浮気相手を特定する方法は? 効率よく探すコツと注意点を詳しく解説!


「パートナーに浮気の疑いがあるので、浮気相手を特定する方法を知りたい」とお考えではありませんか? パートナーが浮気しているのは確実だとしても、浮気相手が特定できていないのでは困ります。浮気調査をして決定的な証拠をつかむためにも、まずは、どんな相手と浮気しているのか知ることが必要です。しかし、どんなポイントをチェックして探すとよいのか、よく分からないことでしょう。

そこで今回は、浮気相手の特定について詳しく解説します。

  1. 浮気相手を特定すべき理由は?
  2. 浮気相手を特定する方法は?
  3. 浮気相手を特定できたらどうする?
  4. 浮気相手を特定した後の注意点
  5. 浮気相手の特定に関するよくある質問

この記事を読むことで、浮気相手を特定する方法や注意点がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.浮気相手を特定すべき理由は?

最初に、浮気相手を特定すべき理由について見ていきましょう。

1-1.浮気相手に慰謝料請求できる

浮気相手を特定することで、慰謝料請求が可能になります。浮気相手の氏名や住所などが不明なままでは、慰謝料を請求しようがありません。既婚者との浮気は法的に不貞行為と認められており、慰謝料請求の正当な理由になります。法律に基づき、きちんと償ってもらうためにも浮気相手の特定には重要な意味があるのです。

1-2.パートナーの行き先が分かる

浮気相手を特定すると、パートナーの行き先が分かるのも大きなメリットです。急ぎの用事がある場合にパートナーと連絡が取れなくても、重要な手がかりになります。たとえば、夫婦ゲンカをして家を出て行ってしまった場合でも、浮気相手のところにいるのだなと見当を付けることが可能です。また、身内に不幸があったときなど至急連絡したいときにも役立つことでしょう。

1-3.浮気相手の逃亡を予防する

浮気相手の逃亡を予防できるのも、浮気相手を特定すべき理由です。浮気相手は、自分の身元がバレていないからこそ平然と浮気を続けていることがあります。そのため、身元がバレないうちに関係を終わらせてしまおうと考えて、いきなり逃亡してしまう可能性もあるでしょう。浮気相手が逃亡してしまうと、現在より特定が困難になり、謝罪の要求や慰謝料請求がスムーズに進みません。

2.浮気相手を特定する方法は?

浮気相手を特定する主な方法を詳しく解説します。

2-1.自分で調べる

以下のような方法により、自分で調べて浮気相手を特定することができます。

  • パートナーから直接聞き出す
  • パートナーの友人や知人に聞いてみる
  • 財布の中身や所持品をチェックする
  • 携帯電話やスマホの履歴をチェックする
  • SNSで親しくやり取りしている相手を探す
  • 勤務終了後や休日などにパートナーを尾行する

なお、パートナーの携帯電話やスマホの履歴をチェックする場合は、必ず本人の承諾を得てください。いくら夫婦であっても、勝手に携帯電話やスマホの履歴をチェックするのは、プライバシーの侵害に当たります。

2-2.弁護士に調査を依頼する

浮気相手を特定する場合、弁護士に調査を依頼することもできます。弁護士に依頼すると、携帯電話の番号などの情報から契約者を割り出し、住民票の写しや戸籍謄本を取り寄せることが可能です。ただし、調査費用や相談費用が割高になります。また、弁護士は探偵業務を行っていないので、浮気調査を依頼することはできないのもデメリットです。

2-3.探偵に調査を依頼する

浮気相手の特定で一番確実なのは、探偵に調査を依頼する方法です。安心して依頼するためにも、以下のようなポイントを満たしているか確認しましょう。

  • 身元調査・浮気調査の実績が豊富
  • スタッフが親身になって相談に乗ってくれる
  • 正式な依頼を前提とした簡単な相談や見積もりは無料
  • リーズナブルかつ明確な料金システム
  • 希望の調査期間を考慮してくれる
  • 顧客からの評判がよい
  • 調査結果を分かりやすい報告書で受け取ることができる
  • 守秘義務や個人情報保護を深く理解し配慮している
  • 活動地域の公安委員会に探偵業の届け出済み

なお、当愛知探偵事務所でも、浮気相手の特定調査をお受けしています。まずは、お気軽にご相談ください。

3.浮気相手を特定できたらどうする?

浮気相手を特定できた後に何をすべきか具体的に見ていきましょう。

3-1.浮気の証拠をつかむ

浮気相手を特定したら、浮気の証拠をつかみましょう。浮気の事実を証明するためには、客観的な証拠が必要になるからです。客観的な証拠とは、以下のようなものになります。

  • パートナーと浮気相手がホテルに出入りしている写真や動画
  • パートナーと浮気相手が性行為もしくは準ずる行為をしている写真や動画
  • ホテルのレシートもしくは領収証
  • 浮気の事実があったことをほのめかすメールやSNSのやり取り

このほかにも、浮気をしていると確証できるものを複数用意すると有利になります。なお、浮気の客観的な証拠をつかむには、探偵に浮気調査を依頼するとよいでしょう。当愛知探偵事務所でも、浮気調査を数多くお受けしてご好評をいただいているので、ご相談ください。

3-2.浮気を許せるか考えて今後の対応を決める

浮気の客観的な証拠をつかめたら、浮気を許せるか考えてみましょう。自分一人で結論を出さず、パートナーとよく話し合ってください。浮気を許せるのなら、パートナーとの関係をやり直すことになります。浮気を許せない場合は、別居や離婚が現実的な方法です。なお、子どもがいる場合は、養育費などの問題もあるので慎重に結論を出しましょう。

3-3.慰謝料請求を行う

今後どうするか決めたら、慰謝料請求の手続きに移りましょう。慰謝料の請求先は、以下のとおりです。

  • パートナーとやり直す場合:浮気相手
  • パートナーと離婚する場合:パートナーおよび浮気相手

慰謝料請求の方法には、直接会って伝える、内容証明郵便を送付する、慰謝料請求訴訟を提起するなどがあります。確実に慰謝料を支払ってもらうには、弁護士に相談してアドバイスを受けることがおすすめです。

3-4.パートナーと別れたい場合は離婚の話し合いを進める

浮気を許すことができず、パートナーと別れたい場合は、離婚の話し合いを進めましょう。パートナーの裏切りによって離婚に至るのですから、一般的には有利に進むはずです。なお、離婚の話し合いは、できるだけ第三者に同席してもらうことをおすすめします。話がこじれるケースを想定し、事前に別居しておくのもよい方法です。離婚の話し合いがまとまらないのなら、弁護士に相談して離婚調停や離婚訴訟に進みましょう。

4.浮気相手を特定した後の注意点

浮気相手を特定した後に注意すべき点を詳しく解説します。

4-1.浮気相手の家に押しかけない

浮気相手の住所が特定できても、浮気相手の家に押しかけてはいけません。浮気相手がそのまま逃亡してしまう恐れがあるからです。浮気相手にとって、自分の名前や住所が特定されたことは大きな恐怖といえます。さらに、家に押しかけられたとなれば、浮気相手も身の危険を感じるものです。どんな人物か直接自分の目で見て確かめたくなるのも分かりますが、じっとこらえましょう。

4-2.浮気相手に暴力を振るわない

どんな理由があっても、暴力を振るうことは許されません。暴力を振るった結果、浮気相手がケガをすると、警察に通報されて傷害罪などで訴えられることもあります。ほかの人に頼んで浮気相手に暴力を振るうのも同じことです。いくら浮気相手が憎くても、絶対にやめてください。

4-3.浮気相手に暴言をはかない

浮気相手に暴言をはくこともやめましょう。浮気相手に文句の一つも言いたいのは分かりますが、多くの場合で感情が暴走してしまいがちです。一言だけ言うつもりが、止まらなくなって暴言になってしまうのではいけません。なお、直接会って暴言をはくだけでなく、手紙やメール・SNSなどでの発言も同様です。内容によっては、脅迫罪に問われることもあるので気を付けてください。

4-4.浮気相手の悪口を広めない

浮気相手の悪口を広めるのもいけません。たとえ浮気が事実であっても、浮気相手の人格などを否定し、周囲に広める権利はないからです。内容によっては、名誉棄損に当たることもあります。悪口を広めて精神的に浮気相手を追い詰めても、何もよいことはないので、やめましょう。

4-5.浮気相手の実家や職場に押しかけない

浮気相手の実家や職場に押しかけるのもやめてください。浮気はあくまでも当事者同士の問題であり、浮気相手の実家や職場にはまったく関係のないことです。実家や職場に押しかけられると、浮気相手は社会的に追い込まれてしまいます。精神的ダメージが大きくなり過ぎて、思わぬ事態を招くことになることもあるので注意しましょう。

4-6.浮気相手に退職や引っ越しを強要しない

浮気相手に退職や引っ越しを強要することもやめましょう。浮気相手が退職や引っ越しをしたところで、パートナーとの関係が断ちきれるとは限りません。むしろ、反対に燃え上がって再度浮気に走るきっかけにもなります。それに、退職や引っ越しによって新住所・新連絡先が不明になってしまえば、慰謝料請求などの手続きができなくなるのもいけません。退職により収入がなくなれば、慰謝料の支払いも滞る可能性もあります。すべてが終わるまで、浮気相手には現状のままでいてもらうほうがよいのです。

5.浮気相手の特定に関するよくある質問

最後に、浮気相手の特定に関する質問に回答します。それぞれ確認しておきましょう。

Q.浮気相手が自分の親友と分かってびっくりしているのですが?
A.浮気相手は、意外と身近な人物であることが多く見られます。特に、パートナーと接する機会が多い相手は要注意です。

Q.浮気相手は特定できても浮気の事実が確認できないこともある?
A.はい。たとえば、すでにパートナーと浮気相手が別れている場合は、浮気調査をしても客観的な証拠を押さえることが困難なことがあります。別れた時点で一切の連絡先や証拠を消されてしまうことが多いからです。

Q.浮気を許してやり直すか離婚するか簡単に判断できない場合はどうする?
A.冷静に考えるためにも、別居をおすすめします。パートナーと顔を合わせず、一人で考えることで答えが見えてくることでしょう。ただし、最長でも3か月程度に決めておき、だらだらと延長しないことが重要です。

Q.浮気相手を特定するために役立つ情報は?
A.以下のようなものです。

  • パートナーの勤務先情報
  • パートナーの交友関係一覧
  • 浮気相手と思われる人物の携帯電話やスマホの番号
  • 浮気相手と思われる人物のSNSアカウント
  • 浮気相手と思われる人物の顔が判別できる写真や動画

上記のほかにも、探偵などから照会があったものはできるだけ提出しましょう。

Q.探偵に調査を依頼しても浮気相手を特定できなかった場合はどうする?
A.再調査を依頼するか、探偵とよく相談して検討しましょう。再調査を行う場合は、手持ちの情報を再度チェックして、手がかりを探すことも大切です。

まとめ

今回は、浮気相手の特定について詳しく解説しました。パートナーが浮気している確証をつかんだら、最初に浮気相手を特定する必要があります。まずは、どんなに小さな情報でもよいので、手がかりを集めましょう。浮気相手の手がかりがつかめたら、調査を進めて特定してください。なお、浮気相手の特定調査は、探偵に依頼することがおすすめです。浮気相手を確定した後も、本格的な浮気調査を依頼できる、調査結果を具体的な報告書にまとめてもらえるなどメリットが多くあります。浮気相手に対して反省と謝罪を促し、法律に基づいて慰謝料請求を行うためにも、この記事を参考にして信頼できる探偵によく相談してみてください。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!