浮気されたときの対処法は? 確認すべき点や防ぐポイントなど解説


浮気されたとき、どのように対処すればいいのか分からずに悩んでいる方は多いでしょう。浮気を許すか別れるか……今後の関係についてしっかりと考えなければなりません。ただし、浮気しているかハッキリとしない内に相手を責めたり感情的になったりすると、取り返しのつかないことになってしまいます。

本記事では、浮気をされたときの対処法を解説しましょう。

  1. 浮気されたときにまず確認すること
  2. 許すか別れるかの判断基準は?
  3. 浮気をされたときの対処法は?
  4. 浮気を防ぐ方法とポイント
  5. 浮気に関してよくある質問

この記事を読むことで、浮気されたときの対応の仕方や浮気を防ぐコツなどが分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.浮気されたときにまず確認すること

まずは、浮気されたときに確認してほしいことを解説します。

1-1.事実関係を明らかにする

パートナーが浮気しているかも……と疑問を感じたら、最初に事実関係を明らかにすることが大切です。何があったのか正確な情報を確認しなければ、相手に浮気の事実を問いただすことができなくなってしまいます。もし、相手が浮気をしていなかった場合、「浮気しているでしょ?」と責めてしまえば2人の関係に溝が入ってしまうかもしれません。相手との関係を大切にしたいのであれば、すぐに行動するのは控えてください。なぜ浮気されていると感じたのか、どういうところが怪しいのか相手の様子を観察しつつ、事実関係を明らかにしましょう。

1-2.浮気の証拠を集める

浮気をされているかどうか不確かなときは、事実関係を明らかにしつつ、浮気の証拠を集めてください。第三者が見ても「浮気している」と分かる証拠なら、相手との話し合いに使うことができるでしょう。相手が「浮気していない」と主張しても証拠があれば言い訳ができません。また、裁判にもっていく場合、証拠があると有利な立場になります。浮気は絶対に許せない・浮気していたら別れると思っている方は、話し合う前に証拠を準備しましょう。

1-3.これからどうするか決める

浮気が事実だと分かったとき、これからどうするか決めることも大切なポイントです。簡単なことではありませんが、きちんと自分の気持ちを整理してから今後のことを話し合うようにしたほうがいいでしょう。パートナーから裏切られたと感情的になってしまいますが、時間を置いて自分の気持ちと向き合うことで冷静に話し合うことができます。パートナーと別れるのか、関係を続けるのか、自分自身と向き合ってください。

2.許すか別れるかの判断基準は?

浮気を許すか、それとも別れるかの判断基準をいくつか紹介します。

2-1.時間をかけて自分と向き合う

前述したように、今後のことを決めるのは簡単なことではないため、時間をしっかりかけることが大切です。浮気されたと分かった瞬間、大切な人から裏切られたというショックが大きくなるでしょう。そのため、感情的になったり、つい相手を責めてしまったりしがちです。気持ちが落ち着かない状態では冷静になることができないので、まずは時間をかけて自分と向き合ってください。自分の感情を抑えることができれば、自分がこれからどうしたいのか明らかになるでしょう。

2-2.修復する価値がある関係か

浮気はカップルが別れる原因の1つです。浮気される以前からケンカが多かったり、自分の気持ちをごまかしたりすることが多かった場合は、そろそろ別れたほうがいいというサインでしょう。相手とこれまで築いてきた関係など振り返りつつも、これから自分らしくいられるか・自分が求めている恋愛ができるのかじっくりと考えてください。それでも関係を修復する価値があると断言できれば、別れずにそのまま交際を続けるといいでしょう。相手との関係を続けるべきかどうか、客観的に2人の関係を見つめ直すことが大切です。

2-3.相手が浮気したことの重大さを理解しているか

自分の気持ちはもちろん、相手が浮気したことの重大さをきちんと理解しているかも大切なポイントです。浮気であなたを傷つけてしまった・もとの関係に戻れないことの怖さを感じたと反省している様子なら、許してもいいかもしれません。しかし、過去にも浮気をしたことがあるケースは別です。以前も恋人やパートナーがいながら浮気をしたことがある人なら、関係を終わらせたほうがいいでしょう。許したとしても再び浮気をする可能性があります。また、相手はあなたとの関係を修復したいと思っているのか、気持ちを確認することも判断基準になるでしょう。

3.浮気をされたときの対処法は?

それでは、浮気をされたとき、どのように対処すればいいのでしょうか。

3-1.まずは時間を置いて事実確認をする

気持ちの整理ができない場合は、まずは時間を置いて事実確認を行ってください。前述したように、相手が浮気していることが分かった瞬間、感情が激しく乱れてしまうものです。「自分は大丈夫」と思っていても、感情的になってしまうことがあります。今後、どうすればいいのか自分の本当の思いと向き合ってみましょう。相手との距離を置く場合は、こちらから連絡するまで連絡しないでほしいことも伝えてください。そして、どのようなことをしていたのか事実を確認することが大切です。自分で浮気の真意を確かめることができないときは、探偵事務所といったプロに相談するのも選択肢の1つでしょう。

3-2.これからのことについて話し合う

自分の気持ちを整理できたら、これからのことについて相手と話し合う時間を作ってください。自分の気持ちばかりを相手に伝えてしまいがちですが、どのような思いで浮気をしたのか聞くことが大切です。ケースバイケースではありますが、必ずしも相手だけに浮気の原因があるわけではありません。たとえば、パートナーをないがしろにしていたり、さみしい思いをさせてしまったりしているかもしれないでしょう。自分にも非がなかったかどうか確かめるためにも、冷静な姿勢で相手と話し合うことが重要です。

3-3.関係を続けるケース

浮気されても関係を続けると決めたら、「二度と浮気をしない」という契約書を書かせることをおすすめします。次に浮気をしたら別れるとハッキリ相手に伝えておけば、ほかの異性に走ることはないでしょう。それでも浮気をするなら、そこまでの気持ちしかなかったという証明になります。また、2人でカップルカウンセリングを受けるのも方法の1つです。カップカウンセリングは欧米では一般的に利用されており、カウンセラーを通してお互いの気持ちを再確認できます。浮気されたときの苦しみが、少しでも和らぐかもしれません。

3-4.別れを選択するケース

話し合いで別れを選択した場合、絶対にしてはいけないことがあります。それは、相手を傷つけようとしたり、復讐しようとしたりすることです。自分と同じ気持ちを味わってほしいからと、相手や浮気相手に復讐するケースがあります。しかし、そのようなことをしても気持ちが晴れるのは一瞬だけで、傷ついた心が癒やされるわけではありません。別れを選択するなら、自分のプライドを保ったまま別れを告げましょう。気持ちをしっかり切り換え、次の恋に意識を向けることが大切です。

4.浮気を防ぐ方法とポイント

ここでは、浮気を防ぐ方法とポイントを解説します。

4-1.2人のルールを作る

浮気を防ぐ方法として、お互いの間でルールを決める方法があります。たとえば、「浮気をしたら別れる」など、2人の間で浮気に関するルールを作ると浮気の牽制(けんせい)になるでしょう。直接的な言葉で伝えるのが苦手なら、「○○さんは浮気が原因で別れた」と伝えて浮気に対するスタンスを表明する方法もあります。浮気をしたらどうなるのか、相手に伝えておくことで本当の気持ちを確かめることもできるでしょう。ただし、真剣な表情で相手を脅すような行動はNGです。相手が束縛されるという恐怖を感じてしまい、ほかの異性に走ってしまうケースがあります。

4-2.2人だけの時間を大切にする

現在のあなたとパートナーは、2人だけの時間を大切にしているでしょうか? 浮気の原因は人それぞれ異なりますが、さみしかったり異性として見られなかったりするなどがあります。パートナーと過ごす時間が少なくなればなるほど、浮気をされてしまうリスクが高くなりがちです。そのため、きちんと2人で過ごす時間を作って、相手が何を思っているのか把握することが大切なポイントとなります。きちんと愛情を伝えていけば、ほかの異性に走ることもないでしょう。

4-3.新鮮な気持ちを保ち続ける

交際が長くなるほど新鮮味がなくなり、相手への愛情が薄れてしまうでしょう。その結果、ほかの異性との関係に刺激を感じ、浮気や不倫関係になってしまいます。つまり、浮気を防ぐには、交際が長くなっても新鮮な気持ちを持ち続けることが大切なのです。マンネリ気味だと感じているカップルは、プレゼントを贈ったり、いつもと違うデートをしたり、サプライズをしたりするなどで新鮮な気持ちを感じてください。また、常日頃から感謝していることを伝えるのも効果的です。相手が隣にいてくれるおかげで今の自分があると伝えれば、自分には価値があるんだと思えるようになります。

5.浮気に関してよくある質問

浮気に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.なぜ浮気をするのか、その心理は?
A.男性の場合、浮気は遊びと思っているところがあります。本能的に、たくさんの子孫を残したいという気持ちがあるので、ほかの女性と体の関係を持ちやすいのでしょう。別に浮気がバレても大丈夫だろうと過信していたり、絶対に浮気がバレないと高をくくっていたり、軽い気持ちから浮気に走るケースがほとんどです。一方、女性はさみしさから浮気に走る傾向があります。男性よりも心理的な部分が強く働いているのでしょう。

Q.関係を続けると決めたときに心がけておきたいことは?
A.浮気されたことがトラウマになってしまうことがありますが、辛(つら)い体験にとらわれ過ぎているようなら、深呼吸をしてできるだけ考えないようにしてください。過去のことに執着しつづけても自分が傷つくだけです。また、相手のプライバシーを侵害しないことも心がけておきたいポイントとなります。浮気されないために相手を束縛しすぎると、かえって浮気に走ってしまうこともあるでしょう。

Q.浮気をしているか確かめるチェックポイントは?
A.主に、以下のポイントをチェックするといいでしょう。

  • メールやLINEなどの返事が遅い
  • 電話をしてもなかなかつながらない、パートナーから電話をしてこない
  • デートの回数が減る
  • 携帯電話にロックをかけるようになる
  • 携帯電話を肌身離さず持ち歩くようになる
  • Twitter、InstagramなどのSNSに自分の知らない飲み会の写真をアップしている
  • お金の使い方が激しくなる
  • ブランド物を持つようになる

Q.浮気防止でやってはいけないことは?
A.「誰とメールしているの?」「また浮気するんでしょ!」といった言葉を相手にかけることです。浮気されたというショックから、相手の1つ1つの行動を浮気と結びつけてしまいがちですが、勝手に決めつけたり、相手を責めたりするのは絶対にしないでください。つい疑ってしまいそうなときは、距離を置くといいかもしれませんね。

Q.探偵事務所に依頼するメリットは?
A.自分でなかなかつかむことができなかった浮気の証拠を得ることができます。期間中に対象者をずっと見張ってくれるため、浮気相手とどこで何をしていたのか確かめることができるでしょう。愛知探偵事務所では、無料相談を受けつけているので、悩んでいる方はぜひ1度ご相談ください。

まとめ

愛する人から浮気をされると、ショックな気持ちが大きくなり、つい感情的になってしまいがちです。けれども、浮気しているかどうか分からないまま相手を責めてしまうと取り返しのつかないことになるかもしれません。冷静に話し合うためには自分の気持ちを整理したり、浮気の証拠を見つけたりすることが大切です。たとえ、別れを選択したとしても浮気の証拠をつかんでおけば、裁判で有利な立場になります。自分で浮気の証拠をつかむのが難しい場合は、プロの探偵事務所に依頼してください。自分の代わりにパートナーを尾行してくれるので、証拠がつかみやすくなります。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!