浮気調査が失敗する原因を解説! 失敗のリスクを下げる方法も紹介!


「浮気調査を探偵業者に依頼したいが、調査失敗の話を聞くと躊躇(ちゅうちょ)してしまう」と悩んでいる人はいませんか? 探偵業者も必ず成功するとは限らないものです。しかも、浮気調査を失敗すると費用と時間が無駄になるだけでなく、配偶者に浮気を認めさせることも困難になることもあります。では、なぜ浮気調査が失敗するのでしょうか?

今回は、浮気調査が失敗する原因やリスクを紹介しましょう。

  1. 浮気調査の失敗とは何か?
  2. 浮気調査が失敗する原因
  3. 浮気調査が失敗するリスク
  4. 浮気調査の失敗リスクを下げる方法
  5. 浮気調査に関するよくある質問

この記事を読めば、優良な探偵業者を選ぶポイントも分かります。浮気調査を依頼したいと考えている人は、ぜひこの記事を読んで探偵業者を選ぶ際の参考にしてください。

1.浮気調査の失敗とは何か?

はじめに、浮気調査の失敗とは何か、事例を交えて解説します。どんな例があるのでしょうか?

1-1.浮気の証拠が取れない

浮気の証拠とは、配偶者と浮気相手が肉体関係を持っていると証明できるものです。一例を挙げるとラブホテルに出入りしている写真があります。一緒に食事をしたり買いものをしていたりするだけでは、浮気の証拠ではありません。肉体関係があると証明できる証拠を得られなかった場合、調査は失敗といえます。

1-2.浮気調査がばれてしまった

浮気調査をしていることがばれてしまうことも、失敗の1つです。これは、自分で配偶者の浮気調査をしたときに起こりやすい失敗ですが、探偵業者に依頼しても失敗する可能性があります。

1-3.業者に依頼したら費用が多額にかかった

浮気調査を探偵業者に依頼した場合、最低でも10万円代の費用がかかります。しかし、100万円以上費用がかかることもまれです。「浮気調査をした結果証拠は得られたが、100万円以上の請求が来た」という場合は、成功とは言えないでしょう。

2.浮気調査が失敗する原因

では、浮気調査が失敗する原因には何があるのでしょうか? この項では、その一例を紹介します。

2-1.自分で浮気調査をしようとする

自分で浮気調査を行おうとする人もいますが、失敗する可能性が高くなります。特に、尾行調査をしようとするとターゲットに見つかってしまう可能性も高いでしょう。自分で浮気調査をすれば費用は浮きますが、失敗するリスクは高くなります。

2-2.探偵業者のレベルが低かった

探偵業者の中には、残念ながら調査能力が低いところもあります。また、安さをウリにしている探偵業者の場合、人件費を節約するために必要な人数未満で調査をすることもあるでしょう。そのため、調査対象を見失ったり見つかったりすることもあります。

2-3.悪徳探偵業者に依頼してしまった

探偵業者の中には、いいかげんな調査をして高額な費用を要求する悪徳業者もいます。そのような業者に依頼すると、費用ばかりがかかって証拠をつかむことができないこともあるでしょう。

3.浮気調査が失敗するリスク

浮気調査が失敗すると、浮気をした配偶者の警戒心が高くなります。浮気の証拠を隠滅(いんめつ)する可能性もあり、離婚を切り出すこともあるでしょう。浮気した相手から離婚を切り出すことはできません。しかし、浮気したという証拠がなければ離婚を拒むことは難しいでしょう。ですから、浮気調査を行う場合は、失敗しないように細心の注意を払ってください。

4.浮気調査の失敗リスクを下げる方法

この項では、浮気調査を成功させるためのコツや探偵業者の選び方を紹介します。

4-1.浮気調査は探偵業者に依頼する

浮気調査で確実な証拠をつかみたい場合は、探偵業者に依頼するのがおすすめです。自分でターゲットを尾行して浮気の証拠をつかもうとすると、どうしても失敗するリスクが高くなります。費用はかかっても探偵業者に依頼するほうが確実です。なお、クレジットカードの履歴や給与明細、カーナビの走行記録などを見ることで、浮気相手や浮気をする日、場所を絞ることもできます。そこまでは自分で調査し、確実な証拠の確保を探偵業者に依頼すれば費用が節約できるでしょう。

4-2.探偵業者は実績で選ぶ

今は、webサイトを開設している探偵社も多く、相談の申し込みもサイトから行える業者もあります。まずは、最寄りの探偵業者を検索してみましょう。なお、優良な探偵業者は必ず事務所を構え、事務所の住所がある自治体の警察に「探偵業の届け出」を出しています。サイトにも届け出番号が記載されているので、確認してください。また、優良な業者は必ず事務所を構えています。事務所を構えず、喫茶店などに依頼者を呼び出して話を聞くような業者は信用できません。ちなみに、探偵業者は実績で選ぶことが大切です。口コミサイトを参考にする場合は、長期にわたって優良な評価を得ている業者を選びましょう。

4-3.探偵業者に依頼していることを悟られないようにする

探偵業者に依頼すると気が大きくなって、「浮気の証拠をもうすぐつかめる」というようなことをターゲットに言ってしまうこともあります。また、先走ってターゲットを感情的に問い詰めたくなることもあるかもしれません。しかしそれは、ターゲットに警戒心を抱かせるだけです。ターゲットに浮気の話し合いを持ちかけるときは、探偵業者が確実な証拠をつかんだ後にしてください。

4-4.探偵業者に依頼するときは期間を区切る

配偶者に意中の人がいても、まだ肉体関係が結ばれていない可能性もあります。その場合も、浮気の証拠をつかむことができません。また、悪徳業者の場合は、のらりくらりと調査を引き延ばす可能性があります。ですから、探偵業者に依頼する場合は調査期間を区切りましょう。優良な探偵業者ならば、情報がある程度あれば1か月以内に証拠をつかんでくれます。調査期間を区切ることで、余計な出費を防ぐことができるでしょう。

5.浮気調査に関するよくある質問

この項では、浮気調査に関する質問を紹介します。

Q.探偵業者は、宣伝に力を入れている全国展開している業者のほうが信用できるでしょうか?
A.はい。その可能性は高いのですが、地域密着型の小さな探偵業者も信用できるところがたくさんあります。

Q.シティホテルに出入りしている写真も浮気の証拠になるでしょうか?
A.レストランや貸し会議室など、宿泊以外の用途で使う人も多いホテルの場合、入り口を出入りしている写真だけでは証拠にはなりません。

Q.探偵業者の目を欺いて浮気することは可能ですか?
A.可能ですが、かなり難しいでしょう。

Q.探偵業者は最短でどのくらいで証拠をつかんでくれますか?
A.ケースによって異なりますが、ターゲットが毎週決まった時間に決まった場所で浮気相手と会う場合、1度の調査で証拠をつかんでくれることもあるでしょう。

Q.肉体関係はないけれど、異性と2人きりで食事をしたり買いものをしたりする場合は、浮気と断定できませんか?
A.肉体関係がない場合、浮気を理由に離婚を申し出たり慰謝料を請求したりすることはできないでしょう。しかし、監視を続けていれば、いつか肉体関係を結ぶかもしれません。そのときに改めて調査を依頼しましょう。

まとめ

今回は、浮気調査が失敗する理由や探偵業者の選び方などを紹介しました。浮気調査を探偵業者に依頼する場合、高額の費用がかかります。ですから、探偵は複数の業者を比較し、実績を確認して選びましょう。そうすれば、満足いく調査をしてもらえます。また、個人で無理をしないようにしましょう。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!