浮気させないためにはどうしたらいい? 浮気防止策はたった3つでOK!


男性でも女性でも、ひとりの人と長く付きあうことで生じてしまうのが「マンネリ化」。
多かれ少なかれ、付きあいを続けていると相手を思う気持ちや喜ぶ気持ちが薄れていく・・・
恋愛でも結婚でも、一度はそんな「マンネリ化」を感じたことがあるのではないでしょうか。
慣れにうんざりして退屈しているときに、新たな相手があらわれたら・・・男性でも女性でも、思わず「ぐらり」ときてしまうんじゃないでしょうか?
浮気の理由として「さびしい」という理由が上がるのは、マンネリ化に退屈し、疲れ切っている証拠なのかもしれません。
しかし、浮気されて平気という人はいませんよね。
長く付き合うと多少慣れは出てきてしまうとはいえ、やはり大切なパートナーには浮気をしてほしくないものです。
寂しさや慣れから来る浮気を防ぐには、どうすればいいのでしょうか?

相手を責めない・疑わない

最近、会う時間が減ってきた。
メールの返事がなかなか返ってこない・・・
相手が浮気をしているかも?というサインがあらわれたとき、どんな行動をとるのかは非常に大切です。
ありがちなのは相手を責めてしまうこと。
「最近、なかなか会えないけど何してるの?」
「浮気してるんじゃないの?」
こんな言葉は逆効果です。
相手を疑う言葉は、寂しさや退屈を感じている相手をさらに浮気へと走らせる第一歩。
責められたことによって心が離れ、余計に浮気へと走らせてしまうこともあります。
浮気していなかった場合は、なおさら心が離れる原因にもなってしまいます。
浮気していないのに疑われたら、うんざりしてしまいますよね?
時には別れの原因となることもありますから、相手を責める言葉や疑いの姿勢を見せるのはNGです。
たとえ浮気していると疑ったとしても、言葉に出して相手に言うのはやめておきましょう。

マンネリを解消する

長く付き合うとマンネリ化してしまう、というのはどんなカップルでも共通しています。
そんな時はマンネリ解消のために、いつもの相手の行動にていねいに反応してみましょう。
いつも通り相手が家に帰ってきたら、笑顔で「おかえり〜お疲れさま!」
プレゼントをもらったら「ありがとう!うれしい!」
そんなフレッシュな反応こそが相手を浮気から遠ざけます。
仮にパートナーが浮気をしていた場合、浮気相手の新鮮な反応に「自分の存在が喜ばれている」と感じていることが多いです。
人間は褒められると弱いもの。
自分の行動を褒めてくれる人に惹かれていくという性質があります。
パートナーが何をしても喜んでくれない状態が続いたら、浮気相手の新鮮な反応の方へ心奪われ、惹かれてしまうのです。
ですから、いつでもパートナーの行動にはフレッシュな反応を示し、「自分の行動が喜ばれている」と感じさせてあげましょう。

普段からおおらかな気持ちで過ごす

これは女性に多いですが、普段から相手に口うるさく「ああして、こうして」という要求をぶつけすぎてしまうと、かなりの確率で相手はうんざりしています。
ちょっとしたことでガミガミ言われたり、細かいことを要求されたり・・・
女性でも男性でも、そんな相手とは一緒にいたいと思えなくなります。
価値観や行動習慣が違うからと言って、すぐに口に出して責め立てるのはやめましょう。
相手は自分とは違う人間ということを忘れずに!
理想の異性像を押し付けすぎるのも厳禁です。
要求したい気持ちはぐっとおさえて、心をおおらかにしておくことを心がけましょう。
相手を受け入れる姿勢を示すことで、心をつかむことができますし浮気を防止することにもつながります。

浮気させない方法まとめ

  • 相手を責めない・疑わない。
  • マンネリを解消する。
  • 普段からおおらかな気持ちで過ごす。

浮気させないためには、パートナーのケイタイを見てチェックしたりするよりも「自分に惹きつけておく」ことを意識することが大切です。
長年付き合っていればこそ、工夫がひつようになるのが男女の関係です。
「浮気なんて絶対させない!」と意気込むと逆効果になりがちですから、まずは肩の力を抜いて。
相手を受け入れてあげる、という姿勢をしっかり見せていきましょう。


調査の依頼を検討している方はこちらもチェック!

確実な調査を県内トップクラスの低価格で!