浮気未遂でも慰謝料を請求できるって本当? 請求方法や相談先も紹介


配偶者の浮気に対して慰謝料を請求することができますが、浮気「未遂」の場合はどうなるのでしょうか。別の異性との間に肉体関係があったと認められた場合、浮気と見なされます。しかし、肉体関係がなくても「浮気をされた」と感じる人は多いでしょう。たとえば、異性と二人きりで何度も食事に行っている場合や、お互いに恋愛感情を持った上で会っているのが分かった場合などです。そういった「浮気未遂」に対して、慰謝料を請求できる場合があるということをご存じでしょうか? この記事では、浮気未遂に対して発生する慰謝料についてご紹介します。

  1. 浮気で発生する慰謝料とは?
  2. 未遂の場合、浮気の慰謝料について
  3. 慰謝料請求の方法
  4. 浮気についての相談・調査について
  5. 浮気未遂の慰謝料にかんするよくある質問

この記事を読むことで、未遂の場合の浮気をどうするべきか分かるはずです。ぜひ参考にして、すすむべき道を考えてみてください。

1.浮気で発生する慰謝料とは?

まずは、浮気で発生する慰謝料について解説します。

1-1.特徴

配偶者の浮気が発覚した場合、その精神的苦痛に対して支払われるお金が慰謝料です。そもそも、夫婦の間には「貞操義務」があり、浮気をすることは「違法行為」に当たります。そして、その違法行為に基づく損害賠償として慰謝料を請求することは、法律で認められていることなのです。

1-2.いつ、誰に発生するのか?

法律的に浮気が認められたとき、慰謝料が発生します。そして、慰謝料を支払う責任があるのは、配偶者と浮気相手の二人です。両者、もしくはどちらか一方に請求できます。もし、離婚しないで夫婦関係をやり直すつもりがあるなら、浮気相手にだけ慰謝料を請求するという選択をする人も多いでしょう。

1-3.慰謝料の相場

実は、慰謝料の金額には明確な基準がありません。過去の判例などを参考にして、ケースバイケースで決まることがほとんどです。たとえば、夫婦関係を継続する場合は50~100万円、離婚に至った場合は200~300万円というように、状況によって請求金額は変わります。

1-4.シチュエーション別の慰謝料

慰謝料の金額は、婚姻の期間や婚姻生活の状況・浮気の期間や頻度などによっても変わってきます。たとえば、夫婦間に子どもがいる場合や、浮気によって離婚に至った場合などは、精神的な損害も大きいと見なされ、慰謝料が増額できる可能性が高くなるでしょう。ただし、別居中など夫婦間の関係が破たんしていた場合は、慰謝料の請求ができないケースがほとんどです。この場合、夫婦関係がもともと破たんしていたかどうかを判断するために、別居期間や婚姻期間・連絡の状況などを確認する必要があります。

2.未遂の場合、浮気の慰謝料について

では、浮気未遂の場合、慰謝料はどうなるのでしょうか。

2-1.「浮気の未遂」とは?

法律的に浮気が認められるためには、肉体関係の証明が必要です。しかし、「浮気未遂」に対しても、精神的苦痛は発生します。たとえば、以下のような場合はどうでしょうか。

  • 肉体関係はないが、手をつないだりキスをしたりしている
  • 二人で食事やドライブに出かけている
  • あわよくば肉体関係を持ちたいと思っているが、まだそこまで行っていない

あなたの配偶者がほかの異性と上記のような関係であることが分かったとき、そこには大きな精神的苦痛が生じるはずです。

2-2.慰謝料は請求できるのか?

肉体関係がない場合、法律的に「不貞行為」と認められないため、慰謝料の請求はできないケースが多いのは確かです。ただし、この浮気未遂が婚姻関係破たんの原因になったと認められた場合、離婚の際に慰謝料を請求できる可能性はあるでしょう。しかし、支払いの義務が生じるかどうかは、裁判所の判断によるのです。過去に、浮気未遂に対して裁判所が慰謝料の支払いを命じた判例が存在しています。非常に珍しいケースではありますが、浮気未遂で慰謝料をもらえる可能性もあるということを覚えておきましょう。

2-3.問題点

ここで問題になるのは「浮気の定義」です。法律上の浮気とは「配偶者以外の異性と、自由意志で肉体関係を持つこと」とされています。つまり、脅迫された場合など、合意のない肉体関係は「不貞行為」に該当しないのです。また、夫婦関係が事実上破たんしているような状態では、別の異性と肉体関係を持っても慰謝料請求の責任は発生しません。そういった点で双方に意見の食い違いがあるとスムーズな慰謝料請求ができなくなる可能性があるでしょう。そこで、証拠が重要なポイントになります。法律で「不貞行為」と認められるための証拠がそろっていれば問題ないのです。認められるためにはどのような証拠が必要なのか、あらかじめ把握しておく必要があるでしょう。

3.慰謝料請求の方法

慰謝料請求の方法や注意点などをまとめました。

3-1.請求方法

慰謝料の請求は、書面で行うケースがほとんどです。内容証明を利用して書面を送付する形になるため、直接不倫相手に会わずに済みます。この方法で話がまとまらなかった場合は、裁判での慰謝料請求という形になるでしょう。裁判所に訴状を提出して訴訟を提起すると、必要に応じて当事者尋問が実施されます。この場合、途中で裁判所から和解勧告を打診されるケースが多く、双方が和解案に納得すればそこで終了です。和解に至らなかった場合は、裁判所が判断することになります。

3-2.必要なもの

裁判所を利用する場合は、請求額と浮気の詳細を記載した「訴状」を提出する必要があります。加えて、浮気を裏付ける証拠の提出もしなければならないため、事前に準備しておきましょう。

3-3.注意点

自分で内容証明を作成することももちろん可能です。しかし、具体的な方法を調べているうちに時間ばかりが経過し、大変な思いをすることになるでしょう。こういった問題は、弁護士や行政書士などに依頼することで解決できます。書面作成も代行してもらえますので、自分の時間を削る必要もないでしょう。また、差し出し通知人欄に弁護士や行政書士の職名が記載されていると、受け取る側に心理的なプレッシャーを与えることができるというメリットもあります。相談してみることも検討してみてはいかがでしょうか。

4.浮気についての相談・調査について

浮気の相談や調査についてご紹介します。

4-1.相談や調査を依頼するべき場合とは?

慰謝料請求が可能かどうか、どうすれば請求できるのか、プロに相談してみることをおすすめします。離婚するべきかやり直すべきか決められずに悩んでいる人なども、ぜひ相談してみてください。また、プロに依頼すれば確実な証拠をつかめる可能性が高くなります。浮気調査を依頼してみるとよいでしょう。

4-2.相談・依頼先

相談や調査の依頼先には、弁護士や探偵社・興信所などがあります。弁護士は書面作成から相手との交渉まですべて対応可能なため、肉体的・精神的負担を軽減することが可能です。探偵社や興信所は、浮気の証拠をつかみたいときに尾行や張り込みなどの調査を依頼することができます。本当に未遂なのかを確認するためにも、プロに調査を依頼するべきでしょう。

4-3.相談・調査方法

浮気調査専門の愛知探偵事務所では、対象者を張り込み・尾行・追跡することで浮気調査を行っています。調査報告書は裁判でも証拠として利用できますので、ぜひ検討してみてください。また、経験豊富な相談員による無料相談も受け付けています。

4-4.料金相場

料金相場は、各探偵社・興信所によって異なります。料金体系を事前に確認しておきましょう。また、複数の会社に無料見積もりを依頼して、比較してみる方法もおすすめです。愛知探偵事務所では豊富な調査メニューを低価格でご提供しています。ぜひチェックしてみてください。

4-5.注意点

探偵社や興信所を選ぶ際は、実績や料金設定をしっかりとチェックしましょう。調査能力の高さはもちろんのこと、調査についても説明をきちんとしてくれるか、責任の所在がはっきりしているかなどもポイントになります。高いお金を払って後悔することのないように、満足できる会社に依頼してください。

5.浮気未遂の慰謝料にかんするよくある質問

「浮気未遂の慰謝料について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

5-1.配偶者が浮気未遂をしています。自分に気持ちを取り戻すためにはどうしたらよいですか?

A.無理に引き離そうとするより、時間をかけて配偶者の心を取り戻すことをおすすめします。自分の方が魅力的であることを再認識してもらうために、自分磨きに努めましょう。

5-2.夫の浮気未遂を許せず、離婚を考えています。どうすれば有利に離婚できますか?

A.肉体関係があるという証拠さえつかめれば、慰謝料請求もスムーズにすすみ、有利に離婚できます。肉体関係を持つまで待ってみるというのも一つの手でしょう。

5-3.配偶者の浮気を未然に防ぐためにはどうしたらよいですか?

A.普段から浮気について話し合っておくことで、いざというときに思いとどまる感情が生まれるはずです。もし浮気をしたらどうするかなど、事前に伝えておきましょう。

5-4.配偶者の行動が怪しく、浮気の可能性があります。裁判ではどのような証拠が必要ですか?

A.ラブホテルや相手の家に出入りする写真が最も効果的です。ただし、1回程度の浮気では慰謝料請求が認められない場合もあるため、複数回出入りしていることが証明できるものを用意しましょう。

5-5.自分で浮気の証拠集めをするのは危険ですか?

A.浮気未遂の場合は特に、決定的な証拠がない分難しいでしょう。また、万が一浮気をしていなかった場合、疑われていることに傷ついて夫婦仲に溝ができてしまう可能性もあります。

まとめ

いかがでしたか? 浮気未遂に対する慰謝料や、調査を依頼する方法などをまとめてご紹介しました。たとえ肉体関係がなくても、パートナーの浮気未遂に傷つく人はたくさんいるでしょう。慰謝料を請求するという形で気持ちに整理をつけるのも一つの方法です。しかし、肉体関係を立証できない場合の慰謝料請求は難しいケースも多いということを覚えておいてください。この記事を参考にして、浮気未遂にどう対処すべきか考えてみましょう。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!