浮気調査を依頼する探偵の選び方は? 費用相場や注意点も詳しく解説!


「パートナーの浮気調査を依頼したいので、信頼できる探偵の選び方を知りたい」とお考えではありませんか? 実は、浮気調査で満足する結果を得るためには、探偵の選び方がとても重要です。しかし、実際にどんなポイントをチェックすべきか、注意点は何かなどよく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、浮気調査の探偵の選び方について詳しく解説します。

  1. 探偵による浮気調査とは?
  2. 浮気調査の費用相場は?
  3. 浮気調査を依頼する探偵の選び方
  4. 浮気調査を探偵に依頼するときの注意点
  5. 浮気調査の探偵の選び方に関するよくある質問

この記事を読むことで、浮気調査を依頼する際にどんなポイントで探偵を選ぶべきかよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.探偵による浮気調査とは?

最初に、探偵に浮気調査を依頼するメリットなどを詳しく見ていきましょう。

1-1.自分で調査するよりバレにくい

探偵に浮気調査を依頼すると、自分で調査するより格段にバレにくいのがメリットです。第三者である探偵が調査したほうが、ターゲットに調査中であることが分かりにくく、スムーズに進みます。自分で浮気の証拠をつかみたい気持ちも分かりますが、バレてしまったら意味がありません。確実に浮気調査を進めて証拠をつかむためにも、探偵に依頼することがおすすめです。

1-2.自分で調査するより効率がよい

自分で調査するより効率がよいことも、探偵に浮気調査を依頼するメリットといえます。自分で浮気調査をしようとしても、何をどうやって調べるとよいのかよく分からないことでしょう。そのため、調査効率が下がってしまい、結果的に証拠をつかめずに終わり、時間や労力が無駄になってしまうことが多くなります。また、探偵では通常2名以上がチームになって調査を進めることからも、効率がよいといえるでしょう。

1-3.時間や労力の大幅な節約になる

探偵に浮気調査を依頼すると、時間や労力の大幅な節約になります。自分で調査する場合、仕事を休むなどして時間を作る必要があるでしょう。また、張り込み調査や尾行調査では、相当な時間や労力を使います。しかし、確実に証拠をつかめるとはいえず、調査していることがバレてしまうリスクもあり危険です。その点、探偵に浮気調査を依頼すれば、自分の時間や労力を使うこともありません。時間や労力を無駄にしないためにも、探偵に依頼するメリットは大きいといえます。

1-4.客観的な証拠をつかむことができる

探偵に浮気調査を依頼すると、客観的な証拠をつかむことができます。たとえば、浮気相手に慰謝料を請求したり、パートナーと離婚したかったりするときは、浮気の客観的な証拠が必要です。たとえ自分で調査して証拠をつかんでも、客観性に乏しいため、十分な証拠として認められないことがあります。慰謝料請求や離婚訴訟などを考えているのなら、探偵に調査して客観的な証拠をつかんでもらいましょう。

1-5.第三者に依頼することで気持ちに区切りが付く

第三者に浮気調査を依頼することで、気持ちに区切りが付くこともメリットといえます。パートナーの浮気は重大な裏切り行為ですが、ごくプライベートなことなので、周囲に相談できるとはいえません。しかし、探偵はまったく無関係な立場なので、浮気されて悔しい気持ちなども正直に話すことができます。人によっては、探偵に話を聞いてもらうだけでも随分救われることでしょう。

2.浮気調査の費用相場は?

浮気調査の費用相場を、主な事例ごとに詳しくご紹介します。

2-1.浮気相手・浮気現場・時間帯が判明していると数万円程度~

浮気相手が確定できていて浮気現場や時間帯も分かっている場合は、数万~15万円程度が費用目安です。浮気調査に必要な情報がそろっており、短期間で証拠をつかむことが可能と判断できます。浮気調査のタイミングによっては、調査開始当日に証拠をつかめるケースもあるでしょう。

2-2.浮気現場・時間帯が不明だと20万円程度~

浮気相手が確定している場合でも、浮気現場・時間帯が不明だと20万円程度~が浮気調査の相場になります。浮気現場を証拠として押さえるためには、尾行調査や張り込み調査などによりパートナーと浮気相手が接触するのを待つ必要があるからです。場合によっては、調査期間中にパートナーと浮気相手が接触せず、証拠をつかめない可能性もあるでしょう。依頼者の希望により追加調査が必要になる場合は、少なくとも数万円以上上乗せになります。

2-3.浮気現場や時間帯・浮気相手がいずれも不明だと数十万円程度~

浮気調査でも、浮気相手が不明な場合は、少なくとも数十万円程度~となるでしょう。調査の難易度が上がって時間と労力がかかることが多くなります。まずは、パートナーの周辺を調査し、浮気相手の特定を行うことが必要になるからです。さらに、浮気現場を押さえて客観的な証拠をつかむためには、相当な時間がかかることも予測できます。少ない情報の中で効率よく浮気調査を進めてもらうためにも、手がかりになりそうなことはすべて探偵に提供することが大切です。

3.浮気調査を依頼する探偵の選び方

浮気調査を依頼する探偵の選び方で、押さえておくべきポイントを詳しくご紹介しましょう。

3-1.浮気調査の実績が豊富にある

浮気調査を依頼するなら、実績が豊富にあることを第一にチェックしてください。豊富な実績がある探偵なら、さまざまな調査パターンを経験しているためフットワークが軽く、効率よく浮気調査を進めてもらえます。また、こちらの要望にも的確に対応してもらえることでしょう。なお、当愛知探偵事務所でも、数多くの浮気調査をお受けして大変ご好評をいただいています。まずは、お気軽にご相談ください。

3-2.活動地域の公安委員会に探偵業の届け出済み

浮気調査を依頼する前に、探偵が活動地域の公安委員会に探偵業の届け出を済ませているかチェックしましょう。信頼できる探偵なら、自社ホームページや事務所などに、探偵業の届出証明書と届出番号を分かりやすい場所に提示してあるはずです。もしも、届出番号が見当たらない場合は、探偵に直接確認してもよいでしょう。届出番号を教えてくれない、話をそらすといった場合は、不法営業の可能性が高いので、契約してはいけません。

3-3.正式な依頼を前提とした相談や見積もりは無料

信頼できる探偵では、正式な依頼を前提とした相談や見積もりは無料です。本来なら相談や見積もりにも時間や手間がかかるので、有料としたいところでしょう。しかし、有料では気軽に相談してもらったり見積もりを依頼してもらったりすることができません。そこで、あえて無料にして、多くの人から検討してもらえるようにしているのです。実際に、無料相談や見積もりから正式な調査依頼に多くつながっていることから、探偵にとってもメリットが大きいといえます。

3-4.リーズナブルで明確な料金システム

リーズナブルで明確な料金システムがあることも、信頼できる探偵の特徴になります。浮気調査は、個々によって難易度・期間などが異なるため、一概にいくらと提示しにくいのは事実です。しかし、信頼できる探偵ではいくつかの料金プランを用意し、分かりやすい料金システムになっています。さらに、親切な探偵では、自社ホームページに料金プランの一例を提示しているものです。

3-5.調査期間の希望を考慮してもらえる

信頼できる探偵では、調査期間の希望も考慮してもらえるのもポイントです。浮気調査では、限られた契約時間内で調査を進め、証拠をつかむ必要があります。このとき、探偵が勝手に調査期間や時間帯を決めるのでは、調査の効率が落ちて空振りに終わる可能性もあるでしょう。浮気調査は、単に長時間行えばよいというものではありません。たとえば、浮気をしている曜日や時間帯が大体分かっているのなら、集中して調査してもらえるプランにすべきです。

3-6.守秘義務および個人情報保護について熟知・配慮している

浮気調査を探偵に依頼するときは、守秘義務および個人情報保護を熟知し、十分に配慮していることも確認してください。信頼できる探偵では、依頼者から得た情報は厳重に管理し、不要になった時点で廃棄しています。たとえば、混んでいる喫茶店などで周囲に聞こえるような大声で話をしたり、事務所にほかの依頼者からの依頼文書が放置してあったりするのではいけません。

3-7.スタッフの対応が親切で顧客からの評判もよい

浮気調査は、スタッフの対応が親切で顧客からの評判もよい探偵に依頼しましょう。スタッフの対応がよければ、依頼者も気軽に相談しやすく、結果的に浮気調査がスムーズに進むからです。探偵は、顧客といかに信頼関係を築けるかが重要なポイントになります。その点でも、信頼できる探偵は、スタッフの教育が行き届いており、丁寧な言葉遣いや対応を徹底しているので安心です。

3-8.調査結果を分かりやすく調査報告書にまとめてもらえる

信頼できる探偵では、調査結果を分かりやすく調査報告書にまとめてもらえます。調査報告書は、慰謝料請求訴訟や離婚訴訟などの証拠としても重要なものです。報告書としての体裁が整っているだけでなく、客観的な視点でまとめられていることも必要になります。探偵によっては調査報告書のサンプルを見せてもらえるので、確認してみるとよいでしょう。

4.浮気調査を探偵に依頼するときの注意点

浮気調査を探偵に依頼するときには、いくつか注意点があります。

4-1.手持ちの情報をすべて提供する

浮気調査を探偵に依頼するときは、手持ちの情報をすべて提供することが大切です。小さなことでも、調査の際に大きな手がかりになることがあります。恥ずかしいとか、こんなことまで伝えなくてもよいのではという考えは捨てましょう。探偵に効率よく調査を進めてもらうには、すべての情報を提供して協力することが大切です。

4-2.不安が残る点をそのままにしない

浮気調査を依頼する際、契約内容や探偵の説明などで不安が残る点があるときは、その場で解消しましょう。そのままにしておくと、行き違いが発生してトラブルに至ることがあります。探偵だからといって、細かく伝えなくても分かってくれるだろうと考えるのはいけません。後からこんなはずではなかったということにならないよう、不安な点はきちんと確認してクリアにしておきましょう。

4-3.追加調査の依頼は慎重に考える

万が一、調査期間内に客観的な証拠がつかめなかった場合は、追加調査を行うか検討することになるでしょう。このとき、実際に調査を追加するかしないか、慎重に検討してください。たとえば、いい加減な調査をしている探偵に再び依頼したところで、期待した成果を得られるとは考えられません。また、信頼できる探偵であっても、いったん情報を整理し、後日改めて調査を依頼したほうがよいこともあります。

5.浮気調査の探偵の選び方に関するよくある質問

最後に、浮気調査の探偵の選び方に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.身辺調査や信用調査の実績が豊富ではダメ?
A.一概にダメとはいえません。しかし、浮気調査は男女の不貞関係を調べるという性質から、身辺調査や信用調査で豊富な実績があっても、細かな部分で配慮が不足して不満が出ることもあります。浮気調査で確実に証拠をつかむには、浮気調査で豊富な実績がある探偵に依頼するのが一番です。

Q.探偵に相談した内容が外部に流出すると困るのですが?
A.信頼できる探偵なら、守秘義務や個人情報保護を厳しく徹底しているので問題ありません。なお、調査の相談時に、ほかの人に聞こえるような声の大きさや距離で話したり、ほかの人の依頼内容などが目に入ったりする探偵は契約しないでください。何らかのタイミングで、情報が流出する可能性があります。

Q.パートナーが単身赴任中の場合でも浮気調査を依頼できる?
A.探偵によります。調査対象が全国か、オプションで調査可能な探偵に依頼すれば問題ありません。

Q.探偵から弁護士を紹介してもらうメリット・デメリットは?
A.以下を参考にしてください。

メリット

  • 自分で弁護士を探さずに済む
  • 信頼できる探偵からの紹介なら安心できる

デメリット

  • 紹介された弁護士と相性が悪いことがある
  • 紹介された後では心理的に断りづらい

Q.探偵に依頼すれば過去の浮気相手を調べてもらうこともできる?
A.探偵に依頼できる浮気調査は、あくまでも現在進行形のケースです。過去の浮気相手については、調査をしても客観的な証拠をつかむことが難しいことから、ほぼ断られることでしょう。

まとめ

今回は、浮気調査の探偵の選び方について詳しく解説しました。浮気調査を依頼するには、第一に実績が豊富であることがポイントです。また、見積もりが無料なことやリーズナブルで分かりやすい料金システムであることも最初にチェックしておきましょう。さらに、大体の費用相場や浮気調査を依頼するときの注意点を学んでおくことも大切です。浮気調査を効率よく行って確実に証拠をつかむためにも、この記事を参考にして信頼できる探偵を選び、相談してみてください。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!