ボイスレコーダーによる浮気調査は難しい? 仕掛ける前の注意点は?


「ボイスレコーダーを使った浮気調査をしたいが、証拠として有効なのか?」「どんなボイスレコーダーを選ぶべきなのか分からない」とお悩みではありませんか? パートナーの浮気が疑われる場合、確実な証拠をつかむためにボイスレコーダーを使った方法を考える人も多いでしょう。

この記事では、ボイスレコーダーを使った浮気調査の方法や、ボイスレコーダーの選び方などを詳しくご紹介します。

  1. ボイスレコーダーは浮気の証拠として有効なのか?
  2. 浮気を確かめる際に使うボイスレコーダーの選び方
  3. ボイスレコーダーを使った浮気調査の方法
  4. ボイスレコーダーで浮気調査をする際の注意点3つ
  5. 探偵に調査を依頼する方法も
  6. ボイスレコーダーによる浮気調査に関するよくある質問

この記事を読むことで、ボイスレコーダーを使った浮気調査のリスクや、違法にならない調査方法などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.ボイスレコーダーは浮気の証拠として有効なのか?

まずは、ボイスレコーダーで録音した内容が浮気の証拠として有効なのかを解説しましょう。

1-1.ボイスレコーダーだけで肉体関係を証明するのは難しい

結論からいうと、ボイスレコーダーの録音だけで浮気を証明するのは難しいでしょう。なぜなら、浮気の証拠として認められるためには、二人の間に「肉体関係があったことを証明できるもの」でなければなりません。ボイスレコーダーの内容だけでは、誰と誰が、どこで会話したものなのかを証明するのは難しいのです。「自分ではない」といい逃れされてしまう可能性もあるでしょう。また、浮気の自白をボイスレコーダーに録音し、法廷に提出するケースもあります。しかし、土壇場になって「無理やり言わされた」と言い逃れされてしまえば、証拠として成り立たない可能性が出てくるでしょう。証拠として使うことができなくても、「浮気の事実を明確にしたい」という理由でボイスレコーダーを使用するのであれば、おすすめの方法といえます。

1-2.録音の内容によっては浮気調査に使用できる

ボイスレコーダーそのものを証拠とするのは難しくても、録音された内容によっては、浮気調査を効率的にすすめることにつなげられます。たとえば、録音から二人が会う日時や場所を知ることができれば、ラブホテルに出入りする写真や動画を撮影できる可能性が高くなるでしょう。このように、浮気調査の成功率を高めるために、ボイスレコーダーが重要な役割を果たしてくれることは期待できます。

2.浮気を確かめる際に使うボイスレコーダーの選び方

浮気調査に使用するボイスレコーダーは、どのようなものを選べばよいのでしょうか。ポイントをいくつかご紹介します。

2-1.長時間の録音が可能か

パートナーがいつ浮気相手と会うか分からない状況の場合は、長時間の録音ができるボイスレコーダーを選ぶ必要があります。録音時間が足りなくなってしまい、証拠となる会話を録音できないという事態が起こる可能性もあるのです。音声マイクが音を感知したとき、自動的に録音状態になる機能が搭載されているものもあります。しかし、この機能は車のエンジン音などに反応することもあるため、注意が必要です。

2-2.電池の持続時間は十分か

電池の持続時間についてもしっかりチェックしておきましょう。ボイスレコーダーの電池は、24時間程度しか持たないものもあれば、2~3日充電しなくても持つものもあります。頻繁にボイスレコーダーを回収して充電することが難しい場合も多いでしょう。その必要がないように、長時間電池が持続するタイプのものを選ぶことをおすすめします。

2-3.マイクの性能はよいか

せっかく録音できていても、マイクの性能が悪くて会話が聞き取れないようでは意味がありません。ボイスレコーダーを仕掛けた位置によっては、対象となる二人から距離が遠すぎて音声を拾えない場合もあるでしょう。また、車のエンジン音などに邪魔されてしまう可能性もあります。できるだけマイクの性能が良いものを選ぶようにしてください。

3.ボイスレコーダーを使った浮気調査の方法

ボイスレコーダーを使って浮気調査を行う方法についてまとめました。

3-1.自宅か車の中に仕掛ける

まず、ボイスレコーダーを仕掛ける場所については、自宅か車の中がよいでしょう。自分がいない間に浮気相手を自宅に招き入れるという行為は、考えたくないものです。しかし、その可能性も考慮し、自宅に仕掛けるのであれば寝室がベストでしょう。浮気相手と電話で話している音声を録音できる可能性もあります。また、パートナーが車で移動する機会が多いのであれば、車中に仕掛けるのもおすすめです。

3-2.録音の内容を確認する

ボイスレコーダーに録音された内容を確認しましょう。証拠となる音声が録音されていなかった場合は、音声を消して空き容量を増やしてください。十分に充電し直し、再び設置しましょう。

3-3.ボイスレコーダーでつかんだ情報をもとに調査する

浮気の証拠となる音声が録音されていた場合は、その情報をもとに調査しましょう。二人が会う日時や場所が分かれば、実際にその場所へ行き、証拠の写真を撮影することもできます。決定的な証拠がつかめなくても、浮気が疑われる証拠が複数そろえば、裁判でも有利になる可能性が高いでしょう。

4.ボイスレコーダーで浮気調査をする際の注意点3つ

ボイスレコーダーで浮気調査をするにあたって、知っておくべき注意点をまとめました。

4-1.違法行為になる可能性も

ボイスレコーダーを仕掛ける場所によっては、違法行為になる可能性もあります。たとえば、浮気相手の自宅や車庫・別居中の配偶者の自宅などに仕掛けることは、プライバシーの侵害になる場合もあるのです。自分自身が不利な状況になってしまい、慰謝料の請求などができなくなる可能性もるため、十分注意してください。

4-2.仕掛けていることがバレないように十分注意を

ボイスレコーダーを使った浮気調査は、相手にバレやすいというデメリットがあります。音声を拾いやすい距離に仕掛けたため、ふとした拍子に見つかってしまったという例も多いのです。浮気を疑われていることに気づいたパートナーは、証拠をつかまれないように警戒するようになるでしょう。そうなると、確実な証拠をつかむのが難しくなってしまいます。

4-3.ほかの証拠も探しておく

ボイスレコーダーを使って調査しても証拠をつかめなかったときのために、ほかの証拠も探しておきましょう。たとえば、クレジットカードの履歴やレシートをチェックし、ラブホテルを利用した証拠が残っていないか調べる方法もあります。また、SNSで浮気相手と連絡をとっていないかなどをチェックしてみるとよいでしょう。

5.探偵に調査を依頼する方法も

パートナーの浮気を疑っている場合は、探偵に調査を依頼する方法もおすすめです。

5-1.法的に有効な証拠を集めてもらえる

探偵事務所による浮気調査では、尾行や張り込み・聞き込みなどを主に行います。浮気現場を突き止めて写真や動画を撮影するなど、法的に有効な証拠を集めてもらえるでしょう。あらかじめボイスレコーダーに浮気の証拠につながる音声が録音できていれば、その情報をもとに調査することが可能です。

5-2.愛知探偵事務所へ依頼を

探偵への依頼を検討しているなら、浮気調査の実績が豊富な愛知探偵事務所がおすすめです。裁判に必要な最低限の証拠を押さえることを目的としているため、調査にムダな時間をかけることはありません。そのため、ほかの探偵社に比べて安い料金で調査を承っています。また、弁護士や司法書士の紹介など、アフターサービスにも力を入れているため、最後まで安心して任せることができるでしょう。

6.ボイスレコーダーによる浮気調査に関するよくある質問

「ボイスレコーダーを使って浮気を調査したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.夫が浮気を自白したのでボイスレコーダーに録音しましたが、後からいい逃れされないためにはどうしたらよいでしょうか?
A.ボイスレコーダーのほかに、書面でも残しておくことをおすすめします。日付と署名・なつ印があれば証拠として認められるでしょう。

Q.スマホのボイスレコーダー機能を使って浮気調査をしても問題ありませんか?
A.スマホはボイスレコーダーに比べて本体が大きいため、見つかってしまう可能性が高いでしょう。おすすめできません。

Q.ボイスレコーダーの見た目はどんなものを選んだらよいでしょうか?
A.できるだけコンパクトなサイズで、目立たない色のものを選ぶことをおすすめします。車に仕掛けるのであれば、車の内装に合った色がよいでしょう。

Q.ボイスレコーダーの費用相場はどのくらいですか?
A.7,000~15,000円前後が相場といわれています。2,000~3,000円で購入できるものもありますが、マイクの性能が悪いものやパソコンとの接続ができないものなど、低スペックのものが多いでしょう。

Q.悪質な探偵業者の特徴を教えてください。
A.ホームページに料金の記載がない・強引に契約を迫る・契約内容が分かりにくく料金が高額などの特徴があります。

まとめ

ボイスレコーダーを使った浮気調査の方法や注意点・探偵に浮気調査を依頼するメリットなどを詳しくご紹介しました。ボイスレコーダーは浮気の証拠として弱いといわれていますが、うまく利用すれば証拠をつかむために重要な役割を果たします。ぜひこの記事を参考に、ボイスレコーダーによる浮気調査を検討してみてください。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!