不倫の代償やリスクは? 本当の幸せを逃す不倫の恐怖!


不倫の代償

不倫は配偶者に対する裏切り行為です。不倫をしていることが表に出れば、多くの人から非難されるでしょう。それでも、相手を愛する気持ちが強ければ強いほど、まわりの声が聞こえなくなるものです。しかし、不倫には大きなリスクが伴います。信頼してくれていた配偶者は、不倫をしているとわかったとたん、裏切られた気持ちになるものです。不倫をする本人にも悪い影響が出てきます。

そこで、不倫の代償とは何なのか、どうすべきか、探偵社の不倫調査など詳しく説明しましょう。

  1. 不倫の代償とは?
  2. 不倫の代償になるもの
  3. 探偵社の不倫調査について
  4. 不倫に関するよくある質問

この記事を読むことで、不倫の代償やリスクがわかります。本当に不倫関係を続けてもいいかどうか、改めて考え直すことができるでしょう。不倫で悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.不倫の代償とは?

不倫の代償

不倫の代償は、失うものがたくさんあるということです。不倫をしているときは、大好きな人と一緒にいて幸せな気持ちになれるでしょう。しかし、後になって失ったものの大きさや多くの人を傷つけたことに気づきます。結局、「不倫なんてしなければよかった」と激しく後悔する方が多いのです。不倫関係を続ける前に、代償とは何なのかきちんと把握しておきましょう。

1-1.不倫の代償の大きさ

夫婦生活の中に惰性が生まれてくると、そとに刺激を求めるようになります。刺激で快感を得ている最中は、不倫の代償の大きさになかなか気づきません。実は、あなたが思っている以上に、不倫の代償は大きいのです。主な代償は、「社会的責任」「慰謝料」「すべての幸せを失うこと」の3点になります。不倫は社会的制裁が強く残るものです。周囲から「不倫をする人」「思いやりに欠けている人」など、レッテルを貼られるでしょう。配偶者の精神的ダメージが大きいほど慰謝料は高くなり、幸せな家庭生活だけでなく、身内との関係性も悪くなる可能性があります。不倫の代償については、【2.不倫の代償になるもの】で詳しく説明しているので、ぜひチェックしてください。

1-2.男性と女性の違い

不倫で失うものの大きさは男女とも同じです。ただ、女性よりも男性は「社会的信用性」を大きく失うことになります。男性は家族を養うために仕事を続けていかなければなりません。しかし、不倫が職場にバレてしまうと周囲から信用されなくなり、積み重ねてきたものをすべて失います。一方、女性は「金銭的な負担」が大きくのしかかっててくるものです。特に、専業主婦の場合、配偶者からの収入が得られなくなるでしょう。また、生活していた家から出ていかなければならなくなり、金銭面での不安が大きく残るのです。

不倫は失うものがたくさんあるんですね。
主な代償は、「社会的責任」「慰謝料」「すべての幸せを失うこと」の3点になります。

2.不倫の代償になるもの

不倫の代償になるもの

では、不倫の代償になるものを詳しく見ていきましょう。主に、「離婚」「子どもとの離別」「慰謝料・養育費」「社会的制裁」「不倫された側(がわ)の傷」「罪悪感」の6点が挙げられます。

2-1.離婚

不倫は「離婚」のリスクが大きくなる行為です。離婚を前提に不倫をするならまだ良しとしましょう。しかし、配偶者との離婚を考えていない・離婚したくないという気持ちがある中での不倫は非常に危険です。たとえ、配偶者に深く謝罪をして反省の気持ちを見せたとしても、「もうあなたとはやっていけない」と言われる可能性が高いでしょう。不倫が原因で離婚した夫婦は多いのです。

2-2.子どもとの別れ

配偶者との間に子どもがいる場合、離婚は子どもとの別れを表します。離婚になると、どちらが親権を持つのか話し合いをすることになるでしょう。ほとんどのケースで母親が親権を持つことになります。そのため、父親は子どもと別れる可能性が高いのです。定期的に会う機会を設けるならいいですが、不倫によって配偶者を傷つけた場合、子どもとの面会を拒否されることもあります。自分の子どもなのに成長を見届けることができない状況は、とても悲しいものです。

2-3.慰謝料・養育費

不倫の代償の中で、今後の生活にも大きく影響してくるのが「慰謝料・養育費」です。不倫による慰謝料は、配偶者への精神的ダメージのほか、不倫相手との肉体関係によって左右されます。「肉体関係を持つこと」を「不貞行為」というのです。不貞行為が配偶者にバレて、証拠を用意されてしまうと、高額の慰謝料を請求される可能性があります。さらに、不貞行為の回数が多ければ多いほど、慰謝料の金額は高くなるのです。また、子どもの養育費も支払わなければなりません。養育費の支払期間は成人(20歳)になるまでが一般的です。支払う側(がわ)の収入や生活基準によって養育費の金額が決まります。たとえば、年収600万円の場合は月々5万円ほどを支払うことになるでしょう。慰謝料+養育費となれば、新しい生活も大変です。

2-4.社会的制裁

精神的に大きな負担になるのが「社会的制裁」です。不倫は世間から悪いものだと認識されています。‟簡単に配偶者を裏切る人”とみなされ、信用されなくなるでしょう。特に、男性は会社勤めにも影響してきます。不倫が上層部に伝わることもあり、辞職せざるを得なくなる状況になることもあるのです。女性よりも男性の不倫が、社会的制裁を受けるでしょう。社会的信用を失うリスクを負っているのだと考えてください。

2-5.不倫された側の傷

不倫は配偶者を傷つける行為です。信用していた妻・夫が不倫しているとわかれば、ひどくショックを受けますよね。「裏切られた」と多くの人が感じるでしょう。大好きな人から裏切られた気持ちは一生持ち続けるもので、ふとした瞬間に蘇(よみがえ)ることもあります。不倫は相手を深く傷つける行為だと常に頭の中に入れておかなければなりません。

2-6.罪悪感

「配偶者を傷つけてしまった」という罪悪感も、不倫の代償です。配偶者の不倫によって相手がうつ病になったり、子どもが両親の離婚で傷ついたり、取り返しがつかなくなります。「自分はひどいことをしたのだ」と罪悪感にとらわれることでしょう。たとえ、不倫相手や配偶者と別れたとしても、1度心の中に抱いた罪悪感は消えません。

2-7.そのほか

ほかにも不倫の代償はあります。それは、自分の味方になってくれる人が誰一人いなくなることです。配偶者はもちろん、子どもたちも不倫をした人の味方になろうとは思いません。配偶者の親族や共通の友人も味方になってくれないでしょう。たとえ、不倫相手が味方になってくれたとしても、一生2人の愛が続くとは限らないのです。

代償になるものは色々とあることがわかりました。
具体的には「離婚」「子どもとの離別」「慰謝料・養育費」「社会的制裁」「不倫された側の傷」「罪悪感」の6点などがあり、大変なリスクがともなうでしょう。

3.探偵社の不倫調査について

探偵社の不倫調査

「不倫しているのでは……」と配偶者に疑いを持った瞬間、夫婦関係に溝ができてしまいます。1度疑うと、その思いはより一層深まるでしょう。夫婦関係を壊さないためには、不倫の有無をハッキリ確かめなければなりません。そこで、探偵社の不倫調査について詳しく説明します。

3-1.探偵社とは?

配偶者の不倫を確かめたいとき、「探偵社」に依頼する方は多いです。探偵社は、探偵業を営んでいる会社を指しています。法人化しているところもあれば、個人で探偵社を営んでいるところもあるでしょう。一個人の依頼を受け、調査対象者を尾行・張り込み・聞き込み・内定などで調べるのです。不倫・浮気調査はもちろん、動向調査・ストーカー対策・結婚・信用調査などさまざまな調査をしています。

3-2.できること・メリット

探偵社は依頼者の代わりに不倫の調査をします。配偶者の不倫を調べたくても、仕事や家事・育児など忙しくてなかなか調べることができませんよね。1日中配偶者を観察することもできないでしょう。しかし、探偵社に依頼すれば一定期間、配偶者の行動を調べてくれるのです。不倫しているかどうか、確実に確かめることができます。また、不倫相手の素性を知ることも可能です。

3-3.調査方法

探偵社における調査方法は、主に尾行・張り込みです。調査対象者が不倫相手と会っている姿やホテルに入る様子など写真・動画で押さえます。写真・動画・音声データなどは徹底的な証拠になるので大切です。証拠が確実に得られるのも、探偵社に依頼するメリットになります。

3-4.セキュリティについて

「不倫相手に調査がバレないか不安……」と感じている方は多いでしょう。相談することで情報が漏れてしまうと不安な方は、セキュリティが整っている探偵社を選んでください。きちんとしている探偵社は、依頼者のプライバシーを尊重しています。愛知探偵事務所は個人情報の保護にかんする法令を遵守しているので、ご安心ください。

3-5.費用相場

探偵社に依頼する際、最も気になるのが「費用」でしょう。費用相場は、およそ10万円~です。費用は調査員の人数や交通費・調査時間(日数)などによって決まります。人数が増えるほど、調査時間が長くなるほど費用が高額になるでしょう。信用できる探偵社は、ホームページなどで調査料金を記載しているものです。料金システムがきちんと明確になっている探偵社は安心して依頼できます。詳しい調査費用は、探偵社に相談する際尋ねてみてください。

3-6.相談窓口

1日も早く配偶者の不倫が知りたい・モヤモヤとした気持ちから抜け出したい方は、愛知探偵事務所の無料相談をご利用ください。相談費用はかかりません。メール・電話・希望する場所での相談も受けつけています。

無料相談はこちら

3-7.注意点

中には、「今なら数千円で徹底調査!」など謳(うた)い文句で誘う探偵社がいます。費用が安いからとすぐに飛びついてはいけません。費用が安すぎる・料金システムが明確になっていない探偵社は、きちんと調査をしてくれないケースがほとんどです。調査結果に納得がいかず、結局はほかの探偵社に依頼することになります。いくつか探偵社の料金や対応を比較して、慎重に選びましょう。

不倫の調査は探偵社に依頼することができるんですね。
費用が安すぎたり、料金システムが明確になっていない探偵社は、きちんと調査をしてくれないケースがほとんどでトラブルの元ですので、いくつか探偵社の料金や対応を比較して、慎重に選びましょう。

4.不倫に関するよくある質問

不倫にかんしてよくある質問

不倫に関するよくある質問を5つピックアップしてみました。不倫関係を続けている方や配偶者の不倫で悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

Q.不倫裁判を起こすメリット・デメリットとは?
A.不倫裁判を起こすメリットは、「法的に決着をつけることができる」点です。不倫事実を公にして、社会的制裁を加えることができます。ただし、裁判を起こすには費用がかかる・決着がつくまで時間がかかるデメリットもあるのです。

Q.ダブル不倫の場合、慰謝料はどうなるのか?
A.‟ダブル不倫”は既婚者同士が不倫をすることです。ダブル不倫の場合、慰謝料の相場はおよそ100万~500万円になります。状況によって慰謝料が異なるため、自分自身の状況をきちんと把握することが大切です。

Q.不倫で配偶者を訴えるために必要なものとは?
A.不倫で配偶者を訴えるには、‟徹底的な証拠”が必要不可欠です。誰から見てもわかる「不倫の証拠」を入手しなければなりません。たとえば、不倫相手とホテルに入っているシーンを押さえた写真・動画などが証拠になります。

Q.不倫で請求できる慰謝料の目安は?
A.不倫における慰謝料は明確に決まっていません。離別・別居せず夫婦関係を継続する場合はおよそ50万~100万円、不倫が原因で別居する場合はおよそ100万~200万です。また、離婚に至った場合はおよそ200万~300万円になるでしょう。

Q.不倫調査の依頼前に心がけること
A.不倫調査を依頼する前に、「不倫が発覚した後の対処法」を考えておかなければなりません。離婚するのか、夫婦関係を継続するのか、覚悟をしておきましょう。

疑問に思っていたことが色々とわかったので助かりました!
不倫で悩んでいるのでしたら、ぜひ参考にして不安を解消してくださいね。

まとめ

不倫の代償は 経済的・社会的と あらゆるところに 影響が出てきます。

不倫の代償は経済的・社会的とあらゆるところに影響が出てきます。それほど、不倫は大きなリスクを背負っているのです。不倫関係を続けている方は、不倫で失うものを意識してください。そして、配偶者の不倫で悩んでいる方は、本当に不倫をしているかどうか、ハッキリ確かめましょう。自分で確かめるのが難しい場合は、探偵社に依頼してください。探偵社はあなたの代わりに、不倫の有無を確かめ、証拠を押さえてくれます。本当の幸せをつかむためにも、不倫について知ることが大切です。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!