不貞行為には2種類の時効がある! 確実に慰謝料請求する方法は?


配偶者若しくは内縁関係にある相手が不倫をしていることを知ってしまい訴えようか迷っているという方、あるいは配偶者が浮気しているかもしれないと不安に感じている方のために、今回は不倫の時効についてご紹介しようと思います。

1.不貞行為には2種類の時効がある

不倫をされた時、相手に対して慰謝料を請求できる時効までの期間は一般的に2つあり

1-1.不貞行為(性交渉)があった時から20年

こちらが不倫の時効の最長の期間であり、この場合は不倫にあなたが気付いていない場合でも時効が成立します。
つまり、配偶者の不倫が20年以上前のものである場合、慰謝料請求は行えません。

1-2.不貞の事実を把握してから3年間

こちらが最短の期間になります。
この時効が3年になるケースは主に以下の3つに分けることがきます。

  • 配偶者の不倫相手が判明してから3年間。
  • 配偶者と離婚しない場合は、配偶者と不倫相手の最後の不貞行為を知ってから3年間。
  • 配偶者と離婚する場合は離婚が成立してからの3年間。

2.不貞行為の時効はリセットできる?

既にご紹介したように不貞行為の時効は最短で3年間です。時効が迫っていると不安になった方のために、リセットという表現が正しいかはわかりませんが、時効をリセットする方法をご紹介します。

時効を一旦リセットするには裁判で慰謝料を請求する手続きを行う事、つまり訴訟か調停の申し立て、あるいは支払い督促や即決和解の申し立てです。
これらの手続きを行った場合はその時点で時効がリセットされ、また1からカウントされることになるので時効が迫っているときには最も効果的な手段と言えるでしょう。

3.時効を一時的に停止する

しかし、そういった色々な手続きを行っている時間がないという方もいるかもしれません。
そういう場合には時効を一時的に停止する方法があります。
それは「催告」という制度を利用することです。
具体的には相手方に対して内容証明郵便などを送って慰謝料の請求を行うことです。
この請求を行ってから6か月以内に訴訟を起こせば時効はリセットされます。

まとめ

今回は不貞行為(慰謝料請求)の時効の種類と、時効を迎えてしまう場合の対策をご紹介しました。

  • 不貞行為があった日から20年以内であれば慰謝料請求は可能。
  • 不貞の事実を把握してから、若しくは離婚が成立してから3年間、慰謝料請求は可能。
  • 時効はリセットや停止する方法がある。

不倫の被害に遭った時には確かに時効も重要なのですが、例えば配偶者が不倫相手とすでに別れてしまっている場合は時間が経過すればするほど不貞の証拠を押さえるのが難しくなります。
不倫の慰謝料請求をするために証拠は何よりも重要なので、不倫をした配偶者や不倫相手を訴えるか悩んでいる方にはできるだけ素早く決断を下すことをお薦めします。

悩んでいても中々答えが出ないという方は思い切って行動されてみてはいかかでしょうか?



確実な調査を県内トップクラスの低価格で!