必見!パートナーの浮気相手を調べる方法や知っておきたい注意点は?


「パートナーが浮気をしているようだが、誰が相手か分からない」「浮気相手を調べるにはどうしたらよいのか?」とお悩みではありませんか? 場合によっては、「浮気相手のことを詳しく知りたくない」という人もいるでしょう。しかし、パートナーの浮気に対して何らかのアクションを起こすつもりなら、浮気相手のことも調べる必要があります。

この記事では、浮気相手を調べる必要性や自分で調べる際の注意点・プロに調査を依頼する方法などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 浮気相手を調べる必要性は?
  2. 浮気相手を自分で調べる方法を紹介
  3. 浮気相手の調査をプロに依頼するメリット
  4. 浮気相手の調査を依頼する業者の選び方と費用相場
  5. 浮気相手の調査に関するよくある質問

この記事を読むことで、浮気相手の何を調べるべきなのか・プロに依頼した場合の調査方法・調査にかかる費用相場などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.浮気相手を調べる必要性は?

まずは、浮気相手を調べる必要性や調べる内容についてご紹介しましょう。

1-1.浮気相手を調べるべきケースは?

「パートナーが浮気をしていることは確かだけど、相手が分からない」というケースは多いでしょう。パートナーが浮気相手のことをかばって身元を白状しなければ、相手が誰だったのか分からないまま終わってしまうこともあります。しかし、パートナーとやり直すにしても離婚するにしても、浮気相手の身元を調べることは非常に重要です。特に、以下のようなケースでは浮気相手のことをしっかり調べておく必要があるでしょう。

  • 浮気相手に慰謝料を請求したい
  • 今後、パートナーと二度と会わない約束をさせたい
  • 浮気相手と話し合いをしたい
  • 浮気相手が逃げるのを防ぎたい

1-2.調べるべきなのは名前・住所・勤務先・家族構成

最低でも、浮気相手の名前と住所・勤務先・家族構成は調べるべきです。パートナーが浮気相手のことをすべて白状すればすべて分かります。しかし、かばって隠そうとした場合、調べるのにある程度時間がかかるでしょう。求めているのが話し合いだけで、相手も応じてくれる場合であれば、名前と電話番号が分かれば問題ありません。しかし、相手が応じない場合や訴訟を考えている場合は、住所や勤務先・家族構成の調査も必要です。特に相手の家族構成は重要でしょう。配偶者や子供の有無によって、内容証明郵便の送り先や慰謝料の金額についても検討する必要があるからです。

2.浮気相手を自分で調べる方法を紹介

浮気相手を自分で調べる方法や調べるときのポイント・注意点をまとめました。

2-1.まずはパートナーに直接聞く

浮気相手の身元を自分で調べる場合、まずはパートナーに直接聞くのが一番です。しかし、実際には浮気相手を巻き込まないために教えてくれないケースがほとんどでしょう。その場合は、パートナーの携帯電話を調べる方法があります。相手の名前や電話番号・メールアドレスが分かる可能性があるでしょう。また、LINEやFacebookなどのSNSから、浮気相手の身元が判明するケースも珍しくありません。特にFacebookには氏名や大まかな住所・出身校・婚姻の有無などを記載している人も多いため、必ずチェックしてみるべきです。

2-2.調べるときは冷静になることが大切

パートナーの浮気相手について調べるときは、できるだけ冷静になることが大切です。感情的になって無理に動くと相手が警戒して証拠がつかみにくくなります。まずは、パートナーの浮気に対して自分がどうしたいと思っているのかを冷静に考えましょう。再構築を望むのか、別れを望むのかによって、今後の行動が変わってきます。

2-3.「やってはいけないこと」を理解しておく

浮気相手の身元を調べる上で、いくつか「やってはいけないこと」があります。たとえば、浮気相手の住所や勤務先を調べるためにつきまとい行為や待ち伏せをすると、ストーカー規制法によって訴えられてしまう危険があるでしょう。また、ハッキングなどで不正に相手の個人情報を取得することも法律で禁止されているため、注意してください。

3.浮気相手の調査をプロに依頼するメリット

浮気相手を自分で調べるのが難しい場合は、プロに依頼するのがおすすめです。プロに依頼するメリットや調査の方法をまとめました。

3-1.リスクを抑えて正確な情報を入手できる

浮気相手の調査をプロに依頼するメリットは、「リスクを抑えて正確な情報を得られる」ことでしょう。自分で調査しようとしてパートナーに気付かれ、失敗に終わったケースは少なくありません。また、情報が正確でなかったために、言い逃れされてしまった例も多いのです。そういったリスクを回避するためにも、調査はプロに依頼すべきでしょう。

3-2.浮気調査も一緒に依頼できる

浮気調査と浮気相手の身元調査を一緒に依頼することも可能です。「パートナーに浮気疑惑があるので確実な証拠が欲しい」というときは、浮気の証拠とともに、浮気相手が誰なのかも調査してもらうとよいでしょう。相手の名前や住所はもちろんのこと、勤務先や家族構成・大まかな経済状況なども調べることが可能です。

3-3.調査方法は主に尾行や張り込み・聞き込み

プロによる浮気相手の調査方法は、主に尾行や張り込み・聞き込みです。そのほかにも、以下のような方法で調査が行われることもあります。

  • 浮気相手の自宅に届く郵便物を調査
  • 浮気相手宅の不動産登記簿を調査
  • 浮気相手の車両を調査
  • 浮気相手が出したゴミを調査

4.浮気相手の調査を依頼する業者の選び方と費用相場

調査を依頼する業者選びのポイントや費用相場・注意点をまとめました。

4-1.信頼できる探偵業者を選ぶ

浮気相手の調査を業者に依頼する際には、「高額な費用をだまし取られないか?」「本当に適切な調査をしてもらえるのか?」などと不安に思う人も多いでしょう。信頼できる業者を選ぶために、以下のポイントを参考にしてください。

  • 探偵業の届出を出しているか
  • 豊富な調査実績があるか
  • 無料相談や無料見積もりを受け付けているか
  • 料金体系が明確か
  • 事務所の住所や固定電話の番号・代表者の名前が公表されているか
  • 親身に相談に乗ってくれるか
  • 契約を急(せ)かしてこないか
  • 過去に行政処分を受けていないか

4-2.費用相場は30万~150万円程度

探偵業者による調査費用の相場は、30万~150万円程度といわれています。調査する時間や日数・調査員の人数で決まるのが一般的ですが、業者によって料金体系が異なるため事前に確認が必要です。愛知探偵事務所ではお得なパック料金も用意しているため、ぜひこちらからチェックしてみてください。

4-3.知っている情報は事前に伝えておく

パートナーが浮気相手と会っている曜日や時間・場所などが大体分かっている場合は、できる限りの情報を探偵業者に伝えておきましょう。その情報をもとに調査することで、調査にかかる時間や費用を抑えることができます。

5.浮気相手の調査に関するよくある質問

「パートナーの浮気相手を調べたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.車のナンバーから所有者を調べることはできますか?
A.車の所有者情報を閲覧するためには特別な理由が必要なため、個人で調べることは不可能です。探偵業者や興信所なら調べることができるため、調査を依頼することをおすすめします。

Q.浮気相手の家族になりすまして住民票を請求しても問題ないでしょうか?
A.不正な手段で住民票の交付を受けた場合、30万円以下の罰金が科せられるため、絶対にやってはいけません。

Q.パートナーが浮気相手の身元を話したがらない心理には、どのようなものがあるでしょうか?
A.相手の家族を巻き込みたくない・相手に迷惑をかけたくない・大きな問題にしたくない・相手と別れたくない、などの心理が考えられます。

Q.配偶者の携帯電話を勝手に見るのは違法ですか?
A.違法行為には当たりません。ただし、勝手にパスワードを解除してSNSを閲覧する行為や、自分の携帯電話などにデータを転送する行為は、不正アクセス禁止法違反に該当する恐れがあるため、注意が必要です。

Q.悪質な探偵業者とのトラブル例にはどのようなものがあるでしょうか?
A.違法な調査をされて問題になった例や、見積もりにない高額な追加料金を請求された例・解約しようとしたら法外な違約金を請求された例などが報告されています。

まとめ

パートナーの浮気相手を調べる方法について詳しくご紹介しました。訴訟や慰謝料請求のためにも、相手の素性を明らかにしなければならないケースもあるでしょう。ぜひこの記事を参考にして、浮気相手を調べる際の注意点やプロに依頼するメリットなどを知ってください。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!