もうイライラしない! 夫に気持ちよく家事をしてもらう4つのポイント


「私だって働いているのに夫は全く家事をしてくれない」「家事はきっちり分担と決めたのに、すぐに夫は投げ出してしまった」こんな不満を持っている働く奥様は多いと思います。今は共働きが当たり前の時代。夫も妻もフルタイムで働く家庭だって珍しくはありません。でも料理、洗濯、掃除は妻の役割……。

これじゃあ不満だって貯まりますし、夫婦仲にもギスギスしますよね。忙しく妻が家事をする横で夫はゴロゴロ。でもいくら怒鳴っても叱っても夫は家事をしてくれない。ようやく動いたと思っても、文句をたらたらいいながらずさんなやり方。これならいっそ独身に戻った方がいいのかもしれない。そこまで思い詰める前に実践してみてください。

  1. 家事は妻のものではないと伝える
  2. 指示は具体的に出す
  3. いきなり均等に分担しようとしない
  4. お礼を忘れない

1.家事は妻のものではないと伝える

え?まずそこから? そうなのです。今の既婚男性が子供だった時代は、はまだ母親が専業主婦家庭が多かったのです。つまり父親が働き、母親が家事をするのが当たり前の光景でした。ですから「家事は分担しなくては」と口では言っていても、「家事は女性がするもの」という概念が頭にこびりついているのです。ですから妻が「家事をやってよ」と頭ごなしに言っても効果はありません。

まずは夫に家事を分担してもらわないと、家が居心地が悪くなってしまうことを説明しましょう。同時に夫が楽しそうに家事をするTV番組などを見せるのも効果的です。それでも夫が動かないなら荒療治として、妻は忙しさを理由に家事をさぼってみましょう。埃だらけの部屋。たまっていく洗濯物。味気ないお弁当。夫も家事の大切さがわかってくれますよ。

2.指示は具体的に出す

掃除して、洗濯して、夕飯の後片付けをして。これで動いてくれるのは主婦歴がある女性だけだと思いましょう。

例えば、夕飯の片づけならば「食べた食器を重ねてシンクに下げて」「テーブルの上を綺麗に拭いて」。掃除ならば
「居間と廊下の掃除機をかけて」「お風呂を洗って」など、具体的に指示を出してあげるのです。

そして一旦指示を出したらやり終えるまで口を出さないこと。せっかく頑張っているのに横から注意ばかりをしていると、
夫のやる気をそいでしまいます。

3.いきなり均等に分担しようとしない

家事なんてすぐに終わるでしょ。というのは家事にある程度慣れている人の意見です。洗濯ひとつにしても「洗濯機に洗濯もの、洗剤を入れてスイッチを押す」「洗い終わったものを干す」「干したものを取り入れて畳む」といくつもの工程にわかれていて、慣れない人ほど戸惑って時間がかかるでしょう。

まずは、「洗濯物を取り入れておいて」「シンクにある食器を洗って」など小さいことから頼んで夫を家事に慣れさせましょう。慣れてきたら徐々に任せる量を増やしていくのです。

4.お礼を忘れない

夫がやってくれた家事がたとえ「これじゃあやってくれない方がましだ」と思うものであっても「ありがとう」とお礼を言いましょう。「助かったわ」「やっぱりあなたはすごいわ」などの褒め言葉も加えればさらに効果は抜群です。

人は褒められれば気持ちがよいもの。家事をすれば気持ちがよくなる、と理解した夫は積極的に家事をするようになります。

まとめ

なんだか小さな子供を躾けるみたい。と思った人もいるでしょう。その通り! 家事をしない、できない夫は体は大きくても小さな子供と一緒なんです。小さな子供だと思えば失敗しても腹は立ちません。ゆったりとした気持ちで夫の成長を見守ってあげてください

もしこの記事が役に立ったら、記事下のボタンを押してシェアしてくださいね。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!