あなたの旦那様は大丈夫?モラハラ夫の正しい対処法を教えます!


モラハラ夫に悩まされている女性が増えています。モラハラといってもその特徴はさまざまで、自分の夫がモラハラだとは夢にも思っていない女性もいるでしょう。まずは、あなたの夫がモラハラなのか、もしモラハラ夫ならどう対処すべきなのかを知りましょう。

  1. モラハラ夫の特徴
  2. モラハラ夫への正しい対処法
  3. やってはいけない対処法

1.モラハラ夫の特徴

モラル・ハラスメントが起こるきっかけは何でしょうか?結婚する前に兆候を見つけられれば、その後の人生が変わっていた可能性もあります。実際にご自身の旦那様がモラハラなのかを確認してみましょう。

1-1.とても優しい

モラハラ夫の特徴のひとつが、とても優しいということです。この場合、女性側に免疫がなければ見抜くことは難しいでしょう。愛されて育つことで、人を疑うことがない女性や、親切にされた経験が少ない女性はだまされがちです。

1-2.突然豹変(ひょうへん)する

心をつかんだ瞬間に豹変(ひょうへん)してしまいます。「結婚する前は優しかったのに、結婚したら変わってしまった!」というのは、典型的なモラハラです。ただし、本人は自分のせいだとは少しも思っていません。「自分が変わったのは相手が悪い」と思っています。自分をこんな風にしたのは、妻のせいだとこじつけるのが特徴です。
豹変(ひょうへん)のタイミングも、結婚時・妊娠や出産など人によって違います。子供ができることで100%の愛情が得られないことに嫉妬し、モラハラ夫になってしまう場合もあるでしょう。

1-3.平気でウソをつき、同情を誘う

モラハラ夫はウソつきが多い傾向にあります。どんなに妻が尽くしても、「食事も作ってもらえない」「洗濯もしないでだらだらしている」などあることないことをばらまいている可能性も考えられるでしょう。そうすることで「大変ね」「とんでもない奥さんね」「頑張って耐えてるね」という同情されることで優越感にひたります。そんなウソがバレたときには「本気じゃない、冗談なのに何怒ってるの?」くらいに開き直りごまかします。

1-4.自分を正当化する

何よりも自分が常に正しいと思っています。間違っているのは常に相手です。どんなに説明しようが一切聞く耳持たないでしょう。昔のできごとまで持ち出して、「昔こうだったから今も当然間違えている」と見当違いな指摘までしかねません。このやり取りが面倒なことから、妻は諦めて最初から謝ってしまうという悪循環になってしまうことが多いようです。

1-5.絶対に暴力を振るわない

モラハラの特徴として、絶対に暴力を伴いません。人から見た自分を一番に考えているからです。暴力夫などと思われた日にはプライドはズタズタになります。証拠が残るようなことは絶対にしません。ある意味では理性があり、何も考えずに暴力を振るってしまう人よりもタチが悪いといえるでしょう。妻を傷つけることが目的ではなく、恐怖心や威圧によって支配することが目的です。

1-6.その他の特徴

上記は代表的な特徴ですが、ほかにもたくさんあります。

  • 子供を利用する
  • 責任を転嫁
  • 共感しない
  • 独自のマイルールが存在
  • 不安にさせて愛情確認をする
  • 嫉妬深く、強情
  • 言葉の暴力
  • 自分が不機嫌なのはいいが、妻が不機嫌なのは許せない
  • 疑問形で責め立てる
  • 反省文などを書かせる

いくつかあてはまるなら、モラハラ夫を疑いましょう。

モラハラ夫には数々の特徴があるんですね。
はい。自分の夫ももしかしたら…と思ったらチェックしてみましょう。

2.モラハラ夫の正しい対処法

ご自身の夫がモラハラだったら・・・段階に応じて正しい対処方法を実行しましょう。

2-1.軽いモラハラ夫だった場合

そんな頻繁に嫌な思いをするわけでなく、お互いさまと思えるレベルなら、自分自身の考え方を変えることで相手も変わる可能性があります。まずは、夫の言葉をそのまま間に受けずにうのみにすることはしないように注意しましょう。気持ちを強く、あなたが常に完璧である必要はありません。

2-2.中度の場合は手のひらで転がす

離婚するほどでもないし、離婚はしたくない。いいところもあるからというレベルなら、夫を立てて上手に操りましょう。ストレスにならない程度に、夫を優位にしいい気にさせることでモラハラを防ぐことが可能です。自分が優位に立ちたいという気持ちからモラハラになってしまう場合があります。未然に防ぐには、夫を立てて自信を持たすことも大切です。
どうしてもストレスでつらい場合には、ほかの第三者に理解してもらいましょう。両親や親友などに相談することも必要です。身内や近しい人に知られたくない場合には、カウンセリングや地域の相談窓口を利用してもいいでしょう。

2-3.重度の場合離婚も視野に

子供への悪影響やストレスで眠ることさえままならない状態なら、離婚も視野に準備を整えましょう。
そのためには、「いつ・どこで・どんなことをされたのか」を書きとめておくといいですね。必要であれば録音しておいてもいいでしょう。第三者の協力を得ながら、新しい生活に目を向けてたほうが幸せです。

対処法もいろいろあるんですね。
はい。必要ならば離婚も視野に入れましょう。

3.やってはいけない対処法

よくやりがちですが、モラハラ夫に「同情」してはいけません。「私がいないとダメになってしまう」なんて気持ちは一切不要です。自分を責めてしまうと悪循環におちいります。しっかりとモラハラ対策を行うために同情心は捨ててしまいましょう。

次に、モラハラ夫の言動に過剰反応してはいけません。「泣く」「怒る」という反応は、モラハラ夫にすると「愛情表現」だと受け止められます。自分の言動であなたを失うかもしれないと思わせなければなりません。

最後に、介入してもらう第三者の選択をミスしないようにご注意ください。モラハラ夫の味方になってしまうような人は絶対に選ばないこと。客観的な立場から、冷静に判断してくれる人にお願いしましょう。

同情してはダメなんですね。
はい。共依存になる可能性があります。

まとめ

モラハラ夫の特徴がいくつも当てはまる場合、あなたの夫はモラハラの可能性があります。とはいえ、モラハラのパターンは人によって違い、千差万別です。具体的にこうだからモラハラ夫だ!という定義はありません。あなたと子供の将来を第一に考えて、悪影響のある夫に屈しないようにしましょう。正しく対処することで、モラハラ夫も改善する余地はあります。賢く立ち回ってモラハラ夫に負けないようにしましょう。自分ひとりで抱え込まずに相談し、協力者を確保することも重要です。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!