同性との浮気は不貞行為になる? 証明方法・解決方法を教えます!


浮気は、同性との間でも起こることがあります。実は、同性との浮気が最近増えているのです。「パートナーが同性と浮気しているようだが、どうすればいいのだろう」とお悩みではありませんか。実際に浮気を確かめようにも、どんな方法で調べるといいのか分かりらないことでしょう。

そこで今回は、同性との浮気について詳しく解説します。

  1. 同性との浮気は不貞行為にはならない?
  2. 同性との浮気でも慰謝料請求はできるか?
  3. 同性との浮気の証拠をつかむ方法
  4. 同性との浮気に関するよくある質問

この記事を読むことで、同性との浮気に適切に対応できます。まずは、記事を読んでみてください。

1.同性との浮気は不貞行為にはならない?

最初に、同性との浮気行為が不貞行為になるのかを見ていきましょう。

1-1.不貞行為とは法律婚している異性以外と肉体関係を持つこと

多くの判例で、不貞行為とは、法律婚している異性以外と肉体関係を持つことと定義しています。日本の法律では、法的な婚姻関係にある異性以外と肉体関係を持つことを認めていません。そのため、パートナーに不貞行為があった場合、慰謝料請求や離婚の理由になります。

1-2.同性の場合は不貞行為にならない可能性が高い

法律における不貞行為は、男女間を対象とするのが現在の主な解釈です。したがって、同性は想定外となり、不貞行為が認定される可能性は低くなります。同性との浮気は、慰謝料請求や離婚の理由にはなりますが、法的に不貞行為を問うのは難しいでしょう。ただし、現在では同性間の浮気も不貞行為とみなす風潮が強くなっており、立証できれば慰謝料請求や離婚の理由になることもあります。

1-3.同性との浮気は証明が難しい

ただし、同性との浮気は、証明するのが難しいのが現状です。たとえば、男女の場合ならホテルから出てくれば明らかに不貞行為があったと言えます。しかし、浮気相手が同性の場合は、ホテルから出てきただけでは「単に話をしていただけだ」と言い逃れできるのです。そのため、同性の浮気は、繰り返し特定の相手と接触している・夫や妻に言えない関係であるなどの点で立証していくことになるでしょう。

2.同性との浮気でも慰謝料請求はできるか?

同性との浮気でも、場合によっては慰謝料請求が可能です。

2-1.精神的苦痛を受けた場合は請求できることがある

同性との浮気では、精神的苦痛を受けた場合に慰謝料請求ができます。たとえば、パートナーを信じていたのに浮気が発覚して、精神的に大きなダメージを受けて心身の調子を崩したなどです。ただし、浮気との因果関係があるかどうかがポイントになります。場合によっては、医師の診断書が必要になることもあるでしょう。

2-2.同性との浮気も離婚の原因になる

同性との浮気も離婚の原因になります。性別に関係なく、浮気はパートナーの重大な裏切り行為であり、婚姻を継続しがたい重大な事由となるからです。ただし、同性との浮気は、現在の法律で不貞行為とは認められにくいため、最初から有利な展開に持ち込むのは難しいでしょう。まずは、当事者同士の話し合いとなり、次に協議離婚、最終手段として裁判に進むのが一般的です。

2-3.慰謝料請求には確実な証拠が必要

浮気相手に慰謝料請求するには、確実な証拠が必要です。単に浮気の疑いがあるだけでは、請求できません。浮気の事実を証明できないのでは、話が終わってしまいます。まずは、誰が見ても浮気の事実があることを、確実な証拠によって示す必要があるのです。浮気を反省し、慰謝料を支払ってもらうためにも、浮気調査を進めましょう。

3.同性との浮気の証拠をつかむ方法

同性との浮気の証拠をつかむには、プロの探偵業者に調査を依頼するのが確実です。

3-1.自分で調査するとバレやすい

同性との浮気調査は、自分ですることもできます。しかし、バレやすい・時間や手間をかけた割には成果が上がらないなど、さまざまなデメリットがあるためおすすめできません。自分の目で現場を見て納得したい場合を除き、プロの探偵業者に調査を依頼するほうがいいでしょう。

3-2.プロの探偵業者に依頼すると多くのメリットがある

同性との浮気調査を探偵業者に依頼した場合、以下のようなメリットがあります。

  • 第三者が調査するのでバレにくい
  • 客観的な証拠をつかむことができる
  • 効率よく調査できる
  • 時間や労力の節約になる

3-3.張り込み調査や聞き込み調査などで進める

探偵業者では、以下のような方法で調査を進めます。実際には、依頼内容や状況に応じて複数の方法を並行することになるでしょう。

  • 張り込み調査
  • 聞き込み調査
  • 身辺調査
  • SNSでの発言調査

3-4.調査費用は1時間につき14,000円程度が相場

浮気調査の費用目安は、以下を参考にしてください。以下は、当愛知探偵事務所の料金一例です。

  • 1時間14,000円(最低5時間~)
  • 3日パック:210,000円(1日5時間×3日間)
  • 5日パック:325,000円(1日5時間×5日間)
  • 7日パック:420,000円(1日5時間×7日間)

上記金額には、調査員2名・車両1台・発信器2台・報告書・機材代を含みます。なお、実際の金額は調査機関・依頼内容・難易度などによって大きく変わるため、詳しくは業者からの見積もりで確認してください。

3-5.費用を節約するためには情報提供がカギ

調査費用を節約するためには、業者にできる限りの情報提供をしてください。プロの探偵業者でも、事前情報がある・なしで調査の難易度が異なります。また、調査時間にも大きく影響するでしょう。まずは、知っている情報をすべて業者に伝えてください。また、予算を伝えておくことも大切です。信頼できる業者なら、依頼者の立場になって最適なプランを提案してくれることでしょう。

3-6.信頼できる業者の条件は?

浮気調査は、以下の条件を満たす業者に依頼すると安心です。

  • 浮気調査の実績が豊富にある
  • 調査に関する簡単な相談・見積もりは無料
  • リーズナブルで明確な費用システム
  • スタッフが親身になって相談してくれる
  • 顧客からの評判がいい
  • 個人情報の流出防止を徹底している
  • 調査結果をきちんとした報告書にまとめてくれる
  • 活動地域の公安委員会に探偵業の届け出済み

なお、当愛知探偵事務所でも浮気調査を数多くお受けし、実績を上げています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

4.同性との浮気に関するよくある質問

最後に、同性との浮気に関するよくある質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.同性と浮気する主な原因は?
A.たとえば、以下のようなものがあります。

  • 同性愛者である
  • 妻・夫に不満がある
  • 異性を相手にするより落ち着く
  • 性別に関係なく好みのタイプだった

Q.浮気の慰謝料の相場は?
A.50万円~が相場です。浮気が現認で離婚に至った場合や、子どもの養育が必要になる場合は、100万~300万円以上になります。

Q.同性と浮気した後で異性と浮気することもある?
A.可能性はあります。パートナーを1回裏切った人は、浮気しやすい傾向があるからです。性別に関係なく、チャンスがあれば浮気に走ることもあるでしょう。

Q.浮気相手の家族や会社に慰謝料請求できる?
A.できません。浮気は、あくまでも個人的な問題であり、浮気相手の家族や会社は関係ないからです。

Q.予定の調査期間に証拠がつかめなかったらどうする?
A.まずは、何が困難で証拠がつかめなかったのか業者に確認しましょう。その後、業者と相談し、追加調査をするか決めてください。

まとめ

今回は、同性との浮気について詳しく解説しました。同性との浮気は、現在の法解釈では不貞行為に当たらない可能性が高くなります。しかし、精神的に損害を受けたことにより、慰謝料請求も可能です。まずは、客観的な証拠をつかみましょう。浮気調査は自分でもできますが、効率よくバレずに進めるには、プロの探偵業者に依頼することをおすすめします。信頼できる業者とよく相談し、調査してもらいましょう。