. 車における浮気の兆候
  2. 探すべき場所とは?

1.車における浮気の兆候

車と浮気の兆候は一見関係がなさそうに思えますが、実は大きな関係性があります。車の中には多くの証拠が残ってしまうものなので、注意深く観察すれば見つけられることが珍しくありません。特に、男性の浮気では車の中に証拠が残っている場合が非常に多いので、奥さんや彼女におすすめです。

1-1.避妊具(ピル・コンドーム)

車の中の浮気兆候として最も分かりやすいのが、『避妊具の有無』。パートナーと普段から車の中で性行為をしているならいざ知らず、身に覚えがないという場合には要注意が必要でしょう。多くの場合、外出先の車内で浮気相手と性行為をするために用意されています。

1-2.不審なレシートが置いてある

レシートは浮気チェックにおいて有効なツールです。レシートには店名はもちろん、日時や人数まで記載されていることが多いので、仕事に行っていたはずの日のレシートがあれば要注意といえるでしょう。

場合によってはラブホテルの領収書を処分し忘れていることもあります。身に覚えのない日付であれば、確実な証拠となるでしょう。

1-3.浮気相手の忘れ物

車内に浮気相手が忘れ物をしていくことがあります。車内で性行為に及んだ際、邪魔になるからと外してそのまま忘れてしまうことが大きな原因です。

浮気相手が女性の場合はヘアゴムなどの髪留め・髪飾り、化粧品やハンカチ、女物のアクセサリーなどが考えられます。本当に忘れている場合もありますが、女性はわざと残すことでマーキングする人も多いので、比較的見つけやすいでしょう。

浮気相手が女性の場合は、タバコ、ライター、財布、男物のアクセサリー、帽子、ジャケットなどが考えられます。男性は痕跡を隠したがる傾向にあるので、比較的見つかりづらいでしょう。

1-4.タバコ

タバコも浮気を見つける重要なポイント。もしも、普段タバコを吸わないはずなのに、タバコのにおいがする場合は要注意です。また、普段タバコを吸っている場合でも、車内に知らない銘柄のタバコ箱や吸い殻があるかをチェックしましょう。浮気相手の吸っているタバコの場合があります。

1-5.記念品やプレゼント

恋人と同居していたり、すでに結婚してたりする場合は、浮気相手からもらった記念品やプレゼントを家の中に持ち込むことは難しいでしょう。かといって、捨てたり換金したりすれば浮気相手との関係が悪くなることから、処分することもできません。

結果として、車の中に隠されているということが多いようです。たまには車の中の掃除をして、ついでに不審なものがないか調べてみましょう。

1-6.カーナビの履歴

カーナビも浮気の証拠が見つかりやすい場所の一つです。カーナビは入力した場所の履歴が残りますから、大まかな行動を把握することができます。もしも、事前に告げられていた場所とは違う場所へ行っていた場合、密会している可能性があるので要注意。場合によっては、ラブホテルやホテル街への行き先が入力されていることもあるので、1回は調べてみるべきでしょう。

1-7.芳香剤

芳香剤をよく使うようになった、という場合にも注意が必要。性行為の際に発生する独特の臭いをごまかすために芳香剤が使用されるからです。もちろん、芳香剤を使うようになったからといって必ずしも浮気をしているわけではありません。ほかの兆候も併せて確認しましょう。

1-8.助手席

助手席のシート位置が頻繁に変わっているような場合も、浮気兆候の一つ。浮気相手が自分に座りやすいようにシートを動かしている可能性があるからです。

1-9.音楽CD

車内においてあるCD類の歌手やジャンルが変化している場合も一つの兆候。浮気相手が持ち込んだ場合や、浮気相手に合わせてパートナーが自分で用意した場合があります。それとなく尋ねてみて、歌手や曲の良さを説明できない場合には、自分の趣味ではないことの証明です。特に注意が必要でしょう。

1-10.ガソリン代が増えた

なかなか判別しづらいところではありますが、家計簿などで管理している方は気がつくと思います。もしも、急に今までよりもガソリン代が増えたという場合には、浮気行為の移動手段として利用している可能性があるでしょう。

2.探すべき場所とは?

この項目では、点検すべき場所をあげていきます。相手がいない間に調べるようにしましょう。

2-1.ダッシュボード

ダッシュボードとは、助手席の正面に設置されている収納スペースです。多くの場合は開閉式になっていますので、中に証拠となるものをしまっていることがあります。

2-2.サイドポケット

サイドポケットとは、車のドア部分などに設置されている縦に深いポケットのこと。

これまでは地図などを入れる場所として使われていました。しかし、最近はカーナビの普及により地図の需要が減ったので、レシートなどの証拠となるようなもを一時的に置いておくための場所として利用されていることが多いようです。

2-3.座席シート

座席シートの下は絶好の隠し場所です。必ず調べておきましょう。

2-5.ゴミ箱

ゴミ箱が車の中にある場合は、チェックしておくべきでしょう。レシートや使用後のコンドームなどが見つかることがあります。

2-6.CDケース・音楽プレーヤー

普段パートナーが聞かないジャンルや歌手のCD・音楽ファイルがないか確認しましょう。

2-7.バッグ

後部座席やトランクなどに置いてあるバッグの中には、浮気の証拠となる品が見つかることがあります。時には浮気相手との性行為を撮ったビデオカメラや、プレイに使う性具などの言い逃れのできない証拠が見つかるケースもあるようです。

2-8.灰皿

多くの場合、灰皿は車に最初から取り付けられています。車の前方、運転席と助手席の間に設置されていることが多いようです。

2-9.カーナビ・ETC

すでにご触れているカーナビ意外にも、ETCを調べると不審点を見つけることができます。ETCとは高速道路の料金所で止まることなく料金を払うことができる機械のこと。

ETCを利用するためには、通過記録を行う『ETC車載器』と実際に料金を支払うための『ETCカード』が必要となります。このETCカードからはETCの走行明細を発行できるので、パートナーが高速道路を利用していれば動きを把握することが可能です。

ETCだけでは浮気の証拠とするのは難しいですが、ウソをいっているかどうかの確認には使えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は浮気と車の関係性についてご紹介しました。

  1. 車における浮気の兆候
  2. 探すべき場所とは?

車の中は意外にも浮気の証拠を集めやすい場所です。恋人や夫・妻の浮気が気になる方は、相手の車を調べてみましょう。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!