現役探偵が教える! 結婚調査とはどのようなもの?


「結婚調査」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
読んで字のごとく、結婚相手、つまり婚約者を調査することです。
婚約者がいる方や、ご自身のお子さんが結婚を間近に控えている方、お子さんに彼氏や彼女を紹介されたという方の中で、「全く心配事がない」という方のほうが少ないのではないでしょうか。
ご自身やお子さんの婚約者に対して、疑う訳ではないが、本当に大丈夫なのか?と不安を感じている方も多いことでしょう。
そういった方の中には自分で調べるという方と、自分で調べることに限界を感じ、探偵事務所や興信所に「結婚調査」を依頼するという方に分かれます。
結婚調査に関することや結婚調査の必要性についても詳しく書かれていますので、ご自分で対処される方も是非参考にしてください。

1.結婚調査とはどういうものか

冒頭でも少し説明しましたが、自分や子供の結婚相手としてふさわしい人物か、または結婚して問題のない人物かということを調べるのが「結婚調査」です。
婚約者の生活態度や人間関係、経済力や金銭感覚に問題がないか等を調べる事が主な内容となってきます。
要望としては本当に様々なものがあり紹介しきれないほどですが、その他、結婚相手の申告にウソがないかを調べることも多々あります。
例えば勤務先や実家の住所などが嘘ではなく本当に正しいのか知りたい、という要望があれば事実確認のための調査を行います。

2.結婚調査の具体的な内容

結婚調査に関する要望を大きく分けると、結婚相手の過去、またどういった人物であるか、経済力はあるのか等、普段の行動では見えにくい部分を調査する場合と、結婚相手の普段の行動の中で見えてくる異性関係や趣味等を調査する、いわゆる身辺調査や素行調査を行う場合に分けることができます。

どちらかというと難易度が高いのは前者です。
ですが、後者の身辺調査や素行調査を行うだけでも見えてくる部分はあり、もしそこで問題があれば前者のような調査を行わなくても良いという判断もできます。
今回は結婚相手の身辺調査、素行調査という部分を中心に一部をご紹介します。

2-1.日常生活での素行不良の有無

結婚相手の普段の行動を記録します。
外出した際にどのような店舗を利用し、どのような商品を購入したのか、
道徳、倫理上問題のあるような行動をしていないか、信号無視などの交通違反やごみのポイ捨てなどの違反行為がないのか、など可能な限り細部にわたって記録を行います。
他にも夜遅くまで出歩いていないか、自分の知らない別宅があるのではないか等のことも調べることが可能です。
例えばこの調査によってパチンコ店や競馬場などを利用していることが確認できれば結婚相手の趣味がギャンブルであることが判明します。
キャバクラなどをよく利用していることが分かれば女性好きで将来浮気をする
可能性が高いのではないか、といった懸念すべき要素が結婚する前に分かります。

2-2.交友関係の把握

結婚相手の交友関係について調査をします。
交友関係を調べることで素行不良のあるものや暴力団構成員の様な反社会的な人物と交際していないか、また交際している人物の中に異性がいた場合、その異性とはただの友人であるのか、デートや性交渉などを行う関係にあるのではないか、といったことを確認することができます。

2-3.家族構成の把握

結婚相手の家族構成を調べます。
事前に聞いていた家族構成と合致しているのか、婚約者の家族が通勤・通学している勤務先や学校などは事実であるのか、といったことを調べて把握します。
また家族や親族の中に素行不良のある人物や、病気などで介護が必要な人物が
いないのかという事についてもご希望があれば調査を行います。

2-4.勤務先の把握

結婚相手の勤務先が事前に聞いていたものと合致しているのか事実確認を行います。
勤務している企業などでどのような業務にあたっているか、またその企業の資産状況などを把握することで、結婚しても経済的に安定した暮らしができるかどうかの目安を得るための情報を集めていきます。

ご依頼される方が結婚相手の事をどこまで調べてみたいのか、によっても少々変わってくるのですが、概ね上記に挙げた内容の調査を同時並行かあるいは段階的に行っていき、ご依頼される方にとって結婚相手が果たして本当に結婚しても問題のない人物であるのかを判断するための情報収集を行います。

3.結婚調査の必要性

結婚相手に対して不安はあるけれど結婚調査までする必要はないのではないかと考える方も多いでしょう。
倫理的、道徳的な面で考えれば、これから結婚して一生を添い遂げようと思っている婚約者に対して、疑いの目を向けるような行為は行うべきではないと考える人もいるかもしれません。

確かに全く信頼関係のない間柄で、結婚をしよう、と考えることは通常では
考え難いことです。
信頼関係をちゃんと育んできたからこそ「結婚」という結論に至るのであり、
その結論が出ているにも関わらず今更、本当に信用できるのだろうか?と
不安を感じて相手をこっそりと調べるようなことは、誰しも後ろめたい気持ちを感じることではあるかもしれません。
しかし、残念ながら現実には必ずしも結婚生活が上手くいくとは限りません。
厚生労働省が発行している平成27年の「人口動態統計の年間推計」では、
平成27年の我が国の離婚率は婚姻率が1000人中5.1人に対し、離婚率は1000人中1.8人に上りました、
これは結婚した夫婦の5人に2人、つまり4割近くが離婚することを示す割合です。
この数字を見るだけでも日本で夫婦が離婚してしまう可能性は決して低くないことが分かるでしょう。

離婚する原因には色々なものがあると思います、例えば性格の不一致や不倫行為、あるいは借金や貧困などの経済的状況によるものもあるでしょう。

結婚前に借金や貧困などの経済状況に不安がある場合などは、失望されたくない、という一心から悪意がなくとも婚約者がその事実を隠そうとしてしまう事もあるかもしれません。

また、結婚後に婚約者の家族と同居する予定がある場合、一緒に暮らす義理の家族との性格の不一致で離婚する、ということは決して少なくはない「離婚の原因」の一つです。

婚約者と交際しているだけでは婚約者の経済状況や家族の事は案外見えてこないかもしれません。また婚約者がひた隠しにしている場合もあります。
しかし婚約者とその親族の経済状況や、素行を把握しておけば結婚後、家計をどのようにしてやり繰りしていくのか、あるいは配偶者の親族と同居をする場合に精神的な負担が大きいかどうか、という問題について判断するための重要な材料を得ることができるかもしれません。

結婚をする時に、将来離婚するかもしれない、と考えて結婚をする人はほとんどいないでしょう。
しかし将来の結婚を約束するほどの相手だからと言って、相手の全てを自分が知っているのか、と言えば不安になる人もきっといらっしゃることと思います。

離婚をすれば財産分与や親権問題など色々と面倒な手続きをしなければなりませんし、
既に子供がいる場合、離婚をすれば子供と離れて暮らさなければいけなくなるかもしれません。
そういった悲しい未来を防ぎ、より良い人生を送るためにも婚約者の事をよりよく知っておくということはとても重要なことです。
そのための手段の一つとして結婚調査という選択はそう間違っていないのではないでしょうか?

また、より深刻な問題として、婚約者が実は詐欺師、つまり婚約自体が結婚詐欺であったというケースも数多くあります。
婚約者からお金を貸して欲しいと言われる方や、結婚後に二人で住むためにと言われ、マンションや一軒家などの購入か、頭金の用意を求められている方、また婚約者に複数の浮気相手がいる可能性を感じている方、婚約者の勤務先や仕事内容などがはっきりとわかっていない方、こういった状況にある方は結婚詐欺にあっていることを懸念したほうがいいかもしれません。
特に上記の例に当てはまっていて、交際期間がそう長くないのにもかかわらず、結婚を申し込まれた方は要注意です。

結婚詐欺というのは婚約者という非常に疑われにくい立場を利用して相手から金銭を奪い取る犯罪行為で、比較的相手を騙す期間が長く慎重に段階を踏んで行っているので、事前に詐欺であると察知する事が難しい詐欺でもあります。
それは先にも挙げたように、婚約者を疑うようなことは間違っている、という
良心からくる拒否感や、まさかあの人が、という婚約者に対する信頼が原因でもあるでしょう。

「結婚詐欺なんてそうそうあるものではないだろう、そんなことは自分とは無関係だ」と考える人もいるかもしれません。
しかし実際には弊社で取り扱った案件にも結婚調査の結果、婚約者が結婚詐欺であったことが判明したケースは多数あります。

こういった知能犯の策略を暴くためには、ご自身で悩んで考えるよりも弁護士や探偵などのプロに相談をしたほうがより得策かと思われます。

探偵に依頼をするという行為に対して、普通の生活をしていれば関わる事がないだろう、と考える方もいるかもしれませんが、実際には探偵が扱う依頼の多くは家庭問題や金銭トラブルの解決など普通の生活をしている人にとって、とても身近なものなのです。
結婚調査も「堅実な将来設計のために」という視点から考えれば何ら異常な行為ではありません。

これからご自身やお子さんが結婚する予定のある方の中で、少しでも不安に感じていらっしゃるのであれば、間違いが起こらないためにも、結婚調査をご検討されてみてはいかがでしょうか。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!