夫の態度が冷たい? 原因と対処法を知って離婚を回避しよう!


急に夫の態度が冷たくなると非常に気になるところです。しかし、夫が冷たくなる原因に心当たりが無い方も多いかと思います。そのうち治ると思っている内に浮気や離婚につながることもあるのです。夫婦の危機となる前に夫が冷たい原因を突き止めましょう!

  1. 夫が冷たくなる原因
  2. 夫の危険な態度は?
  3. 夫婦仲を戻す方法

1.夫が冷たくなる原因

夫が冷たくなってしまうには原因があります。その原因についてしっかり確認しておきましょう。

1-1.夫が浮気に走ろうとしている

夫はいきなり妻以外の女性を好きになったりしません。まずは、浮気に走ろうとするとき冷たくなります。男性は気になる女性ができると妻と比べ始めるもの。比べているとき、別の女性が魅力的に映り出すと妻に対して冷たくなります。感情としては妻がうっとうしいとさえ思え始めるのです。冷たい段階ならばまだ改善の余地があります。しかし、冷たい態度が一変して優しくなると浮気や不倫になるので注意しましょう。

1-2.妻への不満が積み重なっている

夫の態度が冷たくなる原因の1つに妻への不満があります。不満内容としては家事の手抜きや容姿が変わり過ぎている、女を忘れているなどがあるのです。また、夫に対する優しさが無くなったことを不満に挙げる夫もいます。これら不満の要素に対して「そんなことが原因なんてつらい」と思う妻の方も多いでしょう。

確かに、夫の勝手な言い分なところがあります。しかし、結婚生活が長くなると不満を言い出せない人もいるもの。夫が冷たくなったと感じたときは、まず自分から結婚当初を思い出してみるのもいいでしょう。

1-3.隠し事・言い出しにくいことがある

男という生き物は何か1つのことに集中し始めると余裕が無くなります。そのため、ほしいものを言い出せないだけで妻への態度が冷たくなるのです。たとえば、車や趣味のものを夫が買いたかったとしましょう。しかし、その願望を告げて妻の怒りを買うのが怖いばかりに言い出せないことがあります。その不満が降り積もって妻への態度が冷たくなるのです。

また、夫側の両親への態度が不満となることもあります。夫の両親への態度が悪いことを言い出せず不満となるのです。夫の態度が冷たいときは、妻のほうが寛容になることも重要となってきます。

1-4.仕事で忙しい状態が続いている

夫の態度が冷たいときは、妻への不満ではなくて仕事や個人的な悩みであることも多いもの。夫の知り合いや親戚が亡くなったり仕事環境に悩んでいたりします。そのとき、妻を思う余裕が無くて冷たくなっていることもあるのです。

また、夫が仕事で疲れているときは家でゆっくりしたいもの。ゆっくりしたくて妻をかまう余裕が無いだけの可能性も考慮しておきましょう。もし、仕事で疲れているときは休日に甘えてみてください。そのとき、態度が違えば仕事やプライベートで疲れていることがわかります。

1-5.マンネリ化で愛情が冷めている

夫婦関係が長くなってくると愛情が冷めてくることがあるのです。その結果、夫の態度が冷たく映ることがあります。夫婦になるとカップルとは違うもの。そのため、無理にカップル時代のような「ラブラブ」を求めると嫌な顔をします。ひどいときは、冷たい態度がひどくなることもあるので注意しましょう。

愛情が冷めている夫に対しては、旦那が弱っているときそばにいること。カップル時代とは違う刺激を受けることで妻への愛情に目覚めます。積極的にヤキモチを焼いてもらおうとするのは逆効果なので控えましょう。

1-6.妻がいることが「当たり前」の状態になっている

夫が妻のいる状態を「当たり前」に感じていると冷たくなります。夫婦関係がマンネリになってしまうと多くなる傾向です。

また、妻がいることが当たり前に感じる夫は亭主関白な男性が多い傾向にあります。自分の思い通りにことをすすめようとする人に多いので改善することも難しいのです。夫の気を引きたいときは、夫婦関係を変えるほどの変化が必要になってきます。もしくは、夫の性格を踏まえた上で生活することが大事になってくると思いましょう。

1-7.妻の言い方に不満を覚えている

あなたは夫に対してきつい・詰め寄った言い方をしていないでしょうか。妻の発言に対して恐怖を覚えていたり女性らしさを感じなくなっていたりすると冷たくなります。

妻の発言が厳しくて不満を覚えていると夫は「もう話したくない」と考えるもの。そのため、自然と距離を取ろうとして冷たくなります。また、職場で優しい口調の女性などがいると「なんでこんなに違うんだ」と妻と比較してしまうのです。

1-8.夜の営みを断り続けている

夫からの夜の誘いを断り続けていると態度が冷たくなります。これは、夫の態度が冷たくなる理由として多くなっているのです。夫が妻に対して冷たくなるのは、夜に誘っても応じてくれないとあきらめているから。あなたが応じないと改善は難しいと思いましょう。

1-9.子どもの相手ばかりしている

家事や子どもの面倒ばかりで夫の相手をしない。それが理由で夫の態度が冷たくなることがあります。非常に子どもっぽい理由ですが男とはいつまでも子ども。たまには子どもではなくて夫への配慮も必要となります。

また、夫に無理な育児などを押し付けるのも問題です。仕事で疲れた夫が家で休めないのは、非常にストレスを感じます。家事を全くしない夫も問題ですがやってもらう量を考えるようにしましょう。

夫が冷たくなる原因はいろいろあるんですね。
はい。妻だけが一方的に悪いとは言えませんが、お互いの気遣いで改善することもあります。

2.夫の危険な態度は?

夫が冷たい態度を取るとき、それは妻に対して何らかのサインを出そうとしています。しかし、その冷たい態度さえ無くなったとき離婚へつながることもあるのです。そこで、見逃したくない危険な態度をチェックしておきましょう。

2-1.急に優しくなる

夫の態度があまりにも優しくなったとき、すでに浮気や不倫をしていることが多くあるのです。これは、冷たい態度よりも疑うべき状態となっています。

夫は何か物事を隠そうとするとき、妻への後ろめたい気持ちから発生しているもの。以前まで冷たかったにもかかわらず急に優しくなったときは、疑ってみてもいいでしょう。

2-2.あまりにも普通の態度を取ろうとする

妻に対して隠し事があるときは、優しい態度だけでなくいつも以上に「普通」な状態を演じようとします。忙しそうに見えるのに態度が変わらないときは、態度が冷たくなるよりも怪しいときがあるもの。特に、出張や外出ばかり増えるときは注意しておきましょう。

急に優しくなったほうが危ないんですね。
はい。浮気の後ろめたさをごまかしたいという心理が働いている可能性があります。

3.夫婦仲を戻す方法

夫が冷たいとき、妻としては何とかして夫婦仲を改善したいもの。そこで、夫婦仲を改善する方法をチェックしておきましょう。

3-1.夫とのスキンシップを増やす

夫との触れあいが少ないときは、スキンシップを増やすようにします。特に、夜の誘いを断り続けていたのが原因のときはすぐ解決できるのです。

また、夜の営みだけでなく普段の会話などでも変化を付けましょう。夫が仕事で疲れているならマッサージをしてみるのも効果的です。さらに、「ありがとう」という言葉を忘れているときは感謝の意を表してみましょう。言葉にするだけで印象が違ってきます。

3-2.不必要に干渉しない

夫の態度がもともとクールな場合は、あまり干渉しないことがおすすめ。ヘタに干渉しようとすると逆効果になります。夫としては冷たい態度というよりは、普段の生活では温度差があるもの。夫の性格に温度差があるときは、自分も割り切って元気に振る舞っておきましょう。しかし、あまりにもしんどいときは夫にその意図を伝えることが重要です。

3-3.きちんと意見を言い合う

夫の態度が冷たくなるのは、本来話し合うべきことを保留にしていることが多いもの。夫に不満があるときは、しっかりと意見を述べるようにしましょう。しかし、詰め寄ってダメ出しばかりしても逆効果です。「自分も悪いところがあれば治したいから」と話し合う意思を出すことが大事になってきます。相手の意見を聞きつつ関係の改善を目指しましょう。

やみくもに不機嫌になるのでなく、話し合いを持つことが大切ですね。
はい。相手への要望などは口に出して言うことが、解決の第一歩です。

まとめ

この記事では夫の態度が冷たい原因についてまとめました。夫の態度が冷たいときは別の女性に気が移っていることが多いもの。また、妻に魅力を感じなくなったり不満を覚えていたりします。夫が妻に冷たい態度を取るときは、何らかの不満があると思いましょう。夫との仲を改善するには、スキンシップを増やしつつきちんと話すことが重要です。夫の態度が冷たいときは、自分の非を受け入れるのを覚悟してしっかり話し合いましょう!



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!