浮気相手だけに慰謝料請求はできるのか? 相場や請求方法をチェック!


「浮気相手だけに慰謝料請求はできるのか」「どうすればスムーズに請求できるのか?」など、浮気相手への慰謝料請求に関して悩んでいる方は多いでしょう。配偶者やパートナーとの関係をそのまま続ける場合、浮気相手だけに慰謝料請求をする方がいます。けれども、慰謝料請求できるケースや注意点があるので事前にチェックしておかなければなりません。

そこで、本記事では、浮気相手だけに慰謝料請求する方法や注意点などを解説します。

  1. 浮気相手だけに慰謝料請求はできるのか?
  2. 浮気相手に請求できる慰謝料の相場は?
  3. 浮気相手だけに慰謝料請求する方法
  4. 浮気相手だけに慰謝料請求する際の注意点
  5. 浮気相手への慰謝料請求に関してよくある質問

この記事を読むことで、浮気相手だけに慰謝料請求する方法やポイントなどが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.浮気相手だけに慰謝料請求はできるのか?

最初に、浮気相手だけに慰謝料請求はできるケースとできないケースをチェックしておきましょう。

1-1.浮気相手だけに慰謝料請求することは可能

簡潔に申し上げると、浮気相手だけに慰謝料請求することは可能です。浮気による慰謝料を請求する場合、法律上の責任は浮気をした男女2人にあるとみなされています。被害者側からパートナーの浮気相手だけに慰謝料請求することは法律上でも認められているので可能です。実際に、パートナーに浮気をされてしまい、浮気相手だけに慰謝料請求する事例もたくさんあります。ただし、浮気相手だけに慰謝料を請求できないケースもあるので注意しておかなければなりません。

1-2.浮気相手の状況によっては慰謝料請求できないケースも

浮気相手だけに慰謝料請求できないケースは、浮気相手がパートナーを既婚者だと知らなかったケースです。浮気をしていてもパートナーが浮気相手に自分が既婚者であることを隠していたり、出会い系サイトで1度きりの関係になったりするケースは、浮気相手だけに慰謝料を請求しても認められない可能性があります。認められたとしても大幅に慰謝料の金額が減額される可能性が高いといえるでしょう。また、パートナーが浮気相手の意思を無視して体の関係を結んだケースも、浮気相手だけに慰謝料請求できません。

1-3.慰謝料請求できる権利の時効

慰謝料請求で気をつけておきたいのが、慰謝料請求できる権利の時効です。意外と知られていませんが、慰謝料自体を請求できる権利の時効があります。浮気の慰謝料請求に関する時効は、浮気の事実を知ってから3年です。そのため、パートナーの浮気を知ってから3年以上経過している場合は、慰謝料請求ができないので注意しなければなりません。浮気をしてから3年ではなく、浮気を知ってから3年となるため、その点も注意してください。

1-4.不貞行為をしていない・証拠がない

そもそも不貞行為(肉体関係)がないケースや、その確証がないケースも慰謝料請求ができません。そもそも、法律上、慰謝料請求ができるケースは不貞行為があった場合だけです。デートや食事をするだけでは不貞行為にあたらないので、浮気相手だけに慰謝料請求はできません。また、相手によっては証拠の提示を求めることもあります。誰が見ても不貞行為があったと分かる証拠をつかんでおかなければ、慰謝料請求が認められる可能性は低いといえるでしょう。

2.浮気相手に請求できる慰謝料の相場は?

ここでは、浮気相手に請求できる慰謝料の相場について説明します。

2-1.約10万~300万円が相場

浮気相手への慰謝料請求の相場は、約10万~300万円といわれています。浮気が原因で慰謝料を請求する場合は、パートナーと関係を続けるか別れるか・浮気が原因で別居したかなど、被害者側の精神的なダメージを踏まえた上で金額が決まることになるでしょう。さまざまな要素や浮気が発覚する前の関係性などを考慮してからになるため、状況によって慰謝料請求金額はさまざまです。あくまで目安として、3つのケースごとの慰謝料請求金額を下記にピックアップしてみました。

  • 浮気が原因で離婚してしまった場合:約200万~300万円
  • 浮気が原因で別居してしまった場合:約100万~200万円
  • 離婚しない場合:約50万~100万円

2-2.浮気相手への慰謝料金額が増額するケース

状況によって慰謝料の金額は異なるとお話しましたが、ここでは、浮気相手への慰謝料請求金額が増額するケースをいくつか紹介します。増額するケースは以下のとおりです。

  • 浮気をしていた期間や頻度
  • 婚姻期間の長さ
  • 浮気前のパートナーとの関係
  • 浮気によって関係が悪化した程度
  • 子どもの有無と子どもへの影響
  • 浮気相手の反省の度合い
  • 浮気相手の社会的地位や年齢差
  • 慰謝料の支払い能力
  • どちらが浮気を主導していたか
  • 精神的苦痛の程度など

3.浮気相手だけに慰謝料請求する方法

ここでは、浮気相手だけに慰謝料請求する方法を解説します。

3-1.浮気相手との示談・直接交渉

1番手っ取り早い方法になるのが、浮気相手との示談または直接交渉です。浮気相手だけに慰謝料を請求する場合、示談・直接交渉であれば正式な手続きが必要ないので短期間で解決できるというメリットがあります。ただし、話し合いで浮気相手が浮気していたことの事実を認めなければなりません。また、感情的になったり冷静になれなかったりすると、うまく交渉できない可能性もあるでしょう。さらに、浮気相手が素直に浮気を認めるとは限りません。認めないときのことを考えて、浮気相手が言い逃れできないような証拠を確保しておくことをおすすめします。

3-2.内容証明郵便を利用する

浮気相手と直接会いたくない・話し合いに応じてくれない場合は、内容証明郵便を利用する方法があります。内容証明郵便は送った内容や日時を郵便局が証明してくれるので、浮気相手に「いつ・誰に・慰謝料請求をしている」と証明することが可能です。そのため、浮気相手にプレッシャーを与えることができます。ただし、法的な強制力を持っていないので、浮気相手が応じてくれなかったり、無視をしたりすることも十分にあり得るでしょう。浮気相手が応じてくれない場合は、「慰謝料請求に応じない場合は法的措置もあり得る」という旨を書面に記載します。

3-3.訴訟(裁判)で慰謝料を請求する

最終手段としては、訴訟を起こし、裁判で慰謝料請求をする方法があります。話し合いに応じてくれない・内容証明を送っても反応がない場合に、有効な方法といえるでしょう。浮気相手の意思に関係なく、裁判での決定には法的な強制力があるため、浮気相手は判決で下された慰謝料を必ず支払わなければなりません。仮に、裁判で支払いが決められたにもかかわらず、慰謝料を支払わない・踏み倒そうとしている場合は、給与を差し押さえることも可能です。ただし、慰謝料請求訴訟となると時間やコストがかかる・手続きを進めるために弁護士への相談や依頼が必要になるという点がデメリットとなります。

4.浮気相手だけに慰謝料請求する際の注意点

ここでは、浮気相手だけに慰謝料請求する際の注意点をいくつか紹介します。

4-1.請求する前にしっかりとした証拠を確保する

浮気相手だけに慰謝料請求をする場合、あらかじめしっかりとした証拠を確保しておかなければなりません。前述したように、不貞行為をしたと分かる証拠を確保しておかなければ、浮気相手が素直に浮気したことを認めない可能性があるからです。十分な証拠もないままに慰謝料を請求しても、浮気相手に言い逃れされてしまうことになります。さらに、浮気相手が警戒すれば、今後しっかりとした証拠も確保できなくなってしまうでしょう。そのようなことがないように、きちんと証拠を用意しておく必要があります。

4-2.浮気の証拠を自分でつかむのは不可能に近い

では、浮気の証拠はどのようにつかめばいいのか、自分で証拠をつかもうとパートナーの行動を見張ろうと思っている方は多いと思いますが、素人が浮気の証拠をつかむのは不可能に近いことです。パートナーの行動をずっと観察しなければなりませんし、尾行の途中で相手に気づかれてしまう恐れもあります。もし、気づかれてしまうと余計に警戒されてしまい、逆に浮気の証拠がつかみにくくなるかもしれません。そのようなことがないように、自分で無理をして証拠をつかむのではなく、探偵事務所に浮気調査を依頼することをおすすめします。

4-3.名古屋市を中心に調査を行っている愛知探偵事務所

名古屋市を中心に探偵業を行っている愛知探偵事務所では、浮気調査も受けつけています。調査件数は年間800~1,000件以上という実績もあるため、安心して相談できるでしょう。また、浮気調査の場合、調査員全員が浮気調査に関する法律を熟知しています。そのため、現場での判断も的確に行うことができますし、暗視カメラといった最新機材を利用して明確な証拠の確保が可能です。さらに、裁判資料として使用可能な報告書も作成し提出しています。無料相談も受けつけいるので、浮気相手への慰謝料請求でお悩みの方はぜひ1度相談してみてはいかがでしょうか。

5.浮気相手への慰謝料請求に関してよくある質問

浮気相手への慰謝料請求に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.求償権とは?
A.浮気相手だけに慰謝料請求した場合、浮気相手が浮気をした当事者(パートナー)に対してその責任負担分となる慰謝料の支払いを請求することです。求償して慰謝料の支払いを受けることで、浮気をした男女の間において公平な責任分担が実現できることになります。求償権の行使は法律上認められていることなので、浮気相手がその権利を把握しておけば請求される恐れがあるでしょう。

Q.浮気相手と話し合いをする際に心がけるべきことは?
A.自分自身が冷静になることです。浮気が発覚すると、浮気をした本人はもちろん、浮気相手に対しても怒りがこみ上げてくるでしょう。「最低!」といった言葉を投げたり責めたりしたい気持ちも分かりますが、感情的になってしまっていては一向に話し合いが進みません。まずは自分が冷静になることを心がけてください。そして、きちんと気持ちの整理ができてから浮気相手との話し合いに挑みましょう。

Q.浮気相手との示談のポイントは?
A.冷静に話し合いを進めるのはもちろんのこと、取り決めは必ず書面化してください。可能なら公正証書にするなどして証拠として残したほうが、相違の認識トラブルに発展する可能性を防ぐことができます。また、示談条件を柔軟にすることも大切なポイントです。たとえば、パートナーと二度と接触しない・示談条件を口外しない・迷惑行為をしない・求償権を放棄するなど、ハッキリと条件を示すことも重要でしょう。あまりに厳しい内容だと、浮気相手も素直に応じなくなってしまいます。

Q.慰謝料が支払われるまでの期間はどれくらいか?
A.浮気相手によって異なります。慰謝料請求が認められ金額が決まったとしても、相手の誠意や経済力によって慰謝料を受け取れるまでの期間は大きく変わるでしょう。場合によっては、浮気相手が一括で支払いできないからと分割払いを求められることもあります。支払い能力や経済力に応じて支払われることになるため、全額受け取れるまでに数年かかることもあるのです。慰謝料請求をしてから支払われるまでの期間は明確に決まっていませんが、話し合いで合意したほうが最も早く支払われる可能性は高いでしょう。

Q.探偵事務所選びのポイントは?
A.どの探偵事務所に依頼すればいいのか分からずに悩んでいる方は、以下のポイントを参考にしてください。

  • 浮気調査の実績があるか
  • ホームページ等に探偵業の許可証が掲載されているか
  • 調査内容や料金について明確に説明してくれるか
  • スタッフや調査員の対応が丁寧でスピーディーか
  • 見積書の内容が細かく記載されているか
  • 無料相談や無料見積もりを行っているか
  • 実際に利用した人の口コミや評判がいいか

まとめ

パートナーとの不貞行為が明らかになれば、浮気相手だけに慰謝料請求をすることができます。すぐに責めたり請求したりしたい気持ちも分かりますが、請求前に不貞行為があったことの分かる証拠をつかんでおかなければなりません。証拠をつかむために、自分で調べるのではなく、プロの探偵事務所に依頼しましょう。プロの調査員が浮気調査を行ってくれるため、スピーディーかつ確実な証拠を押さえることができます。


調査の依頼を検討している方はこちらもチェック!

確実な調査を県内トップクラスの低価格で!