浮気を後悔させる方法は? 効果が高い&逆効果なことを詳しく解説!


「パートナーが浮気をしたが、何とかして後悔させる方法はないか」「浮気を後悔させるのに、やってはいけないことを知りたい」とお考えではありませんか? 愛するパートナーに浮気を後悔させたくても、実際にどんな方法が効果的かよく分からないことでしょう。それに、パートナーとの関係を修復したいのなら、逆効果になることは避けたいですよね。

そこで今回は、浮気を後悔させる方法について詳しく解説します。

  1. パートナーが浮気をしているかを確かめる方法は?
  2. パートナーに浮気したことを後悔させる方法は?
  3. 浮気を後悔させるためにやってはいけないこと
  4. 浮気を繰り返させないための方法
  5. 浮気を後悔させる方法に関するよくある質問

この記事を読むことで、浮気を後悔させるポイントや注意点がよく分かります。パートナーの浮気でお悩みの方は、記事を読んでみてください。

1.パートナーが浮気をしているかを確かめる方法は?

最初に、パートナーが本当に浮気をしているか確かめる方法について見ていきましょう。

1-1.パートナーに直接聞いて確かめる

パートナーの浮気を疑ったら、直接聞いて確かめるのが手っ取り早い方法です。浮気をしているか、面と向かって聞いてみてください。たとえ否定されても、パートナーが以下のような反応をした場合は、浮気をしている可能性が高くなります。

  • 別の話にすり替えようとする
  • 聞こえないフリをする
  • 目を見て話してくれない
  • 視線が泳ぐ
  • 貧乏ゆすりを始める
  • 急に逆ギレする
  • 話を聞かずに部屋を出ていく

また、浮気をしていると以下のような変化が見られることがあるので参考にしてください。

  • 帰宅後すぐに入浴する
  • 急におしゃれや身だしなみを気にするようになった
  • 特定の曜日・時間に連絡が取れないことがある
  • 急な残業・休日出勤・出張が増えた
  • 携帯電話やスマホを常に持ち歩くようになった
  • 理由もなく機嫌がよいことが増えた

ただし、浮気をしている可能性が高いだけなので、そのほかの方法と併せて確認することをおすすめします。

1-2.自分で調査する

パートナーが浮気しているか、自分で調査してみることもできます。たとえば、以下のような方法で調べてみましょう。

  • 財布の中身を見て不審なレシートがないかチェックする
  • 尾行調査をする
  • SNSなどの発言をチェックする
  • パートナーの友人や同僚に探りを入れる

ただし、自分で調査しても疑惑で終わってしまい、確実な証拠をつかめないこともあります。また、調査していることがバレてしまいやすい、時間や労力が膨大にかかることなどがデメリットです。

1-3.探偵事務所に浮気調査を依頼する

パートナーの浮気を確かめるのにおすすめなのが、探偵事務所に浮気調査を依頼することです。探偵事務所に浮気調査を依頼すると、以下のようなメリットがあります。

  • 自分で調査するよりも証拠をつかみやすい
  • 調査していることが相手に分かりづらい
  • 時間と労力の節約になる
  • 調査結果を客観的に報告してもらえる
  • プロに依頼することで気持ちを整理できる

2.パートナーに浮気したことを後悔させる方法は?

パートナーに浮気したことを後悔させるのに効果的な方法をご紹介します。

2-1.素直に悲しむ

浮気されたことを素直に悲しむと、パートナーが深く後悔します。愛する人を悲しませてしまったことを反省すれば、浮気を繰り返すこともないでしょう。浮気をした側からすれば、愛する人が静かに悲しむ姿を見るのが一番こたえるからです。ただし、わざとらしく演技してはいけません。大げさに驚いたりウソ泣きをしたりすると、すぐに見抜かれてしまうので気を付けましょう。

2-2.ショックや失望を言葉や態度で示す

浮気されてショックを受けたり失望したりしていることを、言葉や態度で示しましょう。無理をして平気なフリをするのはやめてください。浮気しても問題ないのだと誤解されてしまいます。浮気に対するショックや失望は、相手を愛しているからこそ生まれる感情です。きちんと言葉や態度で示し、自分を愛してくれる人に対して悪いことをしたと気付かせましょう。

2-3.一定期間距離を置いてみる

一定期間、お互いに距離を置いてみるのもよい方法です。いつも当たり前のように隣にいてくれた人がいなくなれば、本当に大切な人が誰かハッキリ分かります。パートナーが本当に大切な人のことを愛していれば、浮気が愚かな行為だと反省するきっかけになることでしょう。なお、1か月など期間を決めて実行することが基本です。期限を迎えたら再度話し合って、浮気を反省しているか確認してみましょう。

2-4.別れを切り出す

パートナーに別れを切り出すのも、浮気を後悔させる方法の一つです。パートナーが別れたくないと思っているのなら、浮気したことを反省してくれることでしょう。ただし、別れを切り出したら、パートナーがあっさり受け入れてしまう可能性もあります。2人の関係がすでに冷えきっている場合などは、別れるほうがよいとなることもあるので注意してください。もしも、パートナーとやり直したいと考えているのなら、ほかの方法をおすすめします。

3.浮気を後悔させるためにやってはいけないこと

パートナーに浮気を後悔させるためであっても、やってはいけないこともあります。

3-1.しつこく問い詰める

浮気についてしつこく問い詰めることは逆効果になるので、やってはいけません。浮気はしたほうが悪いことは事実ですが、相手を必要以上に消耗させてしまうだけです。しつこく問い詰めた結果、反省の言葉を引き出すことができても、本心からではありません。また、中には逆ギレされてしまうこともあるでしょう。浮気を後悔するどころか、心が余計に離れてしまう結果になりやすいので注意してください。

3-2.大切にしているものを壊したり捨てたりする

パートナーが大切にしているものを壊したり捨てたりするのはやめましょう。浮気をしたからといって、見せしめのためにパートナーの大切なものを壊したり捨てたりしてよいということではありません。携帯電話やスマホもパートナーにとっては大切なものです。浮気を後悔させるどころか、一生恨まれることもあります。中には、離婚を考える人もいるでしょう。

3-3.浮気相手に嫌がらせをする

浮気相手に嫌がらせをしてはいけません。浮気をされて悔しい気持ちも分かりますが、浮気相手に嫌がらせをしても、根本的な解決に至るわけではないからです。反対に、パートナーが浮気相手を守る発言や行動に走るきっかけになります。また、嫌がらせの内容によっては、浮気相手から名誉棄損などで訴えられることもあるでしょう。

3-4.パートナーの会社や周囲の人に浮気をバラす

浮気されたことが悔しくても、パートナーの会社や周囲の人に浮気の事実をバラすのはやめましょう。パートナーの社会的な立場を悪くしてしまいます。無関係の人にとっては、他人の浮気話は単なる面白いネタです。同情してくれるように見えても、興味本位でウワサを広められてしまうだけでしょう。パートナーだけでなく、浮気された人も話のネタの対象になるだけなので、まったくメリットがありません。

3-5.パートナーの行動を24時間監視する

浮気が心配であっても、パートナーの行動を24時間監視するのは逆効果です。頻繁にメールやSNSを送信したりいつでも一緒に過ごすことを強要したりするのはやめてください。いくら愛している相手であっても、束縛がきついと逃げたくなるものです。ある程度一緒に時間を過ごしたり要所要所で連絡をもらったりすることは必要ですが、束縛し過ぎると浮気に走るきっかけになるので注意してください。

3-6.自分も浮気する

パートナーに浮気を後悔させるために自分も浮気をするのは、論外です。同じ思いを味わわせるために浮気するのでは、パートナーから失望されてしまいます。パートナーが裏切ったのだから、自分も同じように裏切ってよいということではありません。パートナーと別れたいのならともかく、関係を修復したいのなら絶対にやめてください。

4.浮気を繰り返させないための方法

パートナーに二度と浮気させないための方法を見ていきましょう。

4-1.2人で過ごす時間を増やす

生活のすれ違いが多いことでパートナーが浮気したのなら、2人で過ごす時間を増やすのもよい方法です。忙しさを理由に2人がすれ違ってばかりでは、また浮気される可能性が高くなります。たとえ、仕事の時間帯が異なるなどの理由でなかなか一緒に過ごす時間がなくても、できるかぎり努力してみましょう。たとえば、朝食だけは一緒に食べる、たまには休暇の時期を合わせて2人で外出するなどです。一緒に過ごす時間が増えれば、お互いのことを大切だと感じる瞬間も増え、親密度が増して浮気に走ることもなくなるでしょう。

4-2.2人の会話を増やす

パートナーに浮気を繰り返させないためには、2人の会話を増やすのもおすすめです。2人の会話を増やすことで、お互いの気持ちを理解しやすくなります。実際に、会話が多いカップルのほうが、浮気率が低いものです。何を話してよいか分からないというのなら、最初はあいさつ程度から始めましょう。慣れてくれば、徐々に話すことが増えてきます。2人で一緒にテレビや映画を見るのも、会話のきっかけになるのでおすすめです。

4-3.自分のダメな点を改善する

浮気はした側が悪いのは事実ですが、浮気された側も謙虚になって自分にダメな点があったら改善することも必要です。たとえば、以下のような点に思い当たるものがあったら、意識して改善していきましょう。

  • すぐ感情的になる
  • いつまでもネチネチと根に持つ
  • 束縛がきつい
  • 相手の話をよく聞かない
  • だらしない姿を見せても平気

4-4.異性としての魅力を磨く

異性としての魅力を磨くことも、パートナーの浮気を予防する方法の一つです。パートナーとの関係に安心して努力を怠ってしまうと、パートナーはほかの異性に目移りしやすくなります。たとえば、適度な運動などで標準体型を維持するようにしたり、髪や肌・ムダ毛のケアをきちんとしたりしてください。異性としての魅力が高まれば新鮮な気持ちになれるので、以前のように良好な関係に戻りやすくなります。

4-5.スキンシップを増やす

スキンシップを増やすのも効果的な方法です。スキンシップを増やすことで、お互いに対する意識が変わり、元のように仲よくやっていくことができるようになります。スキンシップといっても、外出時に手をつなぐなど無理のない範囲で構いません。手をつなぐのが無理なら、なるべく並んで歩くようにしてみましょう。相手の存在を身近に感じることができ、自然にスキンシップできるようになります。

5.浮気を後悔させる方法に関するよくある質問

最後に、浮気を後悔させる方法に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.本当に後悔しているのなら二度と浮気しないはずなのでは?
A.断言できません。今回の浮気に対して深く後悔しても、浮気をしてしまう人はいます。パートナーに浮気を繰り返させないように、自分でも気を付けたり努力したりすることも必要です。

Q.どんな方法でも浮気を後悔させることができないのですが?
A.パートナーが浮気したことを開き直っている場合は、どんな方法も無駄になります。後悔してくれない場合は、このまま受け入れて関係を持続すべきか、別れるべきかじっくり考えて決めましょう。

Q.浮気をした人は後悔しても繰り返すと聞いたのですが?
A.確かに、1回浮気をしたことがある人は、一線を越えやすくなっているのも事実です。しかし、パートナーが二度と浮気をしないと誓っていて、自分もやり直したいと考えているのなら、信じてみることも必要でしょう。

Q.恋人から結婚前に浮気をしても問題ないと開き直られたのですが?
A.結婚前なら自由に恋愛する権利があるので、法的には問題になりません。しかし、特定のパートナーがいるのにほかの異性とも関係を持つのは、倫理的に疑問が残ります。浮気に対しての考えが違う相手とこの先やっていけるのか、考えてみることが必要です。

Q.浮気調査を依頼するにはどんな探偵事務所を選ぶべきか?
A.以下を参考にしてください。

  • 浮気調査で豊富な実績がある
  • 正式依頼を前提とした簡単な相談や見積もりは無料
  • リーズナブルかつ明確な料金システム
  • 調査期間は相談の上で決めてくれる
  • スタッフの感じがよく親身になって相談に乗ってくれる
  • 顧客からの評判がよい
  • 調査結果を分かりやすく報告書にまとめてくれる
  • 個人情報保護や守秘義務を深く理解している
  • 活動地域の公安委員会に探偵業の届け出済み

なお、当愛知探偵事務所でも浮気調査を数多くお受けしてご好評をいただいています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

まとめ

今回は、浮気を後悔させる方法について詳しく解説しました。パートナーに浮気を後悔させるには、浮気されて悲しい気持ちを素直に伝えたりショックや失望したことを態度に表したりすると効果的です。浮気によって愛する人にひどいことをしてしまったと認識してもらうことができれば、浮気の予防につながります。そのためにも、まずは、きちんと調査して浮気の事実を確認しましょう。浮気を後悔させるには、最初に客観的な証拠をつかむことが大切です。この記事を参考にし、信頼できる探偵事務所に相談して浮気調査を進めてみるとよいでしょう。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!