浮気を後悔させる方法を伝授! 責め立てるよりずっと効果的!


男性は浮気をするものと言われていますが、分かっていても、された方としてはたまったものじゃないですよね。子供がいて子育てに忙しくしている人は、子育ての負担や夫への不満が相まって、浮気した夫を感情的に攻めてしまいがちです。しかし、浮気がばれた男性はすんなり認めないことが多いのも事実。ぎゃんぎゃん責め立てられた男性は反省するところか、ほとぼりが冷めたころにまた浮気をし始めることも多いのです。

では、浮気を後悔させる方法はないのでしょうか?男性心理をしっかりつかめば、浮気を後悔させて自分の元に気持ちを戻すことも可能なのです。

  1. イチバン効果的なのは「優しくする」こと
  2. 離婚の覚悟がある場合は・・・
  3. 浮気を後悔させる方法まとめ

1.イチバン効果的なのは「優しくする」こと

浮気をしたことのある男性に聞いてみると、口をそろえて言うのが「浮気を責められても後悔はしない」ということ。浮気を責められたことには後悔するものの、浮気をしたこと自体には後悔したりしないのです。女性にとってはつらい現実ですが、これが男性の心理。浮気を追求しても後悔することもないですし、「浮気をやめよう」という気持ちになることもありません。

では、どうすればいいのかというと・・・最も効果的なのは「優しくふるまうこと」。浮気を知った後で優しくふるまうのは苦痛ですが、これがイチバン効果的です。浮気経験のある男性が口をそろえて言うのがこれですから、間違いありません。自分は浮気をしているのに、奥さんはいつもニコニコと優しくしてくれる。愚痴も言わずいつも自分のことを考えてくれる・・・そんな優しさが浮気をしたことを後悔させるのです。

基本的に男性は子供と同じ。責められると子供のようにすねてしまうだけです。自分の元に戻ってきてほしいなら、必要以上に優しくするぐらいの気持ちで。耐え忍ぶのはつらいですから、「いつか戻ってくるし〜」という気楽な感じで毎日の楽しみを見つけ、夫にばかり目がいかないように心掛けてください。ちなみに、これは女性が浮気した場合も同じ。責め立てられると心を閉ざしてしまう可能性の方が高いです。

優しくされると罪悪感を刺激されますね。
はい。厳しくするより効果的なことがあります。

2.離婚の覚悟がある場合は・・・

浮気が度重なってうんざり・・・もう離婚する!という覚悟がある場合は、思い切った策をとるのも一つの手です。浮気した証拠を集め、相手に付きつければ離婚できる可能性が高くなります。そこで後悔するようならよりを戻せる可能性も出てきますが、浮気をやめることはないでしょう。浮気を後悔させることもできないかもしれませんね。あくまでも証拠を突きつけるのは別れる覚悟がある時のみ。どうしても我慢できなくなった! という時だけにしておきましょう。責め立てるのは最後の手段、ということです。

離婚の覚悟がある場合は、証拠をそろえて冷静に話し合うことも大切なんですね。
はい。感情に流されてはいけません。

3.浮気を後悔させる方法まとめ

  • 浮気を責めても後悔させることはできない
  • 後悔させるにはとにかく「優しく接すること」
  • やさしい相手を見て「自分は浮気してるのに・・・」という後悔の念がうまれる
  • 離婚したい場合は証拠を集めて責め立てるのも◎

浮気癖のある夫(妻)を持つとつらいものです。いつも浮気を疑ってピリピリしているより、自分なりの楽しみや子育ての負担を軽くできる方法を考えて、自分を解放しましょう。その上で相手にはあえて優しく接すること。なんの落ち度もないところを見せることで、相手は後悔します。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!