不倫の証拠を集める重要性を紹介! 確実に証拠となるものとは何?


「配偶者が不倫をしている可能性がある」「不倫の証拠をつかみたいが、方法が分からず悩んでいる」など、不倫に関する悩みを抱えている人は多いことでしょう。不倫の証拠は、配偶者に不倫の事実を認めさせる以外に、慰謝料を請求する際にも利用できます。今回は、不倫の証拠として有効なものや、不倫の証拠をつかむ方法を紹介しましょう。

  1. 不倫の証拠が必要な理由
  2. 不倫の証拠として有効なもの・無効のもの
  3. 不倫の証拠を自分で集めるメリット・デメリット
  4. 探偵業者に不倫の証拠をつかんでもらう方法
  5. 不倫の証拠に関するよくある質問

この記事を読めば、不倫の証拠をつかむため、探偵業者に依頼する方法も分かります。配偶者の不倫に悩み、証拠をつかみたい人は、ぜひ読んでみてください。

1.不倫の証拠が必要な理由

はじめに、不倫の証拠をつかんでおくとどんなときに役立つか、ご紹介します。

1-1.不倫の証拠は相手に不倫の事実を認めさせるのに役立つ

不倫をすんなりと認める人は、ごくわずかです。頑(かたく)なに認めなかったり、言い訳をしたりする人も珍しくありません。ですから、確実な証拠をつかんでおくと、不倫の当事者に不倫の事実を認めさせることに役立ちます。

1-2.慰謝料の請求に役立つ

配偶者が不倫をした場合、離婚をしてもしなくても配偶者や不倫相手に慰謝料を請求することができます。しかし、すんなりと慰謝料を払う人ばかりではありません。話し合いが決裂した場合、家庭裁判所に訴えるケースもあります。このとき、不倫の確実な証拠があれば、家庭裁判所に慰謝料を請求する根拠の証拠として提出することが可能です。

1-3.有利な条件で離婚できる可能性が高くなる

配偶者が不倫したことをきっかけに、離婚を決意する人もいるでしょう。その際、不倫の確実な証拠があれば、有利な条件で離婚できます。また、不倫をした人から離婚を申し出ることはできません。不倫をした配偶者が不倫相手と一緒になるために、一方的に離婚を申し出たとしても、不倫した証拠があれば、相手の申し出を突っぱねることができるでしょう。

2.不倫の証拠として有効なもの・無効のもの

この項では、不倫の証拠として有効なものと無効のものをそれぞれ紹介します。

2-1.不倫の事実がしっかりと記録されているものは不倫の証拠となる

不倫とは、「既婚者であることを知っている者同士が肉体関係を継続的に持ち続けること」です。ですから、ふたりの肉体関係が分かるようなものが、証拠となります。一例をあげると以下のようなものです。

  • 肉体関係があったことを明確に推測されるメールやSNSなど
  • 不倫があったことを告白する録音
  • ラブホテルに出入りしている写真
  • お互いの家に定期的に長時間出入りしている記録
  • 性行為の動画や写真
  • 肉体関係があったと明確に推測できる領収書(ラブホテルなど)

つまり、配偶者と不倫相手が確実に肉体関係があると推測できるものが、不倫の証拠になります。

2-2.普通のお付き合いの記録は不倫の証拠には弱い

配偶者と不倫相手が親しくお付き合いしている証拠があっても、不倫の証拠としては弱くなります。一例をあげると、以下のようなものです。

  • レストランなどの領収書
  • 手をつないだり親しげに談笑したりしている写真
  • 遊びに行く約束をしたりしたメールなど

また、ホテルでも会議室やレストランなどを併設したシティホテルの入り口を出入りしている写真や、ラブホテルに出入りしている写真でも顔がはっきり分からないものは証拠として認められないものもあります。

2-3.脅して得た証拠や加工しやすいものは証拠にならない

たとえば、話し合いで「不倫をしただろう」と配偶者を脅すようなことをして得たものは、証拠としては無効です。また、加工が容易なものも証拠として認められないこともあります。たとえば、SNSなどで相手とやり取りした内容が分かるクリーンショットを証拠として提出したい場合があったとしましょう。しかし、このスクリーンショットは画像ソフトなどで加工が容易です。そのため不倫の証拠として認められないことがあります。

2-4.確実な証拠がなくても、複数の証拠を積み上げて確実な証拠にすることは可能

肉体関係を示す明確な証拠がなくても、「相手と長期間頻繁にどこかに出かけていた」という明確な証拠があれば、不倫しているという証拠としてみとめられることがあります。たとえば、ETCや交通系ICカードの利用履歴、クレジットカードの使用履歴などです。このようなものも、一応記録として取っておきましょう。

3.不倫の証拠を自分で集めるメリット・デメリット

この項では不倫の証拠を自分で集めることのメリット、デメリットを紹介します。

3-1.不倫の証拠を自分で集めれば費用はかからない

不倫の証拠は、自分で集めれば費用はかかりません。配偶者の衣服のポケット、財布の中を探ればレシートが出てくる可能性があるでしょう。また、カードの履歴やETCの使用履歴はネットでチェックが可能です。また、残業を隠れみのにして不倫をすることは珍しくありません。給与明細もしっかりとチェックしましょう。さらに、家に不倫相手を連れ込んでいる場合は、隠しカメラをセットしておく方法もあります。家の中を撮影する場合は、盗撮ではありません。

3-2.不倫の確実な証拠をつかむのは難しい

その一方で、肉体関係があると確実に分かる証拠をつかむことが難しいでしょう。特に、証拠を集めていることを途中で悟られると、証拠を隠滅される恐れもあります。

4.探偵業者に不倫の証拠をつかんでもらう方法

この項では、探偵業者を利用して不倫の証拠をつかむ方法を紹介します。

4-1.探偵業者に不倫調査を依頼するメリット

愛知探偵事務所をはじめとする多くの探偵業者では、不倫の調査を請け負っています。探偵業者に依頼すれば、プロの技術で不倫の確かな証拠をつかんでくれるでしょう。個人で調査するより確実です。

4-2.探偵業者はインターネットで探すのがおすすめ。

現在はサイトを開設している探偵業者も多く、相談の申し込みも行える業者もあります。ネットを利用して、最寄りの探偵業者をピックアップしてみましょう。なお、優良な探偵業者は必ず事務所を構え、事務所の住所がある自治体の警察に「探偵業の届け出」を出しているはずです。サイトにも届け出番号が記載されているので、確認してください。サイトに届け出番号がなく、相談を申し込んだら喫茶店などを相談場所として指定するような業者には、依頼しないほうがいいでしょう。

4-3.個人で調査をしていれば調査費用は安くなる可能性がある

不倫の調査を探偵業者に依頼した場合の費用は、10万~20万円台が相場です。ただし、不倫相手と会う場所や回数などがある程度分かっていれば、調査日数はそれだけ短くて済みます。つまり、個人の調査は探偵業者に依頼する際にも役にたつでしょう。できるだけ費用を安くしたい場合は、ぜひ自分である程度調査をしてから探偵業者に依頼してください。

4-4.無料相談を利用してみよう

探偵業者によっては相談は無料というところもあります。まずは相談してみて、調査をすすめられたら、あらためて捜査の内容や費用の相談をしてもいいでしょう。

5.不倫の証拠に関するよくある質問

この項では、不倫の証拠に関する質問を紹介します。

Q.探偵業者の目を欺いて不倫をすることはできるでしょうか?
A.個人では、探偵業者に悟られずに不倫や密会をすることは、ほぼ不可能です。

Q.配偶者のスマホを勝手に見ると罪に問われませんか?
A.いいえ。配偶者ならば大丈夫です。

Q.不倫の証拠は、できればアナログの方がいいんでしょうか?
A.はい。SNSなどでのやり取りは、スクリーンショットではなく、紙にプリントアウトしてください。

Q.不倫相手へのプレゼントのレシートは証拠になりますか?
A.確実な証拠にはなりにくいのですが、複数あれば有力な証拠になることもあるでしょう。

Q.不倫の証拠はどのくらいあればいいですか?
A.確実な証拠なら1つでも十分でしょう。

まとめ

今回は、不倫の証拠の種類や、それを集める重要性などを紹介しました。不倫の話し合いをする前に、証拠を集めておくことが重要です。できれば、弁護士にも相談し、作戦を立てて話し合いにのぞみましょう。