不倫は違法になるの? 配偶者が不倫していた場合の対処法を紹介!


不倫は違法になるのか、配偶者が不倫をしていたらどうすればいいのか……など、配偶者の不倫で悩んでいる方は多いでしょう。不倫が違法かどうかは、「違法」の意味と「不倫」の定義を把握すれば分かります。また、配偶者が不倫していた場合はパニックになりがちですが、冷静に対処することが大切です。

本記事では、不倫は違法になるのか、配偶者が不倫していた場合の対処法などを解説します。

  1. そもそも不倫の定義とは?
  2. 不倫は違法になるのか?
  3. 配偶者が不倫していた場合の対処法
  4. 探偵事務所への相談が有効なケースは?
  5. 不倫に関してよくある質問

この記事を読むことで、探偵への相談が有効なケースや探偵業者選びのポイントも分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.そもそも不倫の定義とは?

最初に、不倫の定義をチェックしておきましょう。

1-1.不貞行為が不倫のライン

一般的に、不倫は男女関係で人の道に背くことと説明されています。けれども、法律上における不倫は不貞行為をすることです。婚姻関係を結ぶと貞操義務が発生し、配偶者以外の異性と性的関係を持ってはいけません。つまり、配偶者以外の異性と性的関係を持ってしまうと、それが「不倫」になるというわけです。不貞行為があるかどうかが、不倫のラインとなります。

1-2.不貞行為とは?

それでは、不貞行為とは一体どのようなことなのか、具体的な定義について説明しましょう。不貞行為とは、夫婦関係にある男女のどちらかが配偶者以外の異性と肉体関係を持つことです。婚姻関係を結ぶと発生する貞操には、配偶者以外の異性と性的関係を持ってはならないという義務が含まれています。よって、婚姻中に配偶者以外の異性と肉体関係を持つと不貞行為とみなされ、不倫になるというわけです。キスをしたり手をつないだりしただけでは不倫にはならないケースがほとんどですが、そのときの状況や身体的接触のないようによっては不貞行為にあたるケースもあります。

2.不倫は違法になるのか?

ここでは、不倫をすると違法になるのか詳しく説明します。

2-1.不倫に対する法律はない

結論から申しますと、不倫は違法にはなりません。そもそも、違法とは法律に違反することで、どのような法律関係のもとで論じているのかを明確にする必要があります。不倫が違法がどうかという問題は、不倫を許すべきか許さないべきかとう意味が含まれているため、道徳論に近く、法律とは別の問題です。戦前の日本には不倫に対する刑罰「姦通罪」がありましたが、日本国憲法で男女の平等が定められたので廃止となりました。よって、現在の日本国憲法において、刑法の領域では不倫は違法になりません。

2-2.不倫は不法行為になる

不倫は犯罪にはなりませんが、民法によって不法行為とみなされます。不法行為とは、故意または過失によって他人の権利、法律上保護される利益を侵害すると、これによって生じた損害を賠償する責任のことです。つまり、不倫した本人に故意または過失があったとみなされれば、それは不法行為になり、当事者は責任を負うことになります。それは、不倫をした本人だけでなく、不倫相手にも同じことがいえるでしょう。ただし、既婚者であることを隠していたり、不倫相手が騙されていたりする場合は、故意も過失もないので不倫相手に不法行為は成立しません。

2-3.離婚理由や慰謝料請求の対象になる

不倫は違法にはなりませんが、離婚理由や慰謝料請求の対象になります。民法では、不貞行為を離婚原因の1つに定めているので、不貞行為をした際は離婚を相手に請求することが可能です。不倫をした本人は、離婚するといわれたら相手を引き留めることはできません。また、不貞行為をされて精神的苦痛を被った場合は、その救済を受けるために配偶者および不倫相手に対して相当な慰謝料を請求することができます。慰謝料の金額に関しては、どの程度の精神的苦痛を受けたのか、夫婦の状況・不貞行為の内容などによって異なるでしょう。

3.配偶者が不倫していた場合の対処法

ここでは、配偶者が不倫していた場合の対処法を解説します。

3-1.まずは冷静になることが大事

「配偶者が不倫をしているかも……」と思い始めると同時に、不安や心配な気持ちがどんどん大きくなりますよね。配偶者の不倫が発覚するとショックなあまり、パニックになったり感情的になったりする可能性が高めです。なので、まずは冷静になることを意識してください。感情的になってしまうと、不倫の証拠をつかんでいない状態で相手に追及してしまうことになります。たとえ、本当に不倫をしていたとしても証拠がなければ、相手が反論したり逆ギレしたりする恐れがあるでしょう。そうならないように、まずは冷静になり、相手の様子を窺うことが大切です。

3-2.不倫の証拠を集める

冷静さを取り戻したら、次に不倫の証拠を集めましょう。不倫の証拠になるものは、不貞行為の証拠となり得るものです。たとえば、以下のようなものがあります。

3-2-1.決定的な写真・動画

不貞行為の証拠として最も有効に働くものが、不倫の決定的な写真や動画です。不倫相手とラブホテルに入っていく写真や動画などがあります。ラブホテルに出入りする写真や動画だけでは性交渉に至ったことが分からないと主張されることもありますが、男女がラブホテルに入って数時間過ごした=性交渉を行ったものと考えられるのが通常です。そのため、ラブホテルに出入りする瞬間を押さえた証拠は、不貞行為があったと認定される可能性は高いでしょう。

3-2-2.音声データ

配偶者が不倫していたことを認めさせる場合、その会話を録音した音声データが不倫の証拠になります。「怒らないから正直に話してほしい」と配偶者に伝えると、不倫の事実についてぽろっと口をこぼすことがあるでしょう。一言一句逃さないようにするために、そのときの会話をしっかりと録音しておきましょう。特に、下記の内容が録音されている音声データは不倫の証拠として役立ちます。

  • 不倫相手といつごろから会っているのか
  • 不貞行為を何回くらいしたのか
  • どこで不倫相手と会っているのか
  • どうやって連絡を取っているのか
  • 不倫相手はどこの誰で結婚しているのか
  • 今後はどうするつもりなのか

上記の内容を具体的に語っている場合、不倫の証拠として裁判所にも提出できるでしょう。ただし、裁判所に提出する際は、音声データのほかにも録音内容のセリフを書き起こした書面を提出しなければなりません。

3-2-3.スマホ上のやり取り

メール・LINE・メッセンジャーアプリなど、不倫相手とのスマホ上でのやり取りも不倫の証拠になるものです。特に、最近ではアプリを通して不倫相手と出会うケースが多く、アプリ上でやり取りをしている可能性も高いでしょう。不倫相手とのやり取りの中で、ラブホテルに行ったことや同じ部屋に宿泊したことが分かる場合、それは立派な不倫の証拠になります。たとえ、不貞行為があったことが分からない内容であったとしても、複数の証拠を組み合わせることで不貞行為を立証させる証拠になるのでより多くの証拠を集めましょう。

3-3.友人や知人に相談する

自分でどうすればいいのか分からずにパニックになってしまうとき、友人や知人に相談するのも対処法の1つです。話を聞いてもらうだけでも気持ちが楽になりますし、これから自分がどうしたいのか整理できるでしょう。周囲に不倫されたことがある人がいれば、その人からアドバイスを受けることもできます。ただし、共通の友人を通して配偶者にバレてしまうこともあるため、相談する相手は慎重に選んだほうがいいでしょう。

4.探偵事務所への相談が有効なケースは?

ここでは、探偵事務所への相談が有効なケースをいくつか紹介します。

4-1.相談する人がいないケース

不倫について正直に話ができる相手がいない……と思っている方は、探偵事務所への相談をおすすめします。多くの探偵事務所では無料相談を受け付けているので、話を聞いてもらってください。不倫調査の実績がある探偵事務所ほど、ありとあらゆるケースに対応できます。どうすればいいのか、こういう状況で不倫の証拠をどうつかめばいいのかなど、専門的な分野からアドバイスをもらうことができるでしょう。匿名での相談が可能なところもあるので、気軽に無料相談を利用してみてください。

4-2.不倫の証拠を確実につかみたいケース

不倫の証拠を自分でつかむことができない、確実に証拠をつかみたいと思っている方は、探偵事務所に相談したほうがいいでしょう。正直なところ、素人が不倫の証拠をつかむのはとてもリスクが高めです。配偶者に不倫を疑っていることがバレてしまいやすくなります。相手の警戒心が強ければ強いほど、不倫の証拠がつかみにくくなるので注意しなければなりません。

4-3.不倫を理由に離婚したい・慰謝料請求がしたいケース

探偵事務所に不倫調査を依頼すると、調査報告書として調査結果の報告を受けます。実は、この調査報告書は不倫の証拠になり得るもので、裁判時にも大いに役に立つものなのです。そのため、不倫を理由に離婚したい・慰謝料請求がしたいと思っているケースも、探偵事務所へ依頼したほうがいいでしょう。調査報告書には、調査対象者がいつどこで何をしたのか・不倫相手とどのくらい関係が続いているのか……など写真つきで詳しく記載されています。プロの探偵が行った調査だからこそ、裁判でも有効な証拠になるのです。

5.不倫に関してよくある質問

不倫に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.事実婚の夫婦も不倫になるのか?
A.不貞行為は、婚姻関係を結んでいる夫婦だけでなく、事実婚の夫婦も含まれています。事実婚は婚姻届を提出はしていないものの、男女が婚姻の意思を持って実際に夫婦生活を営んでいる男女関係のことです。当事者の間に婚姻の意思があるからこそ、さまざまな法律上の効果が発生します。

Q.同性との肉体関係はどうなるのか?
A.不貞行為は配偶者以外の異性との性交渉となるため、同性愛は不貞行為ではないとされてきました。けれども、2021年2月の東京地裁において、同性同士の肉体関係も不貞行為だとみなされるようになったのです。よって、同性愛であったとしても性行為をした場合は不貞行為と認められる可能性があります。

Q.風俗は不貞行為になるのか?
A.異性との性交渉である限り、風俗でも不貞行為と認められる可能性があります。「風俗だから問題ない」と思っている方はいますが、性行為をすれば不貞行為であり、離婚原因になるのです。配偶者が風俗ばかりに行っているようであれば、証拠を押さえて慰謝料が請求できるでしょう。

Q.不倫の慰謝料相場はいくらぐらいか?
A.離婚せず夫婦関係を継続する場合は約10万~100万円、不倫が原因で離婚する場合は約100万~300万円になるでしょう。不倫による慰謝料請求は、婚姻関係を続けるかだけでなく、子どもの有無・夫婦関係・不倫相手との交際期間などが考慮されます。そのため、慰謝料金額はケースバイケースです。

Q.探偵事務所選びのポイントは?
A.どの探偵事務所に依頼すればいいのか分からずに悩んでいる方は、下記のポイントを参考にしてください。

  • 不倫調査の実績があるか
  • スタッフや調査員の対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料相談や無料見積もりを受け付けているか
  • 料金設定が明確になっているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 探偵業届出証明書の番号がホームページ等に記載されているか

特に、最後の探偵業届出証明書は、探偵業を行うために必要なものです。探偵業届出証明書の番号がホームページ等に記載されていない探偵事務所は悪質な可能性があるので注意してください。なお、名古屋市を中心に探偵業を行っている愛知探偵事務所では、調査件数が年間800~1,000件以上という実績を誇っています。どのようなお悩みにも対応しておりますので、配偶者の不倫でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

まとめ

不倫とは、婚姻関係を結んでいる人が配偶者以外の異性と性交渉をすることです。不貞行為が大きなカギとなるため、キスをしたり手をつないだりするだけでは不倫にはなりません。また、法律に違反することを違法といいますが、不倫に対する刑罰を定めた法律はないのが現状です。そのため、不倫をしても罰されることはありません。ただ、不倫を証明できるものがあれば、慰謝料が請求できます。配偶者の不倫でお悩みの方は、不倫の証拠を集めるためにも探偵事務所に相談してみてください。



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!