浮気されたときの効果的な復讐方法は? 浮気の証拠を集めるポイント


愛する人の浮気が発覚すると、相手に対する怒りと悲しみでいっぱいになるでしょう。どうすれば相手が反省してくれるのか・浮気をした恋人に復讐できるのか……と考えてしまうと思います。感情的になって動いてしまうと、さらに関係や状況が悪化してしまう恐れがあるので注意が必要です。では、どのように復讐すればいいのでしょうか。

本記事では、浮気されたときの効果的な復讐方法について解説します。

  1. 浮気の復讐をする目的は?
  2. やってはいけない復讐方法
  3. 効果的な復讐方法は?
  4. 浮気の証拠を集めるには?
  5. 浮気の復讐方法に関してよくある質問

この記事を読むことで、やってはいけない復讐方法や浮気の証拠を集めるポイントについても分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.浮気の復讐をする目的は?

最初に、浮気の復讐をする目的をいくつかチェックしておきましょう。

1-1.復讐したい理由をいま一度考えてみよう

恋人が浮気をしていたと判明した瞬間、悲しみと怒りがこみ上げてきては復讐心でいっぱいになるはずです。おそらく、相手に自分と同じ苦しみを味わわせるために復讐したい人がほとんどでしょう。確かに、復讐するまで自分が受けた傷が癒(い)やされることなく、心が晴れる方法はないと思います。けれども、冷静になって考えてみると「自分にも原因があって浮気をしたのでは……」と考える余裕が生まれるものです。感情的になって復讐をしても意味がないので、まずは冷静になってなぜ自分が復習したいのか考えてみてください。感情的なまま復讐をしてしまうと、社会的・金銭的に自分のほうが大きな損害を被る可能性もあります。

1-2.金銭的・社会的な復讐を考える

復讐をしたい自分が大きな損害を受けないためにも、冷静に考えることが大切です。冷静になって復讐の目的を考えることができれば、相手に金銭的・社会的な復讐を果たせるようになるでしょう。浮気した本人と今後の関係を続けたい気持ちがあるのなら、どうすれば相手に反省してもらえるのか考えることもできます。別れを決意しているのであれば、慰謝料請求という形で金銭的な復讐を遂げることができるでしょう。あなたが浮気をした相手と今後どのような関係になりたいかによっても復讐の目的が変わります。

2.やってはいけない復讐方法

ここでは、やってはいけない復讐方法について解説します。

2-1.浮気した本人にケガをさせる

前述したように、感情的なままの復讐はやってはいけないことです。気持ちが落ち着かないままだと、相手にケガをさせてしまったり暴力を振るったりしてしまう恐れがあります。確かに、浮気をした本人が悪いと思いますが、相手に対する八つ当たりが行き過ぎるとDVになってしまうでしょう。「どうして自分はそのようなことをしてしまったんだ」と後悔するケースもあります。物理的な暴力だけでなく言葉の暴力もDVになるため、浮気した相手に八つ当たりしないように気をつけてください。相手の顔を見るたびに気持ちがこみ上げてくるのであれば、1回距離を置くのも選択肢の1つです。

2-2.浮気を公表する

相手の浮気を周囲の人たちに公表したり、大勢の人に言いふらしたりするのもやってはいけない復讐です。自分がどれだけショックを受けたのか、つらい思いをしているのか周りに言いたくなる気持ちも分かります。けれども、多くの人が集まる場所で浮気を公表する行為は、相手の名誉を著しく損なうことです。特に、最近はInstagramやTwitterといったSNSで拡散するケースがあるでしょう。感情的になってネットに拡散してしまうと名誉毀損やプライバシー侵害の罪に問われる可能性があるので注意してください。

2-3.浮気をネタに相手を脅す

浮気をした本人に対して、浮気をネタに脅すのもやってはいけません。復讐のために浮気をネタに相手をいいように操ろうとしたい気持ちも理解できます。たとえば、「職場に浮気したことをバラす」「不倫画像をネットにばらまく」と脅す行為は、脅迫罪に問われる可能性があるでしょう。脅迫罪とみなされると2年以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられます。また、相手の所有物を破壊したり勝手に持ち出したりするのもNGです。

3.効果的な復讐方法は?

それでは、効果的な復讐方法をいくつか説明します。

3-1.慰謝料や示談金を請求する

主な復讐方法としては、金銭的復讐があります。たとえば、浮気をした相手に対して慰謝料または示談金を請求することです。浮気をした本人と別れる場合、ほとんどの人が慰謝料を請求するでしょう。そうしなければ浮気された側の気持ちは一向に晴れないからです。慰謝料を請求する場合、浮気の状況によっても異なりますが、浮気をした本人と浮気相手に対して請求できます。相手が慰謝料請求に納得がいかない場合は、裁判で争うことになるでしょう。一方、示談金は裁判を起こすことなく、お互いに念書を交わすことによって成立させられるものです。浮気した相手に復習はしたいけれど大事にしたくない場合は、慰謝料よりも示談金のほうをおすすめします。

3-2.社会的な復讐も選択肢の1つ

金銭的な復讐のほかに、社会的な復讐方法もあります。社会的な復讐方法としては、会社の上司や社長に相手が浮気したことを知らせる方法です。これは、浮気をした相手と同じ会社に勤めているケースが最適といえるでしょう。もしくは、会社の取引先の人と浮気をしたり、社会的に浮気をしたことが明るみに出ると困ったりするケースにおすすめです。会社としては風紀の乱れを正すことにつながるため、浮気をした本人に警告を与えたり解雇したりすることになります。浮気をした相手が立場のある人であればあるほど、大きなダメージを負わせることができる復讐方法です。

3-3.関係を続ける場合の復讐方法

浮気をした本人と別れるつもりはなく、ただ浮気をしたことを反省してほしいのであれば、以下のような復讐の方法があります。

  • 配偶者のお小遣いを減らす
  • 相手の財布や金銭をコントロールする
  • 浮気したことを相手の親に伝える

などの復讐方法がありますが、これらの復讐では相手が反省するかどうか正直分かりません。「浮気をしなければよかった」と相手に思わせるためには、どれだけ自分がつらい気持ちだったのかきちんと自分の言葉で伝えることが大切です。浮気された側にとってはつらいと思いますが、気持ちを落ち着かせた上で話し合う場を設けましょう。そして、二度と浮気をしないように誓約書を書かせることも選択肢の1つとなります。

4.浮気の証拠を集めるには?

ここでは、浮気の証拠を集める方法やポイントを解説します。

4-1.相手の行動や振る舞いを観察する

自分で浮気を集める方法としては、相手の行動や振る舞いを日ごろから観察する方法があります。普段とどのような違いがあるか、異変が起きていないかチェックしてみてください。浮気をしている本人は無自覚でも、自然と振る舞いに浮気のサインが現れているものです。おかしいと感じた部分があれば、そのときに感じたことをメモしておくといいでしょう。そのメモが浮気の証拠につながる可能性があります。

4-2.相手の財布やスマホをチェックする

浮気の証拠をつかむために、相手の財布やスマホをチェックするのも方法の1つです。財布に浮気相手と行ったであろうラブホテルの領収書が入っている可能性があります。ラブホテルの領収書は立派な浮気の証拠になるので、しっかりと残しておきましょう。また、スマホは浮気相手と連絡を取る唯一の手段ですので、何らかの証拠がある可能性が高めです。不貞行為をしたであろうメールでのやり取りや写真などがあれば、自分のスマホに転送したり写真を撮ったりするといいでしょう。ただし、相手が常にスマホを持ち歩いていたり、あなたの行動でバレてしまったりする可能性もあります。自分で浮気の証拠をつかむにはリスクが高いのが現状です。

4-3.探偵事務所に依頼する

自分で浮気の証拠を集めるのはリスクが高いので、安全策として探偵事務所に依頼することをおすすめします。プロの探偵員が対象者の浮気を調査してくれるほか、確実な浮気の証拠を押さえてくれるでしょう。たとえば、浮気相手とラブホテルに入っていくシーンを写真や動画で残します。誰から見ても浮気していると分かるような証拠は裁判時で有利になり得るものです。また、探偵事務所は浮気相手が一体誰なのか、どこで自分のパートナーと出会ったのかも具体的に調査してくれるでしょう。自分では調査できないところも判明するので、探偵事務所に依頼するのがおすすめです。

4-4.探偵事務所選びのポイントをチェック!

探偵事務所の中には、調査費用を高額に設定していたり、きちんと調査せずに費用を請求したりする悪徳業者が存在しているので注意が必要です。実際に、悪質な探偵事務所とのトラブルが相次いでいるため、慎重に選ばなければなりません。どの探偵事務所に依頼すればいいのか分からない方は、以下のポイントに注目してみてください。

  • 浮気調査の実績があるか
  • どのような相談内容にも親身になって聞いてくれるか
  • 調査員やスタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • アフターサービスが整っているか
  • 口コミや評判がいいか
  • 料金体系が明確になっているか
  • 無料相談を受け付けているか
  • 探偵業を取得しているか

愛知探偵事務所では、無料相談を受け付けています。パートナーへの復讐を考えている方はぜひ一度ご相談ください。

5.浮気の復讐方法に関してよくある質問

浮気の復讐方法に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.復讐として相手を無視するのはNG行為か?
A.浮気した本人を無視するのはNG行為です。無理をしている度合いにもよりますが、ひどければひどいほど修復できない状況になってしまいます。浮気した本人を反省させたいがために無視をし続けた結果、2人の間に大きな溝ができてしまうケースもあるのです。特に、関係を続けていきたいのであれば無視はしないようにしましょう。無視をするのではなく、きちんと相手と向き合い、どうして浮気をしたのか話し合うことが大切です。

Q.浮気相手に慰謝料請求できるのか?
A.浮気をした本人だけでなく、浮気相手にも慰謝料請求はできますが注意しなければならないことがあります。それは、浮気相手が既婚者だと認知していたかどうかです。配偶者が浮気相手に自分が既婚者だと知らせずに関係を続けていた場合、浮気相手は故意を持って浮気をしていたわけではないので慰謝料は請求できません。ケースバイケースによって慰謝料請求できるか否か変わるので、弁護士に相談することをおすすめします。

Q.浮気の復讐をする際の注意点は?
A.感情的にならないのはもちろんのこと、復讐したら相手がどのような気持ちになるのか、どのような行動を取られてしまうのか想像することが大切です。相手によっては、復讐をした結果、その腹いせに何かされる可能性もあります。あなたに対して嫌がらせのような行動を取ってくるケースもあるので、本当に復讐したいのか考え直してみてください。

Q.浮気防止策として効果があるのは?
A.2人の時間を増やすことが浮気防止策につながります。特に、相手が寂しさから浮気をした場合、寂しい気持ちをなくすことができれば二度と浮気をしなくなるでしょう。まずは、相手がなぜ浮気をしたのか原因を把握することが大切です。原因が判明すれば効果的な浮気防止策を立てることができるでしょう。

Q.探偵事務所に依頼するといくらぐらいかかるのか?
A.探偵事務所や調査期間などによって異なりますが、目安となる費用は以下のとおりです。

  • 1時間:10,000円~
  • 15時間パックプラン:294,000円
  • 25時間パックプラン:490,000円

また、車両動向調査費用として1日3,000~5,000円かかる可能性もあります。具体的な費用に関しては、探偵事務所に問い合わせて確認してください。

まとめ

パートナーに浮気されたと分かった瞬間、ショックと同時に怒りが湧き上がってくるものですが、感情的な復讐はNGです。相手に激しく当たってしまい、逆に自分が訴えられてしまう可能性があります。まずは気持ちを落ち着かせた上で、何のために復讐をしたいのか・どのような方法で復讐をするのか考えましょう。代表的な復讐方法としては、慰謝料を請求する方法があります。ただし、慰謝料を請求するためには浮気の証拠が必要になるので、探偵事務所に依頼して証拠を押さえましょう。自分で浮気の証拠をつかむよりも探偵事務所に依頼したほうが確実です。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!