主婦が浮気をしたときに慰謝料は請求できるの? 方法や注意点を解説


収入のない主婦の妻が浮気をした場合や、旦那の浮気相手が主婦の場合、果たして慰謝料を請求できるのでしょうか。慰謝料の請求ができるのは収入がある人というイメージがあるかもしれません。しかし、浮気がきっかけで離婚したり、精神的なダメージを負ったりした場合、裁判所で認められて慰謝料を請求できるケースもあります。大切なのは、慰謝料が請求できる条件などを把握することです。本記事では、収入がない主婦へ浮気による慰謝料が請求できるかなどについて詳しく説明します。

  1. 主婦の浮気〜慰謝料は請求できるのか?
  2. 専業主婦の浮気〜慰謝料をもらう方法
  3. 浮気の調査・相談先は?
  4. 主婦の浮気と慰謝料に関してよくある質問

この記事を読むことで、主婦が浮気をした場合の慰謝料請求と方法・ポイントなどが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.主婦の浮気~慰謝料は請求できるのか?

主婦が浮気をした場合、慰謝料は請求できるのでしょうか。まずは、主婦と慰謝料の関係をチェックしていきましょう。

1-1.慰謝料の基礎を学ぼう!

法律上で婚姻を結んだ夫婦は、お互いに配偶者以外の異性と肉体関係を持つことが禁じられています。肉体関係を持つ事を不貞関係といいますが、不貞関係を持ったことが証明されると生じるのが慰謝料です。慰謝料は、裏切られた配偶者が浮気をした配偶者に対して精神的な苦痛を与えられたことに対する補償となります。つまり、与えられた精神的な苦痛が大きければ大きいほど、慰謝料の請求金額も大きくなるというわけです。そして、浮気に対する精神的な被害、または離婚などに至った損害についてお金を請求することを慰謝料請求といいます。

1-2.請求金額はそのときの状況で変わる

配偶者が浮気をした際に慰謝料を請求する場合、浮気内容や離婚の有無などによって請求金額が大きく異なります。具体的な金額は、夫婦の話し合いや裁判で決まりますが、ある程度の相場は知っておきましょう。たとえば、離婚せずにそのまま夫婦関係を続ける場合は約50万~100万円、離婚せずに別居する場合は約100万~200万円、離婚した場合は約200万~300万となります。このように、慰謝料は、離婚をしなくても浮気をした配偶者に請求できるのです。ただし、収入がない専業主婦のケースになると、ある問題が出てきます。

1-3.専業主婦の場合は慰謝料が少なくなる

妻が働いている場合は、その収入額に応じて請求することができますが、専業主婦の場合は収入がまったくないので請求額が低くなります。たとえ、相手の浮気が原因で離婚に至ったとしても、請求できる金額は約100万~200万円程度です。一般的な請求額よりも100万円近い差が生まれてしまいます。また、離婚の場合は、慰謝料とは別に財産分与や養育費に関する取り決めなども必要です。

1-4.離婚の際に発生する財産分与・養育費問題

専業主婦の妻の浮気がきっかけで離婚に至る場合は、慰謝料と別に財産分与も行う必要があります。たとえ、妻の浮気が原因だとしても、財産分与は関係なく平等に分けるケースがほとんどです。浮気された側にとっては納得がいかないかもしれませんが、これは法律で定められています。ただし、妻が家事や育児などを完全に放棄していたなどの事実があれば、財産分与で多くもらえることもあるでしょう。
また、子どもがいる場合は、養育費問題が浮上します。浮気をした妻が親権を持つ場合は、養育費を支払わなければなりません。浮気と財産分与・養育費は別問題として捉えられるため、浮気をされた側にとっては、納得がいかない結果となることも多いでしょう。

2.専業主婦の浮気~慰謝料をもらう方法

それでは、専業主婦の妻から慰謝料をもらう具体的な方法を解説します。

2-1.慰謝料が払えない場合は分割請求ができる

専業主婦は安定した収入を得ていないので、いきなり高額な慰謝料を請求されると生活に困ってしまいます。浮気をされた側にとっては、精神的な苦痛が大きいので「そんなこと関係ない」と思いますが、相手方の生活も考えて請求することになるのです。相手が「金額が高すぎて払えない」と反論してくる場合は、分割請求をしましょう。月々5万~10万円などの分割払いにすることで、支払いについての合意ができる可能性もあります。相手が払えないからという反論に逆上してしまうと、さらにややこしい状態になるので注意してくださいね。

2-2.浮気相手への請求もできる

専業主婦である妻からの慰謝料がなかなか回収できないときは、不倫相手の男性に慰謝料を請求することも可能です。不貞関係を持った間柄なので、浮気相手は法的に共同不法行為者という扱いになります。浮気相手は、裁判で認められた慰謝料を100%支払う必要があるため、半分ずつ言及してくれと頼むことはできません。妻から慰謝料が回収できないときは、浮気相手に請求するといいでしょう。

2-3.慰謝料を請求するためには証拠が必要不可欠

浮気をした妻や浮気相手に慰謝料を請求するためには、不貞関係を持ったという確固たる証拠が必要です。法律上、不貞と評価され慰謝料請求権を得るためには、肉体関係の証明が必要となります。たとえば、単に一緒にいる写真を証拠として出しても、不貞行為とみなされない可能性があるのです。法的に不貞行為とみなされるような証拠を用意しなければなりません。性行為または類似した行為を認定せずに慰謝料請求が認められた例もありますが、これはごく稀なことです。

2-4.不貞行為とみなされる証拠は性交渉が確認できるもの

法律上、不貞行為とみなされるのは配偶者以外との性交渉があったという証拠です。たとえば、配偶者以外の男性とホテルへ入っていく写真や動画などがあります。デートをしている写真や、一緒に食事をしているシーンだけでは性交渉の有無が確認できません。不貞行為とみなされる証拠をつかむには、素人にはいささか難しいことになるでしょう。

2-5.夫婦関係がすでに破綻している場合は浮気相手へ慰謝料請求できない

すべてのケースにおいて、浮気相手へ慰謝料が請求できるというわけではありません。慰謝料請求が認められるためには、不貞行為により夫婦生活が侵害・破壊されたという事実が必要になります。つまり、円満な関係にあった夫婦は不貞行為によって離婚にまで至るケースです。しかし、もとから夫婦仲が悪く、夫婦生活がなくなって家庭内別居や別居状態にあった場合は、慰謝料が大きく減額されるでしょう。夫婦関係がすでに破綻している状態なら、浮気相手へ慰謝料請求ができなくなります。

3.浮気の調査・相談先は?

浮気がハッキリしていない段階で慰謝料を請求することはできません。まずは、妻が浮気しているのか確かめ、不貞行為が証明できる証拠をつかむ必要があります。

3-1.分からないときは弁護士・探偵事務所へ相談する

浮気の有無がハッキリしていないときは、探偵事務所へ浮気調査を依頼してください。浮気調査の実績がある探偵事務所なら、スピーディーかつ丁寧に対応し、浮気の有無を確かめることができます。慰謝料請求などについて知りたいときは、弁護士に相談するといいでしょう。探偵事務所の中には、浮気調査のアフターサービスとして弁護士を紹介してくれるところもあります。自分1人で抱え込むよりも、プロに相談したほうが解決策へと導いてくれるのです。

3-2.不貞行為の証拠をつかむことができる

プロの探偵事務所へ依頼する大きなメリットは、不貞行為の証拠がつかめることです。自分でつかもうとしても、素人では時間がかかったり、思うような証拠が得られなかったりするでしょう。写真や動画に証拠を押さえたとしても、人物が特定できないものになっていることがあります。確実に証拠となるものをつかむためには、プロへ依頼するのが1番です。また、浮気相手がどんな人物で、妻とどこで出会ったのか具体的に知ることができます。慰謝料を確実に獲得するための準備を整えることができるでしょう。

3-3.費用は調査期間・調査員の人数などで異なる

浮気調査にかかる費用は、調査期間・調査員の人数・使用機材などで異なります。あくまで目安となりますが、愛知探偵事務所の料金設定を以下にピックアップしたのでぜひ参考にしてください。

時間別料金

  • 1時間:14,000円~
    ※1日最低5時間からの依頼

パックプラン

  • 3日パック(1日5時間×3日間):210,000円
  • 5日パック(1日5時間×5日間):325,000円
  • 7日パック(1日5時間×7日間):420,000円

上記の金額には、調査員2名・車両1台・発信器2台・報告書・機材代が含まれています。具体的な費用に関しては、ホームページ等からお問い合わせください。無料相談も受けつけています。

3-4.調査依頼から慰謝料請求までの主な流れ

浮気調査を依頼した後、妻の浮気が発覚した場合、離婚するかしないか決めなければなりません。まずは話し合いの場を設ける必要があるでしょう。慰謝料請求は離婚しない場合、配偶者ではなく浮気相手へ請求するケースが一般的です。離婚する場合は、配偶者または浮気相手へ請求することになります。専業主婦の場合は支払いができない可能性があるため、確実に請求できる浮気相手へ慰謝料を求めるようになるでしょう。ただし、慰謝料がいくらになるか、請求が認められるかは定かではありません。適切な判断ができるよう、アフターサービスが整っている探偵事務所へ依頼し、弁護士と相談しながら協議をすすめてください。

3-5.不正を働く悪質業者に要注意!

探偵事務所の中には、高額な金額を請求したり調査をきちんと行わなかったりなど、不正を働く悪質な業者が存在しています。個人的な情報を流出してしまうというトラブルも起きているので、安心して依頼できる業者を見つけなければなりません。業者選びで悩んだときは、以下のポイントに注目してください。

  • 探偵業の許可を取得しているか
  • 無料相談を受けつけているか
  • 浮気調査の実績があるか
  • アフターサービスが整っているか
  • 料金設定が明確になっているか
  • 口コミ・評判がいいか
  • 調査内容に関して丁寧に説明してくれるか
  • 親身になって話を聞き、アドバイスしてくれるか

4.主婦の浮気と慰謝料に関してよくある質問

主婦の浮気と慰謝料に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.専業主婦の不倫の特徴は?
A.専業主婦は、夫が仕事で家にいない間が自由な時間です。子どもがいる場合は、幼稚園や学校から帰ってくる夕方までに時間ができるので、限られた時間でほかの異性と会っている可能性があります。また、土日や平日の夜に女友達と出かけたり、外食をしたりという理由を作って浮気相手と密会するケースも多いのです。

Q.主婦へ請求する慰謝料が高額になるケースは?
A.精神的苦痛が大きければ大きいほど、慰謝料額は相場よりも加算されることになります。たとえば、以下のようなケースが増額の理由になるでしょう。

  • 配偶者の浮気がきっかけで離婚・別居することになった
  • 配偶者が浮気をするまでは円満で平穏な生活を送っていた
  • 婚姻期間または浮気期間が長い
  • 子どもがいる
  • 妻が家事や育児放棄をしていた
  • 過去にも浮気をしたことがある

Q.住宅ローンが残っている場合はどうなるのか?
A.まずは、住宅をどうするのか決めなければなりません。住宅ローンが残る家を売却する場合、売却額でローンを完済し余剰金があれば、財産分与の対象となります。妻が浮気したからといって、浮気された側が多くもらうことはできないでしょう。

Q.慰謝料請求に時効はあるのか?
A.配偶者の浮気に対して慰謝料を請求する場合、時効があるので注意しておかなければなりません。基本的に、慰謝料は不貞行為があったことを知ったときから3年間で消滅時効となります。つまり、妻の浮気を知りながらもそのまま日常生活を送っていると、いつの間にか時効になり、慰謝料が請求できなくなるというわけです。

Q.浮気相手に慰謝料請求ができないケースは?
A.妻が浮気相手に独身と説明し、既婚者だと知らないまま肉体関係を持った場合、浮気相手に故意過失がないとみなされ、慰謝料が請求できないケースがあります。また、浮気相手が性行為を強要された場合も、慰謝料請求ができないので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか? 収入がない専業主婦の妻が浮気をした場合、不貞行為が認められる証拠があれば慰謝料請求が可能です。配偶者以外の異性と性交渉したという証拠が必要不可欠で、裁判所に認められれば浮気相手へも慰謝料請求ができます。ただし、配偶者と離婚するか、関係を続けるか、すでに夫婦関係が破綻していたかなど、さまざまなケースによって慰謝料の請求方法や金額が異なるのです。そのため、探偵事務所や弁護士など詳しい専門家へ相談してください。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!