産後に浮気が多くなるのは本当? 浮気の原因や男女の心理などを解説


なぜ、産後に浮気が増えると言われているのでしょうか。愛する人との間に子どもが生まれた瞬間は、幸せ絶頂の時期です。しかし、子どもが生まれることでパートナーへ向けていた思いが子どもへ向かい、浮気に進展するケースが数多くあります。けれども、産後におけるパートナーの浮気は未然に防げるものなので安心してください。

本記事では、産後に浮気してしまう理由や防ぐ方法などを解説します。

  1. 産後に浮気してしまう理由は?
  2. 産後の浮気を防ぐ方法と対処法
  3. 産後の浮気を調べる方法
  4. 産後の浮気に関してよくある質問

この記事を読むことで、産後の浮気対策や調べる方法が分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.産後に浮気してしまう理由は?

まずは、産後に浮気してしまう具体的な理由をチェックしていきましょう。

1-1.浮気・不倫を経験している人が多数を占めている

産後に浮気をしたことがある人は、予想以上に多数を占めていることが分かりました。NHKや相模ゴム工業が行った調査などによると、男性の4人に3人、女性の10人に3人は不倫経験者という結果が出たのです。特に、産後に不倫をするケースは男性が多くを占めています。ただし、男性陣だけではなく、女性の場合も出産から解放された勢いで不倫に発展するケースもあるのです。産後に浮気・不倫をする理由にはどのようなものがあるのでしょうか。次の項目で詳しく説明して行きたいと思います。

1-2.産後急激に夫婦仲が悪くなる「産後クライシス」

育児ノイローゼや産後ブルーという言葉あるように、産後急激に夫婦仲が悪くなる現象のことを産後クライシスと言います。出産後の多くの夫婦に起こる現象とされており、夫婦仲が改善しなければ離婚に至る可能性もあるので注意が必要です。産後クライシスは、夫婦間のすれ違いが大きな原因となります。出産後の妻は子育てで手一杯になるため、夫との時間がなくなり以前より構うことができなくなってしまうのです。一方、夫は妻からの愛情を感じなくなり、子どものことでいっぱいな状態なので家にいることが息苦しくなってしまいます。つまり、産後クライシスは出産後の現実の姿と言えるでしょう。どの家庭にも起こりうる現象だからこそ、きちんと向き合うことが必要なのです。

1-3.浮気が多くなる理由

では、産後の浮気が多くなる理由を男女別に見ていきましょう。

1-3-1.男性の場合は本能の刺激が得られなくなる

男性は女性と違って、自分の子孫を多く残したい本能から性欲のコントロールが効かなくなり、不倫へ発展するケースがほとんどです。出産前は女性として見ることができたのに、出産後は異性として魅力を感じられなくなり、ほかの女性に走ってしまいます。また、子どもの世話でいっぱいな女性はセックスをする余裕もありません。そのため、自然とセックスレスになり、男性はほかの女性で性欲を発散しようとします。

1-3-2.女性の場合は子どもが中心

一方、女性の場合は夫よりも優先順位が子どもになるため、自分が大変なときに力を貸してくれない夫への苛立ちが強くなります。少しずつ夫に対する行為が薄れてしまい、ほかの男性の良さが際立ってしまうのです。また、出産前と出産後の夫に対する見方が大きく変わるのも理由の1つと言えるでしょう。女性は子どもを産んだ瞬間から母親の価値観を持つようになるため、夫を子どもを育てるためのパートナーとして見るようになります。夫のほかに「異性として好きな人」ができると不倫に走るというわけです。

2.産後の浮気を防ぐ方法と対処法

では、どうすれば産後の浮気を未然に防ぐことができるのでしょうか。ここでは、防止策と対処法をあわせて紹介します。

2-1.パートナーへの興味をなくさない

産後は子どもに意識が集中するため、以前よりもパートナーのことを気づかうことができなくなるでしょう。それでも、パートナーへの興味をなくさず持ち続けることが、浮気防止につながります。子どもへ意識を向けつつも、パートナーが今どんなことを考えているのかという興味や関心を持ち、なるべく2人で過ごす時間を作ってください。夫婦の会話は忙しくても毎日交わすようにしましょう。食事の時間を合わせたり、一緒に子どもの面倒を見たりするなど工夫すれば時間は作れます。

2-2.スキンシップを取る

夫婦の会話や時間と同じく大切にしたいのがスキンシップです。人は、大好きな人の体と触れ合うだけで、相手に対する好感を再び抱きやすくなる傾向があります。スキンシップを取ることで、愛情ホルモンと呼ばれる脳内のオキシトシンが分泌され、癒やし効果や安心感が生まれるのです。毎日セックスをしてほしいとは言いませんが、ハグをしたり手をつないだりと相手の体温が感じられるようなスキンシップを心がけましょう。

2-3.お互いに夫婦の役割を果たす

産後はバタバタしがちな時期ですが、それぞれ夫婦の役割をきちんと果たすことも大切なポイントです。夫は家庭の大黒柱として目の前の仕事に励みつつ、父としての役割があります。そして、妻は妻としての役割(夫の労い)や母としての役割に励みましょう。日常生活において当たり前のことかもしれませんが、夫婦生活が長くなり忙しい時間の中ではこれらの当たり前ができなくなってしまいます。パートナーに不満を抱いている場合は、夫婦の役割について話し合う時間を設けるのもいいでしょう。

2-4.言いたいことがあってもため込むのはNG

浮気や不倫から離婚に至るケースをよく聞きますが、離婚を選択した多くの夫婦が言いたいことをため込んでいました。言いたいことがあってもハッキリと相手へ伝えられない人ほど、産後に浮気をする可能性が高いのです。自分の中にため込んでしまった結果、ストレスが負担となり、産後うつや産後クライシスに発展してしまいます。そのため、言いたいことはきちんと相手に伝えるのも大切なことなのです。

2-5.浮気が不確定なまま責めない

パートナーが浮気をしているかどうかも分からないまま、責め立てるのは絶対にしてはいけないことです。もし、パートナーが浮気をしていない場合、責めることで夫婦仲が悪化してしまうかもしれません。たとえ、パートナーが浮気をしていても、確かな証拠がなければ認めることはないでしょう。「浮気しているかも」と疑いを抱いた時点で頭に血がのぼり、つい責めてしまいがちですが冷静に対処することが大切です。

3.産後の浮気を調べる方法

浮気を自分で調べる方法と、プロに依頼する方法を解説します。

3-1.自分で確かめるのはリスクが高い

自分でパートナーの浮気を確かめるのは、かなりリスクが高いので要注意です。特に、妻は子どもの世話でいっぱいいっぱいな状態なので、夫の浮気を確かめるのは不可能に近いでしょう。また、基本的にパートナーの1日中の行動を監視することになるため、相手にバレてしまう可能性があります。さらに、浮気の証拠を確実に得られるとは限りません。浮気相手と会っているシーンを見かけると、それだけでカッとなり衝動的な行動に出てしまうことも考える必要があります。冷静になれないと思ったら、自分ではなく専門家に依頼するのが1番です。

3-2.冷静な対処を心がけるようにする

浮気調査を行う前に、事前に気をつけてほしいことがあります。それは、どのような結果になっても冷静な対処を心がけることです。産後はやるべきことがたくさんあるため、つい衝動的になってしまいます。これからお金がかかる時期にも関わらず、感情的になり離婚してしまったというケースが多いのです。後悔しないためには、冷静に状況を受け入れ判断することが大切でしょう。

3-3.確実な証拠をつかみたい・浮気を確かめたい方はプロに依頼する

浮気の有無を確かめたい・確実な証拠をつかみたい方は、プロの探偵業者に依頼してください。探偵業者は浮気調査のプロなので、相手にバレることなくパートナーの浮気を確かめることができます。浮気相手と会った瞬間には、動画や写真などで確実に証拠をつかむので、パートナーを説得させる材料も安易に用意できるでしょう。お金はかかりますが、確実に浮気を確かめられる唯一の方法となります。

3-4.費用は1時間あたり17,000円~

探偵業者に浮気調査を依頼する場合、費用は調査員人数や調査期間などによって異なります。参考として、愛知県内No.1の探偵実績を誇る愛知探偵事務所の料金設定を以下にピックアップしました。

時間別料金

  • 1時間:17,000円~
  • 5時間を超えた場合:12,000円~

パックプラン

  • 3日パック(1日5時間×3日間):225,000円~
  • 5日パック(1日5時間×5日間):380,000円~
  • 7日パック(1日5時間×7日間):545,000円~

3-5.業者選びのポイントをチェック!

どの業者に依頼すべきか悩んだ場合は、以下のポイントに注目して選んでください。

  • 探偵業の許可を取得しているか
  • 浮気調査の実績があり知識が豊富か
  • 無料見積もりや無料相談を受けつけているか
  • 見積書の内容が細かく記載されているか
  • 口コミや評判がいいか
  • どのような方法で調査を行うか丁寧に説明してくれるか
  • 親身になって話を聞いてくれるか

4.産後の浮気に関してよくある質問

産後の浮気に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.出産前にできる浮気対策は?
A.事前に、出産後、夫婦仲が悪化する可能性を共有しておきましょう。できれば、妊娠が分かる前に夫婦で話し合っておきたいことです。夫婦仲の悪化を経験していないうちに、そのような話をするのは気が引けますが、出産後では話し合う時間もなかなか取れません。じっくり話ができる出産前だからこそ、こういうことも起こりえるんだと共有することが大切なのです。そして、どうすれば未然に防げるのか策を導き出すのも2人でできることと言えるでしょう。

Q.育児で忙しくても心がけておきたいことは?
A.育児で疲れているのにも関わらず夫が気をつかってくれない・家事をすべて押しつけられると、苛立ちが募るばかりですよね。しかし、あまりとげのある言葉を使わないように心がけてください。余裕がないときは、「今余裕がないの。ごめんね」と現状を言葉で伝えることが大切です。パートナーを気づかっている姿勢を見せれば、夫も理解してくれます。ですが、余裕がないからととげのある言葉を使えば、旦那も苛立ってしまいお互いが気づかえなくなってしまうでしょう。

Q.産後、顕著に見られる浮気の兆候は?
A.夫の帰宅が遅くなった・休みの日は出かけることが多くなった・育児放棄をするようになったなど、浮気の兆候はさまざまです。産後に生活が一変する可能性はありますが、極端にパートナーへの関心が少なくなったケースは注意しておかなければなりません。以前とどんな違いがあるのか、メモしておくと把握しやすくなるでしょう。

Q.産後クライシスの対処法は?
A.女性の場合は、赤ちゃんのことは全部自分でやろうと頑張りすぎてしまう傾向があります。その気合いは素晴らしいものですが、育児は夫婦2人で協力し合うことが大切です。頑張りすぎず、夫に頼ることもより良い夫婦関係を築くために必要なこと言えるでしょう。困っているときはきちんと言葉で伝えてください。また、友人や知人のパートナーと比べないことも重要です。自分たちは自分たちと、マイペースに育児を協力し合い、夫婦関係を築いていきましょう。

Q.浮気調査の費用を安く抑えるコツは?
A.高精度な調査を行っている探偵事務所に依頼することです。土地勘がある調査員なら、迅速かつ正確に行動でき、より調査の精度を上げられます。その結果、スピード解決につながり、無駄な費用を抑えることができるのです。

まとめ

産後にパートナーが浮気をするのは、子どもが生まれたことで、パートナーへの見方が変わったり、2人だけの時間ができなかったりするなどの原因があります。まずは、なぜ浮気をするのかパートナーの心理や気持ちを考えることが大切です。そして、できることならパートナーと話し合う時間を設けてください。きちんとお互いの気持ちを伝えれば、今後の夫婦のあり方も具体的になります。幸せな家庭を築くためにも、この機会にパートナーへの接し方を見直すことが大切です。