浮気の証拠がない場合はどうする? 主な対処法&注意点を徹底解説!


「パートナーが浮気をしているけど、証拠がなくて困っている」「浮気の証拠がない場合の対処法を詳しく知りたい」とお考えではないでしょうか? パートナーに浮気の事実を問いただしたくても、証拠がないのでは説得力に欠けてしまいます。浮気を反省させ、今後のことを考えるためにも、浮気の証拠をきちんとつかむことが必要です。

そこで今回は、浮気の証拠について詳しく解説します。

  1. 浮気の証拠として認められるものは?
  2. 浮気の証拠がない場合の対処法
  3. 浮気の証拠が重要な理由
  4. 浮気の証拠を集める方法は?
  5. 探偵事務所を選ぶときの注意点
  6. 浮気の証拠に関するよくある質問

この記事を読むことで、浮気の証拠がない場合の方法や注意点などがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.浮気の証拠として認められるものは?

最初に、浮気の証拠として認められるものについて見ていきましょう。

1-1.不貞行為そのものを撮影した画像や動画

不貞行為そのものを撮影した画像や動画は、浮気の証拠として認められやすくなります。ただし、確実に2人が不貞行為におよんでいることが特定できることがポイントです。不鮮明な画像や映像で、本人たちだと特定できない場合は、浮気の証拠として客観性に乏しいと判断されることがあるので注意しましょう。

1-2.ラブホテルに2人で出入りしている画像や動画

浮気の証拠として認められるものとして、ラブホテルに2人で出入りしている画像や動画があります。ラブホテルは、一般的に不貞行為におよぶ際に利用されるものであり、2人が出入りしていることが確認できれば、不貞行為の存在が自然であると判断されるからです。この場合、ラブホテルに入ったときと出てきたときの両方の画像もしくは動画が必要になります。2人が不貞行為におよぶことを認識し、自ら行動していると見なされるからです。

1-3.不貞行為を認める謝罪文

不貞行為を認める内容の謝罪文も、浮気相手もしくはパートナーが書いたものであれば、浮気の証拠として採用されることがあります。浮気の当事者が書いたものと証明できれば、信頼できると判断されるからです。ただし、パソコンやスマホなどで打ったメールの場合は、誰でも作成できることから信頼性に欠けるとされ、浮気の証拠と認められないこともあるでしょう。

1-4.不貞行為について2人がやり取りしているメールやSNSなど

不貞行為について2人が話している内容であれば、メールやSNSのやり取りも浮気の証拠として採用されることがあります。このとき、以前の不貞行為に対する感想を言い合っているなどにより、不貞行為の存在が客観的に判断できることがポイントです。単に「愛している」「好きだ」などお互いに好意を伝え合っているだけでは、浮気の証拠と認められません。

2.浮気の証拠がない場合の対処法

浮気の証拠がない場合は、どんな対処をすべきか具体的に見ていきましょう。

2-1.浮気の証拠があると見せかけて話を進める

浮気の証拠がない場合でも、浮気の証拠があると見せかけて話を進めることができます。相手から証拠の提出を求められないかぎりは、ひとまず大丈夫です。ただし、証拠の提出を求められるとお手上げになるので、パートナーや浮気相手に悟られないようにする必要があります。なお、慰謝料請求や離婚調停などを行う場合は、浮気の証拠が必要不可欠になるため、浮気調査を行って証拠を集めてください。

2-2.浮気調査を行って証拠を集める

浮気の証拠がない場合は、早急に浮気調査を行って証拠を集めましょう。浮気調査により、客観的な証拠をつかむことで、今後の話を有利に進めることができます。具体的な調査方法などについては、この記事の「浮気の証拠を集める方法は?」を参考にしてください。なお、いずれの方法であって、調査中であることが相手にバレると証拠がつかみにくくなるため、慎重に進める必要があります。

3.浮気の証拠が重要な理由

浮気の証拠がどうして重要なのか、主な理由を詳しく見ていきましょう。

3-1.浮気の事実が公に認められる

浮気の証拠が重要な理由に、浮気の事実が公に認められることが挙げられます。浮気の証拠があれば、万が一当事者が浮気の事実を認めていなくても、浮気の事実があると考えることが可能です。特に、誰もが一目で2人の間に不貞行為があると判断できるものは、決定的な証拠となるでしょう。

3-2.慰謝料請求や離婚調停などが有利に進む

浮気の証拠があると、慰謝料請求や離婚調停などが有利に進みます。浮気は民法上の不貞行為に当たり、したほうが悪いとされるからです。そのため、浮気の証拠があることで、要求がとおりやすく、有利な条件で進めやすくなります。反対に、客観的な証拠に乏しいと判断されると、慰謝料の金額を減らされてしまったり、離婚調停がなかなかまとまらなかったりすることもあるでしょう。

3-3.気持ちに区切りが付く

浮気の証拠があると、気持ちに区切りが付きます。誰でも、愛するパートナーが自分を裏切って浮気していると認めたくないものです。しかし、浮気の証拠を手に入れることで、浮気されたことが現実であることを認識でき、気持ちに区切りを付けることができます。パートナーとやり直すにしても別れるにしても、まずは、事実と向き合うことが大切です。

4.浮気の証拠を集める方法は?

浮気の証拠を集める方法について、自分で調査する方法と探偵事務所に浮気調査を依頼する方法があります。

4-1.自分で調査する

自分で浮気の証拠を集めるにはどんな方法があるか、代表的なものを見ていきましょう。

4-1-1.浮気が疑わしい時間帯・場所で張り込む

パートナーが特定の時間帯・場所で浮気している可能性が強い場合は、張り込み調査を行うことで証拠をつかめることがあります。ただし、張り込み調査をしても確実に浮気の現場を押さえられないこともあるでしょう。また、膨大な労力と時間が必要な方法であるため、長期間続けることは現実的ではありません。

4-1-2.周囲の人に聞き込み調査を行う

周囲の人に聞き込み調査を行い、パートナーが浮気しているか調べる方法もあります。パートナーの知人や友人にそれとなく聞いてみて、浮気しているか確認するのです。浮気の事実がある場合は、周囲の人から浮気相手や浮気している時間帯・場所などについて情報を得られることがあります。ただし、パートナーから口止めされている可能性もあるので注意しましょう。この場合、パートナーに聞き込み調査を行われてことを伝えられてしまうリスクがあります。

4-1-3.パートナーを尾行調査する

パートナーを尾行調査することで、浮気の現場を押さえることができる可能性があります。より効率よく調査するには、浮気が疑われるタイミングで尾行することが重要です。なお、尾行調査はバレてしまう可能性が高い方法であるため、相当慎重に進める必要があります。なお、浮気相手を尾行する場合は、気付かれたときにストーカーとして通報されてしまうリスクもあるので注意してください。

4-1-4.パートナーの持ちものをチェックする

パートナーの持ちものをチェックすることで、浮気の証拠を見つけることができる場合があります。たとえば、以下のようなものは、浮気をしている可能性が高いと判断できるでしょう。

  • パートナーの趣味とかけ離れた財布・キーケースなどの小物類や文具類
  • 普段見慣れない靴下やネクタイなどの服飾小物類

上記のようなものは、浮気相手からプレゼントされたりお揃いで購入したりしていることがあります。パートナーにいつどこで手に入れたか、さりげなく聞いてみるとよいでしょう。その際、動揺したり目を見て話してくれなかったりする場合は、ほぼ浮気しているといえます。

4-1-5.カマをかけてみる

パートナーに対して、浮気の事実を知っているかのように振る舞ってみるのも一つの方法です。浮気がバレているとパートナーに認識させることで、何もしなくてもパートナーのほうから自白する可能性があります。このとき、感情的にならないことが大切です。あくまでも、浮気の事実を把握していることを、会話や態度で示してみましょう。なお、パートナーが浮気の事実を認めたときのために、会話を録音しておくことがおすすめです。

4-2.探偵事務所に浮気調査を依頼する

浮気の証拠をつかむには、探偵事務所に浮気調査を依頼するのがおすすめです。探偵事務所に浮気調査を依頼すると、以下のようなメリットがあります。

  • 自分で調査するよりはるかに効率がよい
  • 調査する時間や労力を大幅に節約できる
  • 第三者による客観的な証拠が手に入る
  • 第三者に相談することで気持ちがスッキリする

なお、浮気調査は、この記事の「信頼できる探偵事務所に浮気調査を依頼しよう」を参考にして信頼できると判断した探偵事務所に依頼しましょう。

5.信頼できる探偵事務所に浮気調査を依頼しよう

浮気の証拠を確実につかむには、信頼できる探偵事務所に浮気調査を依頼することがおすすめです。

5-1.信頼できる探偵事務所の条件は?

浮気調査は、以下の条件が当てはまる探偵に依頼すると安心です。

  • 浮気調査の実績が豊富にある
  • 確実に証拠をつかむことで定評がある
  • 正式な依頼を前提とした簡単な相談や見積もりは無料
  • リーズナブルかつ分かりやすい料金システム
  • 希望の調査期間を考慮してもらえる
  • 調査結果を分かりやすく報告書にまとめてもらえる
  • 個人情報保護や守秘義務に深い配慮がある
  • スタッフが親切で顧客からの評判がよい
  • 活動地域の公安委員会に探偵業の届け出済み

なお、当愛知探偵事務所では、浮気調査を数多くお受けしており、ご好評をいただいています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

5-2.浮気調査を探偵事務所に依頼する流れ

浮気調査を探偵事務所に依頼するには、以下の流れを参考にしてください。

  • この記事の「5-1.信頼できる探偵事務所の条件は?」を参考にして信頼できる探偵事務所を選ぶ
  • 探偵事務所に浮気調査について相談し、見積もりをもらう
  • 見積もりの内容を確認し、特に問題なければ正式に浮気調査を依頼する
  • 依頼内容に沿って探偵事務所が浮気調査を行う
  • 調査が終了したら、調査結果を依頼者に報告して完了

5-3.こんな探偵事務所には注意しよう

探偵事務所の中には、悪質なところも含まれています。たとえば、以下のようなポイントに当てはまる探偵事務所は悪質なので、契約してはいけません。

  • 料金システムが不透明
  • よく相談しないうちから高額な契約をすすめてくる
  • 契約後すぐに追加調査をすすめてくる
  • スタッフの言葉遣いや態度が悪い
  • 顧客からの評判が悪い
  • 個人情報保護や守秘義務に配慮が足りない
  • 活動地域の公安委員会にきちんと届け出していない可能性がある

悪質な探偵事務所と契約すると、法外に高い費用を請求される、長期間調査してもなかなか証拠がつかめないなど、何かとトラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。浮気の証拠を確実かつ効率よくつかむためにも、悪質な探偵事務所を見極め、絶対に契約しないことが大切です。

6.浮気の証拠に関するよくある質問

最後に、浮気の証拠に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.浮気の証拠をつかめば慰謝料を満額支払ってもらえる?
A.浮気の証拠をつかんだ場合でも、慰謝料を満額支払ってもらえるとはいえません。たとえば、相場より高い金額を請求している場合や、浮気の証拠が客観性に欠けると見なされた場合は、慰謝料の金額を下げられる可能性があります。

Q.浮気の証拠を渡したら廃棄されてしまった場合は?
A.よくあることです。浮気の証拠をパートナーに見せるときは、コピーしたものを使いましょう。万が一廃棄されてしまっても、原本が残っているので安心です。

Q.浮気の証拠写真は2人の顔が正面から撮影していないとダメ?
A.必ずしもダメではありません。しかし、なるべく正面から撮影されたもののほうが、本人たちであると断定しやすくなります。そのため、できるだけ正面から撮影してみてください。

Q.探偵事務所に浮気調査を依頼しても客観的な証拠がつかめなかった場合は?
A.追加調査を依頼すべきか、探偵事務所とよく相談してみてください。場合によっては、日にちを空けてから再度調査したほうが証拠をつかめることがあります。このとき、まだ渡していない情報があれば、探偵事務所に提供しましょう。

Q.探偵から受け取った調査報告書を再発行してもらいたいのですが?
A.基本的に、調査報告書は再発行してもらえないと考えてください。探偵事務所では、調査報告書を依頼者に渡した時点で、関連情報を廃棄するのが一般的だからです。ただし、関連情報を廃棄するタイミングは探偵事務所によって異なるので、確認してみるとよいでしょう。

まとめ

今回は、浮気の証拠について詳しく解説しました。浮気の反省を促し、浮気を認めさせて慰謝料請求や離婚調停などを有利に進めるには、客観的な証拠が必要になります。浮気の証拠をつかむには、自分で調査することもできますが、相手に調査中であることがバレやすい、時間と労力が膨大にかかるなど、デメリットが多いものです。客観的な証拠を確実につかむには、信頼できる探偵事務所に浮気調査を依頼することをおすすめします。この記事を参考にして信頼できる探偵事務所を選び、よく相談してみてください。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!