なぜPTA不倫は起こりやすいのか? 見抜き方や発覚時の対処法も紹介!


「配偶者がPTAで不倫している可能性がある」「PTA不倫を見抜く方法が知りたい」とお悩みではありませんか? 不倫が始まるきっかけにはさまざまなものがありますが、実はPTAもその一つです。「子供のためにPTA役員になったのに、そこで不倫に走ってしまった」という人も少なくありません。

この記事では、PTAで不倫が起こりやすい理由や実際の事例などを詳しくご紹介しましょう。

  1. PTAで不倫が始まりやすい理由は?
  2. PTAでの不倫事例を紹介
  3. PTA不倫を見抜く方法
  4. PTA不倫が発覚した場合の対処法
  5. PTA不倫に関するよくある質問

この記事を読むことで、PTA不倫を見抜くためにチェックするポイントや、不倫発覚時の穏便な対処法などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.PTAで不倫が始まりやすい理由は?

まずは、なぜPTAで不倫が始まりやすいのか、その理由をご紹介しましょう。

1-1.異性との出会いがある

PTA役員になれば、必然的に異性と出会うことが多くなります。家庭を持っている男女が新しく異性と出会う機会というものは、そうそうないものです。しかし、PTA役員になれば、異性との接触が普段ほとんどない人にも、新たな出会いが生まれます。非日常空間ともいえるPTA活動を通じて、恋心を抱いてしまう人も少なくないのです。

1-2.飲み会や懇親会が多く、親しくなりやすい

PTA活動では、飲み会や懇親会などが頻繁に開催されます。お酒の席では普段の緊張感も解けるため、親密な関係が生まれやすいのです。普段飲みに出る機会が少ない人こそ、気が緩んで流されてしまう可能性は高いでしょう。

1-3.共通の話題が多い

共通の話題が多いのも、PTAで不倫が始まりやすい理由の一つです。PTA役員になる人たちは、年代に大きな差はなく、「子供がいる」という共通点もあります。子供の悩みや学校のことなど、共通の話題が多いことから、「話していて楽しい」という気持ちになりやすいのです。特に、「配偶者があまり話を聞いてくれない」という悩みを持っている人は、親身になってくれる異性に特別な感情を抱いてしまう可能性があります。

2.PTAでの不倫事例を紹介

PYA不倫の事例をいくつかご紹介しましょう。

2-1.会長と副会長という関係で頻繁に連絡を取り合っているうちに

子供の学校でPTA副会長を務めていたとき、会長をしていた男性と不倫関係にありました。役職上、連絡を取り合うことが多く、行事に必要な買い物なども一緒に行っていたので、自然と仲よくなったのです。一緒にいても周囲から怪しまれる心配がないのをいいことに、関係は続きました。

2-2.学校行事後の飲み会で気持ちが高まり、そのままホテルへ

PTA主催の学校行事を無事終え、その日の夜に開かれた飲み会をきっかけに不倫が始まりました。頑張って行事の準備をしてきたので達成感も大きく、お酒も入ってつい気持ちが高まってしまったのです。飲み会後に待ち合わせをしてそのままホテルへ行き、その後も不倫関係が続いています。

2-3.PTA役員内で3股(また)不倫

以前、PTA役員内で3股不倫をしている男性がいました。彼と関係を持っている女性が役員内に2人いたということです。本人たちはそのことを知っていたのか分かりませんが、周囲は何となく気づいていたので、とてもやりにくい雰囲気でした。

3.PTA不倫を見抜く方法

「配偶者がPTA不倫をしている疑いがある」というときは、以下のポイントをチェックしてみるとよいでしょう。

3-1.PTAを理由に出かけることが増えた

PTAを理由にして出かけることが急に増えた場合は注意が必要です。もちろん、PTA役員になれば打ち合わせや懇親会などで出かける機会は増えるでしょう。しかし、平日の夜や休日など、不自然に外出する回数が増えた場合は、疑ってみる必要があります。向こうは「PTAを理由にすれば怪しまれることはない」と思っているはずです。「具体的に何をしていてそんなに忙しいの?」「何か手伝えることがあったらいってね」などと声をかけ、気にしている様子を見せるのもよいでしょう。

3-2.スマホを肌身離さず持ち歩くようになった

PTA不倫に限らず、不倫している人はスマホを肌身離さず持ち歩くようになる場合が多くあります。今までスマホを置きっぱなしにしていた人が、突然手放さなくなるのは要注意です。いくら忙しくても、PTA役員をしている人は全員、子供がいます。連絡をとる時間帯にもある程度は配慮するでしょう。夜中でも「PTAの連絡がくるから」といってスマホを気にしているようであれば、不倫を疑うべきです。

3-3.明らかに業務範囲を超えていると感じる

「あまりにも頻繁に連絡がくる」「電話やメールの内容が業務の範囲を超えている」と感じる場合も、注意が必要です。単なる業務連絡ではなく、関係を深めたくて連絡してきている可能性が高いでしょう。配偶者がどう対応しているか、よく観察してみてください。

4.PTA不倫が発覚した場合の対処法

PTA不倫が発覚したときの対処法についてご紹介します。

4-1.証拠を集める

まずは、確実な不倫の証拠を集めましょう。PTA不倫を見抜くのは非常に難しいといわれています。「PTAの用事で会っていただけ」といい逃れされてしまう可能性が高いのです。そこで、不倫を証明するためには、証拠が必要不可欠になります。自分で証拠を集めるのが難しい場合は、探偵事務所に調査を依頼するとよいでしょう。尾行や張り込みなどにより、確実な証拠をつかんでもらえます。

4-2.弁護士に相談する

離婚や慰謝料請求を考えている場合は、弁護士に相談することも検討すべきです。子供のこともあるので、できるだけ自分に有利な形で問題を解決しなければなりません。そのためには、専門家である弁護士の力が必要になります。まずは無料相談を利用するなどしてアドバイスをもらいましょう。

5.PTA不倫に関するよくある質問

「PTA不倫について知りたい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.PTA不倫に走りやすい人の特徴にはどのようなものがあるでしょうか?
A.配偶者から異性として見られていない・社会とのかかわりが薄い・流されやすいなどの特徴があります。

Q.PTA不倫をする女性の心理を教えてください。
A.「誰かに必要とされたい」「刺激がほしい」「寂しい」などの心理から不倫に走る女性が多いでしょう。

Q.PTA不倫が公になった場合、子供にどのような影響が及びますか?
A.ウワサになり、学校でいじめられる可能性があるでしょう。最悪の場合、転校が必要な事態になる場合もあります。また、両親の関係が悪化することで情緒不安定になる子供も少なくありません。

Q.不倫調査を探偵に依頼した場合、費用はどのくらいかかるのでしょうか?
A.愛知探偵事務所では、調査員2名・1日最低5時間からで1時間20,000円となっています。お得なパック料金も用意しているのでチェックしてみるとよいでしょう。

Q.探偵業者選びのポイントを教えてください。
A.豊富な実績があるか・無料相談や無料見積もりを受け付けているか・料金体系は明確か・探偵業の届け出をしているかなどをチェックするとよいでしょう。

まとめ

PTA不倫の事例や不倫を見抜く方法などを詳しくご紹介しました。PTAで不倫が起こりやすいのは、相手と親密になりやすい条件がそろっているためです。自分の配偶者に不倫の疑いがある場合は、注意して観察する必要があるでしょう。ぜひこの記事を参考に、問題を解決してください。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!