浮気をやめさせる方法が知りたい!男女で違う浮気する心理について


愛する人に浮気されるのは、裏切られた気がしてたまらないですよね。悲しみとともに、むなしさでいっぱいになります。浮気された理由がわからない。本当に浮気しているのだろうか?不安に感じる気持ち、とてもよくわかります。浮気は男性に限らず、女性にもあることなのです。どうやったら浮気をやめさせることができるのか、誰もが知りたいことでしょう。

今回は、浮気をやめさせる対策や浮気する心理についてご紹介します。

  1. 浮気とは?
  2. 浮気する心理について
  3. 浮気をやめさせるには?
  4. 浮気されない人になる方法
  5. 浮気の調査について
  6. 浮気に関するよくある質問

この記事を読むことで、恋人の浮気をやめさせることができるようになります。浮気防止策を検討している方も、普段の生活の中で生かしてみてください。けんかすることなく、浮気を解決することができるでしょう。

1.浮気とは?

浮気だと感じるのは、人によって違いますよね。2人で会っているだけで浮気と感じる人も、肉体関係を結ぶまで浮気と思わない人もいるでしょう。

1-1.浮気の意味

浮気は、パートナーではない人と関係を持つことを意味しています。肉体関係があるかどうかという観点ではなく、心の移り変わりがあった時点で浮気としているのです。

1-2.不倫と浮気の違い

不倫と浮気は同じように思えますよね。不倫は既婚者が配偶者以外と接触する行為です。一方、浮気は既婚かどうかを問うものではなく、特定の相手以外の人と接触する行為を指しています。不倫と浮気は、俗称として使われている言葉です。法律で不倫は不貞行為とされています。不倫は婚約期間中のカップルもあてはまる言葉です。

1-3.どこからが浮気?

浮気に対する価値観は人それぞれです。男性と女性でも違います。手をつなぐ・キスをする・肉体関係があるなど、一定のラインがあるようで特別な決まりはないのです。ですから、決定的な証拠を掴(つか)まない限り、肉体関係の有無は確認することができません。

なるほど、妻や恋人以外の人と肉体関係を結んだら浮気なんですね。
はい。食事や一緒にいるだけでは浮気には入りません。

2.浮気する心理について

特定の相手がいるにもかかわらず、浮気に走るのは理解できないことですよね。既婚者なら、子どもがいる人もいるでしょう。同じ状況でも、浮気しやすい人とそうではない人がいます。

2-1.浮気するのはどんな心理状態?

たとえ円満に過ごしている夫婦やカップルでも、浮気することはあります。いつでも戻る場所がある安心感が、浮気へと働きかけているのです。男性の既婚者は離婚を前提で浮気する人はほとんどいません。現実から逃れる場として、浮気相手に理想やときめきを求めているだけです。

2-2.男と女の違い

男の場合、性欲処理を目的に浮気するパターンが最も多いのです。パートナーと浮気相手に向ける視線は、明らかに違います。肉体関係だけを目あてにしていることがほとんどです。
女の場合、パートナーが自分に興味がないのでは?といった不安や寂しさを解消するために、浮気に走るケースがあります。強いアプローチに押され、女性として見てもらえた喜びから浮気する場合もあるでしょう。精神的な安定を目的として浮気するのが、女の浮気心理です。

2-3.浮気しやすい人の特徴や性格

浮気しやすい男性は、周囲の女性に自己アピールすることで虚栄心を満たしたいと思うタイプです。野心家とも呼べるでしょう。パートナーのことを省みることなく、自己中心的です。女性の多い環境にいる男性だと誘惑も多く、何気ないことで浮気に発展しやすい傾向があります。
浮気しやすい女性は、男性との交流が多く、意外と身近な人と浮気に陥りやすいでしょう。家庭を持つ女性だと行動範囲も狭くなりがちです。普段から接している男性と急速に進展してしまいます。構ってもらいたいという寂しさを常に感じている性格の持ち主も要注意です。

2-4.浮気をしない人との違い

浮気をしない人は、目の前の欲求に打ち勝つことができます。理性が働き、自制心をきちんと持っているのです。自分が浮気したら、パートナーがどう悲しむかを想像できる人でしょう。家庭を壊してはいけないという責任感をしっかり持っている人です。
浮気する人には、モラルの欠如が考えられます。浮気することによって、配偶者や子どもがどんな立場に追い込まれるのかを気にすることなく、欲求のまま行動してしまうのです。

浮気をすることで自分の価値を再確認する人もいるんですね。
はい。ですから、何度ばれても浮気をくり返す人もいます。

3.浮気をやめさせるには?

浮気を頭ごなしに責めてもけんかになり、険悪なムードが漂うだけです。最悪の場合、離婚や別れになることもあるでしょう。有効な手段をご紹介します。

3-1.心理的方法

心理的方法もいくつかあります。パートナーの性格に合う方法を選んで使ってみてください。

3-1-1.罪悪感を与える

浮気がきっかけで家庭が壊れるのではないかと、罪悪感を与える方法がいいでしょう。パートナーが傷心して精神的に参っている姿を見せるのです。普段涙を見せないなら、悲しみに暮れている姿を見て、罪悪感を抱いて浮気を後悔するでしょう。後悔があるなら、浮気はやめるはずです。

3-1-2.別れを切り出す

別れを切り出すのは、最終手段だと思ってください。切り出してあっさり了承されてしまい、離婚の危機に陥るのです。それとなく離婚という言葉を匂わす程度にしておきましょう。
家庭ありきで浮気しているのなら、家族を失いたくない一心で、浮気をやめることもあるはずです。

3-1-3.原因を振り返る

浮気された側(がわ)は悪いことなどしていません。しかし、今までの関係の中で改善していける要素があるのなら、2人で話し合って解決していくのも、1つの手段です。浮気発覚を機会にして、口に出すことがなかった本音をぶつけ合うことも、今後の生活をよきものにするでしょう。

3-2.知っていることをバラさずに浮気をやめさせる方法

浮気を疑うといろいろと探ってしまうものです。ところが、浮気の事実を突きつけると、その後の関係がぎくしゃくしてしまうこともあります。離婚を前提としているのなら、事実を突きつけてもいいでしょう。しかし、関係修復を目指して浮気をやめさせるのなら、別の方法でアプローチしてください。

それとなく、最近様子がおかしい・外出が増えた・自分に自信がないなど、相手の心を刺激する言葉を投げかけてみましょう。このままではよくないと感じてくれるなら、浮気相手と自然消滅もあり得ます。

3-3.浮気に対してやってはいけないNG行為

執拗(しつよう)に監視するのは避けてください。浮気している方も警戒していますから、詮索されているのには敏感に気づきます。監視されることによって、関係にどんどんヒビが入ってしまうことも否定できません。

浮気が発覚したからと、責め立てるのも逆ギレされてしまう原因です。単なるわがままと捉(とら)えられ、拒絶されてしまうこともあります。大切なパートナーとの関係修復を視野に入れているなら、穏やかな話し合いをすべきです。

親しい友人や両親を巻き込むのも、パートナーにとっては悪い印象しか与えません。2人の問題として解決していくことをおすすめします。

浮気をやめさせる方法もいろいろあるんですね。
はい。相手が浮気はいけないことだと実感すれば、やめる可能性はあります。

4.浮気されない人になる方法

浮気防止には、普段の心構えが大切です。自分には非がないと思う方でも、浮気されてしまってからでは取り返しがつきません。いつまでも円満に過ごしていくためにも、少し自分を変えてみましょう。

4-1.浮気防止策

一緒にいる期間が長くなるほど、どのカップルもマンネリ化してしまいます。出会ったころの新鮮な気持ちを忘れてしまうことでしょう。浮気はときめきや情熱を求めてしてしまう傾向があります。ゆえに、浮気防止策として、出会ったころからの写真や思い出を振り返ってみるというのもおすすめです。忘れかけていた懐かしい思い出を目の前にし、2人でいると幸せなんだと改めて感じることができるでしょう。

女性に多いことですが、男性に弱い部分を隠してしまう傾向があります。男性は女性を守りたいという本能がありますから、時には弱音を吐き、甘えるのも大切です。

4-2.浮気されない人の特徴

浮気されない人は、自分の世界をきちんと持っている人です。自分を磨くことを怠らず、好きなことに夢中になれて、パートナーに依存しないタイプでしょう。一人の人間として自立できているため、パートナーがどんな風に過ごしているのかをいちいち監視しようとはしません。

お互いに信頼関係がきちんとしているからこそ、つかず離れず一緒にいられるのです。また、聞き上手であることも大切なポイントでしょう。きれい好きで、身なりにも気遣える人なら、浮気されることはありません。一緒にいて心地いい、この人を離したくないと思われるような人になりましょう。

4-3.浮気されないための大切な一言や気遣い

浮気されないように、浮気をやめさせるにはどうすべきか、とても悩みますよね。マイナスな言葉ばかり口を突いて出てしまうことでしょう。浮気防止策として有効なのは、ポジティブな言葉を投げかけることです。

パートナーを心から信頼していることを日ごろから伝え、「頑張っているね!」など褒めるようにしてみてください。好きと言葉にすることも忘れずに。自分をよく見ていてくれると思ってもらえたら、浮気に走ることはありません。

4-4.本音をぶつけ合うことも重要

浮気されてしまうのは、コミュニケーションが不足している証拠でもあります。時には本音をぶつけ合い、思っていることを口に出すようにしてみてください。すれ違いを防ぐ効果があり、お互いに理解を深めることができます。

気遣いばかりでは疲れてしまうはずです。とはいえ、馴(な)れ合いの関係になってしまうと本音で話す機会もなくなり、何を思っているかが見えなくなります。リラックスできる時間を作り、ゆったりした気持ちで話をしてみてください。

相手に関心がありすぎても、なさ過ぎてもいけないんですね。
はい。一緒にいて楽しく、失いたくない相手ならば浮気心は起こりにくいでしょう。

5.浮気の調査について

絶対に浮気をやめさせたい・浮気しているか確証を掴(つか)みたい方には、浮気調査がおすすめです。くよくよしていても始まりません。傷心を引きずるより、浮気調査で白黒つけましょう。

5-1.浮気調査をする目的は?

浮気調査を行うのは、離婚を前提に考える方が多いものです。しかし、関係を修復したい場合にも使えます。浮気の証拠を集め、認めてもらうために行うのです。離婚の場合は、不貞行為として慰謝料請求にも影響しますし、入念な証拠集めが重要な鍵となります。

また、浮気相手がどんな人物かを知ることも可能です。証拠を提示されたら、しらをきることはできませんから、いつまでも浮気相手と関係を続けてほしくない時は利用してください。

5-2.浮気調査の方法

浮気調査は自分でできる範囲と、プロに依頼すべきものがあります。自分だけでは限界もありますし、証拠として不十分な場合もあるでしょう。

5-2-1.自分でやる浮気調査

自分で浮気調査をするなら、持ち物をチェックすることから始めましょう。

  • レシートで出入りしている店や人数のチェック
  • 車のカーナビ記録
  • クレジットカード明細の確認
  • スケジュール帳を見る
  • 帰宅時間を記録する

5-2-2.プロがやる浮気調査

プロの浮気調査は追跡や張り込みも可能です。自分では見つかってしまう可能性があることも、プロなら難なく手がけることができるでしょう。

  • 自宅や会社からの尾行・追跡
  • ホテルに出入りするところを写真に撮る
  • 車中で浮気相手と過ごしている様子を写真に撮る
  • 浮気相手にかんする素性を調べる

5-3.プロに浮気調査を頼んだ方がいい場合

浮気を疑い、自分なりにチェックしているのは、パートナーにばれやすいのです。より警戒されてしまいますから、かえって調べにくくなってしまいます。浮気をきっかけに離婚を考えているなら、プロに依頼した方が確実です。不貞行為として慰謝料が追加されますから、プロの手で慎重に浮気調査をしてもらいましょう。早く解決したいと思っている方こそ、利用したい手段です。

5-4.浮気調査方法

浮気調査を始める前に、無料相談を受けつけています。要望や困りごとなどを電話またはメールで伝えてください。ニーズに合う調査方法の提案と料金を提示してくれます。浮気調査内容が決まりしだい、事前調査を行ってから調査日を設定して開始です。勤務時間終了後から尾行を始め、浮気相手とホテルに出入りする様子を写真撮影し、時間なども記録します。場合によっては、自宅から尾行してどのような行動を取るかを確認し、都度写真撮影も行うのです。確実な証拠を集めて、浮気調査を終了します。報告書も作ってもらえ、離婚裁判でも使える資料の作成も可能です。

5-5.浮気調査の費用

浮気調査は、調査員2~3人を必要とします。1時間1万7000円です。浮気調査は一定期間で行うのが理想ですから、パックプランを利用すると便利でしょう。下記は、愛知探偵事務所による1日5時間の調査料金です。日数を決めたパックプランになっています。

  • 3日間 22万5000円
  • 5日間 38万円
  • 7日間 54万5000円

浮気調査に伴う諸費用は別途請求されます。尾行で入った喫茶店での飲食代金などは、依頼者負担です。

5-6. 浮気調査をするメリット・デメリット

浮気調査では、浮気の証拠として裁判で使える資料を作成してもらえ、有利に進めることができます。離婚を視野に入れている方にとっては、メリットばかりです。調査機関では、弁護士や司法書士といった専門家との連携もあり、浮気調査後のフォローも行っています。関係修復を希望している場合、確固たる証拠に傷つく可能性もあるでしょう。証拠を見て、修復は不可能だと判断するケースもあります。

5-7.愛知探偵事務所に依頼するメリット

探偵事務所に浮気帳を依頼したいけど、費用も高いし迷っているという人は、ぜひ愛知探偵事務所にご相談ください。他社よりも4~5割の低料金で調査を行っており、料金体系もわかりやすくなっています。必要な経費すべて込みの値段なので追加料金もありません。即日調査も可能、弁護士や司法書士の紹介も行っています。まずは無料相談をご利用ください。

愛知探偵事務所の浮気調査について詳細を見る

浮気調査はプロに依頼することもできるんですね。
はい。確実に証拠をつかみたい場合は、プロに依頼するのがおすすめです。

6.浮気に関するよくある質問

浮気をやめさせるのは難しいですよね。パートナーが自然と浮気をやめるとは思えません。何かいい手段はないか、誰もが迷い悩む問題です。よくある質問を参考に、浮気をやめさせるように誘導してください。

Q.自分なりに浮気調査をしたら警戒されている。
A.自分で浮気調査をすると、持ち物を探り、スマホを覗(のぞ)き見るなど、パートナーにばれやすいので危険です。監視されていると思うと、必要以上に警戒されてしまいます。関係がぎくしゃくする原因ですから、悟られずに調査できるプロの手に委ねる方がいいでしょう。

Q.遠距離恋愛や単身赴任中のパートナーでも浮気調査はできる?
A.調査対象が離れた場所にいても、浮気調査は可能です。日本全国どこでも調査できますし、海外でも問題ありません。調査にかかる費用は事前に相談してください。

Q.浮気しやすい環境とは?
A.異性との交流が多い職場に勤務している場合や、飲み会に参加する機会が多い場合は、出会いも増えます。普段からパートナーとの会話が少ないと満たされない気持ちを抱き、つい誘惑に負けてしまうのです。

Q.浮気していることを知りながら見て見ぬふりをしたら?
A.浮気を放置してしまったら、どんどん深い関係になっていきます。浮気されているのを知りながら、一緒に生活していくのも大変苦しいことです。きちんと向き合い、浮気について話し合いをするべきでしょう。我慢しているのはよくありません。いつかストレスが爆発してしまいます。

Q.浮気している可能性が高い行動は?
A.スマホばかり見ている・残業や出張が増えた・休日も外出する・身なりに気を遣うようになったなどが挙げられます。今までとは明らかに違う様子が見ることができたら、浮気している可能性が高いでしょう。

まとめ

浮気は満たされない心を埋めようとする行為です。男性の場合は、性的欲求のはけ口として浮気するケースが多く、女性は寂しさから浮気します。パートナーとのコミュニケーションを普段から大切にし、お互いに信頼し合える関係を築きましょう。浮気防止は、絆(きずな)を大切にすることから始まります。浮気する心理を理解し、隙(すき)を作らないようにしてください。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!