不貞行為の慰謝料請求に時効はあるの? 時効までの期間や例外を解説!


不貞行為をした配偶者や浮気相手には、慰謝料を請求することができます。しかし、いつでも慰謝料を請求ができるわけではありません。「慰謝料を請求する権利」にも時効があります。「では、慰謝料の時効が過ぎたら例外なく慰謝料を請求することができなくなるのか」と思う方もいるでしょう。

そこで今回は、不貞行為を理由に慰謝料を請求する場合の時効について詳しく紹介します。

  1. 不貞行為を理由に慰謝料を請求するには期限がある
  2. 不貞をした配偶者や不倫相手に慰謝料を請求する方法
  3. 慰謝料請求の時効に関する例外事項
  4. 不貞行為で慰謝料請求するときに役立つ証拠と集め方
  5. 慰謝料の時効に関するよくある質問

この記事を読めば、時効の計算方法や時効と排斥期間の違いも分かります。配偶者が不貞行為をしているかもしれないと悩んでいる方は、ぜひこの記事を読んで解決方法の参考にしてください。

1.不貞行為を理由に慰謝料を請求するには期限がある

はじめに、不貞行為を理由に慰謝料請求をする場合の期限について解説します。浮気を知ってどのくらいの期間請求できるのでしょうか?

1-1.慰謝料請求できる期間は基本的に3年

配偶者が不倫をした場合、精神的な苦痛の対価として慰謝料を請求することができます。慰謝料を請求できる相手は、不倫をした配偶者と不倫相手です。ただし、不倫相手が配偶者を既婚者と知らなかった場合や、一度だけ肉体関係を結んだがその後二度と会わなかった場合などは、慰謝料請求はできません。慰謝料の請求には時効があり、基本的には不貞の事実を知ってから3年間です。たとえば、5年前に配偶者が不倫をしていたことを今日知った場合、今日から3年後の同日まで慰謝料の請求ができます。

1-2.除斥期間は20年

時効とは別に、不倫には「除斥期間」というものもあります。これは20年です。除斥期間が過ぎた場合は不倫の事実を知らなかったとしても、慰謝料を請求できなくなります。一例をあげると、配偶者が22年前に不倫をしていたことを今日知った場合は、すでに除斥期間が過ぎているので慰謝料の請求はできません。

2.不貞をした配偶者や不倫相手に慰謝料を請求する方法

では、不貞行為を働いた配偶者や不倫相手にどうすれば慰謝料を請求できるでしょうか? この項では、その方法を紹介します。

2-1.話し合いで請求する

不貞をした配偶者や不倫相手と話し合い、慰謝料を請求することができます。当人同士だと感情的になりやすいので、弁護士を挟んで話し合いをするのが一般的です。弁護士が調停役となって話し合いを行い、双方金額や支払期限に納得したらその内容を公正証書にします。そうすれば、不貞をした配偶者や不倫相手が約束を破ったら給与などを差し押さえることも可能です。

2-2.裁判に訴える

話し合いが不調に終わった場合は、家庭裁判所に慰謝料請求の訴えを起こします。裁判を起こすのは手間と費用がかかりますが、裁判で「慰謝料の支払うように」という判決が出たら、それは法的な効力を持つので逃れることはできません。

2-3.慰謝料の種類によっては不倫相手に請求できないものもある

不貞行為に関する慰謝料には、不貞行為に対する慰謝料と不貞行為が原因で離婚した際、その精神的苦痛に対する慰謝料があります。配偶者には両方を請求することができますが、不倫相手には離婚に関する慰謝料は請求できません。結婚生活を続けるかどうかは夫婦の問題であり、不倫相手は関係がないためです。

3.慰謝料請求の時効に関する例外事項

慰謝料請求の時効には例外もあります。この項では、その一例を紹介しましょう。どのような例外があるのでしょうか?

3-1.除斥期間内であれば不倫の事実を知ってから3年間は慰謝料請求が可能

不貞行為で慰謝料を請求する場合、不倫の事実を知ってから3年間は請求が可能です。前述したように、3年前の不倫を今日知った場合は、今日から3年間慰謝料の請求ができます。除斥期間と併せて考えると、17年前の不倫までならば3年間慰謝料請求が可能です。

3-2.不倫相手が分からない場合は除斥期間だけが適応される

不倫相手が不明な場合、慰謝料の請求先が分からないので「不貞の事実」を知っても時効は発生しません。不倫相手の素性が分かった時点から3年間、慰謝料請求ができます。ただし、除斥期間は適応されるので、不倫をした事実から20年が経過すれば慰謝料請求はできなくなるので注意しましょう。

3-3.内容証明をしたり裁判を起こしたりすれば時効は中断できる

時効寸前に不倫の事実を知った場合、内容証明を不倫相手や配偶者に送ることで、6か月間は時効を停止させることができます。その間に話し合いができれば話し合いをしましょう。6か月で解決が難しい場合は裁判を起こすとその時点で時効がストップします。

4.不貞行為で慰謝料請求するときに役立つ証拠と集め方

この項では、不貞行為で慰謝料請求するときに役立つ証拠と集め方について解説します。どのような証拠が有効なのでしょうか?

4-1.不貞の証拠とは肉体関係を結んだと分かるもの

「不倫」の定義は裁判では「肉体関係を結んだ」ことです。たとえば、配偶者以外の異性に「愛している」とメールを送ったり、一緒に食事をしたりしても「不倫」とは認められません(10年程度の長期にわたった場合は、例外として認められることもある)。では、何を持って肉体関係を結んだと判断するかというと、「ホテルの個室のような場所に2人で入った」場合です。ですから、ラブホテルに出入りしている写真は、決定的な証拠となります。これ以外では、どちらかの家に長時間、何度も出入りしている場合なども証拠として認められるでしょう。ただし、シティホテルのように内部に会議室やレストランなどがある場合は、個室に出入りしている写真が必要です。

4-2.メールやSNSの内容も証拠になる

不倫相手との連絡手段として、メールやSNSを使うことはよくあります。その内容も印刷しておけば証拠になるのです。また、レシート類も「不倫相手と食事をしたりプレゼントを贈ったりした」と確定できれば証拠になるでしょう。写真と併せて使うことにより、慰謝料の額を左右することもあります。

4-3.確かな証拠の確保は探偵業者に依頼するのがおすすめ

レシートやメール、SNSの内容は個人でも集めることができます。しかし、決定的な証拠であるラブホテルなどに出入りする写真を顔が分かる角度で撮影するのは難しいでしょう。そこで、おすすめなのが探偵業者への依頼することです。探偵業者は浮気調査を得意としているので、依頼すれば鮮明な写真を撮影してくれるでしょう。愛知探偵事務所でも、浮気調査の依頼を受けており、多くのお客様に満足いただいております。また、裁判所に提出できる報告書の作成も承っているので、ぜひご相談ください。相談は無料です。

5.慰謝料の時効に関するよくある質問

この項では、慰謝料の時効に関するよくある質問を紹介します。

Q.配偶者への時効請求も3年で時効ですか?
A.はい。そのとおりです。

Q.慰謝料を請求しようと思ったら配偶者が家を出て行き音信不通になった場合はどうすればいいでしょうか?
A.時効までに探し出しましょう。行方不明でも時効は停止しません。

Q.配偶者が国外に行ってしまった場合は、慰謝料の時効は停止するでしょうか?
A.いいえ。停止しません。

Q.時効を迎えてなくても配偶者に慰謝料請求できない事例はありますか?
A.別居期間が長い場合など、夫婦関係が破綻している場合は請求できません。

Q.肉体関係がない場合は不倫ではないのでしょうか?
A.はい。たとえば相手の家に入り浸って帰ってこない場合など特殊な例を除き、単に食事をしただけとか、メールを交わしただけなどでは不倫と判断されません。

まとめ

今回は、不貞行為に関する慰謝料請求の時効について解説しました。時効が成立していなくても、時間がたつほど浮気をしたことを立証することは難しくなります。「不倫をしているかも」と思ったら、すぐに動いて証拠を集めましょう。そうすれば、問題解決も早まります。


調査の依頼を検討している方はこちらもチェック!

確実な調査を県内トップクラスの低価格で!