浮気の潔白を証明する方法は? 疑われたときの適切な対応方法も紹介


「浮気の潔白を証明するにはどうしたらよいのか?」とお悩みではありませんか? 身に覚えのないことで疑惑をかけられては困ってしまいます。なぜパートナーに誤解を与えてしまったのか、どうすれば潔白を証明できるのか、きちんと考えなければなりません。

この記事では、浮気を疑われたときの対応方法や潔白を証明する方法・パートナーに誤解を与えないために気をつけるべきことなどをご紹介しましょう。

  1. 浮気を疑われたときの対応方法は?
  2. 浮気の潔白を証明する方法
  3. 浮気を疑われてしまう理由は?
  4. パートナーに誤解を与えないために
  5. 浮気を疑われたときのよくある質問

この記事を読むことで、どんなときに浮気を疑われるのか、浮気を疑われたときはどうすればよいのかなどが分かるはずです。

1.浮気を疑われたときの対応方法は?

まずは、パートナーに浮気を疑われたときの対応方法についてご紹介しましょう。

1-1.怒らず、浮気していないことを伝える

浮気を疑われたときは、相手の目を見てしっかりと「していない」と伝えましょう。疑われたことに腹を立て、怒ってしまうのは逆効果です。「感情的になるのは怪しい」と思われてしまう可能性があるでしょう。冷静な態度で対応し、しっかりと話し合うことが大切です。

1-2.スマホを見せる

本当に浮気をしていれば、スマホに証拠が残っている可能性が高いでしょう。パートナーが「スマホを見せてほしい」といってきたら、素直に見せてあげてください。ただし、何もいわれていないのにこちらから見せると「怪しいメールや写真は削除したのではないか」と逆に疑われてしまいます。要望があったときに見せるとよいでしょう。

1-3.疑われた理由を聞く

なぜそのような疑いを持ったのか、理由を聞いてみましょう。そして、その理由に対して丁寧に誤解を解いていってください。誤解を与える行為があった場合は素直に謝るべきです。

2.浮気の潔白を証明する方法

潔白を証明するための方法をご紹介しましょう。

2-1.疑われる行動を控える

「行き先を伝えず遊びに行った」「愛情表現が減った」などの理由から、浮気を疑うこともあるでしょう。改めて自分の行動を見直し、疑われても仕方のない状況でなかったかを考えてみてください。そして、2人のルールを決めておくのがおすすめです。「出かけるときは必ず行き先を伝える」「帰るときはメールをする」など、パートナーが安心できるような内容を一緒に考えるとよいでしょう。

2-2.パートナーに自信をつけさせる

パートナーに自信をつけさせるために、普段からしっかり愛情表現をすることも大切です。仕事で忙しくてパートナーとの時間が作れなかった場合は、旅行を計画するなどの方法もよいでしょう。デートや電話・メールの回数もできるだけ増やし、「自分だけが愛されている」という自信を取り戻させてあげてください。

2-3.第三者に疑いを晴らしてもらう

何をしても浮気の疑いが晴れない場合は、共通の友人などに協力を頼み、疑いを晴らしてもらいましょう。第三者に「浮気なんてしていない」ときっぱりいってもらうことで、モヤモヤした気持ちが晴れる可能性があります。

3.浮気を疑われてしまう理由は?

浮気を疑われてしまう理由には、どのようなものがあるのでしょうか。

3-1.過去に浮気された経験がある

過去に浮気された経験がある人は、特にパートナーの浮気を疑いやすいでしょう。パートナーのちょっとした行動が気になり、疑いの目で見てしまうのです。また、自分が浮気した経験がある人も同様でしょう。自分の経験から「この態度は浮気している」と思い込んでしまい、不安になってしまいがちです。

3-2.自分に自信がない

自分に自信がない性格の人は、パートナーの行動をつい浮気に結びつけてしまいがちです。「自分なんて愛されていないのではないか?」「ほかの人と付き合ったほうが幸せになれるはず」など、ネガティブな思考から相手の浮気を疑ってしまうことが多いでしょう。

3-3.以前と態度が変わった

「付き合い始めのころは優しかったのに、最近は冷たい」「デートやメールの回数が減った」など、以前に比べて態度が変わったという理由で浮気を疑う人も少なくありません。付き合い始めに比べて態度が変わることはよくある話ですが、その変化を浮気に結びつけてつけてしまうこともあるのです。

3-4.コミュニケーションが少ない

すれ違いの生活が続き、コミュニケーションが少なくなることで、浮気を疑いやすくなることもあります。「誰とどこに出かけていたのか話してくれない」「休日の予定を知らない」など、コミュニケーション不足から自分に自信をなくしてしまうのです。

4.パートナーに誤解を与えないために

パートナーに「浮気しているのではないか?」という誤解を与えないために、普段から気をつけるべきことをご紹介しましょう。

4-1.異性と2人きりにならないようにする

できるだけ異性と2人きりにならないように気をつけましょう。たとえ友達だとしても、異性と2人で出かけたり食事をしたりすると浮気の疑惑が生まれます。仕事の関係で異性と2人で会わなければならないときは、事前にパートナーに伝えておきましょう。「余計な心配をかけたくないから」と黙っていると、後から大変なことになる可能性があります。

4-2.普段からしっかり愛情表現をする

「自分は愛されている」という自信を持ってもらうために、普段からしっかりと愛情表現をしてください。パートナーと一緒にいる時間を増やすことも大切です。愛情不足を解消してあげることを考えましょう。

4-3.パートナーに何でも話す

パートナーとのコミュニケーションはしっかりとりましょう。会社にどんな人がいるのか・普段どんな人と遊んでいるのかなど、何でも話してあげてください。相手のことが分かっていれば、浮気を疑う気持ちも少なくなるはずです。信頼関係を深め、疑いが生まれないようにしておきましょう。

5.浮気を疑われたときのよくある質問

「パートナーに浮気を疑われている」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.スマホをどこにでも持ち歩くクセがあり、恋人に浮気を疑われています。どうすればよいでしょうか?
A.人は、隠されれば隠されるほど疑いの気持ちを持つものです。トイレやお風呂などにもスマホを持っていくようであれば、疑われても仕方ないでしょう。スマホを手放さないクセは直すことをおすすめします。

Q.パートナーに浮気を疑われたままだとどうなるでしょうか?
A.束縛が強くなる・友達を巻き込んだトラブルに発展してしまう・ケンカが増えて付き合い続けるのが難しくなるなどの可能性があります。

Q.交友関係が広いのでパートナーが浮気を心配しているのですが、安心させるためにはどうしたらよいでしょうか?
A.友人や知人にもパートナーを紹介することをおすすめします。会わせてもらったことでパートナーも安心するでしょう。

Q.浮気していないのに疑われて腹が立っています。相手にどう伝えればよいでしょうか?
A.怒るのではなく、「疑われて悲しい」という伝え方をするのがおすすめです。ケンカになることなく、相手に気持ちが伝わりやすいでしょう。

Q.浮気に対する価値観がパートナーと違いすぎて困っています。どうすればよいですか?
A.どこからが浮気なのか、ボーダーラインをはっきりさせておきましょう。事前に相手の考えを知っておけばトラブルを防ぐことができるはずです。

まとめ

パートナーに浮気を疑われたときの対応方法や誤解されないための方法などを詳しくご紹介しました。この先もパートナーとうまく付き合っていきたいなら、疑われないためにはどうしたらよいのかをしっかり考えておく必要があるでしょう。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!