浮気で人間不信になった人のために! 原因や対処法を一挙公開!


「パートナーの浮気が原因で人間不信になってしまった」という人は多いでしょう。たとえ自分に全く非がなくても、このような状態になってしまうのは非常につらいことですよね。どうすれば、パートナーの浮気による人間不信から脱することができるのでしょうか。

この記事では、浮気で人間不信になる理由や人間不信になったときの特徴・対処法などを詳しくご紹介します。

  1. 浮気が原因で人間不信になることはあるのか?
  2. 浮気で人間不信になりやすい人は?
  3. 浮気で人間不信になってしまう理由
  4. 浮気で人間不信になるとどうなるのか?
  5. 浮気で人間不信になってしまったときの対処法
  6. 浮気による人間不信に関するよくある質問

この記事を読むことで、パートナーの浮気が発覚したときに陥りやすい心理状態や、人間不信から立ち直るための方法などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.浮気が原因で人間不信になることはあるのか?

まずは、浮気による人間不信についてご紹介しましょう。

1-1.人を信じられなくなる

恋人や夫婦に限らず、信じていた人に裏切られたときのショックは大きいでしょう。浮気をした恋人や配偶者だけでなく、家族や友人のことまで信用できなくなる気持ちが芽生えてしまいがちです。

1-2.浮気で人間不信になる人は多い

結論からいうと、パートナーの浮気によって人間不信に陥る人は少なくありません。それまでの関係が良好だった場合はなおさらでしょう。相手への気持ちが薄れてきていた場合や、浮気されていることにうすうす感づいていた場合などは、そこまでにならないケースがほとんどだと思います。しかし、長年連れ添った恋人や配偶者に浮気されたショックで、その後、恋愛や結婚に踏み込めなくなってしまった人はたくさんいるのです。

2.浮気で人間不信になりやすい人は?

以下のような人は人間不信になりやすいといわれています。

2-1.人間関係を築くのが苦手

もともと人間関係を築くのが苦手な人は、パートナーの浮気が原因で人間不信に陥りやすいでしょう。努力して人間関係を構築してできたパートナーだったからこそ、「誰とも交流を持ちたくない」という状態になってしまうケースが多くなっています。

2-2.感情の浮き沈みが激しい

普段から感情の浮き沈みが激しい人も、人間不信に陥ることが多いでしょう。パートナーの浮気に対して受けるショックが大きい分、誰も信じられなくなってしまいがちです。

3.浮気で人間不信になってしまう理由

パートナーの浮気が原因で人間不信になってしまう理由についてまとめました

3-1.裏切られたことへのショック

人間不信になってしまうのは、やはり裏切られたことへのショックが大きいでしょう。自分は相手にとって特別な存在だと思っていたにもかかわらず、ほかの異性に気持ちが向いていたことは、誰にとっても大きなショックです。浮気したパートナーだけにとどまらず、ほかの人に対しても不信な気持ちを抱いてしまうことは珍しくありません。

3-2.人間関係に対する諦め

浮気のショックから、「どうせみんな自分を裏切るのだろう」という諦めの気持ちになることも少なくありません。その結果、誰に対しても期待することがなくなり、人間関係を築くことに抵抗を感じてしまうようになるのです。「また傷つくくらいなら最初から深く付き合いたくない」と思ってしまう人も多いでしょう。

4.浮気で人間不信になるとどうなるのか?

浮気が原因で人間不信になってしまったときの特徴をまとめました。

4-1.自己肯定感が下がり、被害妄想が激しくなる

人間不信に陥ると「どうせ自分は浮気されるような人間だ」というように、自分のすべてを否定的に考えるようになります。自分とは全く関係のない出来事に対しても「自分が悪いのではないか」と思うようになるのです。そうなると、周囲からのアドバイスや慰めの言葉にも耳を傾けることができなくなるでしょう。

4-2.人を試そうとする

相手の言動すべてに対して疑心暗鬼になるため、つい人を試すようなことをしてしまいがちです。たとえば、恋人からの愛情を確かめるためにわざと冷たい態度をとる・ひどい言葉を口にして相手が許すかどうか確認するなどの行為が多いでしょう。

4-3.人の言葉の裏を探ろうとする

人の言葉を素直に受け取ることができず、言葉の裏を探ろうとするのも、人間不信に陥っている人に多い特徴です。相手が自分を思っていってくれている言葉に対しても「何か裏があるのではないか」と疑ってしまうため、冷たい態度をとってしまうことも多いでしょう。

5.浮気で人間不信になってしまったときの対処法

人間不信から抜け出すために、試してみるべき対処法をまとめました。

5-1.信頼できる相手に相談する

心から信頼できる相手に相談してみましょう。家族でも友人でもよいので、「この人は自分を裏切らない」と思える人が一人でもいれば、人間不信から抜け出すことができるはずです。自分一人で抱え込むとどんどん考えが悪いほうへいってしまいがちなので、人に相談することをおすすめします。

5-2.自分のよいところを見つけようと意識する

自己肯定感を少しでも高めるために、自分のよいところを見つけて自分を褒めてあげることも大切です。僅かなことでもよいので自分を褒めるよう意識して過ごし、自信を取り戻しましょう。自分のよいところを見つけられるようになったら、他人のよいところも見えるようになってくるはずです。

5-3.心療内科を受診して話を聞いてもらう

「相談できる相手がいない」というときは、心療内科を受診するのも一つの方法です。相手はプロなので適切なアドバイスをもらえるでしょう。また、全く知らない相手だからこそ相談できることもあると思います。自分が病んでいることを認めたくない気持ちも分かりますが、時間が解決してくれるのを待てるほど精神状態に余裕がないときもあるのではないでしょうか。

6.浮気による人間不信に関するよくある質問

「浮気が原因で人間不信になってしまった」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.既婚者でありながら浮気している人はどのくらいの割合でいるのでしょうか?
A.既婚者で浮気の経験がある人の割合は、男性が全体の約30%・女性が約10%といわれています。

Q.  男性が浮気する心理を教えてください。
A.満たされない気持ちを埋めるため、自分に自信をつけるために浮気する男性は多いでしょう。そのほかにも、「好奇心から」「スリルを味わうため」という心理から浮気する人も少なくありません。

Q.  パートナーの浮気を許せば人間不信にならずに済むのですか?
A.浮気を許しても、自分を否定する気持ちや相手を疑う気持ちが消えることはないでしょう。

Q.恋人の浮気が発覚しました。人間不信にならずに立ち直るためには、どうしたらよいでしょうか?
A.思う存分泣き、つらい気持ちを吐き出してください。人に相談できない場合は、今の気持ちを紙に書き出してみるとよいでしょう。気持ちを整理できてすっきりするはずです。

Q.どうすれば早く失恋のショックから立ち直れますか?
A.新しく夢中になれることを見つけましょう。新しい恋に限らず、趣味や新しい仲間との出会いなど、ほかのことで頭の中をいっぱいにすることが大切です。

まとめ

浮気で人間不信になる理由や人間不信になってしまったときの対処法などを詳しくご紹介しました。浮気が原因で周囲の人まで信頼できなくなってしまうのは、とても悲しいことです。ぜひこの記事を参考にして人間不信から立ち直り、前向きな自分を取り戻してください。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!